2018年01月30日

ネットカフェ難民、都内に4000人 都が初の調査

 オーツは日経新聞で読みました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26256220Z20C18A1CC0000/
(2018/1/29 12:04)
 東京都が初めて実態調査をした結果、ネットカフェ難民が4000人ほどいると推計されたという話です。
オールナイトの利用者946人に理由を尋ねたところ「旅行・出張中の宿泊」が37.1%と最多で、「住居が無く、寝泊まりするため」の25.8%が続いた。他は「遊び・仕事で遅くなった」13.1%、「家に帰りたくない事情がある」5.9%など。都は回答した店の平均宿泊者数などから、平日に泊まる人は都内で1万5300人と推計し、うち住居の無い人は約4千人と算出した。

というわけで、この数字はかなり信用できると思います。
 住居がなくネットカフェに寝泊まりしている人は、好きでそうしているのではなく、やむにやまれずそうしているのでしょうが、今の日本(東京)で、生きていくというのは大変なことなのかもしれません。そういう人が 4,000 人もいるというのは驚きでした。
 「住居の無い泊まり客を年代別にみると、30代(38.5%)と50代(27.9%)が目立った。」ということで、日本の就職状況、特に、一度会社を辞めると再就職が困難になるという日本特有の問題点が見えてきます。
 都内に住んでいる人を見れば、うまくいっている人が大部分なのでしょうが、中にはこういう人たちもいるわけで、こういう人たちを社会としてどう扱うべきなのか、今のままの状況でいいのか、どうやったら改善できるのか、考えさせられます。
 オーツは、ガチガチの雇用規制を緩めるしか方策はないような気がしています。もっとも、そうやったとしてもネットカフェ難民が解消するかどうかはわかりませんが。
posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ネコと自宅のエレベータ

 オーツの自宅には3階までのエレベータがあります。
 オーツの飼っているネコは、エレベータに乗るときがあります。
 以前は、人間がいないときに(人間がエレベータから降りた後に)エレベータに乗り込んで、閉じこめられてしまったこともありました。
2009.1.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/112164940.html
その後、ネコはエレベータが好きになったようで、オーツが朝起きて1階から2階に行くときにエレベータを使おうとすると、ネコがいそいそと一緒に箱に乗り込んできて、オーツが降りるときに一緒に降りるようなことになりました。オーツはネコがエレベータを気に入っているのだろうと思っていました。しかし、箱の中で、ネコはニャーンと鳴くことが多いので、不安に思っているのかもしれません。まあ人間と一緒にエレベータの乗り降りをしていれば閉じこめられることはないのですが。
 オーツは、毎朝一番にネコのおやつ「ドリーミーズ」を10粒あげています。
2016.1.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/432749808.html
ネコはそれを楽しみにしているようで、朝になると(4時くらいでしょうか)、真っ暗な中を1階のオーツの寝室のドアの前に来ていて、そこでオーツがドアを開けるのを待っているのです。
 ところが最近、ネコがエレベータに乗らなくなってしまいました。オーツがエレベータの箱に乗ってネコに声をかけても、一緒に乗ろうとしません。
 先日などは、ネコが箱に乗ってきたので、オーツがエレベータの「2」のボタンを押したら、エレベータのドアが閉まっていくとともに、ネコが箱から飛び出してしまいました。オーツが2階に着くと、ネコが1階から2階まで階段をサッサと登ってきて、エレベータの前でオーツを待っていました。階段の方がエレベータよりも速いのです(当然ですが)。
 どうも、ネコはエレベータに乗らないことに決めたかのようです。
 まあ、以前のネコ閉じこめ事件のようなこともあるので、ネコとしてはエレベータに乗らない方が安全なのでしょう。どこまでも自分の足で行く方が安心・確実なのです。
ラベル:ネコ エレベータ
posted by オーツ at 03:29| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

家帝 YETI@桜上水南口(9回目)

 家帝(YETI)は、オーツが桜上水で一番気に入っているインドカレーの店です。
 たびたび訪問しています。
 しかし、このブログではあまり記事を書いておらず、前回書いたのは、5年前です。
2013.5.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/362215793.html
 最近、気が付いたのですが、この店にはクーポンがあります。
https://www.hotpepper.jp/strJ000855397/map/
一人からでも利用でき、ランチが 5%OFF になります。こういうのは使わないと損をした気がします。
 さっそくクーポンを印刷して持参しました。
 いつものことながら、おいしいインドカレーを食べました。オーツはいつも野菜カレーの辛さD(ベリーベリーホット)を注文します。メニューにはCまでしかないのですが、裏メニューで作ってくれます。
 この辛さがたまりません。
 しかも、辛さの中にうまさがあるのです。オーツの好みの味です。
 ナンをおかわり(小さいナンを注文して)食べて、満腹になりました。お店の人がおかわりを勧めるタイミングも絶妙です。「サービス」を感じます。
 さて、会計するとき、レジで 768 円を請求されました。あとで小銭のおつりを確認すると、232 円が小銭入れに入っていましたから、この金額は確実です。
 オーツはこの金額を払って店を出てから、ちょっと計算が合わないような気がしました。
 電卓で確かめてみましょう。
 750 円 × 1.08=810 円がいつもオーツが払っている金額です。この5%引きですから、810 円×0.95=769.5 円になるはずです。768 円というのは1円安くなっています。まあ、オーツのほうがトクをしたのだし、ことを荒立てる必要はありませんが、この店はクーポンの扱いに慣れていないのかもしれません。めったにクーポンを使う客がいないのでしょうか。

家帝 桜上水店インドカレー / 桜上水駅上北沢駅下高井戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

観る将

 オーツは、どこかの記事で「観る将」ということばを見かけました。どこで見たのか、思い出せません。
 「自分で将棋を指さずにプロ棋士たちの将棋を観るだけの将棋ファン」のことです。
 Yahoo! JAPAN で検索してみると、ネット内には 54,700 件もあります。かなり一般的に使われるようになっているのですね。
 オーツ自身を振り返ってみると、将棋の対局はめったにできません。1年に1〜2回くらいでしょうか。以前は将棋道場に出かけていたこともあったのですが、最近は時間が取れなくて、そんな機会もなくなってしまいました。
 すると、将棋との接点は、月刊誌「将棋世界」を読むこと、NHK教育で日曜の朝にやっている将棋トーナメントを観ることになります。それら以外にも、たまにネットでニュースを見たりしています。
 まさに、オーツ自身が「観る将」なのですね。
 なぜ観る将が増えているのか。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/09/news010.html
によると、ネット中継が増えたためだそうです。オーツはニコニコ生放送を見たことがないのですが、そんなにおもしろいものでしょうか。
 ところで、観る将に関連して気になっているのは、こういうファンがどれくらいの棋力を持っているのかということです。プロの戦いぶりを観戦して楽しめるとなれば、駒の動かし方を知っている程度ではまったく不十分であり、少なくとも各種の定跡を知っている必要があります。さまざまな手筋なども心得ておく必要がありそうです。となると、初心者では観る将の資格はなさそうで、最低でも級位者くらいの棋力が必要でしょう。それでも、プロの将棋を見てその意味を理解することはむずかしそうです。有段者クラスになれば、プロの将棋がそれなりに楽しめると思います。
 野球などのスポーツでも、「自分ではやらないけれど、見るのが好き」というファンが多そうです。スポーツは、動きがありますから、自分でやらなくても、見るだけでおもしろいというのは理解できます。しかし、将棋の場合は、動き(動作)はおもしろくも何ともないと思います。やはり内容が理解できなくては意味がありません。
 そんなことを考えると、観る将といってもけっこう棋力がある人たちなのかもしれません。アイドルなどの単なる追っかけとはだいぶ違うように思います。
 最近は、藤井聡太4段の活躍で、将棋を全然知らずに彼のファンになっている人もいるとのことですが、オーツには信じがたい話です。
posted by オーツ at 06:22| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(7回目)

 江古田南口にある龍厨房は、オーツがよく行く中華居酒屋です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13144270/
 安くておいしいので、妻が行こうと言い出すことが多いのです。
 前回もブログに記事を書きました。
2017.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/454283458.html
 今回もまた3人の孫との会食を考え、日曜日に行くことになりました。
 実は、「わさび」
2017.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/455597692.html
を第1候補にしたのでした。ところが、おもちゃが置いてある和室を予約しようとしたところ、すでに先約があるという話でした。やむを得ず、龍厨房に変更となりました。
 最初は大人4人(息子夫婦とオーツ夫婦)、子供(孫)3人でスタートし、途中で大人2人+子供2人が抜け、大人1人が大幅に遅刻して加わった形になりました。
 例によって、レシートを見ながら飲み食いしたものを書き留めておきましょう。
 シーザーサラダ 324 円、胡瓜ピリ辛 324 円、枝豆 324 円、鶏肉唐揚げ 324 円、マーボー茄子 324 円、椎茸とチンゲン菜炒め 324 円、カニクリームコロッケ 324 円、ポテトフライ 324 円、席料(お通し)324 円×4、お疲れ様セットA(生ビール、冷やしトマト、ザーサイ) 734 円、お疲れ様セットB(ハイボール、小籠包、マーボー春雨)842 円、ネギマ串(焼き鳥)324 円、五目チャーハン 324 円、焼き餃子 324 円×2、ライス 216 円、紹興酒(15年ものボトル)2,268 円、生ビール324 円、茄子味噌炒め 324 円、あんかけ焼きそば 324 円、ハイボール 324 円。以上の合計で 10,540 円でした。
 最初に、子供向けのメニューを選び、子供たちに食べさせました。よく食べました。カニクリームコロッケは4個出てきましたが、4歳の孫が2個食べ、あとの2人が1個ずつとなりました。早い者順でしたが、不思議とけんかにはなりませんでした。
 小籠包は3個出てきましたので、3人の子供が1個ずつ食べました。おいしかったようです。
 ポテトフライなどは3人で競うようにして食べ、あっという間になくなってしまいました。一方、意外なことに鶏肉唐揚げ(5個)は、2人の子供が「辛い」といって食べませんでした。食べ残したものをオーツが食べてみましたが、たしかにちょっと胡椒が利いていましたが、まあそれほど辛いとも思えませんでした。もう一人の子供は、そのまま普通に食べていましたし。
 焼き餃子も、子供たちは手を出しませんでした。おいしいのに、不思議です。息子は酢とラー油をつけて餃子を食べていました。オーツもマネをしてみると、意外においしく食べられました。醤油なしでもいいと思いました。
 オーツはそれぞれの料理をおいしく食べました。おいしいのに、この価格というのは立派です。他の店なら1皿で500円〜700円くらいといわれてもおかしくないものです。300円居酒屋を名乗るだけのことはあります。
 オーツはまた来ようという気持ちになりながらお店を出ました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

東京にも大雪が降って(続)

 オーツは、東京の大雪に悩まされました、
2018.1.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/456407597.html
 今回は、その続きの話です。
 さて、水曜日の朝には、クルマ(ノア)に積もった雪を下ろすことにしました。屋根には20センチ以上の雪が積もっていました。フロントガラスにも雪がびっしりでした。ワイパーは月曜日に立てておいたので、凍結は免れましたが、フロントガラスの雪は、どうしようもありません。水曜日の朝、出勤する前に、クルマの雪を下ろすことにしました。
 雪かきをする道具を取り出して、クルマの雪を落としました。けっこう一杯あって、クルマに付いた雪を下に落とすと、クルマがまた雪に埋もれたような姿になりました。シャベルでクルマの周りに落ちた雪を遠くに運びました。
 フロントガラスは、一部凍結しているところもありましたが、ゴムでガリガリこすって、ある程度溶かしましたし、まあ日中気温が上がれば凍っているところも溶けるだろうから、これで何とか木曜日にはクルマが使えるのではないかと思いました。クルマの屋根の上の雪はそのままにしておきました。1日くらいでは雪は溶けないだろうし、運転している途中で、屋根の雪がどこか道路の上に落ちてしまえば、それはそれでクルマの屋根がきれいになって終わりです。
 夕方、帰宅してみると、おやまあ、ビックリです。クルマの屋根に残しておいた雪が一部溶けたこともあって、フロントガラスに滑り落ちてきており、運転席の前にあたる部分のガラスが雪だらけです。20センチの雪で被われています。
 オーツは、再度雪かきをする羽目になりました。
 フロントガラスに厚く滑り落ちてきた雪を払い、下に落ちた雪をシャベルで運び、何とかクルマが動ける形にしておきました。
 今まで雪でこんなおおごとになったことはありません。今回は、4年ぶりの大雪だったことに加え、オーツのクルマも新しくなって初めての積雪ということもあって、いろいろと勝手がわからないところがありました。
 そんなこんなで、何とかクルマが動けるようになりました。
 いやはや、雪はもうたくさんです。雪のない生活がしたいと思いました。雪国で暮らしている人たちの苦労が忍ばれます。そんな大変な思いをして雪の降る地域に住まなくても、どこか暖かい地方に移転したほうがいいのではないでしょうか。(勝手な言い方で恐縮です。)いろいろないきさつがあってそこに住み続けなければならない人がいることは十分承知なのですが、……。
ラベル:大雪 クルマ
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

東京にも大雪が降って

 月曜日の午後から降り始めた雪は、東京では4年ぶりの大雪となりました。
 月曜日の夕方、オーツは孫を保育園に迎えに行くことになっていました。いつもはクルマで行くのですが、すごい雪で、オートソックを付けても、クルマの運転に自信がありません。狭い道でクルマがスリップでもしたら事故になってしまいます。雪が降りしきる中でオートソックを付けるのも面倒です。
 そんなことで、歩いて行くことにしようかと思いましたが、風もあって、歩くのも大変な状況になってきました。
 タクシーという手も考えましたが、電話してもタクシー会社につながりません。まあそうでしょう。この雪でタクシー需要が急増しているはずです。
 オーツは決断しました。電車で行こう。仕事を早めに切り上げ、新江古田から大江戸線に乗って、練馬で西武有楽町線に乗り換え、小竹向原に行きました。西武線の電車が若干遅れながらも運行していたので、練馬駅で少し待たされましたが、このルートで保育園まで行けました。1時間近くかかりました。
 保育園から孫と一緒に小竹向原の駅まで歩きました。小さな子供は、久しぶりの雪が楽しいらしく、すぐに走り出すのです。オーツは何回も「走ってはダメ、転ぶから、歩くのだよ」と叫びました。狭い道を歩いて行くと、タクシーがすれ違いました。オーツは、子供を道の端に寄せながら、タクシーを通過させました。雪の日はこんなことでもひやひやします。
 帰りの電車も一応動いていました。電車の中は暖房が効いていて、ダウンのジャケットを着ていると暑く感じます。しかし、一歩車外に出ると、とたんに寒く感じます。
 新江古田の駅から自宅まで、孫と手をつなぎながら歩きました。こうすれば子供が勝手に走り出さないし、迷子にもなりません。
 孫は、スキーができそうだなどと陽気に話していました。それはそうだけれども、大人はそれなりに苦労をしているのだということをいいかけながら、止めておきました。何に苦労しているかは大きくなればわかることです。
 帰宅したときにはくたくたに疲れました。上着などのところどころに雪が付いており、けっこう濡れてしまいました。まあ無事に自宅に帰れただけでもよかったと思わなければなりません。
 翌日の朝は、雪かきをしました。クルマが通った後は、雪が圧縮されて凍りかかっていました。シャベルでガリガリやりながら一働きしました。運動不足の身体には適度な運動になったように思います。
 それにしても、雪はもうけっこうです。雪のないところで暮らしたいものです。東京では1年に1回か2回くらい雪が降りますが、それくらいで十分です。
ラベル:子供 大雪
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

ペット訴訟急増、「獣医の過失」飼い主訴え

 オーツは日経新聞で読みました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25967850S8A120C1SHB000/
(2018/1/22 2:23)
 近年、ペット訴訟が増えているという記事です。
 記事中の記述では、実際のところがよくわかりません。人間の場合でも、医療過誤に関する訴訟が増えていると聞きますが、ペットの場合も同様ということで、驚きます。
 オーツが疑問に思うことの一つは、「獣医の過失」を飼い主がどうやって証明するか(証明できるか)という点です。
 記事中では「2012年の不要な手術と投薬ミスが慢性腎不全を招いた」と飼い主が主張しているということですが、飼い主は、そういう判断ができるほどに知識があるのでしょうか。一般的には、飼い主の側はそこまでの知識がなく、「獣医におまかせ」というケースが多いように思います。そうして治療を続けて、結果的にペットが死亡した場合に訴訟というのでは、獣医側もやっていられないということになりそうです。
 次に、訴訟を起こして、勝訴に持ち込んだとしても、得られるのはわずかな金銭であり、ペットが生き返ることはないわけです。そんなことのために(といっては訴訟を起こした人に失礼な言い方ですが)裁判所だけでない各種方面の人手をわずらわせて、はたして意味があるのかという疑問です。死亡してしまったことを後からとやかく言っても、回復は不可能であって、そういうことのために訴訟を起こす意味がないと思います。
 これはペットだけでなく、人間の医療過誤でも同じかもしれません。
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

ちょい足し野菜プラス

 オーツはインスタント味噌汁にいろいろな具を入れて楽しんでいます。
2012.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/300551958.html
 しかし、野菜がないので、イマイチのような気分になっていました。
 そこで見つけたのが「ちょい足し野菜プラス」です。画像は、人様のものですが、以下をご覧ください。
https://www.kyorindo-takuhai.com/common/parts/data/item/04902524222738.jpg
 フリーズドライしてあって、お湯を注ぐだけで野菜が味わえます。ほしいと思っていたものが入手できました。値段は忘れましたが、自宅近くのスーパーで200円もしない価格だったように思います。
 どこで買ったのかを忘れましたので、次回も買えるかどうか、自信がありません。
 「味噌汁の具」と銘打ったものよりも安く、他の具と一緒に入れれば、豊かな味噌汁になります。
 オーツは気に入りました。

 なお、現在、味噌汁に入れている具は、麩(ふ)、高野豆腐(新あさひ豆腐うす切り)、カットわかめ、天日干し小えび(オキアミ)、それにちょい足し野菜プラスです。
posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

慢性湿疹の治療を止める

 オーツは、昨年夏に左足の慢性湿疹の治療を始めました。
2017.6.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/451058573.html
日常で半ズボンをはいていた時期だったので、医者に見せるのが楽だったことを覚えています。それから2〜4週間ごとに皮膚科に行って、塗り薬と飲み薬をもらい、治療を続けてきました。
 治療を続けると、明らかに皮膚の色が変わって黒くなっていた部分が、だんだん周辺の皮膚と変わらない感じになってきました。ちょっと赤いポツポツがありますが、あまり気になりません。
 だいたい同じになったかなという感じがしたので、皮膚科の医者に聞いてみました。治療を止めてもいいかということです。すると、完全に直るまで続ける方がいいといわれました。
 確かに、それはそうでしょうが、薬を飲んだり塗ったりは面倒なことですし、100%直らなくても、黒くなった皮膚が95%直って、周囲と見た感じであまり変わらない段階になれば、ここで中止してもいいのではないかと思いました。同じ手間をかけても改善効果はだんだん薄れていくものです。
 皮膚科に行くように勧めてくれた妻に意見を求めると、もう止めてもいいのではないかとのことです。
 そこで、オーツの判断で、医者に通うことは止めました。飲み薬はすぐに尽きてしまいました。塗り薬はしばらく残っていました(今でも塗っています)が、それもあとわずかです。
 今年の夏は、プールに入るときも足の黒い部分を気にすることはなさそうです。
ラベル:慢性湿疹
posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする