2017年05月20日

江古田周辺のランチの店 2017

 オーツが江古田周辺でランチを食べる際、どんな店に行くかについては、前にも書いたことがありました。
2016.5.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/438132813.html
 1年ほど経ち、オーツのランチのパターンも変わってきたので、最近のパターンをまとめて書いておきましょう。

・中華料理
(1) 龍厨房2号店(年中無休、11:00-)定食類 580 円-
(2) 福しん(不定休 11:00-) タンメン 490 円
・日本料理
(1) C's Kitchen(月火定休、12:00-)定食 1,100 円
(2) お志ど里(無休、11:30-)さば味噌定食、もつ煮込定食、あら煮定食
(3) どん亭(無休 11:00-)ランチ鍋膳メニュー 750 円
(4) しゃぶ葉(無休 11:00-)平日ランチ限定三元豚定食 1,079 円
・洋食/韓国料理
(1) 砂時計(水曜定休 11:30-)激辛キムチスープ雑炊 780 円
(2) キッチンABC(水曜定休 11:00-)ジャンカラ 780 円
(3) 神戸焼肉 犇郷(水曜定休 11:30-)和牛ローストビーフ丼 1,000 円
・インド料理
(1) ディパック(無休 11:00-)ベジタブルカレーセット(6辛)627 円+ラッシ 108 円

 以上の10箇所です。
 さらに、これらに加えて、江古田から遠く、クルマで行く回転寿司が2店あります。
(1) 銚子丸(無休、11:00-)
(2) かっぱ寿司(無休、10:00-)
 今は、こんな店を順次回ってランチを食べています。
 これらの他に、2番手グループ(たまに行くことがあり、上記の店が閉店したら行きつけの店に格上げする店)として以下があります:唐苑(無休、11:00-)、中華屋(不定休、11:30-)、陳記厨房(無休、11:00-)、和興楼(月曜定休、11:30-)、漁師のあぶり家(無休、11:00-)、スワディスト(11:00-)、長崎亭(木曜定休 11:00-)、ふくふく食堂(無休 11:00-)、鶴亀屋総本店(無休 11:30-)
posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

レーザー式マウスの動きが悪いとき

 オーツは無線マウスを使っています。
2015.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/428083304.html
 動きがスムーズで、長期間使えて、言うことなしです。
 ところが、最近、カーソルの動きが何かギクシャクした感じになってきました。もしかして電池が少なくなったかと思い、バッテリチェッカーで調べてみましたが、電池残量はほぼ満杯です。
 充電池・エネループを使っていることが問題かなと思い、単3のアルカリ乾電池を買ってきて、入れ替えてみましたが、やっぱり同様です。
 そこで、レーザー光を出している部分を見てみると、細い糸くずか何かが隙間に挟まっているのを発見しました。ごく細いので、ちょっと見ただけでは気がつかないレベルのものです。それを取り除くべく、フッと口で息を吹きかけました。再度見てみると、きれいになっています。
 で、マウスを動かして使ってみると、カーソルがスムーズに動きました。
 小さな糸くず(実際はまつげか何かだったかもしれません)が原因でした。
 レーザー式マウスはこんなことで異常な振る舞いをするのですね。オーツのはじめての経験でした。マウスが精密機械であることを痛感しました。
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

餃子の王将 関大前店で日替わり定食を食べる

 オーツは用事があって、大阪にある関西大学に出かけました。
 で、お昼になって、ランチを食べることになり、さて、どこに行くか、ちょっと困りました。
 関西大学の人に聞くと、正門前に商店街があり、その中にいろいろな飲食店があるという話です。
 オーツは、ぶらぶらと歩きながら、どんな店があるか見ていきました。
 看板を見ていたら、「餃子の王将」があることに気がつきました。
http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=13
https://tabelog.com/osaka/A2706/A270602/27012637/
 「餃子の王将」は、オーツが前の勤務先に勤めていたとき、(別の支店ですが)何回か通った店です。安い定食があります。そこで、ここに行くことにしました。チェーン店はこういうときが便利です。だいたいどういう店か、わかります。
 店に入り、日替わり定食を注文しました。
 待つことしばし。
 出てきました。チャーハン、餃子3個、肉団子甘酢5個、中華スープのセットでした。全部おいしくいただきました。分量的にも満足しました。ちょっとチャーハンが塩分強すぎでしたかね。でも、気になるレベルではありません。
 全部食べ尽くし、会計すると、580 円でした。安い! こんな値段でこういうセットが食べられたら、オーツとしては満足です。
 現勤務先あるいは自宅のそばにこんな店があったら、当然、行きつけの店になるでしょう。
 大学の前にある店舗だから、こういうメニューを用意しているとは思いません。オーツは、他の店舗(京都のとある場所でした)でも食べたことがありますが、「餃子の王将」は安くておいしいと思います。
 どこかでランチに迷ったときに、「餃子の王将」があれば、そこで食べればたいてい大丈夫です。
 すばらしいチェーン店があるものです。



関連ランキング:中華料理 | 関大前駅千里山駅


posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

ホテル コンソルト@南方@大阪府に宿泊

 オーツは、用事があって大阪に行くことになり、阪急・南方駅(地下鉄・西中島南方駅)の近くにあるホテル コンソルトに宿泊しました。
http://www.consort.co.jp/
 ここは普通のビジネスホテルで、シングルの部屋は小さめながら機能的には申し分ありませんでした。朝食付きで1泊 8,000 円でした。朝食は和洋のバイキングでしたが、おいしいものがそろっており、オーツは満足しました。
 ただし、困った点が二つあるように思いました。
 一つは、Wi-Fi 全室対応と書いてあり、オーツが持参したパソコンで確かに接続できたのですが、何かが変なようです。通信速度が異常に遅かったり、各種サイトとの接続が切られたりしました。まあ、最終的には接続できたし、ブラウザもメールソフトも使えたのですが、かなり不満を感じました。とあるページなどでは、数時間経って表示されるようなことがありました。
 オーツの出張の経験では、最近のホテルでの Wi-Fi はごく普通のことであり、たいていスムーズに使えるようになっています。そういう過去の経験と比べると、このホテルの Wi-Fi は、ちょっと(というか、かなり)問題があるように感じました。
 もう一つは、ウォシュレットです。お尻を洗う水圧が低いのです。調整のダイヤルで一番強くしても大したことありません。一番弱くすると、温水が出なくなってしまいます。まあ、水圧が弱くても、お尻はきれいに洗えているので、特に問題ではないのですが、どうもすっきりしない感覚です。この件は、朝、フロントに言ったのですが、その晩、使ってみても同じでした。簡単には直らないようです。オーツが利用した部屋(2012号室)だけの問題か、他の部屋でも同様かはわかりません。
 9月に、再度このホテルに泊まる予定です。そのときに再度確認してみようと思います。
posted by オーツ at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

どん亭 江古田店で3家族の会食(2回目)

 オーツは、以前にもどん亭 江古田店で3家族が集合する食事会を行いました。
2017.3.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/447506532.html
 こういう機会があってもいいと考え、先日、再度どん亭に行くことにしました。大人5人(男性3人、女性2人)、こども2人でした。
 で、席について、メニューを見渡したところ、以前あった比較的安いセット「ファミリーセット」が見当たりません。店員さんに聞くと、メニューからなくなったという話です。そこで、食べ放題にするか、定食にするかを判断することにしました。食べ放題となると、その場の全員が食べ放題にしなければならないということで、定食にすることにしました。
 ヒーターを2個使う形にすると、それぞれで食べるものが選べるということで、男性はしゃぶしゃぶ、女性はすき焼きにしました。
 最後にもらったレシートによると、食べたものは、以下の通りでした。茶豆 291 円、お子様ランチ 388 円×2、特選牛しゃぶしゃぶ定食 1,825 円×3、特選牛すき焼き定食 1,825 円×2、だし追加 108 円、豚ロース 529 円×2、しゃぶしゃぶ用野菜盛合せ 658 円、熟成牛ロース 745 円×2
 飲む方は、店員によると、飲み放題の人とそうでない人が混在してもいいという話だったので、飲み放題 1,609 円×2とし、他に、生ビールジョッキ 583 円、日本酒(菊水の辛口)300cc 820 円を注文しました。生ビールと日本酒はオーツが飲んだ分です。こうして、男性3人がアルコールを飲んだことになりました。
 以上の合計は 18,127 円となりました。10% 引きのクーポンを持参したので、支払いは 16,315 円になりました。
 もしも、食べ放題にしていたら、特選牛ロースの場合、2,890 円×1.08=3,121 円ですから、大人5人で 15,605 円、それに子供の分と飲み物を入れると、21,400 円になったはずですから、結果的に「定食」+追加の形にして正解だったということになります。
 それにしても、ファミリーセットがなくなってしまったのは痛い感じです。これは、お店の方針でしょう。客単価を上げようとしたこと、定食を食べる(飲まない)比較的安い客単価の客と、食べ放題を食べる(そして飲む)比較的高い客単価の客との2区分をしようとしているのだろうと想像します。
 しゃぶしゃぶ自体はおいしかったので、よかったのですが、オーツは、前回、デザートバー食べ放題でなくなってしまったことのリベンジをしようと考えていたので、それが果たせず、若干残念な気がしました。
 ただし、こども2人はアイスクリームなどを持ってきて食べていました。こどもはデザートバー食べ放題なのです。
 どん亭のHPからメニューを呼び出すと、今のメニューが見られます。
http://www.don-tei.jp/menu/menu/book20170315_tei/index.html
 一方、検索エンジン Yahoo! で「どん亭 メニュー」と入れて検索すると、「メニューのご案内」が出ますが、その中にある「どん亭 グランドメニュー」を見ると、1年前のメニューが表示されます。
http://www.don-tei.jp/menu/menu/book20160309_tei/index.html
オーツは、こちらの方法でメニューを確認したのですが、それが失敗の元でした。3月にメニューの改編があったというわけです。



関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新江古田駅江古田駅東長崎駅


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

砂時計@江古田北口でさばみそ定食を食べる

 オーツは、江古田北口にある砂時計に定期的に通っています。しかし、いつも食べるのは激辛キムチスープ雑炊に決まっていました。これが辛くてうまくてオーツにぴったりのためです。食事記録を見ると、過去11回食べています。その前にサバの塩焼を1回食べています。
 このブログ記事では過去3回ほどこの店について書きました。
2016.8.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/440654708.html
2016.2.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/433586863.html
2016.2.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/433425740.html
 先日来、砂時計の休業が続き、オーツはどうしたのかなと思っていましたが、5月7日の日曜日に電話したところ、今日は営業していますということだったので、さっそく行ってみました。
 で、いつものように激辛キムチスープ雑炊を注文しようとすると、5月1日〜7日までは限定メニューということで、1ページほどのメニューの中のものしかできないというのです。なぜかというと、マスターが体調を崩してしまったため、メニューをアルバイトさんでもできる範囲に限定しているというわけでした。なるほど、休業が続いたのもこのせいだったのですね。
 しかたがないので、メニューの中からさばみそ定食を注文しました。注文後はテレビを見たりして待っていました。
 出てきたのは、サバ味噌の他に、大盛りの高菜ご飯、味噌汁(若干具が少なかったかな)、冷ややっこ、焼き海苔、それにもやしの和え物でした。この店は、ご飯が大盛りなのですね。やっぱり江古田は学生の街です。この店は、位置から言って、武蔵野音大の学生さんたちが食べに来る店なのでしょう。
 全部おいしくいただきました。
 メニューには 780 円と書いてありましたが、ランチなのでということで、680 円で済みました。いやあ安いものです。激辛キムチスープ雑炊がない場合でも、他のメニューで十分満足できそうです。



関連ランキング:洋食 | 江古田駅新桜台駅新江古田駅


posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

福田成美さん@テレビ朝日

 オーツは毎朝テレビでNHKのニュースを見ています。
 他のチャンネルを見ることはほとんどないのですが、先日、ふとしたはずみにチャンネルを変えました。すると、テレビ朝日で大変な美人がアナウンサーとして登場していました。アナウンサーとしてはあまりに美人で、周りの人たちから抜き出て見えました。
 ネットで見ると、福田成美さんという方です。
http://trataberuru.com/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E6%88%90%E7%BE%8E%E3%81%AE%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%82%84%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%83%9F%E3%82%B9%E9%9D%92%E5%B1%B1%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%81%E9%80%B2%E8%B7%AF%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%8A-3150/
 現在、青山学院大学の3年生ということで、まだ正式のアナウンサーではないようですが、女優なりタレントなりでも通用する容姿を持っていると思います。
 オーツは、せっかくならこういう人からニュースを教えてもらいたいと思いました。
 オーツが毎朝テレビ朝日を見るようになるか否か、検討が必要です。

posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

QUEEN RESTAURANT & BAR@江古田南口でスンドゥブセットを食べる

 今まで、「インドカレー、ナンハウス」だったところに、新しい店がオープンしました。「QUEEN RESTAURANT & BAR」といいます。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13208229/
 この場所は、よくお店が変わるところです。オーツが入ったことのある店だけでも、以下のような変遷を経ています。はじめが「ロクシー・カレーボックス」でした。
2013.10.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/376531148.html
次が「いらっしゃいカレーハウス」でした。
2016.8.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/440964331.html
それから、「インドカレー、ナンハウス」になりました。
2016.9.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/441852761.html
今回の QUEEN で4軒目です。
 今まではすべてインドカレーのみの店でしたが、QUEEN は他のメニューもあります。
 オーツがお店の前を通りかかったら、チラシをくれました。それには、QUEEN RESTAURANT & BAR の他に、クイーンレストラン&バーという日本語表記も書いてありました。どちらが正式なものなのか、わかりません。
 チラシによると、4月30日オープンとのことです。
 店の中には6人掛けのテーブルが並んでいました。メニューを見ると、スンドゥブセット 550 円があったので、これを注文しました。ライスと生ルル付きだそうです。「生ルル」(なまるる?)は、メニューのあちこちに出てきます。生ルルとは何か、オーツはわからなかったので、お店の人に質問すると、ナムルのことだと教えてくれました。いやはや、いやはや。
 チラシやメニューを眺めていると、日本語がおかしいところがいろいろ見つかりました。
 チラシには、クイーンカレーセットのところに「チキンセット、マトンセット、ポックセット、グリンセット」とありました。ポックはポークのことでしょう。グリンは(タイ式の)グリーンカレーのことだろうと推測します。
 メニューにもいろいろあったのですが、記録しておかなかったので、覚えている限りで書いておきます。
 スープのところに、「ああされわかめスープ」というのがありました。「あさり」だろうと思います。
 焼肉のところに、「アージ告げカルビ」なんてのもありました。「味付き」のことでしょう。
 「負けない」コースなどというのもありました。「まかない」でしょうね。
 「超れり」はなんだかわかりませんでした。「チョレギ」(サラダ)でしょうか。
 こんなことで、メニューを見ているだけで時間つぶしができます。
 さて、そんなことをしているうちにスンドゥブセットが出てきました。オーツは韓国式のスンドゥブチゲを想像していましたが、違いました。スンドゥブは白い深皿に入って出てきました。グツグツと煮込む感じがないのは残念です。そして、ライスは大きな平皿に盛りつけられて(広げられた形で)出てきました。ナムルは2種類出てきましたが、けっこうな量がありました。
 スンドゥブは、味に満足できました。適度な辛さがあり、アツアツの豆腐に汁がからんで、けっこういい味でした。550 円というのは安いと思います。また食べに来たいと思いました。
 帰りがけに、カレーの辛さについて聞いてみました。調節してくれるのかどうかということです。OKだそうです。一番辛いのは「激辛」だそうです。次回はこれを試してみたいと思います。

参考記事:
http://s-nerima.jp/wp/106999



関連ランキング:インドカレー | 江古田駅新江古田駅新桜台駅


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

藤沢数希(2017.2)『損する結婚 儲かる離婚』(新潮新書)新潮社

 オーツが読んだ本の中で、トップ5に入るくらいの痛快な本でした。
 これから結婚する若い人にぜひ読んでもらいたいものです。
 日本の結婚制度がどうなっているか、離婚するときにどんな問題が起こるかを知ってから結婚するべきだと思いますが、オーツはそんなことも知らずに勢いで結婚してしまいました。オーツの場合、妻とは40年近く連れ添ってきて、離婚をしていないのですから、結果的によかったといえます。多くの夫婦はそんなものでしょう。しかし、そうはならなかった夫婦もいます。そんなことを考えると、こういう本を事前に読んでおくのも意味があるように思います。
 本書の重要ポイントは、高所得者が離婚しようとするとき、配偶者に多額の現金を取られてしまうことがあり、それが日本の司法によって妥当とみなされているということです。
 こんなことは、今までどの本にも書かれていなかったのではないでしょうか。しかし、現実の離婚裁判では、こういうことが現実に起こっており、むしろそれが当たり前ということです。
 このことから、考えられるテーマは広がっていきます。高所得の女性が結婚前に気をつけるべきこととか、女性にとって、定収入の男性と結婚するべきか、それとも高収入な男性の愛人になるべきかとか、おもしろい話題が出てきます。もちろん、それらの回答は本書中に解説されています。
 というわけで、今まで知られてこなかったことを知って、結婚自体を捉え直そうという気持ちになりました。その意味では、衝撃的な本といえると思います。
 オーツが本書の内容を知った後、40年前にタイムスリップしたら、果たして今の妻と結婚に踏み切ったでしょうか。なんともわかりません。オーツは結婚というものは勢いでするものだ、くらいに考えていましたから、その意味では、今から40年前にタイムスリップしても、同じ状況ならば同じく今の妻と結婚するでしょう。しかし、結婚が背負う大きなリスクを考えると、若干躊躇するかもしれません。それがいいことなのか、不都合なことなのか、わかりません。人生は1回きりですし……。


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

楊2号店@池袋で4人でランチ

 連休中のある日、オーツは妻と嫁と孫の小学生の4人で池袋に行き、四川料理の楊2号店でランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13009261/
 事前に電話して、休日でも 11:30 に開店するということを確認しました。(食べログの記載では、日曜祝日は12時開店となっていますが、それは間違いです。)ランチの予約は受け付けないという話でした。
 そこで、オーツは 11:20 に店の前に行き、店の位置を確認し、劇場通りまで歩いて出て3人を待ちました。まもなく妻がやってきて、相談の結果、オーツだけ先に店に行って、妻たち3人が後から行くということになりました。オーツは 11:25 に店に着きました。
 オーツが店のドアの外側に立っていると、もう店の中にはお客さんが入っており、メニューを見ながら注文品などの相談をしています。オーツのそばをすり抜けて入っていく客もいました。そこで、オーツもドアを開けて中に入りました。すると、店員が来て、「11時30分開店だから、まだ入ってはだめ」といいました。
 おや、すでに店の中に入っているお客さんたちは、普通の客ではなく、店の関係者とか何かなのでしょうか。予約は受け付けていないのだから、予約客ではないはずです。オーツは初めての店だったので、店の外に出て、ドアの外側で待つことにしました。
 11:28 ころ、妻がやってきて、ドアを開けて店の中に入っていきました。そして、手招きするのです。
 先ほどのいきさつがあったので、オーツは 11:30 まで待ちました。しかし、店員から開店の案内はなかったので、11:30 に店の中に入りました。すでに店の中に入っていたお客さんたちは、普通のお客さんたちでした。
 この1件で、オーツはこの店のサービスに疑問を感じました。客に対する取り扱いが不公平であり、えこひいきだと思います。11:30 まで外で待てというなら、店の方針としてそれはそれでいいですが、全部の客に対して同じ扱いをするべきです。すでに店に入ってテーブルのところに座っている客にも、外に出るようにいうべきです。

 オーツたちは4人でテーブルに座り、気を取り直して、メニューを見て、料理を注文しました。4人で飲み食いしたものは、以下の通りです。四川風麻婆豆腐 890 円、炒飯 850 円、皮も手作り焼餃子 590 円、皮も手作り水餃子 490 円、春巻(2個)590 円、凉拌菜 650 円、白飯 280 円、四川風回鍋肉 1,300 円、生ビール 550 円×2、マンゴージュース 380×2、杏仁ジュース 380 円、合計 7,880 円でした。
 注文品のうち、春巻と四川風回鍋肉は、そこまでの料理を食べきってしまってもなかなか出てこないので、お店の人に確認すると、注文が通っておらず、それから料理して出してくれました。
 この1件でも、この店のサービスの問題を感じました。
 とはいえ、食べたものはすべておいしかったです。四川風麻婆豆腐は辛くて、オーツの好みの味でした。オーツは、本場の四川(成都)まで行って麻婆豆腐を食べましたが、そんなに辛くなかったです。
2012.5.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/270008026.html
しかし、この店のは花椒が効いていて、いかにも四川風でした。餃子もいけました。四川風回鍋肉もけっこうでした。
 オーツたちがお店を出るころには、店の前に行列ができていました。人気店のようです。
 金額も大したことなくて、おなかいっぱいになり、オーツは満足しました。しかし、オーツは店員の対応には満足していませんので、再訪はないと思います。

注:
 最近は、オーツのブログ記事を食べログにも投稿するようにしていますが、上記のような店に対する批判のようなことを書くと、食べログでは掲載されません。書き直しが要求されます。しかし、オーツが経験したことを書くのがブログの趣旨であり、それを書き直す(削除する)ということでは、ブログの意味がありません。この記事は、したがって、はじめから食べログへの投稿はしないことにします。
posted by オーツ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする