2018年05月19日

江古田周辺のランチの店 2018

 オーツが江古田周辺でランチを食べる際、どんな店に行くかについては、前にも書いたことがありました。
2017.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/450048751.html
 1年ほど経ち、オーツのランチのパターンも変わってきたので、最近のパターンをまとめて書いておきましょう。

・中華料理
(1) 龍厨房2号店(無休、11:00-)日替わりランチ 580 円
(2) 福しん(不定休 11:00-) タンメン 490 円
(3) バーミヤン 練馬豊玉店(無休 10:00-)日替わりランチ 647 円
・日本料理
(1) どん亭(無休 11:00-)ランチ鍋メニュー 842 円
(2) しゃぶ葉 豊玉北店(無休 11:00-)平日ランチ限定三元豚定食 1,079 円
(3) 藍屋 落合南長崎店(無休 11:00-)
(4) 八戸丸(平日 11:30-)焼き魚定食 750 円、煮魚定食 750 円
・洋食/韓国料理
(1) 砂時計(水曜定休 11:30-)激辛キムチスープ雑炊 780 円
(2) キッチンABC(水曜定休 11:00-)ジャンカラ 780 円
(3) ステーキガスト 落合南長崎店(無休 11:00-)日替わりランチ 718 円

 以上の10箇所です。
 今、定期的に行くインドカレーの店がない(以前はあった)のですが、勤務先の近くでインドカレーの店が2軒あるので、自宅の近くでは無理に行くことはないように感じています。
 さらに、これらに加えて、江古田から遠く、クルマで行く回転寿司が2店あります。
(1) 銚子丸 豊玉南店(無休、11:00-)
(2) かっぱ寿司 練馬貫井店(無休、10:00-)
 今は、こんな店を順次回ってランチを食べています。
ラベル:ランチ 江古田
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

藍屋 落合南長崎店でランチ(2回目)

 藍屋 落合南長崎店は、以前子供連れで行ったことがありました。
2018.4.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/458721329.html
 今回は、1人で平日に行きました。
 11:10 くらいに入りました。11:00 開店なので、ガラガラかと思っていましたが、そうでもなくて、もう先客がいましたし、オーツが食べ終わるまでにはあちこちの席が埋まっている状態でしたから、かなりの人気店であることがわかります。
 今回は、若鶏の甘酢あん定食にしました。
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_detail.html?mid=201_191
実は、この定食が(定食類としては)918 円で一番安いのです。
 「◇選べる御飯」ということで、好きな御飯が大盛り・おかわり自由となっています。オーツは「たけのこ御飯」の大盛りにしました。他のご飯(ちりめん山椒御飯、十四穀米御飯、白米(コシヒカリ100%))でもよかったのですが、一番おいしそうだったので、これにしました。
 待つことしばし。
 出てきました。
 熱い味噌汁がおいしいです。たけのこご飯がおいしいです。ご飯と味噌汁がおいしいと、何だかお得な感じがします。
 若鶏の甘酢あんもよかったです。最初はやけどしそうなくらいに熱かったのですが、そのうち冷めて、食べやすくなりました。
 たけのこご飯はあっという間に平らげてしまい、おかわりすることにしました。ウェイトレスがテーブルにやってきて、「大盛りもできますが」というので、オーツは誘惑に負けて大盛りにしてしまいました。大盛りとはいえ、実際は、そんなに多い感じではなく、オーツの感覚では大きめのご飯茶碗にいっぱいという感じです。しかし、2膳も食べると、しっかりおなかにたまりました。
 サラダも新鮮でおいしかったし、煮物もおいしかったです。煮物にはたけのこが入っていたので、ご飯とちょっと重なってしまいましたが。
 ともかく、1食としては十分満足しました。
 5%引きのクーポン
https://www.hotpepper.jp/strJ001040325/map/
を持参しましたので、873 円になりました。それに対して、Tポイントが付くし、SUICA で支払うとオートチャージで間接的にポイントが付くしということで、実質はもう少し安くなっています。金額的には千円以内で収まり、けっこうでした。また食べてもいいと思います。
 うどんのほうでも千円以下でランチが食べられるようなので、こちらも次回試してみたいと思いました。

藍屋 落合南長崎店ファミレス / 落合南長崎駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

ペイジーでの支払いができない?

 オーツは自動車税の支払いのために、みずほ銀行のネットバンキングでペイジーを指定して支払いをしようと思いました。
 納付書に書いてある数字をいろいろ入力して(たとえば 00040-51007-60 とか)、「次へ」を押すと、エラーが起こります。「ご指定のお取引は処理できませんでした。 お問い合わせ:みずほダイレクトヘルプデスク」になってしまうのです。何回やってもこうなります。
 そこで、みずほダイレクトヘルプデスクに問い合わせると、こちらのシステムにはエラーがないので、番号が違っているのではないかということになり、東京都主税局に問い合わせるようにいわれました。
 東京都主税局に尋ねると、番号を確認した上で、特に問題はなく、銀行側のエラーだといわれました。
 再度みずほ銀行に電話して、事情を説明すると、やはり特に問題はないということで、堂々巡りが発生しました。
 オーツが困っていると、みずほ銀行の担当者が「もしかして納付番号の指定のときにハイフンを付けていませんか」と聞いてきました。オーツが、納付書にハイフンが書いてあるので、そのままハイフンを入れたというと、ハイフンなしで入力してほしいということでした。ハイフンなしで数字を入れると、すんなり手続きができました。
 いやはや、いやはや。みずほ銀行の人に言われて、後でサイトを確認すると、「※払込書等に記載の各種番号にハイフンがある場合は、ハイフンを入力せずに、数字のみをご入力ください。」と明記されているではありませんか。
 オーツがこの注意を見落としたのがすべての原因でした。
 実は、過去2回もペイジーでの支払いをしているのです。だから、やり方はわかっていると思い込んでいたのですが、1年に1回の経験だと、1年前にやったことを覚えておらず、こんな失敗をしてしまったのでした。
 もっとも、みずほ銀行のシステムにも、若干問題があるように思います。上記のようなエラーメッセージを出すのではなく、ユーザの入力内容を調べて、数字以外の文字があったらそれを指摘するようなエラーメッセージ(「数字でないものが指定されています」のようなもの)を出すべきでしょう。そもそもハイフンがあろうとなかろうと処理すればいいのです。実に安易なシステム設計だと思いました。
 東京都主税局から送られてきた納付書もおかしいように思います。ペイジーで、ハイフンを入れずに指定するなら、初めからハイフンをカットして数字だけを印字して送ってくればいいだけです。(納付書自体は郵便局やコンビニでも使える(現金で支払うことが可能な)ので、こういう形式になっているのかもしれませんが。)
 とにかく、こんなことで、オーツは無駄な時間を使ってしまいました。
 こういう失敗をブログに書いておいても、1年後にはもう忘れていて、再度同じエラーを経験することになるのでしょうかね。
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

茶屋 卯三郎@那須でランチ

 那須でランチを食べるために立ち寄ったのが「茶屋 卯三郎」でした。
http://www.usaburou.com/
https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9001082/
 古い民家を改装して食事処にしています。もともとは「茶屋」ということで、休憩所だったのでしょうが、軽食などを出すようになり、今はランチも提供されるようになっています。
 オーツは、ぽこぺん膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg1.jpg
を食べることにしました。
 これは、けんちんうどんハーフ・おこわ・あんころもち・煮物・小鉢・漬物・デザートがセットになっており、「おこわ、うどん、もち、卯三郎の美味しいものを集めた、いいとこどりの膳です。」という触れ込みでした。1,300 円でこの店の特徴が一通り味わえるというわけです。
 妻はおなご膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg2.jpg
にしました。こちらは、季節のおこわ・五目おこわ・けんちん汁・煮物・小鉢・漬物のセットで、「「少しずつ色々食べたい!」女性の声から誕生しました!」ということだそうです。こちらは 1,000 円で少し安めです。
 待つことしばし。ぽこぺん膳が出てきました。

usaburou.JPG

 なるほど、いろいろのっています。
 オーツが食べた感触では、けんちんうどんがおいしかったですね。おこわもおいしかったと思います。餅米がいい具合に調理されていました。
 あんころもちとデザートは、妻と半分ずつにして食べました。
 けっこうでした。満足です。また食べたいという気分になりました。
 オーツが会計を済ませて、外に出て、クルマに乗るときに気がつきました。この店のクーポン
http://www.usaburou.com/coupon.html
を印刷して持参していたのに、会計前に出すのを忘れました。
 残念!
 こうなると、リベンジしたくなるものです。

茶屋 卯三郎和食(その他) / 那須町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

那須旅行(2)那須平成の森

 オーツは、ホテルハーヴェスト那須に1泊したあと、
2018.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/459362711.html
翌朝には那須平成の森に行きました。
http://www.nasuheiseinomori.go.jp/
ここは平成23年に開園した新しい公園です。那須の御用邸の一部を天皇陛下が国民に開放して公園になったという経緯があります。
 オーツたちは 9:30 ころに到着しました。かなり広い駐車場付きです。駐車場からフィールドセンターという建物を経由して那須平成の森に入ります。フィールドセンターの中には係の人(学芸員?)がいて、森の動植物についていろいろ説明してくれました。
 さらに聞くと、10:00 から 30分無料ミニプログラム というのがあり、フィールドセンターの周辺を案内してくれるというのです。さっそく申し込みました。参加者は全部で6人でした。今回は、植物の話が中心でした。若い葉の出方に外巻きと内巻きがあることなど、初めて知りました。葉がどのように折りたたまれて出てくるかなど、興味深い話を聞くことができました。ミウラ折りという折り紙の折り方も初めて知りました。30分はあっという間でした。
 森のことをよく知っている人に解説してもらうと、ふだん通り過ぎてしまうだけの森が全然違うもののように見えてきます。
 「インタープリターとあるく那須平成の森ガイドウォーク」という有料のプログラムもあります。長い時間がかかるので、今回はスキップしましたが、こういうのもありがたいと思います。
 その後、駒止の滝まで散歩しました。石がゴロゴロしていて、ちょっと歩きにくかったです。
 途中にサクがあり、そこに「熊除けの鐘」がありました。

nasu4.JPG

棒でたたくとカンカンと音がします。
 こういうのがあるということは、実際に熊が出るということです。まあ、出てくるのは夕方が多いようですが。
 駒止の滝は、観瀑台があって、そこからよく見えました。

nasu5.JPG

 もっと滝の近くまで行くこともできるようでしたが、かなり下っていく形になっており、ということは帰りはその分を登ってこなければならないわけで、疲れるから止めておこうということになりました。
 フィールドセンターまでの帰り道は、行きとは別の道にしました。こちらは石がなく、森の中の小径を歩いて行くので、こちらの方が歩きやすく、森を満喫できました。
 駒止の滝まで往復1時間半かかるという話でしたが、オーツたちの場合は1時間10分ほどでした。特に急いだわけではありませんが。
 こんなことで、12:00 には出発しました。那須平成の森には全部で2時間半ほど滞在したことになります。貴重な体験をして、しかも全部無料というのはありがたい話でした。また来たいところです。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

那須旅行(1)ホテルハーヴェスト那須

 連休の合間に、オーツは妻と一緒にホテルハーヴェスト那須に1泊旅行をしました。
http://www.resorthotels109.com/nasu/
 妻が加入する ITS 健保組合経由で利用しましたので、1泊2食付きで、妻が 5,400 円、オーツが 10,800 円という格安料金でした。
 夕方、ホテルに到着しました。早速温泉に入りました。ジャグジー風呂でした。なかなか快適です。
 内湯から露天風呂に移動できます。こちらは屋根付きですが、開放感があります。寒くない季節なので、周りの緑を見ながら露天風呂に入るのはホッとします。
 その後、19:30 から夕食になりました。会場に行ってみると、バイキング(ブッフェ)式でした。いろいろな料理が並んでいました。一通り食べると満腹になってしまいました。

nasu1.JPG

 料理は、全体においしかったと思います。特においしかったのは、コックがその場で料理してくれるステーキと天ぷらでした。ステーキは、牛肉の質の良さを感じました。そして、かかっているソースがまたよくて、ステーキに合います。上の写真の左の方に映っているのがステーキです。天ぷらはエビとシシトウ、あとジャガイモでしたかね。抹茶塩で食べましたが、揚げたての天ぷらはおいしいものです。エビがホクホクで何ともいえません。
 ブリの刺身もありました。しかし、これは容器の中に小さなブリの切り身が2個入っているだけです。上の写真では右奥のほうの容器に入っているのが見えます。結局、オーツは3皿食べました。まあ、小さい方が便利なのでしょうね。バイキング式なので、何回も取りに行けますから、たくさん食べたい人はそうすればいいわけです。しかし、1切れが小さいので、なんとなくけちくさく感じてしまいました。
 にぎり寿司は、マグロ、イカ、エビの3種類がありました。寿司桶の中にはマグロがたくさん残っていました。マグロの人気がないのか、マグロに人気があるのでレストラン側が多めに用意したのか、わかりません。いずれにせよ、並べ方の工夫が必要なところでしょう。
 うどんや味噌汁などもおいしかったと思います。
 オーツが夕食時に飲んだものは、生ビール(大)810 円と日本酒(開華:栃木県の地酒)一合 918 円でした。それぞれおいしくいただきました。けっこうでした。
 朝食もバイキング形式でした。

nasu2.JPG

 オーツはおかゆと味噌汁をメインにしましたが、おかゆのそばに昆布の佃煮と梅干しが置いてありました。それをおかゆに入れて食べると、何ともいえないいい味になりました。
 サラダも新鮮さを感じました。
 一番おいしいと思ったのは、ダイコンの煮物でした。ニンジンと炊き合わせになっていましたが、だし汁が絶妙で、けっこうでした。

nasu3.JPG

 朝食後は、ホテルの中庭を散歩しました。緑あふれる中庭で、いろいろな鳥の鳴き声が賑やかでした。
 1泊でしたが、ゆっくりできました。いいホテルです。東京からは少し遠い感じがしますが、那須は自然がいっぱいで落ち着けるところです。
posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(9回目)

 わさびは、以前から何回も行っている江古田南口の居酒屋です。前回行ったときの記事はブログに書きました。
2017.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/455597692.html
 今回は、オーツと妻と長男夫妻と孫3人で行きました。
 わさびにはクーポンがあります。
http://www.hotpepper.jp/strJ000245778/map/?vos=nhppalsa000013
これで芋焼酎4杯をサービスしてもらい、オーツと長男で2杯ずつ飲みました。
 これ以外の飲み物をレシートを見ながら書いておきましょう。ハイボール 430 円、生中(スーパードライ)580 円、山ぶどうジュース 300 円、ジンジャエール 300 円、日本酒(獺祭)1,000 円でした。
 食べたものは、お通し(きんぴらゴボウ)300 円×4、上寿司 1,500 円、マルゲリータピザ 950 円、金目カブト煮 900 円、ホッケ焼 480 円、天然白身魚盛合せ 1,380 円、パリパリサラダ 680 円、いくら握り(2貫)400 円、海老握り(6貫)960 円、あじ握り(4貫)480 円、自家製ざる豆腐 580 円、まぐろ山かけ 700 円でした。
 お通しのきんぴらゴボウは、大人分として4個出てきました。ちょっと唐辛子が入っていましたが、小さな子供には、この程度でも食べるのは無理なようで、3人とも「辛い」といって、食べませんでした。
 上寿司は、ワサビ抜きにしてもらいました。いろいろなネタが並んでいて好都合だと思ったのですが、子供たちが今や寿司が大好物になったようで、いくらと海老が競争になりました。それぞれ一つずつしかなかったので、誰が食べるかでもめたわけです。そこで、追加していくらと海老を注文しました。上記では海老握りを6貫と表記していますが、この店では2個を1皿にのせて「1貫」と呼んでいるようです。3貫注文したら、6個が出てきて、驚きました。まあ、子供たちが寿司が好きなので、余ることはありませんでしたが。
 金目鯛のカブト煮は、煮汁がしみこんでいて、とてもいい味に仕上がっていました。
 天然白身魚盛合せは、刺身の盛り合わせが出てくると思っていましたが、実際は薄い切り身で、ふぐのてっさみたいに1皿に並べられて提供されました。
 こんなことで、会計すると、小計 14,020 円、外税 1,120 円で合計 15,140 円となりました。ずいぶん安上がりな食事会になりました。
 後から考えてみると、女性が二人いて二人ともアルコールを飲まなかったこと、長男が飲む方も食べる方もあまり多くなかったことが影響していると思います。次男が加わると、飲む方も食べる方もぐっと多くなるのですが、……。
 とにかく、3人の孫が仲良く遊んでいたのが印象的でした。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

ノネコ

 オーツは朝日新聞の記事で「ノネコ」という単語を知りました。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13484803.html
(2018年5月9日05時00分)
記事には、野良猫との対照表が掲載されています。
 野良猫もノネコも「飼い主がいない」という点は同じですが、野良猫は「人間の生活圏で暮らし、エサをもらったり、人間が捨てたものなどを食べたりして生きている」のに対し、ノネコは「野生化して山林などで暮らし、人間にまったく依存せず、野生動物だけを食べて生きている」という違いがあります。
 それに伴い、野良猫は動物愛護法で「愛護動物」とされているのに対して、ノネコは鳥獣保護法で「狩猟鳥獣」とされている点も異なるというわけです。つまり、ノネコはハンティングの対象にしてかまわないということです。
 狩猟鳥獣であるということは、勝手に捕まえてもよいという意味になるようです。
https://kotobank.jp/word/%E7%8B%A9%E7%8C%9F%E9%B3%A5%E7%8D%A3-529533#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2
 オーツの周りでは、野良猫はたくさんいても、今までノネコを見たことも聞いたこともなかったので、そういうネコがいることをまったく意識していませんでした。
 wikipedia にも記載がありました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%8C%AB
「野猫」という漢字表記もありますが、しばしばノネコというカタカナ表記が用いられると書いてあります。
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

孫を連れて新宿で遊ぶ

 オーツたちは、新宿南口の西湖春でランチを食べた後、
2018.5.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/459282806.html
新宿で遊ぶことにしました。
 まず向かったのが東京都庁です。無料の展望室があるのです。
http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/tenbou/index.html
 甲州街道に出て、地下道に潜りました。あとは、都庁を目指して地下道の中を歩くだけです。平日は歩行者がいっぱいですが、祝日は閉庁日なので地下道はガラガラです。
 都庁のところまでくると、階段があったので、地上に出てみました。そこは2階で、広場兼歩行者専用通路になっており、クルマが全然通らない場所でした。ふれあいモールというところのようです。
 テントウムシの形をしたオブジェが二つありました。一つが赤(と黒い点)で、もう一つが銀色(と黒い点)でした。
https://blogs.yahoo.co.jp/the_swing_of_music/22952099.html
の記事によると、パブリック・アートだそうです。
 こんなところでも、3人の子供がテントウムシに登ったり降りたり、一方から他方へ飛び移ったり、けっこう遊んでいました。
 それから、エレベータに乗って、都庁45階の展望台に行きました。スカイツリーも東京タワーも見えました。すばらしい景色です。しかし、都庁が一番高いわけではなく、あちこちに高層ビルが建ち並んでいるわけで、新宿らしい景色だと思いました。
 子供たちは、窓から見える景色にはほとんど興味を示さず、カーペットの上を走り回っていました。帰りがけに、子供たちがお土産物を買いました。
 それから、ちょっと離れたところにある新宿中央公園に行きました。大きな滑り台などがあり、3人で夕方まで遊んでいました。子供向けの公園としてなかなかよくできていると思います。
 オーツがベンチで休んでいると、3人の子供たちは公園内を走り回って遊んでいました。鬼ごっこやかくれんぼなどもやっていたようです。
 公園には、親子がたくさん来ており、幼児用の補助椅子が付いた自転車が駐輪場にずらりと並んでいました。近所の人がたくさん来ていることがわかります。
posted by オーツ at 04:24| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

西湖春@新宿南口でランチ

 オーツと妻と孫3人でプーク人形劇場で人形劇を楽しんだ後、
2018.5.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/459262169.html
ランチを食べることにしたのが西湖春というお店でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13047879/
 大人2人と子供3人で何を食べるか、迷いましたが、定食3人前と餃子という選択にしました。
 それぞれをシェアして食べれば、まあなんとかなるだろうと思いました。
 注文したのは、回鍋肉定食、五目焼きそば、チャーハン、餃子5個でした。もう1人前定食を頼んでもよかったのですが、まあこんなもので十分でしょう。
 餃子以外は「定食」ということで、スープと杏仁豆腐が付いてきます。杏仁豆腐は3人の子供が一つずつ食べました。スープはオーツが2人分、妻が1人分食べました。中華スープですが、ちょっと辛みがきいていたので、子供には合わないと思いました。
 店の人には、取り皿やらスプーンやらを持ってきてもらいました。水が5個出てきましたが、全部大人用の大きなコップに入っており、子供が抱えて飲むには重すぎるようでした。オーツは、水をこぼすのではないかと心配しました。最終的には、少しこぼした程度で済みました。
 回鍋肉は、オーツはおいしいと思いましたが、子供たちは「辛い」といって、あまり食べませんでした。
 五目焼きそばは、注文品が届いてから気がつきましたが、あんかけの形式でした。ちょっと熱かったですが、時間が経ってくると冷めてきて、一応子供たちも食べられました。
 チャーハンは、子供たちに大人気でした。
 餃子はみんなが1個ずつ食べるようにしました。
 ふと気がつくと、この店に食べに来ている人たちは、中年男性が大半を占めていました。作業服のままランチを食べている人が多く、この近くで建設工事か道路工事か何かをやっているようでした。オーツたちだけが子連れで、しかも子供がうるさく騒ぐわけで、店の中で浮いてしまいました。
 こうして、にぎやかなランチが終わりました。会計すると、全部で 2,960 円ということで、とても安上がりでした。オーツとしては、満足しました。
 ちょっと店の人に迷惑をかけてしまったかもしれません。

西湖春上海料理 / 南新宿駅新宿駅代々木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ラベル:西湖春 定食
posted by オーツ at 03:52| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする