2017年11月12日

朝日新聞 迫る2025ショック取材班(2016.6)『日本で老いて死ぬということ』朝日新聞出版

 オーツが読んだ本です。「2025年、老人「医療・介護」崩壊で何が起こるか」という副題が付いています。
 いかにも新聞記者が取材して記事にしたという感じです。現在の医療・介護の現場の具体的な事例の記述がたくさん出てきます。まるで映画かドラマの1シーンを見ているようです。しかし、だからどうなのか、これからどうあるべきか、どうするのかといった点は掘り下げられていません。
 オーツは、副題で表されるような内容を期待してたのですが、その点では期待外れと言っても差し支えありません。
 高齢化社会がいよいよ進展し、団塊の世代が後期高齢者になり、次々と死ぬ時代がやってくることは必然です。であれば、それに備えて今生きている人たちへの提言なり何なりがもっと必要なのではないでしょうか。
 オーツは、新聞記事の連載を安易に単行本にしてしまったような印象を受けました。
 まあ、自分がこれからどうなっていくのかを先に教えてもらったわけで、その意味では読んでよかったということもいえますが、……。


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

セールスの電話を切る

 オーツの自宅の電話番号には、しょっちゅうセールスの電話がかかってきます。
 はっきりいうと、かかってくる電話の半分以上がセールスの電話です。電話に出るのがめんどくさいだけです。もう、電話としての機能を果たしていないので、電話契約を止めてしまおうかと考えているくらいです。オーツは、そうはいっても、いろいろなところに連絡先として自宅の電話番号を書いてきましたから、今さら電話を撤去してしまうのもなかなか決心がつきません。
 オーツの自宅の電話は、いつも留守番電話にしておいて、出ないことにしていた時期もあったのですが、用事がある人には不評でした。
 典型的なセールス電話は、「もしもし、オーツ様のご自宅でしょうか。私は○○(会社名?)の○○(人名)と申しますが、……」という感じで始まります。そこで、最近は、知らない人からの電話は、用件を聞く前に「私は○○(会社名?)の○○(人名)と申しますが、」と相手が言った段階で「私はあなたを知りません。」と言って電話を切ってしまうことにしました。これで困ったことはありません。
 もしも、初対面の人から、仕事に関係するような用件で電話をかけてくるような場合なら、オーツがいきなり電話を切るようなことがあっても、メールなり手紙なりで知らせてくるでしょう。
 そもそも、仕事関係でいきなり電話してくるような人はいません。今ではメールが連絡手段として普通であり、まずは、オーツのメールアドレスを調べて、そこにメールしてくるものです。メアドはネット上に公開しています。
 いきなり電話という人もいないわけではありませんが、仕事の関係では、たいていは、相手の名前(場合によっては会社名)を聞くだけで誰なのか(どんな用件か)わかるものです。
 というわけで、最近はこんなことで電話を切ることにしましたが、それでも、1〜2秒ほど時間がかかります。これが面倒なのです。時間的にはわずかであっても、作業の中断を余儀なくされますからねえ。心理的な負担は相当なものです。
 自分から電話をかけるのは好きなのですが、電話を受けるのはお断りしたい気持ちです。矛盾している感覚ですが。
 やっぱり電話には一切出ないのがいいのでしょうか。
ラベル:電話 セールス
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

れんげ食堂 Toshu@桜上水北口でれんげセット(チャーハン)を食べる

 桜上水の北口にある「れんげ食堂 Toshu」は、10月30日に開店したばかりの新しい店です。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13214000/
 どんな店かというコンセプトは、プレスリリースの「東秀の新モデル「れんげ食堂Toshu」1号店オープン!」
http://www.oricon.co.jp/pressrelease/138141/
でわかります。桜上水店もこのモデルに従って設計されています。
 オーツは、先日のランチで「れんげセット(チャーハン)」
https://www.toshu.co.jp/_uploads/product/1603_t_set_1401279.jpg
750 円を食べてみました。
 チャーハン、ワンタンスープ、漬け物、サラダ、棒々鶏のセットです。大きなレンゲがついてきました。カウンター席の上に箸が置いてあり、それで食べます。
 ただし、全般的にオーツの口には合いませんでした。
 ワンタンスープは、スープを一口飲んだときに「これはいける!」と思ったのですが、その後、ワンタンを食べてみると、とろとろのワンタンらしさがなく、具材の味もイマイチだったので、全体としてはあまり高く評価できないように思います。
 チャーハンは、「これがフルサイズなの?」と思ったくらい少な目で、満足感はありませんでした。そして、やや油っぽく感じました。何と言ってもチャーハンらしい味と香りに乏しく、何というか、(失礼な言い方で恐縮ですが)素人が作ったもののようです。
 棒々鶏も、一般の店の棒々鶏に負けているように感じます。薄味なのが中華料理と合わないようです。
 サラダは、キャベツの千切りの上にコーンがのっていますが、普通のサラダです。
 漬け物は普通に食べられました。
 というわけで、取り立てておいしいと思うものはなく、あまりおすすめではないように思えます。
 なお、この店の箸は、先端の食べ物をはさむところがギザギザになっています。食べ物が箸から滑って落ちないようにということでしょうが、箸を口の中に入れると、唇あたりでざらざらして、あまり食感が良くないように思います。
 オーツとしては、もう一度だけ立ち寄り、他のメニューを食べてみようと考えています。しかし、たぶん「一事が万事」のように思えます。れんげ食堂 Toshu は、チェーン店ですから、それなりに誰でも食べられる一般受けする味かと思っていましたが、そうではないようです。
 この値段と味ならば、他の店でも十分いろいろ食べられます。ぜひこの店に行こうというインパクトはありません。

れんげ食堂 Toshu 桜上水店ラーメン / 桜上水駅下高井戸駅上北沢駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.6


posted by オーツ at 04:09| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

スパムメールが巧妙になっている

 オーツの手元に、スパムメール(迷惑メール)が来ました。次のようなものでした。ヘッダーの一部を含めて示します。ただし、URL や Message-ID の一部は伏せ字にします。このブログ記事自体が読者に迷惑をかけることになってはまずいと思いますので。
----------引用開始----------
To: <オーツの勤務先のアドレス>
From: myinfo@rakuten.co.jp
Subject: [楽天]会員情報変更のお知らせ
Message-ID: <**fed14@rakuten.co.jp>
Date: Wed, 8 Nov 2017 09:40:59 +0200

題名 : [楽天]会員情報変更のお知らせ

差出人 : myinfo@rakuten.co.jp

アドレスブックに登録する

全ヘッダー表示▼

http://**.thetopskey.com/bsxshqijzri**/**>こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。
万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

-----------------------------
楽天市場 お客様サポートセンター

>電話でのお問い合わせ 
 電話番号: 050-9486-4807
 受付時間: 9:00 〜18:00 (年中無休)
 ※通話料は、お客様負担となります。

><http://**.thetopskey.com/bsxshqijzri**/**>チャットでのお問い合わせ
 受付時間: 9:30 〜翌1:00(年中無休)

><http://**.thetopskey.com/bsxshqijzri**/**>メールでのお問い合わせ
 受付時間: 24時間365日(年中無休)
-----------------------------

変更された情報は、以下のページよりご確認いただけます。

■楽天会員情報の管理画面
https://member.id.rakuten.co.jp/rms/nid/menufwd

【メールアドレスを変更された場合】
セキュリティ確保の観点から、変更前のメールアドレスにもこのメールを
送信させていただいております。

================================================================
※当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針」をご覧ください。
https://privacy.rakuten.co.jp/
※本メールは送信専用です。
ご返信いただきましてもお答えできませんのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■楽天株式会社
----------引用終了----------
 オーツは、メールをテキストファイルで読むのを基本としていますので、こんな表示になりますが、このメールを HTML 表示すると、以下のようになります。
----------引用開始----------
題名 : [楽天]会員情報変更のお知らせ

差出人 : myinfo@rakuten.co.jp

アドレスブックに登録する

全ヘッダー表示▼

こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください

※このメールはお客様の会員登録の情報が変更されたことをお知らせする重要なご連絡です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ただいま、お客様からの変更処理に基づいて会員登録情報が変更されました。
万が一、本メールの内容に覚えがない場合には以下までお問い合わせください。

-----------------------------
楽天市場 お客様サポートセンター

>電話でのお問い合わせ 
 電話番号: 050-9486-4807
 受付時間: 9:00 〜18:00 (年中無休)
 ※通話料は、お客様負担となります。

チャットでのお問い合わせ
 受付時間: 9:30 〜翌1:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ
 受付時間: 24時間365日(年中無休)
-----------------------------

変更された情報は、以下のページよりご確認いただけます。

■楽天会員情報の管理画面
https://member.id.rakuten.co.jp/rms/nid/menufwd

【メールアドレスを変更された場合】
セキュリティ確保の観点から、変更前のメールアドレスにもこのメールを
送信させていただいております。

================================================================
※当社の個人情報の取扱いについては「個人情報保護方針」をご覧ください。
https://privacy.rakuten.co.jp/
※本メールは送信専用です。
ご返信いただきましてもお答えできませんのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■楽天株式会社
----------引用終了----------
 これを一読するだけでは、スパムとはまったくわかりません。
 メールをテキストファイルで表示すると、http://**.thetopskey.com/ で始まる文字列がクリック先として指定されており、あやしいということがわかります。
 オーツは、楽天の会員情報は変更していませんが、最近変更した人などはうっかり引っ掛かってしまいそうです。クリックするだけでウィルスに感染しそうです。
 楽天には別途連絡済みです。
 他人のメールアドレスを From: に指定してメールを送ること自体がなりすましであり、犯罪行為ではないかと思いますが、取り締まれないのでしょうか。外国からこういうメールが送られてくることを考えると、無理なのでしょうね。しかし、それこそ国境を越えて規制しないとインターネット全体が壊れてしまいそうです。
posted by オーツ at 04:20| Comment(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

鍋キューブ ピリ辛キムチ

 最近、オーツが食べてよかったと思うものの一つに「鍋キューブ ピリ辛キムチ」があります。
https://www.ajinomoto.co.jp/products/detail/?ProductName=nabe_1
 8個入りのスープの素です。直方体で、ちょうどコンソメスープの素みたいな形をしています。1個が1人前です。鍋に水を入れて、具材と一緒にこれを入れて、ちょっと煮ると鍋料理ができあがります。
 何がいいかというと、きわめて簡単に1人前の鍋料理ができあがるというところです。しかも、それなりにおいしくできあがります。
 オーツの場合、辛い味が好きなので、「鍋キューブ ピリ辛キムチ」を1個入れた上に、チューブに入った豆板醤を絞り出して入れます。またコチュジャンも同様に入れます。
 先日、8個入りを食べきりました。ということは1回に1個ですから、8回食べたということです。大いに気に入りました。
 鍋料理は、少量作るのがなかなかむずかしいのですが、「鍋キューブ ピリ辛キムチ」があれば、少量でもOKです。もちろん2個入れれば2人前、4個入れれば4人前ができますが、まあそういうときは別のスープを買ってきてもいいように思います。ポイントは少量作れることです。
 具材だけを食べてしまってから、残ったスープで再度の鍋料理にしてもいいと思いますし、野菜とご飯を入れて少し煮て、溶き卵を入れて雑炊にしてもおいしく食べられます。
 この鍋キューブシリーズは、ピリ辛キムチ味だけでなく、いろいろな味が楽しめるようです。今度は別の味のものを試してみてもいいと思いました。
 乾燥していますから、軽くて持ち運び(スーパーから自宅まで)に便利ですし、長期保存もできるように感じました。


posted by オーツ at 05:16| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

神戸焼肉 犇郷@新江古田で和牛ローストビーフ丼を食べる(2回目)

 新江古田の駅からかなり東に行ったところに「神戸焼肉 犇郷」があります。
 オーツは、以前にも和牛ローストビーフ丼を食べ、
2017.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/448325798.html
おいしいと思ったのでした。
 さて、先日、お店に行くと、店先に張り紙がしてあり、本日のサービスメニューとして、ローストビーフ丼が 800 円で食べられるというのです。これはいい。さっそくローストビーフ丼を注文しました。
 少し待っていると、出てきました。ローストビーフ丼とスープの他に半熟玉子がついてきました。以前は半熟玉子がついてなかったように思います。これもサービス向上のためでしょうか。
 ドンブリの上に半熟玉子をのせて食べるといいわけですが、先にローストビーフ丼を3割くらい食べ、それから半熟玉子をのせて食べました。これなら玉子なしと玉子ありの両方の味が楽しめるというものです。
 いつものようにおいしいローストビーフ丼を食べ、オーツは幸せを感じました。こういうおいしいものがたった800円で食べられるなんて、幸せというしかありません。
 とはいえ、ローストビーフ丼を食べるのが何回目かになると、最初に感じた抜群のおいしさは感じにくくなります。舌が味に親しんで、感動が薄れるのかもしれません。
 張り紙によれば、他にも平日のランチがサービス価格になっているようです。オーツの場合は、この店ではローストビーフ丼を食べることに決めているので、他のメニューを気にしてもしかたがないのですが、……。
 ただし、店先に掲示してあるということは、価格で客を呼び込もうという作戦のようです。もしかして経営がきびしいのかもしれません。
 オーツは、こういう店にはなくなってほしくないし、個人的にはずうっとローストビーフ丼を食べ続けたいと思います。
 陰ながら応援しています。

犇郷焼肉 / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

大高未貴(2017.6)『父の謝罪碑を撤去します』産経新聞出版

 オーツが読んだ本です。「慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白」という副題が付いています。
 吉田清治といえば、慰安婦問題の出発点となった話をした人物です。自分が済州島に行って、女性たちを狩り出し、強制的に連行したという証言です。その後、この話は嘘であることが知れ渡りましたが、日韓関係の悪化に大きな影響を与えてしまったことは周知の事実です。
 吉田清治は韓国に「謝罪碑」を建てました。
 そして、吉田清治の死後、その長男がこの謝罪碑を撤去しようと検討しました。しかし、大きなものががっちりと地面に固定されているため、撤去は不可能です。そこで、謝罪碑の文面の上から別の文面を貼り付けたというのです。慰霊碑になったというわけです。
 まさに驚きの展開です。
 本書は、その経緯を綿密に記録しています。オーツがおもしろいと思ったのは、韓国の警察が長男を韓国に呼び出そうとしたこと(犯罪でも何でもないのに!)、さらに、p.185 にあるように、誰かが新しい慰霊碑の文面の上にビニールシートをかけて見えないようにしたことです。個人が自分の金を出して行ったことに対し、それが韓国にとって好都合であればそのままにし、不都合であればカバーで覆って見えないようにする。まったく行動に一貫性がないというか、自分たちの勝手な考え方が前面に出ています。
 謝罪碑の撤去だけでは1冊分の内容にならないので、慰安婦問題をめぐっていくつかの論考が追加されていますが、それらを読むと、この問題の闇を感じさせます。どうにも混乱が収まらないし、その責任の大半は韓国政府にあるように思えてきます。このような話は本書の特色ではないように思うので、感想はこれ以上述べません。
 ともあれ、慰安婦問題に関心のある人は一読の価値があると思います。


posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

最近の桜上水〜下高井戸での昼食パターン

 以前にも書いたのですが、
2016.10.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/442617030.html
オーツの最近の桜上水〜下高井戸の昼食パターンを書いておきます。

・カレー
(1) 日本式・CoCo壱番屋@下高井戸
(2) インド式・ミラン@下高井戸
(3) インド式・家帝 YETI@桜上水
・中華料理・匯香苑@桜上水
・韓国料理・一風@下高井戸
・洋食・ガスト@下高井戸

 1年前と比べると、行かなくなった店として、以下があります。

・イタリア料理・サイゼリヤ@下高井戸
・和定食・ピエロ@桜上水
・海鮮丼・三友 蓮@下高井戸
・洋食・紅矢@下高井戸

 行かなくなった店のことはあれこれ書かないでおきましょう。特に理由がなく、オーツの好みが変わっただけの場合もあります。
 一方、新たに通うようになった店は、以下です。

・洋食・ガスト@下高井戸
2017.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/454237831.html
2017.9.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/453694269.html

 さらに、大きな変化があります。一つは、ランチの回数を減らしたことです。
2017.7.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/451755256.html
 勤務先のランチの回数も減らしました。結果的にそれぞれのお店に行く足が若干遠のきました。
 もう一つの変化は、このことと関連しますが、匯香苑に行く割合が高くなりました。オーツはほぼ週1回のペースで匯香苑に通っていますが、ランチの回数が減りながら週1回の匯香苑通いを持続すると、結果的に匯香苑でランチを食べる比率が高くなり、他の店に行く比率が下がります。
 オーツは、匯香苑のランチが気に入っていますので、単純に気に入った店で食べることが多いということになりそうです。
 こんなことで、ランチでは下高井戸に行く回数が減り、桜上水に行く回数が増えました。
posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

デジタル放送を DVD-R に記録する

 オーツは、クルマを新しくしました。今度のクルマはノアです。後部座席用にリアビジョンというディスプレイを付けました。これで後部座席に座った子供などがテレビ放送や DVD を見られるというわけです。
 ブルーレイが見られないところは残念ですが、画面が小さいですから DVD でも十分きれいに映ります。
 さて、そんなわけで、テレビで放送される番組のいくつかを DVD に焼いて、クルマに持ち込むことになります。
 実は、今までオーツはそんなことをしたことがなかったのです。DVD を見るプレーヤーは、以前持っていたのですが、他人にあげてしまいました。だって、ブルーレイのレコーダーがあれば、そのレコーダーで DVD を再生することができるのですから、DVD プレーヤーを持っていてもムダです。
 ところが、新しいクルマのカーナビが DVD に対応している(ブルーレイに対応していない)ことで、テレビ放送(当然デジタルです)を DVD に焼く操作が必要になったというわけです。
 DVD-R は、初めて買いました。自分で録画するので、CPRM 対応の製品を買いました。10枚組で 340 円という激安価格でした。
 まず、DVD-R をレコーダーにセットして、普通に(ブルーレイと同じように)ダビングしようとしました。すると、メディアが CPRM に対応していないというメッセージが出てダビングできませんでした。しかし、メディアには CPRM 対応と書いてあるのです。ここでオーツはわからなくなり、メディアを購入した店か、レコーダーのメーカーかに問い合わせようかと思ったくらいです。
 次に、レコーダーでいろいろなメニューを見てみると、「DVD 管理」というのがありました。それを選ぶと、こんなメッセージが出ました。
 「ハイビジョン画質で記録する場合やVR方式で記録する場合は、フォーマットしてください。
ビデオ方式では、コピー制限番組を記録できません。」
 オーツは、そもそも、DVD にはビデオ方式と VR 方式があるということも知りませんでした。
 思うに、普通にダビングしようとすると、ビデオ方式になり、コピー制限に引っかかってダビングできないということのようです。
 念のため、ネットで調べてみると、
https://kaden.johowave.com/dvd-rec/b-kiroku.html
には「デジタル放送(地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル)は
 [VRモード] + [CPRM対応メディア]
のパターンのみ録画できます。」
とあります。
 つまり、DVD-R を挿入したら、まずはフォーマットして VR モードにする必要があります。
 で、レコーダーの DVD 管理からフォーマットをしようとすると、録画方式が3種類あるというメッセージが出てきます。
  AVCREC 方式:ハイビジョン画質で記録
  VR 方式:標準画質で記録
  ビデオ方式:フォーマット不要
というわけです。ここで AVCREC 方式という、また新しい方式が出てきましたが、これはハイビジョン画質なので、たぶん、無関係です。
 「ビデオ方式:フォーマット不要」ということは、フォーマットしないでダビングしようとするとビデオ方式になるということです。それでコピー制限に引っかかったわけです。
 こんな経緯で、DVD-R を VR モードでフォーマットしました。
 その上で、画質の設定を FR(自動調整)モードにしてダビングしてみました。
 レコーダーの取扱説明書によると、他機種で DVD を再生するときは、ファイナライズが必要だとのことです。
 そこで、DVD 管理からファイナライズを選んで実行したところ、正常にダビングできたようです。
 ダビングしたものをクルマの DVD のスロットに入れたら、ちゃんと再生してくれました。これで正しくダビングできたことが確認できました。
 いやはや、DVD-R のダビングはなかなか大変です。ブルーレイのディスクを使う場合では「おまかせダビング」というのがあり、まっさらのメディア(BD-R)をレコーダーにセットして、ダビングする番組を選ぶだけで、適当にダビングしてくれるのですが、DVD の場合は、ダビングの前にフォーマット、ダビングの後でファイナライズという二つの処理が必要であることがわかりました。
 ダビングするときの画質を決めるモード設定という問題もありますが、まあ FR でよさそうです。
 こうして、テレビ放送を DVD に落とすことができるようになりました。

 後日、同じ間違いをしないためのメモとして、ことの経緯をブログに書いておくことにしました。それがこの記事です。知っている人には当たり前のことでしょうが、オーツにとっては新しい経験でした。
posted by オーツ at 06:45| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

長崎亭@江古田南口で長崎ちゃんぽんを食べる(2回目)

 オーツは江古田南口にある長崎亭で何回かちゃんぽんを食べました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13040096/
その話はブログ記事にも書きました。
2015.6.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/420866715.html
2015.3.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/415683907.html
 長崎亭のちゃんぽんは、とびきりうまいわけではないけれど、まあまあ食べられるし、何といっても江古田の現状ではちゃんぽんを食べるとしたら長崎亭が唯一の選択肢となるでしょう。他の店でもちゃんぽんを食べましたが、おいしくありません。
 あるお昼時に、オーツはちゃんぽんを食べに長崎亭に行きました。お店に入ったときは 11:40 くらいだったでしょうか。
 先客が2人いました。1人はちゃんぽんを食べていました。もう1人は注文済みのようで、マンガを読みながらテーブルで料理が出てくるのを待っていました。
 オーツはちゃんぽんを頼み、テレビを見たりして少し待っていました。
 すると、お店の人が、先客にちゃんぽんを運び、ちょっと遅れてオーツにちゃんぽんを持ってきました。2人分を一緒に調理したようです。
 オーツが食べ始めると、男女のカップルがお店に入ってきました。注文したのはちゃんぽん2人前でした。
 何と、お店にいる客の5人中5人がちゃんぽんを食べるという状態になりました。なるほど、ここのちゃんぽんはある意味で看板料理と言ってもいいでしょう。
 オーツが食べた限りでは、スープがおいしいと思います。ただし、ちょっと野菜などが煮えすぎているように感じます。もう少しシャキシャキ感があってもいいのではないでしょうか。
 オーツが食べ終わるころ、男性の2人組が入ってきました。オーツは、もしかしてこの2人もちゃんぽんを注文するのかと思って、聞き耳を立てていましたが、残念ながら(何が残念なのか意味不明ですが)別の料理を頼んでいました。
 何はともあれ、長崎亭ではちゃんぽんを注文する人が多いことがうかがえました。それは理解できます。850 円は妥当な値付けだと思います。

長崎亭ちゃんぽん / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする