2017年09月15日

福貫@新江古田でぜっぴん丼 梅を食べる

 新江古田駅の出口からすぐのところに海鮮丼の店ができました。福貫(ふくぬき)という店です。
http://s-nerima.jp/wp/110161
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13211812/
8月5日オープンということで、オーツは8月11日の祝日に行ってみたのですが、11:35 に入ろうとしたらすでに満席でした。なかなかの人気店のようです。
 オーツは再度チャレンジというつもりで、先日、雨が降る平日の 11:40 くらいに行ってみました。お客さんは誰もいませんでした。
 海鮮丼オンリーの店で、メニューには 1,000 円、1,500 円、2,000 円の3種類が書いてありました。それに日替わり丼ということで 1,500 円のものがありました。
 オーツは、ランチをなるべく 1,000 円以下で収めたいと思っているのですが、それだと選択肢はありません。「ぜっぴん丼 梅」が 1,000 円ですので、これを注文しました。
 すぐにきゅうりの漬物とコンニャクの煮物が出てきました。
 待つことしばし。
 店主から海鮮丼が手渡されました。
 まぐろ、中落ち、玉子、しらす、みる貝、いくら、煮あさり、きゅうり、それにしその葉が乗っています。まぐろなどは小さくカットしてありました。食べやすいとは思いますが、一方では、端切れをアレンジしているような気分でもあります。メニューには「数の子」とも書いてありましたが、オーツは気がつきませんでした。
 半分ほど食べたところで、熱い出汁をかけてもらいました。これでお茶漬けのようにして食べられます。さらに、カウンターの上にある店内調理の味付きの「おかか」をかけて食べることもできます。こうして、3種類の味が楽しめます。
 オーツの好みは、何もかけない海鮮丼です。わさびと醤油を少しずつまぜながら食べていくとなかなかいい味です。
 それに対して、出汁はオーツの口に合いませんでした。おかかをかけると味が変わりますが、元々の出汁の味が好みではありませんから、おかかをかけてもそれは変わりません。出汁なしで全部食べるのがいいように思います。しかし、このスタイルだと、出汁をもらわないのは何か損をするような気分です。
 サッサと食べて、1,000 円を払って店を出ました。
 オーツとしては、再訪なしでしょう。1,000 円というと、オーツのランチ代の上限です。それを払うくらいなら、もっとおいしい店が江古田近辺にはいろいろあります。

海鮮丼 福貫海鮮丼 / 新江古田駅江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 03:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

クルマの運転中のブレーキとアクセルの踏み間違い

 オーツは、普段クルマを運転していてブレーキとアクセルの踏み間違いなどはするはずがないと思っていました。同じ右足で操作するため、どちらか一方しか踏めないようになっています。(たまに、坂道発進時に左足でブレーキを、右足でアクセルを踏むことがありますが。)アクセルは右に偏った位置にあり、踏み間違いはしないものだと思っていました。オーツの運転歴は何十年になるでしょうか。今まで一度もブレーキとアクセルの踏み間違いをしたことはありません。(ただし、駐車場に入れるときに、間違えそうになったことがあります。
2007.10.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/62472470.html

 しかし、先日は、運転中にやってしまいました。
 元はといえば、ちょっと他に気を取られることがあったのです。運転中に運転席のドアポケットに入れてある書類を見ようとして、そこに置いてある窓ガラス用のハンマーがじゃまになり、位置を変えようとしたらハンマーを運転席のシートとドアの間に落としてしまい、右手で探っていました。
 そのとき、普通に流れていた前方のクルマ数台が赤信号のために順次止まりました。
 オーツは、右足がブレーキに乗っているものと勘違いしてアクセルを踏んでしまいました。じわりとした踏み方です。クルマのスピードが出て、車間距離が詰まっていったので、不思議に思い、さらに強く踏もうとして、アクセルを踏んでいることに気がつき、ブレーキに右足を乗せ替えて、普通に止まることができました。しかし、やや強いブレーキになり、同乗者たちに若干不安を与えてしまいました。
 この経験は有意義でした。
 実際に、踏み間違いをやってしまってから考えてみると、反省するべきことがあります。また経験的にわかったこともあります。踏み間違いをしていることに気がつかないと、ブレーキをいっそう強く踏もうとしてアクセルを踏むので、スピードが出てしまうのです。冷静になれば、踏み間違いであることはわかるはずですが、パニックになったりすれば、それがわからず、いよいよ強くアクセルを踏むことにもなりかねません。
 1回、実地に経験してみると、ドライバーの心理がわかるように思いました。
 こういう間違いは(オーツ自身の、また同乗者の)命に関わるものだけに、十分注意しなければならないものです。注意だけではありません。高齢になれば、間違いも起きやすいでしょうから、車間距離を十分空けるなりして、普段から安全運転を心がけるべきです。
posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

おぎの@勝浦市で刺身定食を食べる

 オーツたちが勝浦に行ったとき、帰りにランチを食べるために立ち寄った店が「おぎの」
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120701/12037582/
でした。
 日曜日 11:30 ころに入りました。
 駐車場は4台くらい止められます。オーツたちは一番乗りでした。
 食堂の隣が「荻野鮮魚店」という魚屋で、両者は一体経営です。

ogino1.JPG

 鮮魚店の店頭には、イカが干してありました。屋根の下に干しているのは、朝、雨が少しぱらついたためだとのことでした。

ogino2.JPG

 これらのイカには、勝浦で取れたものも築地から仕入れたものもあるという話でした。わたを抜いた全体が築地からのもの、頭と足だけになっているのが勝浦で取れたものという話ですが、見ても違いがわかりません。わたの部分も煮物などでおいしく食べられるという話を聞きました。
 さて、そんなところに足止めされていてもしかたがないので、オーツたちは食堂に入りました。
 オーツは刺身定食 1,500 円を注文しました。
 注文して待つことしばし。だんだんお客さんが入ってきて、店内は、カウンターまで含めて、満席になってしまいました。この店はこのあたりの人気店のようです。調理人が少ないためか、注文品が出てくるまでちょっと時間がかかります。子供たちは、トランプや折り紙で遊び始めました。
 しばらくして、注文品が順次出てきました。
 オーツの刺身定食は、以下の写真のようなものでした。

ogino3.JPG

 刺身が6点盛りで、たっぷり乗っていました。
 さて、食べてみてどうだったか。
 刺身定食は大正解でした。どれを食べてもおいしかったと思います。特に中トロがおいしかったでしょうか。マダイとカンパチもなかなかのものでした。イカもありましたが、鮮魚店の店頭に並んでいた頭と足の中間部分でしょうか。大きなエビにも期待したのですが、これは妻が食べてしまったため、味がわかりません。妻はおいしいといっていました。
 勝浦では、宿泊したホテル三日月でも刺身をたくさん食べましたが、それよりも「おぎの」の刺身のほうがずっとおいしいと思います。たぶん大きなホテル(のバイキング)では刺身にコストをかけられないのでしょう。
 他のメンバーが食べたものは(きちんと記録を取らなかったので、価格が違っているかもしれませんが)、鶏の唐揚げ定食 1,000 円、甘鯛焼き魚定食 1,100 円、海鮮丼 1,500 円、おにぎり(2個)500 円、ししゃも(5尾)700 円、まぐろ中落ち 600 円、ハイボール 600 円でした。オーツを含め、大人4人と小学1年生と幼稚園児には多すぎる感じになりました。
 鶏の唐揚げ定食や甘鯛焼き魚定食というのは、料理単品でそれぞれ 700 円、800 円なのですが、+300 円で定食にできるということです。定食というのは、ご飯と味噌汁、漬け物、冷ややっこが付くということのようです。
 オーツはししゃもも食べてみましたが、ちょっと大きめで、なかなかけっこうな味でした。
 会計すると、合計額 7,500 円×1.08=8,100 円となりました。この価格で食べられて、みんな満足しました。レジのところに名刺が置いてあったので、1枚もらってきました。「魚屋の食事処 おぎの 荻野鮮魚店」とあり、店主の名前が「荻野明久」と書いてありました。
 再度来たい店だと思いました。
 店を出てから、隣の荻野鮮魚店で干物を買いました。
http://www.katsuura-sanpo.com/facilities/buy/post-6576/
http://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=KN1200060600212304
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-Mib0otXbsNA/
干物は店頭に出ているものだけでなく、冷凍庫にいろいろしまってあるようです。
 食堂で食事の運搬係をしていた人(もしかしてこの人が荻野明久さん?)がいろいろ魚介類の説明をしてくれました。生きた伊勢海老が水槽に入っていましたが、足が取れてしまって、これで大きく値が下がってしまったことをぼやいていました。近くの知り合いに届ける予定だと言っていましたが、売るのでなくて自家消費であれば、足がなくても問題はないのですが。
 結果的に、オーツたちが駐車場に入ってから出発するまで1時間半近くかかりました。

おぎの魚介・海鮮料理 / 勝浦駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 07:27| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

かつうら海中公園 海中展望塔

 オーツたちは、1泊したあとの日曜日、かつうら海中公園にある海中展望塔を見に行きました。
http://www.katsuura.org/
http://www.katsuura-sanpo.com/facilities/see-play/post-421/
 事前にネットで調べて、割引券
http://www.katsuura.org/opening/web_wari.html
をプリントして持参しました。大人料金が 10% 引きになります。
 ここは、水深8メートルで、搭の回りを泳ぐ魚が見られます。まさに展望塔です。
 窓からのぞくと、魚が群れているところがありました。

katuura4.JPG

 よく見ると、エサのかごが上からぶら下がっています。なるほど、こうやって展望塔の回りに魚を集めているのですね。少しずつ出てくるエサというのは、どうやっているのだろうかと思いましたが、係の人に聞いてわかりました。オキアミを凍らせたものをかごに入れてぶら下げるということです。少しずつ溶け出し、それを魚が食べるというわけです。
 展望塔にはエレベータがないので、階段で上り下りをしなければなりません。途中、ベンチがあり、座布団が置いてありました。一気に登るのはたいへんです。
 海中展望塔の見学のあとは、孫たちは近くの砂浜でまた貝殻拾いをやったり、海の中に足をつけたりしていました。
 オーツは妻と海の資料館の中をいろいろ見て回ったり、ジグソーパズルをやったりしました。
 結局、ここには2時間10分ほどいたことになります。
 時間をかけると、ゆっくりのんびりできます。小さな子供たちは自分たちで遊びを見つけて楽しんでくれます。こういう旅もいいものです。
posted by オーツ at 08:02| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

アクアパレスと勝浦ホテル三日月

 オーツは、長男家族と一緒に8月の土日を利用して、6人で勝浦に1泊旅行をしました。6歳と4歳の孫にたっぷり遊んでもらおうという趣旨です。
 向かった先は勝浦ホテル三日月
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/
でした。ここにはアクアパレス
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/aqua/spa.html
というプール兼温泉があります。ここで1日遊ぼうと考えました。
 アクアパレスは 10:00 オープンということなので、それを目指して出発したのですが、実際に到着したのは、10:40 になっていました。オーツたちは、ホテルのフロントで仮のチェックインをして、アクアパレスに無料で入れることになりました。しかし、ここでアクアパレスに入ると、ランチを食べる時間が中途半端になります。そこで、予定を変更して、まずは孫たちと砂浜に行き、散歩兼貝殻集めをしました。貝殻集めといっても、完全な形の貝殻である必要はなく、割れていても全然問題はないようでした。
 11:30 には、ランチバイキングを食べることにしました。
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/restaurant/lunchviking.html
 バイキングは、好きなものを好きなだけ食べられるので、小さな子供連れには適しています。自分の好きなものが食べられます。
 オーツが特に気に入ったのは日替わり丼で、一つは大根おろしとマグロがのった丼、もう一つは納豆とマグロがのった丼でした。いずれも小さな容器に入っていましたので、二つとも食べられました。
 さらに、タンタン麺にもチャレンジしました。嫁によれば、かなり辛いという話だったので、だったら食べてみようと思い立ちました。しかし、ピリ辛程度で、あまり辛い方ではありませんでした。
 この他にも、寿司、焼きそば、おでんなどいろいろ食べました。バイキングでは、いろいろなものを少しずつ食べられるのはありがたい話です。
 なお、ピザは冷たくておいしくなかったです。
 代金は、大人が 1,600 円、小学生が 1,400 円、幼児が 1,000 円でした。
 12:45 くらいにはアクアパレスに入りました。7階で受付を済ませ、水着に着替えて、8階まで上がると、スカイスパゾーンということで、屋上に各種プールがありました。
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/aqua/img/skyspa_map.gif
建物の屋上に設置してあるものですので、遊園地のような広いプールではありませんが、子供はけっこう遊べると思います。ちょっと日射しが強く、皮膚を焼いてしまう感覚でした。
 オーツは、プールの回りを歩いているときに、ウッドデッキの上で足を滑らせ、あやうく転びそうになりました。早歩きをしていたわけではないのですが、……。
 6階に行くと、アクションスパゾーンということで、屋内に各種プール&風呂がありました。
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/aqua/img/acspa_map.gif
オーツが気に入ったのはシェスタベッド
http://www.mikazuki.co.jp/katuura/aqua/img/acspa05.jpg
でした。ここで寝そべっていると、吹き出す水流が身体にあたり、まるでマッサージをしてもらっているかのようでした。
 6階は屋内ですから、日射しにあたることがありません。日焼け防止にはこちらのほうがよさそうです。
 オーツは、プールサイドのイスに座って、1時間くらい居眠りをしてしまいました。こんな居眠りも心地よいものです。
 アクアパレスには、結局 16:30 までいました。4時間近く遊んだことになります。孫たちはもっと遊んでいたいという気持ちだったようですが、17:30 から夕食が予定されていたので、この時間で切り上げました。
 夕食はバイキング方式でした。
 オーツは刺身とビーフステーキを中心に食べました。飲んだものは生ビール 760 円と生酒(日本酒ですが、銘柄は忘れました)300cc 1,000 円(外税)でした。

katuura1.JPG

全般においしく、普通に食べられました。
 朝食もバイキングでした。

katuura2.JPG

katuura3.JPG

 またいろいろ食べました。オーツが食べたものの写真を上に示します。小分けになっている皿を2枚分食べたことがわかります。
 朝食時にも数種類の魚のぶつ切りの混ぜ合わせが置いてあったのは大変けっこうでした。オーツは刺身類が大好きなので、またたくさん取ってきて食べました。アサリの味噌汁もおいしかったですね。
 宿泊代金はけっこう複雑でした。オーツと妻は2人で1部屋でしたが、18,000×2×1.08=38,880 円でした。息子夫婦は4人で1部屋でしたが、大人が 16,000 円、小学生がその 70% で 11,200 円、4歳児は大人の 50%で 8,000 円、それらの 1.08 倍で、55,296 円でした。酒代やアクアパレスのタオルレンタル料 300 円×6なども含めると、支払額は10万円を越えてしまいました。
 帰りには、次回の宿泊割引券 500 円×6枚をもらいました。

 勝浦ホテル三日月の口コミを見てみたら、けっこう低評価のものがありました。
https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g1021249-d1135054-Reviews-or30-Katsuura_Hotel_Mikazuki-Katsuura_Chiba_Prefecture_Kanto.html
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/38961/review.html
http://4travel.jp/dm_hotel_each_tips-10035506.html
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120701/12013179/
http://blog.goo.ne.jp/sayurin2215/e/f1bc4c6f512c50097bf65c7c8c65d6f6
 しかし、オーツの経験では、そんないやなこともなく、普通に快適に泊まることができました。まあ金額に即したサービスだったと思います。
posted by オーツ at 01:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

衣類を買わなくなった

 最近のオーツの日常生活を考えてみると、衣類を買わなくなったということがあります。
 特に普段着です。普段着は、長期に渡って着ていても、あまり傷まないものです。傷んだら、価格も大したことないので、すぐに買おうと思っていますが、傷まないので買わないのです。
 下着も同様です。数年に1回くらいは買うでしょうか。それにしても、長く持つものだと思います。毎日風呂に入るときに交換していますが、それにしても傷まないと思います。
 靴下が一番傷むようです。毎日体重をかけて靴の中でこすられているわけですから、傷むのも当然です。それにしても、買うときは1回に10足くらい買いますから、こちらも数年に1回くらいでしょうか。
 歳をとってくると、持っている衣類の量が増える傾向になります。まだ着られるし、十分間に合っているのに、他人からもらったりします。こうして増えていくと、いよいよ衣類を買わなくなります。

 そんなわけで、気がつくと衣類を買う経験が激減しています。

 あまりにも買わないものだから、前回買った経験を忘れてしまいそうです。(歳をとって忘れやすくなったことも影響しているのかもしれません。)そこで、パソコンの中に、靴下はどこでいくらだった、ベルトはどこでいくらだった、パンツは、ランニングシャツは、……と記録するようにしました。また同じところで買うとは限りませんが、参考にはなるでしょう。
ラベル:衣類 普段着
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

盲人と自転車ですれ違うとき

 オーツが電動アシスト自転車で路地を走っていたときのことです。
 向こうから盲人の女性が歩いてくるのがわかりました。白い杖を持って、足元を確認しながら歩いていました。オーツが乗っていたのは電動自転車でしたから、モーター音がします。(タイヤの転がる音もしたでしょう。)盲人女性は音を聞いて立ち止まりました。オーツは横を通り過ぎましたが、女性はちょっとおびえているような顔つきでした。自転車の音だけ聞こえ、それが迫ってくるわけですから、怖がるのも当然です。
 オーツは自転車に乗りながら、どうすればいいのか、迷いました。ベルを鳴らすこともできますが、「そこをどけ」という意味のようにも受け取られかねず、ベルを鳴らすのは気が引けます。
 だいたい、オーツが普通に自転車に乗っていてベルを鳴らすことはほとんどありません。もしかして今までまったくないかもしれません。鳴らす理由がないからです。
 ベルを鳴らさないとしたら、何をするべきでしょうか。自分の声で「自転車が横を通りますよ」とかいうのでしょうか。何か照れくさい気がします。
 しかし、相手が盲人であれば、アイコンタクトでない何らかのコミュニケーションが必要になります。
 あとから考えてみると、やはり、声をかけるしかないような気がしてきました。
ラベル:盲人 自転車 ベル
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

映画レビューサイトの変遷

 オーツは、映画レビューサイトを利用することが多く、いつも使っているパソコンのブラウザ Google Chrome にいくつかブックマークで入っています。
 どんなときに映画レビューサイトを使うか。
 WOWOW で放送される映画を見るべきか否かを考える際に、参考として見ています。
 WOWOW は、いろいろな映画を放送していますが、中には、見るだけ時間のムダだったというようなトンデモ映画が放送されることもあります。そんなことを防ぐには、映画レビューサイトが参考になります。評価が分かれているようなものは、見てみてもいいと思います。人によって受け取り方が違っていたりするので、自分で見てみないと何ともいえません。
 一方、みんながみんなひどい映画だと述べているような映画は、見るまでもないと思います。過去には、「そんなことはない。やはり自分で見てみなければわからない」と考えて、実際に見たこともありますが、結果的にはダメ映画だったということがたくさんありました。
 そんな経験を積み重ねて、オーツは映画レビューサイトを見るようになりました。
 はじめに参考にしたのは、「allcinema」
http://www.allcinema.net/
です。
 このサイトは、丁寧なレビューが多く、大いに参考になりました。カバーしている範囲が広く、たいていの映画が登録されています。
 次に、「みんなのシネマレビュー」
https://www.jtnews.jp/
も参考にしました。
 こちらも、個々人の書き込みで「濃い」ものが多く、けっこう映画好きな人が書いているものと推測されます。ただし、登録されている映画の本数は少な目なようです。
 「MovieWalker」
http://movie.walkerplus.com/
は、映画のあらすじなどを調べるために見ていましたが、映画レビューもかなりあり、なかなかいいサイトだと思います。
 こんなことで映画レビューサイトを参考にしていましたが、最近、これらのサイトでレビューがあまりなされていない場合があることに気がつきました。ごくわずかのレビューだけでは偏るので、レビューは多い方が好ましいと思います。
 「Yahoo! 映画」
https://movies.yahoo.co.jp/
は、そんなときに役立ってくれました。レビュー数が抜群に多く、他のサイトで扱っていないような極めて珍しいものでも、多数のレビューが掲載されていて、ありがたいと思いました。
 オーツの場合、近頃は、「Yahoo! 映画」にアクセスするのが一番多くなっています。
 さらに、最も新しいサイトで「Filmarks」
https://filmarks.com/
もがんばっています。こちらもレビュー数が多く、珍しい映画でもレビューが読めます。
 オーツ自身がアクセスする映画レビューサイトはこんなふうに変遷してきましたが、書き込む側のレビューアーも同様の傾向があるように感じます。昔の映画について検索する場合は、「allcinema」や「みんなのシネマレビュー」の書き込みが充実しています。みんながそんなサイトに書き込んでいたのですね。一方、最近の(ここ数年くらいの?)映画を検索する場合は、「Yahoo! 映画」や「Filmarks」のほうが充実しています。レビューアーがこちらのサイトに移動してきている感じがします。つまりレビューする人の書き込む先が変遷しているようなのです。
 オーツの(閲覧者としての)個人の経験の変遷と、ネット利用者の多数の人の(レビューアーとしての)行動が一致しているような印象を持っています。
 となると、今後はさらに「Yahoo! 映画」や「Filmarks」が伸びていくことになるのでしょう。ネットの世界ではガリバー型寡占が起こりやすいものです。映画レビューサイトもその例の一つなのではないでしょうか。
 こういうことを定量的に調べるには、過去数十年にわたって、各年度ごとに公開された映画を数十本ずつ取り上げ、それぞれのサイトごとのレビュー数を調べればいいのです。ただし、オーツは時間がないので、なかなか行えません。誰かがやってくれないものでしょうか。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

つるが窓の網戸にびっしりと

 オーツは1階に書斎を構えていますが、窓を開けることはあまりありません。エアコンが設置してあり、暑い季節は冷房を、寒い季節は暖房を働かせています。1階の窓を開けると、隣の家から室内をのぞかれてしまうこともあるかもしれません。
 窓を開けないだけでなく、その内側のブラインドも閉めっぱなしが普通です。よほど気が向いたときだけ開けますが、年に数回くらいなものでしょう。オーツは、別に日光を浴びなくても気になりません。日中でも、ブラインドを下ろした中で人工照明の蛍光灯をつけているのが落ち着きます。
 そんなことをしていたら、あるとき、窓がけっこう日陰になっていることに気がつきました。
 ブラインドを開けてみると、つる性の植物(名前は知りませんが雑草です)が網戸に貼り付いているのを発見しました。
 さっそく、外に出て、つるを引きはがしました。このままにしておくと、いよいよつるが繁茂してきます。
 つるが伸びたとしても、特に人体に害を与えるものではないのですが、気になるのはエアコンの室外機です。室外機は、1階の地面の上にブロックを2個置いて、その上に設置されています。つるが伸びてきて、室外機のファンのところに絡まるとエアコンの性能が落ちたり、ときには動かなくなったりします。だから、つるは伸ばさせない方がいいのです。オーツの自宅では、ずっと前にも一度つるが絡んでエアコンの修理の人を呼んだことがあります。
 今回、つるの根本まで取ることができなかったので、また近日中につるが伸びてくるでしょう。室外機を移動して、つるの根本から引き抜くようにすれば完璧なのですが、素人としては、そこまでやっていいものかどうか、若干心配です。
 となると、やっぱり除草剤の出番でしょうか。
ラベル:つる 網戸
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ネコと水

 オーツは自宅で飼っているネコにガラス製の灰皿で水を与えています。毎日というほどではありませんが、水を取り替えたり、冷蔵庫で作った氷を2〜3個入れてやったりします。
 ネコは、トイレのタンクに流れ込む水を飲むこともあります。
2013.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/381437423.html
 最近、このネコがトイレの水を飲む回数が増えたように感じ、不思議に思っていました。
 さて、灰皿の水を交換しようとして、新しい水を入れたときです。新しい水なのに、ちょっとだけ不純物が浮いた感じになりました。オーツは不思議に思い、水を替えたりしているうちに気がつきました。水の回りにちょっとぬめりが付いていました。たわしで洗うとすぐに取れました。
 そうしてから、新しい水を入れて元の位置に置くと、ネコがやってきて、水をピチャピチャ飲むのです。
 トイレに頻繁にやってくる理由がわかりました。いつもの水入れがちょっと汚れていたのです。それをネコが感知して、わざわざトイレに水を飲みにやってきていたのです。
 ネコは敏感なものですね。いや、手抜きをしていたオーツが問題なのですが、……。
 これからは、灰皿を洗う間隔をもう少し短くしましょう。
ラベル:ネコ
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする