2016年11月04日

「かいおう」が破綻

 オーツは日経新聞で読んだのですが、回転寿司チェーン「北陸富山回転寿司かいおう」が経営破綻したとのことです。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08975600R31C16A0000000/
 2016/11/2 6:30 の記事です。
 オーツは、何回も行ったわけではないけれど、かいおう 安中店 で食べた経験から、このチェーン店はなかなかいいと思っていました。
2015.9.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/425189259.html
 記事中に「低価格で高品質」を目指したとあります。消費者の側から見れば、これは望ましいことであります。安くておいしい店は消費者の味方であると言っていいと思いますが、経営破綻してしまっては、そのようなことも言えなくなります。
 自分好みの店がつぶれてしまうのはとても残念です。回転寿司では、たまに同様の経験をします。おたる寿しもその一つでした。
2012.8.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/287136324.html
 回転寿司業界では、競争が激しいのでしょうね。利益をギリギリまで削って勝負していると言ったところなのでしょう。大変な話です。まあ、おかげで一般消費者としては安くておいしい寿司が食べられるわけですが、……。
posted by オーツ at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

島武@銚子市犬吠埼

 オーツが妻と犬吠埼に行ったときに立ち寄った回転寿司です。犬吠の駅のそばにあります。
https://tabelog.com/chiba/A1205/A120501/12038140/
 2015年10月に現在地に移転したようです。駐車場完備の回転寿司で、入りやすいです。
 二人でカウンターに通されました。まあ、テーブル席よりは食べやすそうです。注文は、近くにいる店員さんに声をかける方式です。
 オーツが食べたのは、324円皿×6、216円皿×1で 2,160 円だったように思います。2,160 円というと、普段の食事より高くなります。そういうこともあってか、おいしかったですねえ。
 一番の好みだったのは、生エビ 216 円でした。これは1貫しか乗っていませんでしたが、エビの頭まで乗っています。お店の手間を省く意味もあるのでしょうね。エビの頭は食べられませんから、はずして食べることになりますが、何と生きのいいエビでしょう。まさにとろけるような味と香りでした。
 赤貝、ツブ貝、金目鯛、ホタテ貝などは 324 円でしたが、大きなネタで、食べた実感があります。
 まぐろも 324 円ですが、これはイマイチでした。
 妻がつみれのみそ汁を注文しました。オーツもちょっと味見させてもらいましたが、魚介類のダシがきいていて、つみれ自体も抜群においしく、216 円というのは安いと思いました。
 オーツたちは 11:15 ころに入店したのですが、そのころはすいていたのに、だんだん客が混み始め、11:50 ころに店を出るときにはもう満杯になっていました。
 全くの田舎にある回転寿司ですが、人気店のようです。オーツは、また行きたいと思いました。値段はちょっと高めですが、その金額を出す価値はあると思いました。
posted by オーツ at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

スシロー光が丘店も土曜日の昼は混んでいる

 オーツは回転寿司のスシローに行くことがあります。
 昨日の土曜日の昼にも、スシロー光が丘店に一人で行きました。お店に着いたのは 11:18 でした。その時点で入店を待っている人たちが、店内だけでなく、外の通路にもあふれていました。通路には長椅子があって、ここが待合スペースになっているのです。
 オーツは、店内にある予約の機械を操作して、番号札を取って、待つことにしました。番号札には待ち時間が約10分と表示されていました。
 さて、オーツは店の外で待っていたのですが、なかなか呼ばれません。結果的に、オーツが呼ばれたのは 11:45 でした。27分待ちというのはさすがに長かったです。今やこんな大人気なのですね。待っている人たちは家族連れが多かった印象でした。ボックス席を待っているようです。カウンター席でもよいという一人客は、さっさと入店させてくれてもよさそうなのですが、……。
 店内は、当然ながら、けっこう混雑していました。さっさと寿司を食べて帰ることにしました。
 思えば、オーツがふだんスシローに行くときは平日が多かったようです。土曜日はすごい混み方なのだと痛感しました。行くなら平日ということですね。
 まあ、安くておいしければ、こういうことになることは当然なのですが、……。

関連記事:
2011.9.14 スシロー・烏山店の土曜日の昼の込み具合
http://o-tsu.seesaa.net/article/225828204.html
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

スシローで今月の太鼓判を食べた

 オーツは、スシローからメールを受け取る設定になっています。
 そこで、送られてきたのが今の特別セールです。「活きたまま入荷! 活アワビ 店内で殻むき!」2貫 280 円です。
http://www.akindo-sushiro.co.jp/news/detail.php?id=188
オーツは、さっそくスシローに行って食べてみました。
 なるほど、活アワビは、確かにアワビです。こりこりとした食感が楽しめました。とはいうものの、オーツがおいしいと思うものとは別です。同じくこりこりしたものといえば、ツブ貝です。オーツはスシローのツブ貝はおいしいと思います。100 円です。オーツの経験では、活アワビを凌駕しているのではないでしょうか。もしも、どちらか一品を食べることができるとすると、オーツはツブ貝を選ぶかもしれません。
 それに、活〆しまあじもありました。1貫 180 円でした。こちらもイマイチといった感じでした。決して悪くはないのですが、100 円のネタでも十分においしいと思うので、わざわざ高い値段を出してシマアジを食べる理由がないのです。
 ちなみに、赤エビもオーツの大好物で、1貫で 100 円ですが、とろけるような食感は何ともいえません。オーツは、何回食べてもおいしいと思います。お得なセールよりも、普段からある赤エビを食べるほうがいいように思います。今回も食べましたが。
 というわけで、特別セールは、本当においしいかどうか、若干疑問です。まあ、普段食べているものと違ったものを食べてみるという楽しみはあるので、特別セールも意味があるとは思いますが。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

江古田には回転寿司がない

 あるとき、オーツは息子から相談されました。
 江古田周辺で、自転車で行ける範囲に回転寿司があるか。あるなら子供連れで行きたいとのことです。
 オーツがこの地域に引っ越してきて、約20年ですが、江古田近辺には回転寿司はないようです。ずっと前、江古田駅の北口に回転寿司があったのですが、それが撤退してしまい、その後は駅周辺に回転寿司が出店することはなかったように思います。
 環七通り(自転車で行ける距離)にアトムとかいう回転寿司があった時期もありましたが、こちらもその後撤退してしまいました。
 江古田は大学が三つもあり(武蔵大学、日本大学芸術学部、武蔵野音楽大学)、大学生がたくさん住んでいるし、また通ってきます。周辺には住宅地が広がっています。だからでしょうか、江古田には(学生向けの)飲食店がたくさんあり、さまざまな食事が楽しめます。しかし、回転寿司がないのです。
 なぜなのでしょうか。
 ネットで検索しても、江古田近辺に回転寿司はないようです。
http://hitosara.com/GC0103/tokyo/T021/I06502/
http://retty.me/area/PRE13/ARE26/SUB2602/LCAT2/CAT41/
 掲示板で江古田を回転寿司のない街としている人もいました。
http://www.ekoda.jp/cgi/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=ekoda&tn=0077&rs=334&re=334&rf=no
 なぜ一つもないのでしょうか。
 実に不思議です。
 オーツの勝手な想像を書いてみましょう。業界大手の百円の回転寿司チェーンは、駐車場付きの店舗を展開する場合が多いと思います。ところが、江古田駅周辺は道路が狭く、クルマの通行には不便です。駅から離れると徒歩で来店する客を取り逃がします。というわけで、店舗にふさわしい物件がないのではないかと思います。地元資本や駐車場なしの店舗を展開するチェーン店であれば、駅周辺の小さな店舗に入ることが可能なように思います。しかし、すでにたくさんの飲食店がある中では、競争が激しく、利益が見込めないのではないでしょうか。
 オーツは、クルマでちょっと遠方の回転寿司に行くことにしています。自分が行ければ、それで十分ですが、クルマのない人たちのことを考えると(オーツの息子たちのことですが)、一つくらい江古田駅の近くに回転寿司が出店してもいいだろうと思います。
posted by オーツ at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

銚子丸・豊玉南店で誕生日割引 525 円を使う

 オーツは回転寿司・銚子丸のモバイル会員になっています。毎週金曜日には、200 円の割引券がケータイに送られてきます。それに加えて、誕生日には、誕生日割引券(クーポンというべきか)525 円分が送られてきます。言うまでもなく、年1回のことですが。
 というわけで、先日、オーツの誕生日に銚子丸に行ってこれを使いました。
 寿司を11貫食べ、無料のあら汁を3杯も食べてしまいました。満腹になりました。
 以前と違った点といえば、レーンにわさびの容器が流れていなかったことです。握っている職人さんに言ってわさびをもらえばいいのですが、ちょっと少な目にしかもらえませんでした。2回目にもらうのが気が引けました。レーンに流れていれば、気後れせずに手が出せます。
 それにしても、525 円の割引というのは大きいです。それに加えて、会計する店員さんに「誕生日、おめでとうございます。」などと言ってもらえます。
 まあ、一人で食べにいったので、普段と変わらない食べ方になりましたが、……。
 オーツが疑問に思ったことですが、誕生日割引は、なぜ 525 円という中途半端な金額なのでしょうか。消費税 5% 時代の名残なのでしょうか。ケータイに送ってくるのですから、8% 時代に合わせて 540 円にすることも簡単にできるはずですが、……。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

元祖寿司@羽田空港でランチ

 オーツは、羽田空港から山口宇部空港まで飛ぶことになりました。羽田空港に着いたら、ちょうどお昼ころになりましたので、ちょっと腹ごしらえをしようと思いました。そこで、国内線の第2ターミナルの3階にある「元祖寿司」に入りました。
http://www.gansozushi.com/shop/cat6/20091009post-27.html
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13132294/
 昔は、空港に回転寿司などはなかったのですが、今はこういう時代なのですね。
 食べたものは 130 円皿が、えんがわ、さんま、つぶ貝、赤貝、あじ、デカネタのまぐろの6皿でした。また、160 円皿が車エビでした。全部おいしくいただきました。
 レーンにはぎっしりネタが流れていました。次々食べられるのは、特に忙しいときなど、便利なのですが、レーンのネタのバラエティが少なく、同じ種類のネタが何皿も流れていくのはどうなんだろうと思いました。
 とはいえ、寿司が食べられれば、オーツとしては満足です。
 会計してみると、消費税がかかって、1,015 円になってしまいました。食費を 1,000 円以下に抑えたい(たくさんのコインのおつりを受け取りたくない)オーツとしては、ちょっとした失敗でした。千円札2枚を出して、985 円のおつりは重く感じました。
 そのあと、オーツはターミナルビル内をぶらぶら歩いてみたのですが、立ち食いそばの店やうどん屋もあり、全般に安い昼食も食べられるようになっていました。
 昔は、こういう安い店がなく、空港で食べるというと、おいしくないものを高めの値段で食べるしかなかったのですが、最近は傾向が変わってきたということでしょう。
 オーツとしては、次回、お昼前後に羽田空港を利用するとすれば、この元祖寿司でまた食べてもいいなと思いました。
posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

かいおう 安中店

 オーツは、群馬県安中市にある回転寿司に立ち寄りました。それが「かいおう」です。
http://tabelog.com/gunma/A1005/A100503/10011202/
http://www.kaio-co.jp/tenpo.html#gunma
もらったレシートには、「北陸 富山 かいおう 回転寿司」と書いてありました。かいおうは「海王」のことだそうです。
 国道18号線沿いにあって、クルマで入りやすくなっています。
 オーツが入ったときは、お昼時にもかかわらず、店内がちょっと閑散としていて、カウンターには誰も座っておらず、こんなことで営業していけるのか、この店に入って失敗だったかと思ったのですが、食べ始めてみて驚きました。おいしいのです。
 150 円皿ですが、うに、それにホタルイカの沖漬けを食べました。いいですねえ。オーツの感覚では、かっぱ寿司よりもよほどおいしいと思います。スシローといい勝負です。うにはちゃんとうにの味がします。ホタルイカはホタルイカです。150円でこんなのが食べられたら満足です。
 200円皿は、この店の特徴らしい「富山白えび軍艦」を食べました。1貫で 200 円というのは、この店としては最高の価格設定なのでしょう。ただし、オーツにとっては、これは普通の感じでした。
 他に、100円皿として、えんがわ、中トロ軍艦、たい、あと1枚を食べました。何だったか思い出せません。全部おいしくて、満足しました。
 会計すると、これで税込み 972 円とのこと。味と比べて、明らかに安いと思います。
 オーツが食べ終わるころには、カウンターにも客が入り、テーブル席もそれなりに埋まっていました。やっぱり、それなりに人気があるようです。
 かいおうの店舗は、東京近辺にもあります
http://www.kaio-co.jp/tenpo.html#tokyo
が、いずれもオーツの自宅からは遠いので、普段は食べられません。
 しかし、オーツは1回食べただけでこの店のファンになってしまいました。
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

かっぱ寿司練馬貫井店でランチ

 オーツはしばしば「かっぱ寿司練馬貫井店」にランチに行きます。
 先日も行きました。なぜならば、前回行ったときに味噌汁無料券をもらったからです。席に着くと、さっそくハマグリの味噌汁を注文しました。
 前回もらったこの味噌汁無料券を使うためには、800 円以上食べないといけません。そういう条件が券に明記されています。普通の 100 円皿だと8枚ということで、なかなか大変です。そこで、180 円皿を食べることにしました。
 まず注文した1枚は極上生うにです。180 円皿でありながら、1皿に1貫しか乗っていません。以前は、かっぱ寿司にも「うに」があり、100 円で、軍艦2貫になっており、キュウリも1貫に1切れのっている形でした。最近はこれを置いていません。今回は、にぎりの形で、1貫のにぎりの上に大葉が敷いてあり、そこにウニがたっぷりとのっています。が、食べてみると、うにのおいしさとしてはさほどでもありませんでした。オーツの期待が大きすぎましたかね。
 もう1皿、特選ホタテも食べてみました。同じく 180 円皿です。これまた、以前は 100 円で提供されていました。そのころよりは身が若干大きくなっていましたので、食べがいがありそうです。が、こちらもいまいちの感じでした。以前の 100 円のホタテとそんなに大きくは違っていないようです。
 他にも 100 円皿を5枚ほど食べましたので、けっこう満腹になりました。
 ふと、店内を見渡すと、客の入りが少なめです。あちこちに空いたテーブルがあります。お昼時だというのに、入り口付近の待合室も混んでいませんでした。そういえば、駐車場も空いていました。
 レーンには、いつも寿司の皿が流れていたはずですが、最近は現物が流れることが少なくなっており、小さなのぼりが皿にのって回っていることが多くなりました。
 どうも、かっぱ寿司の調子がおかしいように思います。活気が失われつつあります。ここ5年から10年くらいの傾向です。
 お客を逃がしているような(お客が逃げているような)気がします。
 オーツとしては、かっぱ寿司にもっとがんばってもらいたいと思います。
 あ、味噌汁無料券も、何とかお客を呼び込もうという努力の一環ですね。しかし、あまりおいしい味噌汁ではなかったですかねえ。
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

スシローのハイテク技術

 オーツは8月8日 18:56-20:54 にテレビ朝日で放送していた「世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団」を見ました。回転寿司のスシローのおいしさの秘密に迫るという番組でした。
 その中で、オーツが知らなかったスシローの不思議を2点メモしておきましょう。
 第1に、注文した寿司が客の場所に到着するとき、音声で案内があるわけですが、それは厨房で寿司をレーンにのせてタッチパネルを押したときからの時間で流しているという点です。何かのセンサーを利用するよりも簡単でいいとは思いますが、ここでの不思議は、レーンが一続きに構成されているので、最後のほうでは到着まで時間がかかってしまうのですが、それでいいのかということです。
 番組の中では、「E」のような形にレーンが構成されている例が示されていました。

    →→→→→→→→→→→↓
┌────↑─────────────┐↓
│   ↑     Aレーン │↓
│   ↑ ┌───────────┘↓
│   ↑ ↓←←←←←←←←←←
│   ↑ ↓│
│   ↑ ↓│
│ 厨 ↑ →→→→→→→→→→↓
│ 房 ↑ └───────────┐↓
│   ↑     Bレーン │↓
│   ↑ ┌───────────┘↓
│   ↑ ↓←←←←←←←←←←
│   ↑ ↓│
│   ↑ ↓│
│   ↑ →→→→→→→→→→↓
│   ↑ └───────────┐↓
│   ↑     Cレーン │↓
└────↑─────────────┘↓
    ↑←←←←←←←←←←←

 こんな形に寿司が流れていくわけです。すべての席は、厨房からの出口(上の図では一番上)からの距離が割り振られていることになります。すると、Cレーンの(最後の)客に到着するまで、寿司は相当長く流れていくことになります。ほぼ店内1周ですから。
 厨房からCレーンの直前に(図の下の方から)皿をのせることはできないのでしょうか。このほうが、Cレーンの客にとっては皿の到着までが圧倒的に早くなります。客としては、注文したらすぐにでも食べたいものです。
 第2に、寿司の廃棄についてです。寿司皿が 350m 流れたら廃棄するというのは、以前から聞いていましたが、
2011.2.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/185962414.html
それは、皿の底につけたICチップによるわけです。オーツは全部の皿にICチップが付いているものと思っていましたが、そうではなく、「旗」が立っている皿の底にだけ付いているという話です。つまり、「旗」の皿に続くものを廃棄しているという仕組みです。これは、いろいろと誤差が出そうです。それよりは全部の皿につけて、1枚ずつ管理する方がずっと楽で効果的で間違いが出ない方法だと思います。
posted by オーツ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

魚屋路下高井戸店で満足ランチを食べる

 魚屋路は、オーツがたまに(まれに?)ランチを食べに行く店です。
 スシローに通っているときは、どうみてもスシローの方がおいしくて安いので、魚屋路に行くことはほとんどありませんでした。
 今回、駐車場問題が発生したことで、
2015.7.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/421699102.html
スシローに行かなくなり、勤務先の近くで寿司を食べるとしたらということで、魚屋路を思い出しました。以前は、「満足ランチ」を食べにけっこう通っていた店です。
2013.11.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/379164831.html
2012.10.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/299184667.html
 先日、久しぶりに訪問して、満足ランチ 961 円を食べました。以前食べたときと比べて、ちょっと値上がりしていました。
 それはいいのですが、味噌汁がおいしくないのです。出汁がちゃんと出ていない感じです。野菜がたっぷり入っていた点はいいのですが、これでは味噌汁をおかわりして食べる意欲が出てきません。(おかわり自由なのですが。)
 寿司は普通に食べられましたが、味噌汁が残念だったので、再度食べに行く意欲がなくなりました。
posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

銚子丸豊玉南店で会計を間違えられる

 オーツは回転寿司の銚子丸豊玉南店にもしばしばいきます。ちょっと値段が高めですが、全般においしいと思います。
 さて、先日いったときは、鮮魚5貫セット 580 円、鉄火巻 180 円、ツブ貝 250 円を食べました。全9貫(相当)でも、1貫が大きめですし、無料のおいしいあら汁も味わいましたので、けっこう満腹でした。オーツの会計を担当したのは外国人の店員でした。たぶんアルバイトでしょうね。
 で、3皿がなんたらかんたらと言ったのですが、よく聞き取れなかったし、端末の画面を見せて「これでいいですか」と聞かれたのですが、画面上の文字が小さすぎて読めませんでした。銚子丸では、オーツは今まで何十回も食べていますが、係の人が一度も会計を間違えたことがなかったので、まあ3皿だし、問題はなかろうと考えてレジのところに行きました。
 オーツのケータイに毎週のように 200 円引きのメールが送られてくるので、これを見せた上で、番号札を示して会計してもらったところ、1,020 円を請求されました。払うとき、ちょっと高いかな、1,000 円を超えることがあるのかな、消費税が外税でかかっているのかななどと考えました。
 レジで支払いを済ませると、レシートをくれましたので、それを見ながら店の外に出ようとしたら、580 円、300 円皿、250 円皿を食べたことになっているのです。
 さっそくレジのところに戻って、苦情を言いました。すると、若女将(お店では一人しかいませんが、全店員を統括する立場の人で、着ている制服の色が他の店員と違います)がオーツのレシートを受け取り、打ち直してくれました。今度は 890 円になりました。
 まあ、そんなものでしょう。
 オーツは、前回のレシートとの差額の 130 円の現金を受け取ってお店を出ました。
 元はといえば、自席で皿の枚数を数えるとき、オーツが店員のいう数(というよりは値段?)をきちんと確認しなかったのが問題だったのですが、外国人の場合は、日本語が十分通じないこともあるので、要注意です。
 もしも、外国人の店員が席にやってきたら、こちらも「間違えるかも」と身構えて、しっかり対応しなければなりません。
 いい教訓になりました。
 最近は、いろいろなところで外国人が目立つようになりました。日本も外国人の比率が高くなりつつあるようです。しかし、そのために、ちょっとしたトラブルが増えるかもしれません。まあ、外国で経験するトラブルに比べれば、取り立てて問題視するほどのことではありませんが、少しだけ社会の質が下がったような気分になりました。
posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

スシローがスマホによる予約に移行

 オーツは、スシローからのメールで知りました。
 スシローがスマホによる予約に移行するとのことです。
 WWW でも同じページがあります。
http://www.akindo-sushiro.co.jp/news/company/2721.html
いつもスシローをご利用頂きましてありがとうございます。

この度スシローは、一部店舗にてスシローアプリで予約の上ご来店時に、
お客様受け付け案内台によるチェックインをお願いすることとなりました。

ご来店後スムーズにお席にご案内させていただくため、
お客様にはご面倒をおかけいたしますが、ご理解いただきます様、お願い申し上げます。

※チェックインをお済ませでないお客様はお呼び出しができかねますので、必ずチェックインをお済ませください。


■対象店舗
【神奈川県】 川崎第一京浜店・ミューザ川崎店
【東京都】  調布店・南砂店・光が丘店
【京都府】  五条七本松店


■チェックインまでの流れ
1、アプリにてお店の予約又は受付を行う
2、来店時にお客様受け付け案内台にてチェックインボタンを押す
3、受付時の予約番号を入力の上、チェックインを行う
4、ご予約(ご案内)時間になりましたら店舗スタッフよりお席へご案内いたしますので、お食事をお楽しみください。

※チェックイン完了時に発券はございません。お客様番号が呼ばれましたら、アプリ画面をスタッフ迄お見せください。


※まだご登録いただいていない方は、スシローのアプリをダウンロードし、
アプリ内の利用手順に従ってサービスをご利用ください。

▼Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.akindo_sushiro.sushiroapp&hl=ja

▼iphone
https://itunes.apple.com/jp/app/sushiro/id551682016?mt=8


■注意点
※スマートフォンのみのご利用となります。
【以下、略】

 オーツが食べに行く「光が丘店」が対象店舗に入っています。
 ということは、スマホを使っていない人間は回転寿司に入れないということなんでしょうか。
 これは大きな影響を受けるなあということでスシロー光が丘店に電話して聞いてみました。
 すると、今まで通り、お店に直接行ってもいいし、番号札による順番待ちもできるというわけです。しかし、「予約」する場合は、上記のようなやり方でやってほしいということでした。
 オーツが上記の文面を読んだときは、スシロー(の光が丘店)に行くときは、スマホで予約した上でないと行けないと読んでしまったわけです。
 オーツの読み方は変でしょうか。
 オーツの読み方が間違っていたのですが、オーツと同じ誤解をする人はいないでしょうか。
posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

かっぱ寿司にベビーフードがおいてある

 オーツは、たまにかっぱ寿司に行って寿司を食べています。
 先日、いつものように店に入ったら、ベビーフードののぼりが皿に乗ってレーンを回っていました。
 オーツは驚きました。
 最近は、ハンバーグとか、子供向けのメニューが充実してきて、子供連れでやってくるファミリー層が増えたように思いますが、いよいよベビーフードの登場です。離乳食時期の子育てをしている人たちには好都合な面がありそうです。さすがに、ベビーフードが直接皿に乗って回っていたわけではありませんが、注文すれば買えるようになったわけです。瓶入りで、1個 108 円でした。こうなると、小さな子ども連れの夫婦などもかっぱ寿司に来店しやすくなりそうです。
 オーツがランチを食べて、店を出るころには、待合室が客でギッシリでした。
 こうやって客のニーズに応えるようにすると、そりゃ客が増えるというものです。
 100円系の回転寿司の登場によって、「寿司屋」のイメージがだいぶ変わってきてしまいました。それがいいことか悪いことか、何ともいえません。しかし、こうやって回転寿司は変化・進化していくのでしょう。
 かっぱ寿司のホームページを見ると、
http://kappazushi.jp/anshin/allergen/
サイドメニューの中にアレルゲン情報として「ベビーフード野菜おじや」と「ベビーフード鶏とひじきの炊き込みごはん(大豆入り)」の2種類が書いてありました。確かにベビーフードが売られているわけです。
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

かっぱ寿司練馬貫井店の有頭赤エビがおいしかった

 オーツは回転寿司のかっぱ寿司も好きですが、先日、練馬貫井店に行ったところ、有頭赤エビが2貫で 194 円ということでした。これを注文して食べたところ、おいしかったですねえ。とろけるような食感もよかったです。
 赤エビは、普段、1皿1貫 108 円で売られていて、これもおいしいと思いますが、有頭赤エビはさらにおいしいということです。しかも2貫で 194 円であれば、1貫 108 円よりも安いということになります。
 安くておいしいものが食べられれば、いうことなしです。いい時代になりました。
 ただし、有頭赤エビは期間限定の商品のようで、今は食べられなくなっています。

 今回、かっぱ寿司に行って、オーツが気になったこともありました。レーンに寿司皿があまり流れていないのです。以前だったら、かなりぎっしりという感じで皿が流れていたのに、今は、写真を立てた皿が回ることがほとんどで、寿司ののった皿はたまに流れてくる程度でした。どうしたことでしょう。営業方針を変えたのでしょうか。
 一方、新幹線型の注文レーンは大忙しで、お客が注文するものを次々特急レーンで運んでいました。それはそうでしょう。レーンに寿司が流れていないのですから、客としては注文するしかありません。
 オーツが寿司を4種類を頼んだら、新幹線が1種類ずつ載せて調理場と4往復していましたが、……。4種類一緒に載せれば往復の時間が節約になり、次に待っている客に寿司を早く届けることができると思います。
 なぜこうなっているか、不思議でした。
posted by オーツ at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

スシローでわさびを大量に使う客がいた

 オーツは、月2〜3回くらいスシローで寿司を食べています。
 たいてい1回のランチでわさびの小袋を5個くらい使います。レーンを流れてくる容器の中にわさびが入っているのですが、スシローのわさびの小袋は小さいので、5個くらい取ってちょうどいい感じです。
 先日、オーツがカウンターで寿司を食べていると、後から来た男性客がオーツの隣に座りました。そして、レーンの容器に手を出して、一握り、20個くらいつかみ出しました。オーツは信じがたかったです。
 男性客は、とりあえず5個くらいのわさびの小袋の端を切り、寿司の皿の上に、次々と出していきます。わさびがうずたかくなったところで、レーンから寿司の皿を取りながら、食べはじめました。付けるわさびの量が半端ではなかったです。それからラーメンなどを注文して食べていましたから、寿司を一体何皿食べるつもりなのでしょう。仮に多めに10皿として、1皿2貫だから、20貫、つまり、わさびの小袋1個分を寿司1貫に付けて食べる計算になります。いや、そんなに多くは付けていなかったように思います。細かく観察していなかったので、よくわかりません。
 それにしても、わさびの大量消費者がいることがわかりました。
 珍しいケースを見ました。
posted by オーツ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

銚子丸からのメールの頻度

 回転寿司の銚子丸は、「インターネット割引券サービス」を去年廃止し、
2013.6.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/365826225.html
その後、「モバイル会員」を募集するようになりました。
2014.1.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/386571380.html
ときおり、オーツのケータイにあててメールが来るのですが、それに 200 円引きのクーポンが付いているのです。
 さて、オーツがモバイル会員になってからしばらく経つので、メールの頻度を見てみましょう。今年になってからの記録です。新しいものから古いものにさかのぼって示します。
 10/17, 10/10, 10/3, 10/1, 9/26, 9/19, 9/13, 9/5, 8/29, 8/22, 8/15, 8/8, 8/1, 7/25, 7/18, 7/11, 7/4, 6/26, 6/20, 6/13, 6/6, 5/23, 5/16, 5/9, 5/2, 4/11, 4/4, 3/28, 3/20, 3/14, 3/7, 2/14, 2/7, 1/24, 1/10, 1/1 という結果でした。
 というわけで、基本は週1回のペースで、ときおりお休みがあるといったところです。
 まあ、これくらいの頻度ならば許せる範囲でしょうか。
posted by オーツ at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

天下寿司 西荻窪店

 西荻窪の駅前にある「天下寿司 西荻窪店」は、オーツがたまに利用する回転寿司です。
2009.9.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/127981134.html
 先日、5年ぶりに行ってみました。
 土曜日でもランチをやっていました。普段は1皿125円なのですが、11:00-13:30 はそれらが1皿 108 円になるということです。ただし、185 円皿など、別の価格の皿はそのままです。
 オーツは、はまち、タイ、鉄火巻き、エンガワ、白魚、あわび(チリ)、赤貝を食べました。これで 756 円ということで、かなり満足しました。
 特においしかったのは白魚でした。注文して作ってもらったこともあって、海苔がぱりぱりで、風味がよかったです。
 あわび(チリ)という表記がなされていましたが、これはロコ貝のことで、そう表記する方が誤解がなくて望ましいと思います。
 気軽に寄れる店として、この店は貴重です。西荻窪では、唯一の回転寿司のようです。
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

スシローで貝づくし祭

 オーツはスシローの烏山店によく行きます。先日行ったときには、ちょうど「貝づくし祭」
http://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/campaign.html
をやっていました。黒みる貝、大つぶ貝<1皿1貫>、赤貝、黒トリ貝<1皿1貫>が 108 円で食べられるという話です。さっそく試してみました。
 大つぶ貝は、1皿2貫の通常のものよりはるかに大きく、しかも味が濃い感じでした。これはおすすめです。
 赤貝は、たまに通常期間中でもレーンに流れていることがあります。普通においしいです。
 黒トリ貝<1皿1貫>もおいしかったですねえ。レモンが添えてあるのですが、オーツはレモンは不要なように思います。
 これらに比べると、黒みる貝はイマイチだったでしょうか。
 とはいえ、いつも食べている寿司ネタとは違ったものが食べられたので、満足しています。
 こうして、常連客でも飽きさせないような工夫をしているというわけです。
 スシローバンザイです。
 でも、実は通常メニューの赤エビ<1皿1貫>が抜群においしく、2皿も食べてしまったのでした。
タグ:スシロー
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

はま寿司 駒込白山店でランチ

 オーツは、ちょっと用事があって、白山まで行きました。
 ちょうどお昼の時間帯だったので、はま寿司の駒込白山店
http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13047380/
でお昼を食べることにしました。
 お店に入った時間は、12時近かったでしょうか。食べはじめるまで何分かかるか、ちょっと気になりましたが、一人で行って、カウンターでもいいということでしたので、5分ほどで席に案内してもらえました。
 土曜日だったので、1皿が100円+税8円でした。平日だと、90円+税7円ということになるのでしょうね。
 オーツは、ホタルイカ、活き〆ハマチ、あじ、えんがわ、ほたて、ツブ貝などを食べて満足しました。
 ちょうどセールなのでしょうか。贅沢1貫 150 円というのをやっていました。オーツはあわびと生うにを食べました。これはなかなかおいしかったです。150 円でこういうのが食べられたら、嬉しい限りです。
 会計すると、972 円ということで、1000 円もしないのです。すばらしいです。
 この店は、東洋大学の正門の近くですが、学生さんは回転寿司などには行かないのでしょうかねえ。オーツだったら、毎日でもここに通ってしまいそうです。
 はま寿司は、おいしくて安いと思います。
posted by オーツ at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする