2020年11月12日

鮨すえひろ@下高井戸南口でばらちらしを食べる

 下高井戸南口に、昨年、新しい寿司屋ができました。鮨すえひろといいます。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13244175/
https://shimotakablog.com/2020/03/sushi-suehiro-have-started-lunch-time-this-week/
 ランチもやっているので、お昼にちょっと立ち寄ってみました。11:30 開店とのことです。
 オーツは、一人で行ったので、カウンターに通されました。白木の新しいカウンターで、いかにも最近できた店だということがわかります。店内の雰囲気はとてもいいと思います。
 オーツが注文したのはばらちらし 990 円でした。
 午後にも仕事があったので、アルコールは飲まず、お茶にしましたが、飲み物メニューを見せてもらいました。また、食べるほうのメニューとしては、ランチメニューの他に昼夜兼用のメニューがあるので、それも見せてもらいました。
 下高井戸は学生の利用も多いので、比較的安い店が多いのですが、そういう感覚でメニューを見ると、全般にちょっと高めかもしれません。まあ、こういうきれいな感じの店だとちょっと高めになるくらいでちょうどいいのかもしれません。
 さて、ランチのばらちらしですが、すぐに出てきました。ちらし用にしゃれたスプーンも添えられており、配慮が行き届いています。オーツはスプーンを使わずに食べていましたが、最後の方になると、細かく切られたキュウリなどが食べにくく感じられ、スプーンに頼ってしまいました。
 ちらし寿司としては普通でしょうか。ネタの良さが感じられました。十分満足です。
 ちらしと一緒に、エビのかしらが入った味噌汁と漬物と生姜が出てきました。エビの味噌汁がとてもおいしかったです。出汁が出ていていい感じです。
 最後に、デザートとして、ゆずのシャーベットかバニラのアイスクリームが付くということです。ただし、オーツが行った日には、ゆずのシャーベットがなく、代わりにマンゴーのジェラートがありました。こちらをもらいました。食べ終わったところを見逃さずにさっと出すタイミングの良さ。おもてなしがわかっている店のようです。
 食後にいつもの通風の薬を飲もうとしたら、「お水お持ちしましょうか」と声かけがありました。この点でも実に気が利く店だと思います。
 これで 990 円というのはおトクです。あとは、にぎりでも何でも 1,000 円を越えてしまいます。オーツのランチの目安を越えてしまうとなると、そう何回も食べに来るわけにも行きません。しかし、なかなかの店だと思うので、夜に行く手もあるかなというところです。まあ、オーツとしては、近くにある旭鮨総本店のほうが行き慣れていて好きですが。

鮨すえひろ寿司 / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

魚がし鮨@江古田南口で息子家族と会食(8回目)

 江古田南口にある魚がし鮨は、夕方、ちょっと飲むのにも適した寿司屋です。
 以前の食事会についてはブログ記事に書いたことがあります。
2019.2.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/464032459.html
 最近、また魚がし鮨に行きました。参加したのは、オーツと妻と長男家族4人でした。うち2人は小学生です。事前に予約しておいたので、掘りごたつ形式のテーブルが確保されていました。
 飲み食いしたものを以下に書きますが、その場でメモを取ったわけではなく、記憶で書いていますので、不正確です。
 オーツと長男がアルコールを飲みました。オーツが飲んだのは、生ビール(中)480 円と浦霞(グラス)500 円×3でした。長男はハイボール 420 円×3だったと思います。
 食べたものは、お通し 210 円×2、上刺身盛合せ(2人前)2,500 円、にぎりづくし(32貫)4,500 円、上にぎり 1,100 円、いくらにぎり 400 円×3、カッパ巻 160 円、梅シソ巻 160 円、鯛カブト煮 800 円、つぶ貝煮 750 円、カレイの煮付け 800 円、茶碗蒸し 400 円×2だったと思います。
 これらの合計は 16,430 円で、実際の支払額 18,190 円とは差があります。消費税が加わったとしてもまだ若干の差があります。たぶんオーツの記憶漏れでしょう。気になるほどの差ではありません。
 子供たちがけっこうよく寿司を食べていたので、うれしく思いました。イクラとサーモンが好物とのことで、よく食べていました。
 また、鯛カブト煮とつぶ貝煮それにカレイの煮付けは、みんなで分けて食べましたが、1人前でもかなりの量があり、十分でした。オーツはつぶ貝煮が気に入りました。煮汁がまるでスープのようで、飲むといい香りが楽しめます。
 寿司がどれもおいしく、オーツとしては赤エビが何貫か入っていたのがよかったです。
 居酒屋風にもう少し他の魚の煮物とか焼き物とか(さらには天ぷらやフライなど)のメニューがあるといいかなと思いました。野菜のメニューももう少しほしい気がしました。肉はまったくなくてもいいと思います。魚がし鮨のメニューでは、刺身の類が多く、にぎり寿司もたくさんの種類があるのですが、それ以外が少ないように感じます。まあ、寿司屋には寿司を食べに行くという基本がしっかりしていれば、それ以上あれこれいう必要はないのでしょうが。

魚がし鮨 江古田店寿司 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

魚がし鮨@江古田南口で5人でランチ

 オーツは、妻と嫁と二人の孫と連れ立って、江古田南口にある魚がし鮨でランチに寿司を食べました。
 二人の孫は小学生ですが、学校にいけない日々が続いていて、遠隔授業の合間の昼休みを使って外食しようという話でした。
 オーツは、魚がし鮨に何回もいったことがあります。
 夜、飲みに行くのも安くておいしくてけっこう満足しています。
2019.2.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/464032459.html
2016.3.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/434635711.html
2013.11.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/379734452.html
2012.9.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/291791146.html
2009.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/133403762.html
 昼、ランチを食べたこともありますが、それはそれで安くておいしくてけっこうなことです。
2013.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/378823460.html
 今回は、にぎりランチ(680 円)を頼んだ人が3人、ちらしランチ(780 円)が1人、そしてオーツはにぎりランチ 1.5 人前(880 円)を頼みました。それぞれに味噌汁と温泉玉子が付いていました。これだけで十分といった内容です。
 普通に食べられます。
 この価格ですから、飛びきりおいしいというわけにはいきませんが、普通の寿司屋で普通に出てくるようなものが食べられます。それでいてこの価格ですから、大変おトクです。
 オーツは、二人の孫がどれくらい食べられるか、ちょっと心配でした。1人前というのは大人向けの1人前です。2年生の孫は、にぎりランチでしたが、温泉玉子だけ残しました。大人1人前が普通に食べられた他に、大人から玉子焼きとカッパ巻き1個(ワサビ付き)をもらって食べました。4年生の孫は、ちらしランチでしたが、ドンブリの上にのっているネタをもっぱら食べ、ご飯はかなり残しました。でんぶも残していました。
 こういうことで、小さいと思っていた子供が寿司がいろいろ食べられるようになったのだなあと感慨を覚えました。子供たちを回転寿司に連れていくと、けっこう偏ったものしか食べなかったりするのですが、セットものの寿司でも(サビ抜きにすれば)食べられるということを知りました。
 オーツの場合、魚がし鮨にいくときは夜が多くなっています。居酒屋代わりに利用する感じです。ランチにセットものの寿司を食べてもいいのですが、それを食べるよりは回転寿司にいって好きなネタを食べるほうがいいように思います。
 江古田で寿司を食べるなら、この店くらいしか選択肢がないように感じています。

魚がし鮨 江古田店寿司 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:48| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

魚がし鮨@江古田南口で息子家族と会食(7回目)

 あるとき、孫からオーツに電話がかかってきて、「夕方、一緒にご飯を食べよう」というのです。もちろん問題はないので、何時にどこに集合するか、打ち合わせました。
 孫が「寿司を食べたい」というので、江古田駅の南口にある魚がし鮨に行くことにしました。
 魚がし鮨はオーツがよく行く店の一つです。前回もブログ記事にしています。
2016.3.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/434635711.html
 オーツは 18:00 にこたつ式の小上がりの席を予約しておきました。
 集まったのは、オーツと妻と息子と8歳と5歳(まもなく6歳)の孫です。息子はハイボールを注文し、オーツは生ビールを注文しました。妻はお茶にし、孫はお冷やです。
 食べたものは、(その場でメモしたわけではないので、不完全な記憶で書いていますが)上刺身八点盛合せ(2人前)2,500 円、にぎりづくし32カン(3人前)4,500 円、小松菜おひたし、カレイ煮付け、鮪カマ、キビナゴの天ぷらでした。飲み助2人分のお通しも出てきました。
 寿司は、全部サビ抜きにしてもらい、別にわさびを添えてもらいました。大人と子供が混じった形の会食ではこのスタイルがベストです。
 お通しとおひたしはすぐに出てきたので、それを食べながらハイボールと生ビールを飲みつつ、寿司が出てくるのを待ちました。そのあたりで、オーツは日本酒の熱燗に切り替えました。2合徳利(600 円)を2回注文し、1合徳利(350 円)を1回注文しました。2人でこの量で十分な感じでした。
 寿司は、大きな桶に入って出てきました。8歳の孫はイクラとサーモンが大好き、5歳の孫は玉子が大好きで、好みが違っていて一安心でした。さもないとけんかになりそうです。穴子やマグロ、イカなども子供たちに大人気でした。
 けっこうなハイペースで寿司がなくなりました。そのころ刺身も出てきました。
 小さな子供たちがもっと寿司を食べたいというので、2貫ずつのアラカルトで、イクラ、サーモン、玉子、それに鉄火巻とオシンコ巻を注文しました。
 たぶん、こんなところで食べたものは全部ではないかと思います。
 寿司が全体においしかった(どのネタもおいしかった)ので、満足しました。
 寒い時期に熱燗の日本酒もいいものです。寿司をつまみながら熱燗を飲んでいると、とても幸せな気分になります。
 食べた料理の中では、鮪のカマがおいしかったですねえ。身をほぐしていくとけっこうたくさん食べられます。それがあまじょっぱく煮込んであって、日本酒とよく合います。妻は、本当は鯛のカブト煮が食べたかったようですが、この日はなかったのでした。しかし、そのおかげで鮪のカマに出会えたようなものです。
 こんなわけで、1時間半ほどの食事会を終えました。会計すると、16,085 円でした。大人3人、子供2人ということでは妥当な金額でしょう。
 帰りがけにふと周りを見ると、店内がけっこう混み合っていました。賑やかな話し声があちこちから聞こえてきます。こんな雰囲気も当然なような気がしました。

魚がし鮨 江古田店寿司 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

寿司やまと@海浜幕張でランチ

 ちょっと用事があってオーツが幕張メッセに出かけたときのことです。
 用事が終わって、帰ろうとするころにはちょうどお昼になっていました。どこかでランチを食べようと思いました。
 そのとき、ふと前にも海浜幕張の駅に来たことを思い出しました。
2013.8.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/372045768.html
 そのときは「山傳丸」でランチを食べたのですが、近くに「寿司やまと」
http://www.yamato-f.com/yamato/store/makuhari.html
http://tabelog.com/chiba/A1201/A120102/12000973/
があるということです。今回はそこで食べることにしました。
 ブログに何でも書いておくと、あとで検索できて便利です。
 オーツがお店に入ったのは 11:30 くらいだったでしょうか。平日にもかかわらず、もうかなりの客の入りでした。人気があるようです。ランチメニューを見て、「大漁にぎり15貫」を注文しました。15貫もの寿司がセットになっていて、価格はたった 1,000 円です。味噌汁が付きます。
 注文を受けてから職人さんがにぎり始めます。カウンターに座っていると、にぎっていくようすが全部見られます。
 15貫が一つの台(寿司ゲタというようです)に乗って提供されると壮観です。
http://tabelog.com/imgview/original?id=r8466749679228
 ただし、寿司の一つ一つはやや小さめで、15貫食べてちょうどいい感じでした。まあ、回転寿司並みですが、千円でこういうバラエティの寿司が食べられれば、満足です。
 オーツは、12時前には店を出たのですが、お店はかなり混雑していました。それはそうでしょう。消費税込み千円というのはコストパフォーマンスがいいと思います。
 幕張メッセ付近に来たときは、この店が第1候補になりそうです。
posted by オーツ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

旭鮨総本店@下高井戸(5回目)

 ある晩、オーツは男性二人と一緒に旭鮨総本店に行き、飲み食いしました。
 下高井戸近辺では、旭鮨はオーツが割と気に入っている店です。
 以前、行ったときの話はこのブログ記事で書きました。
2014.9.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/405539763.html
 寿司屋ですがコース料理があります。今回は、「夏の膳・涼彩」にしました。
http://www.asahizushi.com/recommend/#m04
・先付 うざく
・冷製煮物
・刺身3点盛り
・ローストビーフ
・焼物 さざえつぼ焼き・伊勢海老黄金焼き
・寿司 中とろ、うになど にぎり6個
・茶碗蒸し
・お椀

 上記は、HPからコピーしたものですが、しばらくすると、メニューが変わって、こういう記載はHPから消されてしまうので、ここに書いておくことで記録になります。
 寿司屋でローストビーフというのはおもしろい話です。食べたものは全部おいしかったと思います。
 こんなことで、4,860円というは安いと思います。
 飲み物は、その場で選びましたが、生ビール(中)713 円×3、久保田千寿4合 4,104 円、石鎚2合 2,160 円ということで、全部で 22,983 円になりました。3人で飲むと、まあこんなものでしょう。
 オーツは、おいしく食べられ、飲め、大いに語ることができたので、満足しました。
posted by オーツ at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

魚がし鮨@江古田南口で夕方飲む(6回目)

 2歳の孫も連れて、息子夫婦とオーツ夫婦と計5人で江古田で外食をすることになりました。
 選んだのが、魚がし鮨です。
http://www.kyoueisougou.com/tenpo/ekoda/ekoda.html
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13015820/
店の一番奥に小上がりの個室があるのです。小さな子ども連れには大変好都合ということになります。靴を脱いでいるので、こどもがうろちょろしても大丈夫です。また、もしかしてぐずって大泣きしたような場合でも、他のお客さんに迷惑がかかりにくくなります。
 メニューを見て、まず注文するのが小さなこどもが食べられるものです。
 今回は、納豆巻き、玉子焼き、鮭ハラス焼き、鯛かぶと煮付けがそれに該当します。このあたりを食べ始めて、孫がおとなしくなりました。食べることに夢中になります。
 オーツはクーポン
http://r.gnavi.co.jp/a330004/coupon
を持参しました。これでファーストドリンクまたはまぐろセット(赤身とトロ各1貫)が無料になります。こどもの分も対象だということで、まぐろセット×2、生ビール×3を頼みました。まぐろセットは、2歳の孫の分ですが、まだ生鮨は食べられないので、その分は大人が食べてしまいました。
 日本酒を飲み、刺身を食べ、寿司をつまみ、至福のひとときを過ごしました。
 早い時間に上寿司1人前を注文しましたが、これには味噌汁が付くとのこと。これも日本酒の肴になってしまいました。
 いろいろ食べて飲んで、会計すると 12,325 円とのこと。安いものですね。大人4人で割れば、一人3千円ほどでしかありません。魚がし鮨は、けっこうおいしいものが出てきて、しかも安いので、オーツとしてはいつもありがたいと思いつつお店を出ます。今回の経験で子ども連れにも適していると感じました。
 また来ましょう。

 今まで魚がし鮨についてオーツが書いた記事は以下の通りです。
2013.11.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/379734452.html
2013.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/378823460.html
2012.9.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/291791146.html
2009.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/133403762.html
2009.5.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/118371235.html
続きを読む
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

旭鮨総本店@下高井戸(4回目)

 旭鮨総本店@下高井戸の話は、このブログで以前にも書いたことがあります。
2013.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/377734742.html
2012.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/299452920.html
2007.6.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563955.html
 オーツは割と気に入っている店です。
 18:30 に二人で行きました。
 今回食べたものは秋風の膳 5,184 円×2と、松茸お吸物 400 円×2でした。
 秋風の膳は、以下のもののセットです。
・松茸のおひたし
・戻りかつお刺身
・ふぐ刺身
・天ぷら
・中とろ、甘えび、いくらなど にぎり8個
・茶碗蒸し
・お椀
 このうちの最後の「お椀」を松茸お吸物に変えたわけです。まあ、お店の人に勧められてその気になったというのが実情ですが。
 このくらいの量で十分でした。
 飲んだものは、生ビール(中)713 円×2、日本酒(いずみ橋一合)918 円、日本酒(巻機一合)972 円、日本酒(〆張鶴一合)864 円ということで、2人分としてはやや少な目でしょうか。食べたものとの合計で 15,348 円になりました。
 話が弾んで、ゆっくりできました。2時間半くらいいたでしょうかね。
 平日だったこともあって、お店が満席になるほどには混みませんでした。落ち着いた時間を過ごせたことに満足しました。学生などは、こういう店には来ないものです。
posted by オーツ at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

凧ずし@下高井戸でランチ「大漁にぎり」

 下高井戸の「凧ずし」は、何回か行ったことがあります。
 特に、ランチでは、焼き魚定食が気に入っていました。
2014.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/387329976.html
 最近、店の前を通ると、「焼き魚定食」の案内が出ていないので、やめたのかなと思います。
 とはいえ、確認のため、入ってみました。
 カウンターに座ると、平日のランチメニューは、大漁にぎりと海鮮ちらしの2種類で、それぞれみそ汁付きで 972 円ということでした。
 オーツはにぎりを注文しました。以前もランチでにぎりを食べたことを思い出しました。
2013.10.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/377830959.html
しかし、ネタがそのときと違っていました。季節に合わせているのですね。
 10貫の中には、生しらすの軍艦と桜エビの軍艦が入っていました。今はそういう季節なのですね。
 全体においしくいただきましたが、オーツとしてはスシローの方が自分に合うように思うので、焼き魚定食がなくなったこともあって、今後は凧ずしのランチには足を伸ばさないことにしようと思いました。
 この店は、夜は気楽に飲めていい感じだと思います。
ラベル:凧ずし ランチ
posted by オーツ at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

寿司処 雅@江古田北口でランチ

 寿司処 雅は、江古田の北口にある寿司屋です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13113752/
 小さな店で、席はカウンターだけで、しかも全部で7席しかありません。
 ランチでは、にぎりランチ 680 円(税別)などがあります。
 しかし、食べログの写真
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13113752/dtlphotolst/P21696515/
を見ると、にぎりがイマイチのような気がしました。さすがに 680 円では大したものにはならないでしょう。そこで、オーツは、お店のおすすめである「海鮮丼」840 円(税込み)にしました。
 ミニサラダと味噌汁が付きます。味噌汁は、なめこ、豆腐、三つ葉と具が3種類も入っていて、アツアツでした。
 海鮮丼はいろいろな具材が乗っていて、けっこうおいしかったです。量は少な目のような気がしました。女性とか中高年男性ならばちょうどいいでしょうが、若い男性には物足りないのではないでしょうか。
 そういえば、オーツがお店にいた間、お客は他に3人いましたが、3人とも若い女性で、それぞれ海鮮丼を食べていました。この店は海鮮丼の店なのかもしれません。
 再度行ってもいいと思いましたが、オーツの自宅からはやや遠いのです。わざわざ歩いていくのも大変だし、自転車は止めるところがないしということで、足が遠のきがちです。
 オーツの感覚では、この店に行くなら「魚がし鮨」のほうがおすすめだと思います。
ラベル: 江古田 海鮮丼
posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

吉野寿司@江原町でランチ

 オーツの自宅の近くにある吉野寿司
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13092505/
にランチに行きました。
 目白通りという太い通りからちょっと引っ込んだ住宅街の一角にあります。
 お店の外には焼酎や日本酒の空瓶が並んでいました。
 お店の前の黒板には、ランチはにぎりかちらしと書いてありました。味噌汁とアイスコーヒーが付くようです。
 店の中に入ると、テーブルが二つとカウンターが5席で、小さな店でした。若い主人が一人で切り盛りしていました。テレビが2台あり、同じチャンネルを流していました。オーツはカウンターに座りましたが、お店全体がレトロな感じがします。何がそう感じさせるのか、よくわかりません。やや照明が暗いのかもしれません。いろいろなものが置いてあって、ちょっとごちゃごちゃしているのが影響しているのかもしれません。きれいに掃除してあるので、古いというだけで問題なわけではありません。しかし、何となくイマイチな感じです。
 まずはお茶が出てきて、ランチは、本当に「にぎりかちらしで」と言われました。ちょっと選択肢が少ない点が問題かもしれません。食べログによれば、以前はもう少しメニューにバラエティがあったようですが。
 オーツはにぎりを注文しました。10貫出てきました。他人の写真ですが、
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13092505/dtlphotolst/P9250774/
こんな感じでした。
 寿司は、シャリの量がやや多めで、食後には満腹感があります。それに、味噌汁とアイスコーヒーも出てきました。これで 1,000 円というのは、まあこんなものでしょう。味は普通だと思います。不満はありません。ただ、店の雰囲気を考慮すると、もう少し安くてもいいかもしれません。
 この店は、夜は飲み屋になるようで、ホワイトボードに書いてあるメニューは居酒屋のそれでした。きっとこの店の周辺に住む常連さんが夜な夜な集う店なのでしょう。
 先代から営業しているという話ですから、たぶん30年以上がんばっていると思われます。その意味では地元の人に支えられている店といえるでしょう。
 再度、この店に来るかという意味で考えてみると、積極的にまた来ようとする意欲まではわいてきませんでした。夜に2〜3人で飲みに来ることは考えてもいいと思います。
 ちなみに、千川通りにある吉野寿司
2010.1.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/139741620.html
は、先代のころ、職人さんが独立してのれんを分けたのだそうで、江原町のこちらの店の方が「本店」にあたるという話です。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

凧ずし@下高井戸(4回目)

 前回、凧ずしに行ったときの話はこのブログに書きました。
2014.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/387329976.html
 先日、夜に2人で行きました。実は一次会が先にあり、それが終わってから行ったので、お店に入ったときは21:10 くらいでした。
 飲んだのは、日本酒3合で、王禄 735 円、黒龍 630 円×2でした。王禄は、オーツの口に合いませんでした。黒龍がおいしかったですね。
 食べたのは、刺身3点盛り 1,890 円、凧ずしサラダ 630 円、ハタハタ焼き 525 円でした。
 刺身は、お店の人に相談したら、3点盛りで十分だと言われました。出てきたものを見てびっくり。3点盛りではなくて、5点盛りくらいありました。それぞれ数切れずつあって、満足しました。わさびもたっぷり付いてきました。オーツはわさびが利いている方が好きなのです。
 凧ずしサラダは海鮮サラダで、これまたたっぷりです。ハタハタ焼きは3尾もありました。この店はけっこう大盛り指向のようです。
 22:00 にはラストオーダーとなり、22:30 には店を出ました。1時間20分ほどでしたが、しっかり飲み食いした感じでした。料理は全部は食べきれなかったのですが、……。
 2人で 5,040 円というのは安いと思います。しっかり飲み食いしてこの金額ですからねえ。
ラベル:凧ずし 下高井戸
posted by オーツ at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

凧ずし 下高井戸店(3回目)

 凧ずしは、下高井戸の寿司屋ですが、オーツは何回か行きました。
 前回は夜に入ってみたのでした。
2013.12.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/383832666.html
 あるとき、正午前に凧ずしの前を歩いていたら、「焼き魚定食」840 円があると書いてありました。これは気になります。さっそく入って、注文してみました。
 お店の人からは、焼き魚はサバかカマスかと聞かれました。オーツはカマスにしました。待つことしばし。出てきたものは、カマスの他に、ごはん、すまし汁、小鉢2種、サラダでした。こういうので十分です。
 カマスには大根おろしとはじかみ(矢生姜)、それに梅干しまで添えられていました。大いにけっこうです。
 漬け物があってもいいかもしれませんが、なくても特に問題とは思いません。
 店内に置いてあるメニューには「焼き魚定食」のところに「日替」と書いてあります。お店の人に尋ねてみると、魚の種類が変わるという意味で日替わりということのようです。もっとも、仕入れの状況によっては、2〜3日同じ魚が続くこともあるという話ですが、客側としても、毎日この店で食べ続けるわけでもないので、特に気にならないでしょう。焼き魚の種類は、1日あたり2種類が基本のようですが、1種類の日もあるということでした。
 下高井戸には、焼き魚を食べられるところがないように思うので、貴重な店になります。
 ここのランチはおすすめできます。
続きを読む
posted by オーツ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

凧ずし 下高井戸店(2回目)

 凧ずし(はたずし)の下高井戸店は、最近できた店です。
2013.10.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/377830959.html
 前回行ったときは、ランチだったので、先日、女性2人と夜に行ってみました。
 飲んだものは、生ビール中 577 円、梅酒 472 円×2、レモンサワー 472 円、日本酒(黒龍)630 円、日本酒(出羽桜)735 円でした。今、レシートを見ていて気がつきました。生ビールはオーツが2杯飲んでいます。1杯が記録されていません。(その分は、無料でいただいてしまったことになります。)
 食べたものは、刺身6点盛 2,730 円、凧ずしサラダ 630 円、天ぷら盛り 1,260 円、タコ揚げ 525 円、最後の寿司がお子様盛 525 円、貝盛 892 円、江戸盛 892 円でした。
 全部で 10,812 円になりました。3人でこの金額というのは、比較的安上がりだということです。
 サラダは、けっこうなボリュームで出てきました。魚やエビなども入っていて、海鮮サラダといった感じでした。これは大変お得です。
 刺身はイマイチだったかもしれません。おいしいネタもありましたが、そうでもないネタもありました。
 天ぷらは大正解でした。エビやキスがおいしかったです。大根おろしが大量に付いてきました。
 タコ揚げは、小さくカットされたタコが唐揚げになっており、温かいうちに食べるとかなりいけます。
 お子様盛は、寿司の4貫セットですが、食べた女性がお子様だったわけではありません。しかし、わさびが苦手なので、こういうのが好みだそうです。我々のグループには子供が含まれていませんでしたが、特に問題なく提供されました。
 オーツは、江戸盛を食べましたが、4貫で、締めにはちょうどいい感じです。中でも、いくらがとびっきりおいしく感じました。意外な拾いものといった感じでした。
 この店は、基本的に寿司屋ですから、メニューのバラエティがやや少な目なように思います。しかたがないようにも思う一方、居酒屋のようにあれこれメニューがそろってくると、それはそれで楽しいかなと思います。
 初めは、煮魚か焼き魚を頼もうと思っていたのですが、食べているうちにお腹がいっぱいになり、結局、頼まないことになってしまいました。
 忘年会、新年会用にコース料理もあるようでしたが、予約時に頼んでおかないと(入店してから頼むのでは)ダメだそうです。
 この店の問題点としては、店員さん(アルバイトでしょうね)が、注文品を厨房に通すことを忘れてしまったことがありました。こちらから催促して、わかりました。また、上に書いたように、会計伝票の書き間違いがありました。まあ、新しい店なので、いろいろ不都合もあるでしょう。そのうち慣れてくれば解消するものと思われます。
 日本酒のバラエティもやや少な目でしょうか。でも、おいしく飲めたので、問題というほどのことはありませんでした。
 今回は2時間ほどの飲み食いでした。けっこうでした。オーツは満足しました。
続きを読む
ラベル:凧ずし 下高井戸
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

大和寿司@下高井戸

 大和寿司は、下高井戸の駅からちょっと南に下った線路脇にあります。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13071870/
 居酒屋の「爺」(じじい)と並んでいます。店主が親子同士だそうです。
 大和寿司は、水・木が定休で、ランチは 11:30-14:30 の営業ということで、なかなか行く機会がありませんでした。先日、やっと行くことができました。
 お店の入り口の黒板にランチメニューが書いてありました。アジフライ、カキフライ、ホタテフライが各 950 円、おまかせにぎりが 1200 円、刺身定食、海鮮丼が各 1000 円ということです。他にも若干ありますが、これくらいしかバラエティがないと、あきらめてしまう客もいそうです。
 お店に入ると、カウンターが4席、テーブルが二つありました。小さな店です。カウンターの目の前には冷蔵ケースがあり、中に寿司ネタが並んでいました。しかし、あまり新鮮そうには見えませんでした。照明の具合でしょうか。
 オーツは、何を食べようかと迷ってしまいました。
 せっかく寿司屋に来たことですし、おかせにぎり(寿司10貫、漬け物、汁物)がよさそうですが、1,200 円というのは、オーツの予算(ランチは千円以下)を越えてしまいます。そこで、今回は、ホタテフライにしました。
 やや待っていると、お盆にのって出てきました。ホタテフライの他に、御飯、ひじきの煮物、漬け物3種、すまし汁、それに寿司2貫(海老とイカ)が出てきました。950 円でこれだけ食べられたら、かなり満足です。
 ホタテフライはかなりおいしかったですね。すまし汁もけっこうでした。しかし、御飯がちょっとべちゃべちゃタイプでイマイチでした。
 オーツは、11:45 くらいに入って、店を出たのは 12:30 くらいだったと思います(時計を持っていかなかったので、正確にはわかりません)が、その間、他のお客は一人も来ませんでした。こういうことだと、店をやっていくのはちょっと厳しいでしょう。ランチが平日の毎日ではないというのは痛いです。
 この店は夫婦二人でやっています。しかし、二人とものれんの奥に引っ込んでいるのです。客が来ると、出てきて対応しますが、料理を出すと、また引っ込んでしまいます。オーツは食後に水をもらおうかと思ったのですが、引っ込んでいる人を呼び出すのも悪いかと思って、遠慮しました。しかし、こういうことだと、客はますます入りにくくなってしまいます。
 オーツは、店主のおじさん(おじいさん?)とちょっと話したのですが、東急世田谷線の昔話などをしてくれて、気さくな方でした。でも、すっと引っ込んでしまうのです。まあ、客だって話したい人ばかりではないと思うけれど、接客としてどうでしょうか。
 値付けもちょっと高めでしょうか。価格が全体にあと 200 円安ければ、けっこう通う客がいると思うのですが、今の価格だとむずかしいように思います。
 夫婦ともかなりの年齢ですから、そろそろ息子に店を譲って、店全体をリニューアルするくらいでもいいのではないかと思います。ま、こんな言いぐさは、回りからの余計なノイズに過ぎませんが……。

参考記事:
http://shimotaka.seesaa.net/article/310083962.html
http://shimotaka.seesaa.net/article/381340933.html
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

魚がし鮨 江古田店(5回目)

 先日も行ったばかりですが、また、魚がし鮨に行くことになりました。
2013.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/378823460.html
 今回は、夜でした。
 飲まない人2人との会食でした。
 オーツだけがアルコールを飲みました。
 クーポン券
http://r.gnavi.co.jp/a330004/coupon
を持参したので、生ビール1杯、コーラ1杯、まぐろ握りセット(トロ1カン、赤身1カン)が無料になりました。
 生ビールの他に、オーツは日本酒(一ノ蔵1合半)730 円を飲みました。
 食べたのは、3人合わせて、突き出し(ひじきの煮付け)、上にぎり 1,100 円、特上にぎり 1,600 円、W(ダブル)鯛かま煮付け 880 円、刺身4点盛り 980 円、松茸と鱧(はも)の土瓶蒸し 780 円×2で、合計 7,060 円でした。突き出しは 210 円という計算になります。
 上にぎりと特上にぎりを頼んだのは、両者がどう違うか、興味があったからです。確かに寿司ネタが違っていました。特上のほうには、ウニとか中とろなどが入ります。しかし、まあ、そんなに大きな違いにも見えませんでした。
 おいしかったのは、W鯛かま煮付けでした。「ダブル」と銘打ってあるように、鯛の頭の部分が縦に二つに切られたものが二つ入っていました。大皿で出てくるので、迫力があります。身の全体がよく煮えていて、箸でこそげながら食べていくと、ずいぶん食べられるところがあり、3人で食べ尽くしましたが、がっちり食べた気になりました。
 それと、松茸と鱧の土瓶蒸しがおいしかったですねえ。しっかりダシが出ていて、おちょこで汁を飲むと松茸の香りがふわあっとしてきて、とてもいい感じです。
 そういえば、昨年は上田市の山の中で松茸を堪能したことを思い出しました。
2012.10.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/298484444.html
もしかすると、そのときの松茸よりもおいしかったかもしれません。時間が経ってから比較しても、味や香りを覚えているわけではないので、正確な比較は無理ですが。
 ともあれ、飲まない人と一緒だと、こんなにも安く上がるのですね。3人で7千円は安いと思います。また来ようと思いました。
続きを読む
ラベル:魚がし鮨 江古田
posted by オーツ at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

魚がし鮨 江古田店(4回目)

 魚がし鮨は、江古田でいつも行く寿司屋です。
 安くておいしくて、けっこうな店だと思います。
 前回までのブログ記事
2012.9.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/291791146.html
2009.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/133403762.html
2009.5.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/118371235.html
は、全部、夜に飲みに行ったときの話でした。
 今回は、ランチに行きました。
 お昼には、店の前に大きな看板
http://image1-2.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/2587/2587705.jpg
が出ています。
 にぎりが 680 円、1.5 人前が 880 円と超格安です。さて、どんなものが出てくるのでしょうか。
 今回、1.5 人前のほうを試してみました。
 にぎり寿司10貫とカッパ巻きと鉄火巻きが6個でてきました。
http://tabelog.com/restaurant/images/Rvw/2163/640x640_rect_2163768.jpg
http://tabelog.com/imgview/original?id=r758172163768
 この写真は、オーツが食べたものと違います。いくらはなかったです。しかし、まあ、こんな雰囲気のものが出てきました。
 細巻きの6個は、全部で、まあ3貫相当でしょうか。とすると、出てきたもの全部で13貫分という計算になり、「1.5 人前」と呼ぶにはちょっと不足かもしれません。普通は10貫で1人前なので、1.5 人前というと、15貫くらいほしいわけです。
 その他に味噌汁と温泉玉子が出てきました。
 寿司は、普通においしく食べられました。とびきりおいしいというわけではありませんが、880 円でこれだけ食べられたら文句はありません。エビは、蒸し海老でなく生海老でした。
 今のところ、分量は 1.5 人前でちょうどいいくらいの感じがします。
 オーツがもう少し歳を取ってきたら、1.5 人前でも食べるのが大変になるかもしれません。そのときは1人前 680 円にしましょう。食べログには1人前の写真があります。
http://tabelog.com/restaurant/images/Rvw/19511/19511869.jpg
これによれば、7貫+細巻き6個のようです。
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

凧ずし 下高井戸店

 下高井戸の回転寿司・まぐろ人が閉店した話はすでにブログ記事
2013.9.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/375891334.html
に書きました。
 その後釜として、「凧ずし」(はたずし)が開店したので、さっそくランチに行ってみました。
 お店に入ると、まぐろ人時代とはテーブルの配置などが全然変わっていました。オーツがカウンターの上のメニューを見ようとすると、店員さんが「ランチメニューもあります。ちらしとにぎりです。」というので、にぎりランチを注文しました。
 目の前に大きな葉蘭の葉が敷かれ、ガリが端のほうにのせられ、葉蘭の上ににぎり寿司があれこれ並んでいきます。なかなかいい雰囲気です。
 お椀も出てきました。魚のあら汁です。大根やにんじんなどが入っていて、オーツの好みです。
 軍艦はイクラだけで、あと9貫はにぎりでした。アジやタイがおいしかったように思います。
 とはいえ、こういうセットものだと、自分の好きなものが食べられるわけではありません。玉子や穴子は、オーツが自分から進んで食べることはないのですが、セットに含まれてしまいます。まあ、しかたがありません。
 出されたガリが少なめかと思いましたが、ガリを食べて残りが少なくなると、職人さんが追加してくれました。だったら、はじめからもう少し多めに食べればよかったと思いました。
 おいしく食べることができたので、けっこうなお店だと思います。新装開店ですからきれいですし。
 会計すると、945 円ということでした。オーツはランチの出費をできれば 1,000 円以下に抑えたいと考えていますが、ぎりぎり範囲内です。
 では、この寿司屋を行きつけの店にするかというと、微妙です。
 たとえば、旭鮨総本店の「ランチにぎり」味噌汁付きで 980 円というのも選択肢になります。これなどはいいライバルかもしれません。
 また、駅一つ離れてしまいますが、桜上水にある「魚屋路」の「満足ランチ」
2012.10.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/299184667.html
が 892 円でありながら、内容が充実していて、どちらかというと、こちらの方がよさそうに思います。
 できたらそのうち夜に凧ずしで飲む機会を持ちたいと思います。ランチもさることながら、やはり寿司屋では夜が勝負という面もありますからねえ。
続きを読む
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

旭鮨総本店@下高井戸(3回目)

 下高井戸にある旭鮨総本店は、たまに行く店です。
 過去のブログ記事では、2回ほど書いています。
2012.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/299452920.html
2007.6.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563955.html
 さて、先日は夕方2人で行きました。
 コース料理を食べることになり、注文したのは、「秋風の膳」(しゅうふうのぜん)
http://www.asahizushi.com/images/recommend/img02.jpg
でした。4,410 円でしたが、以下のようなものが出てきました。
・かにの酢の物
・ふぐ刺身
・戻りかつお刺身
・ほたてのソテー
・旨出汁 煮魚
・とろ、甘えび、いくらなど にぎり8個
・茶碗蒸し
・お椀
 どれもおいしかったですが、オーツの好みとしては煮魚がよかったですね。
 その他に、お通しとして「中とろ」350 円が出てきましたので、全部食べるとけっこうお腹いっぱいでした。
 飲んだものは、生ビール(中)630 円×3、日本酒(巻機・1合)945 円×2といったところです。2人にしては少なめだったかもしれません。ビールも日本酒もおいしくいただきました。
 会計すると、13,300 円ということになりました。2人としてはこんなものでしょうか。
 話が弾んだので、3時間くらいお店にいました。1階のテーブルは、平日の夜だというのに満席になりました。はやっているようで、これまた何よりです。

 ちょっと食べログのクチコミの記載
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13011771/dtlrvwlst/
を見ると、いくつか悪い評価も書かれていますが、オーツはそんなこともなく、ちゃんとした寿司屋だと意識しています。
posted by オーツ at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

旭鮨総本店@下高井戸

 夕方、2人でちょっと飲もうということになり、寿司屋に行くことにしました。
 旭鮨総本店は、下高井戸の駅前にあり、オーツはけっこう気に入っています。
http://asahizushi.com/
http://r.gnavi.co.jp/g264826/
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13011771/
 オーツは何回か行っているのですが、このブログではしばらく前に書いたきりでした。
2007.6.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563955.html
 テーブルに着くと、店員さんがおしぼりを持ってきて、お通しが2種類あり、どちらかを選べるということを言いました。一方が中トロだったので、2人ともそちらを選びました。(最後にもらったレシートによると、お通しは 315 円でした。)
 飲んだものは、生ビール(中)630 円×4、奥播磨(山廃純米)1合 950 円×2でした。奥播磨は、日本酒として、味も香りもなかなかだったと思います。
 食べたものは、海鮮サラダ(半人前)630 円、カマ焼き 840 円、真鯛刺身 1,470 円、煮穴子つまみ 980 円、そして最後に寿司のセット・入江 1,470 円×2で、合計 11,910 円となりました。お店にいたのは2時間半ほどでしたが、気持ちよく飲めました。量的にもけっこう飲んだ感じになりました。
 海鮮サラダは、メニューには一人前しか書いてありませんでしたが、それを注文しようとすると、店員さんが半人前というのもあり、2人ではそれで十分ですよと言ってくれました。親切な話です。半人前とは言うけれど、確かに2人で十分な量が出てきました。
 真鯛の刺身は5切れでしたから、ちと高かったかもしれません。入江というセットは寿司5貫とお椀と野菜の煮物のセットでしたが、それぞれおいしかったです。最後に食べるにはちょうどいい感じです。オーツは、ウニが特においしいと思いました。
 寿司屋なので、肉がなく、胃への負担が少ないという点がありがたいです。オーツのような歳になると、こういう店が好みになってくるのですね。
 最後に明細入りのレシートをくれました。ちょっと酔ってくると、何を食べたか、記憶もあいまいになってしまうのですが、レシートがあると翌日になってからでも確認できて安心です。明朗会計ですね。
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする