2015年05月24日

切干大根

 インスタント味噌汁の具として追加するのに適しているものとして切干大根もあります。
 オーツが買ったものは、大和屋商店が製造したもので、40g 入りの袋でした。これまた完全に乾燥していますので、日持ちがします。適当にちぎって味噌汁に入れます。
 切干大根は、本来、煮物などに使うものですから、お湯を注ぐだけのインスタント味噌汁では、調理時間不足になります。しかし、食べてみると、そんなに問題ではありません。
 オーツの場合、お湯を沸かすのに、電子レンジを使っています。つまり、味噌汁のお椀にインスタント味噌汁を入れ、具を追加し、水を注ぎます。そして3分半ほどチンするわけです。水がお湯になる頃には味噌汁ができあがります。この3分半で、切干大根が煮えた感じになります。食べておいしいとまでは感じませんが、しゃきしゃきした食感があって、野菜を食べている気分になります。
ラベル:切干大根 味噌汁
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

小えび

 オーツは、勤務先に弁当を持参して食べることがあります。そのとき、インスタントの味噌汁を作るのですが、具が不足するので、いろいろと具を追加して食べるようにしています。
2012.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/300551958.html
 最近、味噌汁に入れておいしいと思っているのが「小えび」です。正式には「アミエビ」というようです。オーツが食べているのは、20g 入りの袋で、原産国は中国です。弥永商店YYというところが売り出したものを買いました。スーパーなどではさまざまな種類のものが売られています。店ごとに見ると、1種類くらいしかおいてないのが普通です。買ったときの価格は忘れてしまいましたが、100 円か 200 円くらいのものです。結果的に何十回も使えるので、安いものです。
 また、完全に乾燥しているので、かなり長期にわたって保存できます。袋に賞味期限が書いてありますが、そんなものは無視しても大丈夫でしょう。
 小えびは適当量を味噌汁に入れるわけですが、お湯を注いだ瞬間にいい香りがしてきます。
 赤い色が付いているのも(実は着色料の色ですが)「彩り」としていいでしょう。オーツは着色料が使われていることを気にするタイプではありません。厚生労働省が許可しているものを使っているはずですから、着色料で健康を害することはないでしょう。
 袋には、お好み焼き、焼きそば、かき揚げなどに向いていると書いてあります。確かにそうかもしれません。そんなものに使われているのをよく見かけます。しかし、単純に味噌汁に入れてもおいしいと思います。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

高齢者は肉を食べるほうがいい?

 高齢者は肉を食べる方が健康にいいのか、それとも太りすぎ防止のために肉を食べないほうがいいのか。ちょっと気になったので、ネットで「高齢者 肉」で検索してみました。
 その結果、以下のような記事がヒットしました。それぞれ一部引用します。

http://www.bee-lab.jp/interview/shirasawa/16.html
 年をとると、肉を避け、魚や野菜中心のあっさりしたものを好む傾向があるようです。「肉はコレステロールが高いのに対し、魚は逆に低く、中性脂肪を下げる」との思いがあるからでしょうか。しかし、肉を控えたほうがよいのは、太りやすい40代、50代の話。反対に「食が細く、栄養不良に陥りやすい高齢者は、動物性たんぱく質をできるだけ摂ったほうがよい」と肉食を勧める専門家も少なくありません。肉には転倒による骨折や貧血を防ぎ、老化を遅らせる働きがあります。肉と魚は、1対1の割合で1日おきに、交互に食べるのが理想的な食べ方といわれています。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3429.html
 実は日本国民の栄養状態は終戦直後よりも悪化している。特に、栄養不足が即切実な健康問題に直結する高齢者。その状況が深刻だとして、厚生労働省は今年、13年ぶりに健康づくりの指針を見直した。健康寿命の延伸を最優先とし、肉などのたんぱく質を高齢者がしっかり食べるよう指導に乗り出したのだ。
 65歳以上を対象に、寝たきりなど、介護が必要になるのを防ぐため、肉などのたんぱく質を積極的にとらせる栄養指導が、8年前から新たに登場しました。

http://www.keep-act.jp/houhou/eiyou/eiyou04.html
 動物性たんぱく質と油脂類を摂ることが重要

http://apital.asahi.com/feature/others/2013091700012.html
 高齢者ほど肉などの動物性たんぱく質や脂質を十分に食べるべきだ

http://www.sankei.com/life/news/140408/lif1404080003-n1.html
 中高年以上の食事では食べ過ぎによる過剰栄養に注意が向けられがちだが、高齢者10+ 件では適切な栄養が取れていないことが大きな健康問題の原因となっている。

http://www.rbbtoday.com/article/2014/05/29/120271.html
 肉はタンパク質供給源として栄養効率の良い食品。ぜひ肉を積極的に食べて欲しい

http://spathoron.jp/topic/topic_024.html
 シニアこそ肉をしっかり食べることが大切。

http://matome.naver.jp/odai/2136279606999252601
 ここにはいろいろな記事がまとめられています。

 以上のような記事類から、結論として、高齢者は「肉を食べない」よりもむしろ積極的に「肉を食べる」ほうがよさそうだということになります。「高齢者」とは何歳くらいからをいうのか、はっきりしませんが、65歳くらいから上の年齢のようです。体重計で、太りすぎないように注意しながら、肉を食べるようにしたほうがいいかもしれません。
 オーツは、「肉を食べない」主義で生活してきましたが、65歳も近いので、そろそろ食事方針を変更してもいいのかもしれません。
 長寿のために、そして健康のために、高齢者は肉を食べるほうがよさそうです。
 となると、オーツの昼の食事パターンも変える必要があるかもしれません。オーツが行く店は、肉類を避けて考えてあります。
ラベル:高齢者
posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ラーメンの味の違いと個人の好み

 オーツは、ここのところ2ヶ月くらいは、お昼に、江古田近辺でもっぱらラーメンばかり食べていました。
 ま、人生の一時期には、こういう偏った食生活があってもいいでしょう。これがずっと続くと体に変調をきたしそうですが……。
 さて、ラーメンの食べ歩きをしながらふと思ったことがあります。個人の味の好みがどれくらい一定しているだろうかということです。こんなことを思った理由の一つは、最近、自宅でインスタントラーメンを食べたことです。
 オーツは、インスタントラーメンに関して、マルちゃんの「昔ながらの中華そば」シリーズがおいしいと思っていました。
2008.9.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/105984951.html
ところが、最近、久しぶりに食べたところ、あまりおいしいと感じなかったのです。メーカー側が毎年少しずつ味を変えていて、その蓄積によって味が大幅に変わってしまったのか、オーツの舌の感覚が年齢とともに変わってきたのか、理由は不明です。
 ともあれ、数年ぶりに味の違いを感じてしまったわけです。以前とは味が違っているということです。
 で、江古田のラーメンめぐりですが、いろいろ食べ比べているうちに味の好みが変わってくるとかいうこともあるかもしれません。となると、一通り食べたからといって終了(最終判定)というのは問題かもしれません。同じ店で何回か食べるようでないと、正確な評価はできません。もっとも、時間をかけて食べ歩いていると、季節が変わって、味の好みも違ってくるでしょう。ラーメン類は寒い時期がおいしいと思います。暑い夏では汗をかきながら食べることになり、ちょっとイマイチの感じになります。いや、これがたまらなく好きだという人がいることはわかりますが。
 1年もかけてあれこれ食べ比べをしていると、そのうち、ラーメン店が閉店したり、新しい店ができたりして、お店の方も変わってしまいます。
 そんなことを考えてみると、ラーメンランキングというのは、仮に個人で作ることになっても、なかなかむずかしいものだということになります。オーツの江古田ラーメンランキングも、現在のオーツの状態で、比較的寒い時期に食べた結果に過ぎないことを断っておきたいと思います。
posted by オーツ at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

激辛カレーを食べて吐いた話

 オーツがランチに行ったある店での話です。店の名前は伏せます。
 カレーの専門店ではないのですが、メニューにはカレーもありました。
 マスターに聞くと、「うちのカレーはけっこう辛いですよ。1倍から7倍まであります。たいていの人は3倍で辛いと言っています。」という話でした。
 オーツは、以前にもこの店には行ったことがあるのですが、カレーを食べるのは初めてです。3倍で激辛というけれど、7倍まであるのだから、3倍はさほど辛くはないだろうと思いました。そこで、まずはおすすめの3倍と最大の辛さの7倍を足して2で割って、「5倍」を注文してみました。これが辛すぎるようであれば、次回から辛さを落とせばいいし、辛くなければ次回からさらに倍数を上げればいいわけです。初回の味見としては、まあこんなものでしょう。
 待つことしばし。
 出てきたカレーは、一見普通に見えました。しかし、食べてみると確かに辛いです。まあ、このくらい辛いと激辛と言っていいと思います。オーツはこういうカレーが好きです。
 マスターがポットに冷水を入れて持ってきてくれました。コップ1杯の水では足りなくなると思ったのでしょう。なかなかのおもてなしです。
 5倍カレーを食べていくうちに、舌が少し痛くなってきました。目から涙も出てきました。5倍カレーは、オーツにとってちょっと辛すぎるようです。CoCo壱番屋とは辛さの単位が違いますが、ココイチの8辛くらいの辛さです。
 オーツは何とかカレーを完食しました。
 食べ終わってから水を飲むと、水がいやにおいしく感じられました。オーツはカレーを食べている途中では水は一切飲まない主義です。食後に飲むことにしています。
 そんなわけで、ランチに激辛カレーを食べたのですが、問題はその後です。午後には、勤務先の会議がありました。40分くらいの会議が予定されていました。で、歩いて戻って、そのまま会議室に直行したのですが、会議中に、体の調子が悪くなってきました。まず、便意を催しました。次に、冷や汗が出てきました。額に手を当てると、なんだか熱っぽい感じです。それに、何かムカムカします。
 会議の残り時間が10分くらいになったところで、事務局の人に断って、トイレに行くことにしました。
 トイレで大便をすると、少し気分がよくなりました。しかし、胃腸の調子はイマイチです。そこで、指を喉に突っ込んで吐くことにしました。酒を飲みすぎたときには自分で吐くこともやりますが、カレーでこんなことをするとは思いませんでした。便器に吐くと、消化されないカレーが出てきました。何回か吐いてから水を流すと、トイレから出ました。その段階で、熱っぽさがないことに気が付きました。
 会議は終わっていて、会議室も閉められていましたので、そのまま別の場所に移動しましたが、その後は普通に過ごすことができました。
 オーツは、激辛カレーを食べて吐くことになった経験は今までありません。その意味では今までで一番の激辛を食べたことになるのかもしれません。胃をかなり刺激する辛さだったことになります。
 いやはや、こんな経験をすることになろうとは思ってもみませんでした。
 この店で、オーツが再度カレーを注文することはあるでしょうか。たぶん、ないと思います。カレーを食べるとなると、今回のことを思い出しそうです。
ラベル:激辛 カレー 吐く
posted by オーツ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

丸大食品のスンドゥブ

 ある日、近所のドラッグストアーに行ったら、丸大食品のスンドゥブを売っていました。
http://www.marudai.jp/CGI/products/item/detail.cgi?cd=0002-0017&itm_cd=00292



 2人前で 200 円もしない値段でした。さっそく一袋買ってきて食べてみました。
 ストレートタイプの汁なので、調理が簡単です。
 とはいえ、開封した後、中身を絞り出すのですが、ここがちょっとやりにくいです。赤くてドロドロ状のものがパッケージの内側に付着してしまい、これが取り出しにくいのです。指についたらけっこう油分が多くて、きれいに取り去るのがむずかしかったです。
 しかし、味のほうはけっこういけます。オーツが買ってきたのは「辛口」のほうでしたが、適当にパンチが効いていて、絹ごし豆腐とよく合います。2人で1丁でちょうどいい感じです。
 パッケージには、「豆腐と卵ですぐできる」と書いてあり、豆腐とたまごだけを追加するように読めますが、もう少し具材を追加したほうがいいと思います。
 オーツは、しいたけ、ネギ、タマネギ、白菜キムチ、鶏肉、しじみ(スーパーでアサリが売ってなかったので)などを入れました。最後に玉子を落としてできあがりです。食べた後では、もう少し野菜が多くてもよかったかなと思いました。
 韓国料理店のスンドゥブチゲの味とそっくりです。自宅で簡単に本格的な味が楽しめるというのはありがたいです。今の季節、こういう鍋物がぴったりですね。
 楽天のサイトでもいい評判が並んでいます。
http://review.rakuten.co.jp/item/1/226031_10000721/1.1/
 どこの店でも売っているわけでもないので、入手しにくいものかもしれません。
 丸大食品だけでなく、他のメーカーからも類似品が出ていますが、それらがおいしいのかどうか、オーツは試していないので、わかりません。

参考記事:
http://tabetayo.seesaa.net/article/171643653.html
posted by オーツ at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

残り物をたくさん食べさせようとする妻の夕食

 オーツはインフルエンザでダウンしてしまいました。
2014.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/411175063.html
 そのため、当初予定していた息子たちや孫たちを呼んでのささやかなパーティーがキャンセルになりました。残念ですが、しかたがありません。
 で、その後、オーツの熱が下がったときに、妻が夕食を用意してくれました。パーティー用に作ったものの残り物でしたが、それもしかたがないでしょう。
 問題は、その量がかなり多かったことです。オーツは病み上がりで、胃腸の調子もはっきりしない状態でしたが、その割りには、あれもこれもいろいろ並べてきて、けっこうな量を食べさせてくれる形になりました。
 まあ、お腹がいっぱいになって、残り物も片付くし、一石二鳥なのは理解できるけれど、少なくとも、病人に食べさせるものではなかったです。
 残すのも変だから、全部食べましたが、明らかに食べ過ぎました。その晩は、ベッドに入ってもお腹の中に食べ物が詰まっているような気がして、ちょっと気分がすぐれませんでした。
 こういうときは、少な目のおかずで、やや貧弱気味の食事でちょうどいいのではないでしょうか。
 普段からオーツは妻に夕食を作ってもらうことがないので、オーツの普段の食事の量を妻がわかっていないことが問題なのでしょう、きっと。
 インフルエンザで体重が2〜3キロ減りました(だって食べなかったのですから当然です)が、1回の夕食の効果で、あっという間に元に戻りました。もしかして、それをねらったのかも……。いや、違うでしょ、たぶん。
posted by オーツ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

せんべい 大馬屋

 オーツの妻が知人からもらったのですが、草加市にある大馬屋(おんまや)のせんべいがおいしかったです。もらったものは「丹念詰め合せ」
http://www.onmaya.co.jp/item/item_tannen16.html
でした。4種類が4枚ずつ入っていました。
 それぞれ1枚ずつ食べてみましたが、とてもおいしく、またさほど固くなくて、食べやすかったです。
 草加せんべいは、一般的に固い場合が多く、歯がこぼれるかもしれないと思うような場合もあったりします。そんな苦労をしても、おいしければいいのですが、(お店によって違うのでしょうが)さほどでもない場合が多いように感じていました。にもかかわらず、けっこうな値段です。というわけで、手が出しにくいということになります。
 ところが、大馬屋のせんべいは違いました。
 しっかり焼いてあるのに、さほど固くなく、ちょうどいい口当たりです。また、原料は醤油と米だけだということですが、なぜか、おいしいのです。
 草加せんべいを見直しました。
 もっとも、価格はそれなりですから、普段から気楽に買うことはできません。
posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

桜エビ

 オーツは、「海遊鮮 漁師汁の具」
2014.7.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/402518062.html
を愛用していたのですが、近所のスーパーで取扱いがなくなってしまいました。
 インスタントみそ汁にこれを入れるとおいしくて具だくさんの汁ができるので、重宝していたのでした。
 なくなってしまって、残念です。
 しかし、この際、こういういろいろなものが混じった食材でなく、それぞれの食材を買ってきて組み合わせたらどうかと思い立ちました。
 まず試したのが、「桜エビ」です。
http://www.the-seiyu.com/front/commodity/00000000/994901202408228/
によれば、20g のものを 237 円で販売しています。
 オーツは、近所のスーパーで買いましたが、値段は似たようなものでした。
 で、インスタントみそ汁にこれをひとつまみ入れてみたところ、おや不思議、だいぶ豪華な感じになり(何といってもエビ入りですからねえ)、けっこうおいしく食べられます。大きなエビではないけれど、それなりに食べられるので、これからこんなことで行こうと思います。
 ちなみに、インスタントみそ汁には、カットわかめと麩を追加しています。もう何年も前から続く、オーツの習慣です。これに桜エビが加わったわけです。
ラベル:桜エビ
posted by オーツ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

ジョニ黒がおいしい

 ウィスキーは、オーツが若いときにはよく飲んでいたものですが、最近はあまり飲まなくなっていました。
 しかし、ビールを止めてから、焼酎とかウィスキーを飲むようになりました。
 焼酎もウィスキーも、水割りで飲んでいます。若いときにはストレートが好きだったのですが、最近は二日酔いにもなりやすくなっていますので、ストレートはきつく感じます。氷を入れて水割りにすると、かなり飲みやすくなります。
 オーツの学生だったころ(40年前)は、ジョニ黒なんか貧乏学生に飲めるものではなく、たぶん1万円くらいしたように思います。(自分で買うこともほぼなかったので、値段を覚えていません。)ジョニ赤でも5千円くらいして、サントリーのオールド 2,300 円が高級酒でした。学生レベルでは、そのころ、千円以下のウィスキーを飲んでいたように思います。レッドが 500 円くらいでしたかね。
 先日、ドンキホーテに行ったら、ジョニ黒が 1,981 円で売られていました。オールドが 1,400 円くらいでしたかね。ウィスキーがずいぶん安くなったものです。昔とは様変わりです。
 で、ジョニ黒を買って帰ったのですが、水割りにして飲んでみたら、おいしいと思いました。
 ストレートでは、味が直接わかるのですが、水割りでは、水で薄めてしまうので、どうせ味なんかはっきりしないだろうと思っていました。そこで、角瓶くらいを飲むことが多かったのでした。これなら近所のスーパーで売っているので手軽に買えるということもありました。
 しかし、せっかく飲むならおいしいものを飲みたいと思います。
 手が出せなかった昔の超高級酒が、今や安くなり、普通に手が届くようになっています。ありがたい世の中になってきたものです。時代とともに物価が上がり、それにともなって所得水準も上がり、個人的には(年齢とともに)給料が上がり、しかしウィスキーの値段は安くなったわけです。

関連記事:
2014.2.7 ウィスキーが今や高い酒ではなくなった
http://o-tsu.seesaa.net/article/387458052.html
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

ソフトふりかけ しそわかめ

 オーツは、けっこうふりかけが好きです。
 このブログでも、過去に2回ほどふりかけの記事を書きました。

2012.6.4 永谷園のしじみソフトふりかけ
http://o-tsu.seesaa.net/article/273379793.html
2012.5.5 浦島海苔の生タイプふりかけ
http://o-tsu.seesaa.net/article/267601063.html

 最近、食べておいしいと思ったのが、萩・井上の「ソフトふりかけ しそわかめ」
http://www.hagiinoue.co.jp/webshop/products/detail.php?product_id=43
です。
 オーツは、どこの店で買ったのか、忘れてしまいました。どこかで見つけたら、また買ってもいいと思います。
 定価は 411 円のようですが、もちろん、オーツはそんな値段では買いません。300 円台だったように思います。買ったときの値段も忘れました。
 過去のことの物忘れは激しくても、食べたり飲んだりしたもののおいしさは現在のことですから、直接感じます。
 普通のふりかけを食べ慣れていると、このしそふりかけは別格のおいしさに感じられると思います。

 こうしてみると、ソフトふりかけ(乾燥してなくて、しっとりしているタイプ)がオーツの好みに合っているようです。


posted by オーツ at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

 秋は実りの季節です。オーツはこの時期の梨が好きです。
 近所のスーパーでは、梨のバラ売りをしています。1個98円です。
 梨を1個買ってくると、冷蔵庫に入れておきます。1回には 1/4 個食べることにしています。残りはまた冷蔵庫に戻します。1個の梨を2〜3日で食べる計算です。1/4 個をさらに半分くらいに切って皮をむいて食べます。みずみずしさがたまりませんねえ。
 毎週1〜2回はスーパーに買い物に行きますから、そのたびに梨を1個買ってくると、いつも新鮮な梨を食べることができます。こういうおいしい梨を安く食べられるのはありがたい話です。
 最近の梨は、以前(数十年前)よりも甘くなってきているように感じます。水分も多いようです。そもそも中心の種の部分が小さくなっているようにも思います。逆に言うと、昔の梨は固くて、中心部が大きく、さほど甘くなかったということです。品種改良が進んでいるのでしょう。
 先日、テレビを見ていたら、梨のむき方を解説していました。芯付近をざっくりと切り取って捨ててしまい、皮のほうは薄くむくのがコツなのだそうです。同じ1個の実でも、場所によって甘さが変わってくるという話でした。
 それはそうでしょう。
 梨は、動物においしい果肉を提供して食べてもらい、ついでに種を遠くまで運んでもらって新しい土地で子孫を増やし、生育地を広げる戦略をとっています。中心部がおいしい梨は、種付近まで食べられてしまい、もしかすると種まで噛まれて砕かれてしまうかもしれません。中心部付近はあまりおいしくしないことで種を守ることができます。一方、皮付近は、動物に対するご褒美ですから、ここは甘くておいしくするのがいいことになります。たっぷりの果肉が付いていることで、1個の梨が食べきれなくなり、動物が中心部を食べ残すことになれば、それは梨にとって好都合です。
 自然淘汰が繰り返されて、今の梨の姿になったのでしょう。
 そんな梨に感謝しつつ、おいしい、おいしいといいながらオーツはシャリシャリと梨を食べています。
ラベル:
posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

アサヒのビール系飲料を飲んでみて

 先日、気がついたようなことで、
2014.8.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/403103660.html
アサヒにはさまざまなビール系飲料があります。それぞれがどんな味か、飲んでみたくなりました。
 近所の酒屋・コンビニ・スーパーを回ってみたところ、買えるのは以下の4種類でした。

スタイルフリー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/stylefree/
オフ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/off/
アクアゼロ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/aquazero/
STRONG OFF http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/strongoff/

 以下の2種類は、どこでも売られていませんでした。

本生アクアブルー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/hon-nama_aquablue/
ブルーラベル http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/bluelabel/

 近所の店で売っていないものは、これからもちょいと気軽に買うことはできないでしょうから、今試飲してみてもしかたがないと思いました。少し遠くの大きな酒屋さんにいけば売っているかもしれないけれど、そんなことまでして入手する価値はなかろうということです。
 350ml の缶入りのものを1個ずつ買ってきました。
 さて、4種類を飲み比べてどうだったか。
 オーツの好みでは、「スタイルフリー」と「オフ」はイマイチだと感じました。1個飲んで、それ以上飲む気にはなりませんでした。また、「アクアゼロ」と「STRONG OFF」がおいしいように思いました。それぞれ3個ずつ飲んでみました。どちらかというと「STRONG OFF」のほうがおいしいようです。
 さて、オーツはせっかくビールをやめたのですが、ここでまた「STRONG OFF」に戻るのか。今ストックがあるウィスキーや焼酎を飲み終わるころに再度考えてみたいと思います。
posted by オーツ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

まるっきりお肉ミンチタイプ 130g

 あるとき、オーツは嫁から「まるっきりお肉ミンチタイプ」
http://www.maisen.co.jp/shopping/oniku/oniku.html
というのをもらいました。
 袋に入っていて、フリーズドライされています。大豆と玄米だけでできていて、味や食感が肉そっくりというものです。保存料・添加物不使用で、ノンフライで、しかも賞味期限が長く(約2年)不精者にはとても便利です。
 数ヶ月かけて1袋全部を食べきってしまいました。
 オーツが食べた限りでは、確かに肉みたいな外観と食感です。味は、少し肉とは違う感じでしたが、挽肉を使う料理でそれなりの味付けをすると、肉と勘違いして食べる人がいても不思議ではありません。
 日本人らしい丁寧な作り込みがされていると思います。おもしろい食材です。
 ただし、オーツはもともと肉を食べたいと思わないので、こういう「代用品」は、あまり必要性を感じません。


ラベル: 大豆 玄米
posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

アサヒ STRONG OFF(ストロングオフ)がおいしい

 オーツがとあるコンビニに行ったとき、アサヒ STRONG OFF(ストロングオフ)
http://www.asahibeer.co.jp/strongoff/
を売っていました。いわゆる第3のビールです。
 アルコール分 7% とビールよりもやや強めで、しかも糖質 60% オフということですから、カラダにもよさそうです。缶のデザインがいかにもおいしそうだったので、1個買ってきて、飲んでみました。
 おいしかったです。
 オーツはもともとアサヒのビール(スーパードライ)を長年(30年くらい?)にわたって飲み続けてきましたが、1年ほど前に自宅で飲むのをやめてしまったのでした。
2013.7.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/370707197.html
 何となく、身体がその味を覚えていたのかもしれません。似た系列のように感じました。けっこういけそうです。
 アサヒビールのサイト
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/
を見てみると、「ビール・発泡酒・新ジャンル」ということでたくさんの商品が並んでいます。こんなにたくさんの種類の商品が売られていたとは気がつきませんでした。
 中でも、以下のものは糖質が少ないことをうたい文句にしています。
スタイルフリー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/stylefree/
本生アクアブルー http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/hon-nama_aquablue/
オフ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/off/
アクアゼロ http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/aquazero/
ブルーラベル http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/bluelabel/
STRONG OFF http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/strongoff/
 それぞれがどんな味なのか、ちょっと興味が出てきました。
続きを読む
posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

海遊鮮 漁師汁の具

 オーツは、勤務先に弁当を持参して、インスタントの味噌汁を食べるときがあります。そういうときは、若干の具を追加します。
2012.11.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/300551958.html
 先日、近所のスーパーみらべるに行ったら「海遊鮮 漁師汁の具」というのを売っていました。「オカベ」という会社が製造しています。味噌汁の具にぴったりです。いろいろなものが入っています。乾燥わかめが多いようですが、干しエビが見えます。とろろ昆布も入っています。65g 入りです。
 そこで、これを買ってきて、インスタント味噌汁に入れて食べたのですが、けっこう行けます。味噌汁の味がグッと変わってきます。「漁師汁」とはよく言ったもので、まさに海鮮料理です。
 金額も大したことないし、中身はすべて乾燥(フリーズドライ?)してあるので、長期的に持ちそうです。
 なかなか便利で、おいしいので、おすすめできます。
 ネットで調べてみると、amazon では、何と 753 円もします。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%99-%E6%B5%B7%E9%81%8A%E9%AE%AE-%E6%BC%81%E5%B8%AB%E6%B1%81%E3%81%AE%E5%85%B7-65g/dp/B00BBVW82U
 ちなみに、マーケットプレイスでは 296 円からあります。
 楽天市場で調べると、ゆとりPLUS という会社が 390 円で売っています。
http://item.rakuten.co.jp/yutoriplus/kk-e271203h/
オカベ 海遊鮮 漁師汁の具 65g【RCP】

オカベ 海遊鮮 漁師汁の具 65g【RCP】
価格:390円(税込、送料別)


 ケンコーコムでは、291 円で売っています。
http://www.kenko.com/product/item/itm_6927120372.html
 オーツが買ったスーパーみらべるでは、248 円(税込み)でした。
 こうやって見てみると、ずいぶん違うものですね。

 ちなみに、オカベでは、通販部門を持っており、株式会社伊予乃国という会社が取り扱っています。そこでは、120g のものを 540 円で販売しています。
http://okabegroupshop.cart.fc2.com/ca9/13/
ラベル:漁師汁 オカベ
posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

季膳味和の弁当

 オーツは、あるところで、お昼に届けてもらった弁当を食べました。
 とてもおいしかったので、箸袋を持ち帰ってきました。
 それが季膳味和(ときぜんみわ)の弁当でした。
 3段の箱に入っていたので、たぶん、
http://www.mi-wa.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=020000000073
でしょう。「ちらし引き筥弁当」(ちらしひきばこべんとう)というのですね。
 3段重ねの箱というデザインがユニークで、開ける前にわくわくする気分になります。
 会議を設定した企業の方が用意してくださったので、オーツがお金を払ったわけではありませんが、ネットで見ると 2,570 円のもののようです。
 たしかに、その値段くらいの価値はあると思いました。普段、気楽に食べられる金額ではありませんが、もしも一人あたりこんな金額が使える場合があったら、ここの弁当が候補になるように思います。
 食べた結果、とても満足しました。
 それぞれが、素材の味が生きていて、味わい深く受け止めました。いくらがご飯の上にたっぷり乗っていて、これまたおいしくいただきました。
 最近、こんなおいしい弁当を食べる機会がなかったので、特に気になりました。
 大きな声では言えませんが、オーツの勤務先の会議用弁当(お昼休みに会議が行われる場合に用意されます)なんて、ひどいものです。まあ、残すのも申し訳ないので、オーツは全部食べることにしていますが……。
 今回の会議を設定した企業様、ごちそうさまでした。
ラベル:季膳味和 弁当
posted by オーツ at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

65歳以上の単身世帯で消費が増える食料支出

 オーツが見かけた記事で、農林水産省が作成した資料がありました。
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h25/pdf/z_1_1_3_1.pdf
 p.46 ですが、表1-3-2 というのがあります。65歳以上の単身世帯における食料消費支出の実質額が増えた上位3品目というものです。2003 年と 2013 年を比較した結果ですから、10年前の高齢単身世帯と今の高齢単身世帯を比べていることになります。
 調理食品のうち「天ぷら・フライ」937円/年、「サラダ」792円/年、「調理パン」704円/年だそうです。また、飲料では、「コーヒー飲料」1,029円/年、「果実・野菜ジュース」886円/年、「茶飲料」703円/年となっています。こういうものの消費が増えているというわけです。
 オーツがこの結果に驚いたのは、オーツはこれらのどれもほとんど買わないからです。
 オーツは、まだ65歳になっていないし、単身でもないので、サンプルには当てはまらないのですが、65歳もそろそろ近づいてきているし、妻と同居していても食生活はかなり別々に近くなっていることから考えると、「65歳以上の単身世帯」と似たようなものだと思います。
 オーツの場合、天ぷら・フライを買うことはまずありません。揚げ物は、若い頃は好きでしたが、今は自分から進んで食べることはなくなりました。会席料理などで、出てくれば食べますが、自分でスーパーで買うことはめったにありません。年1回くらいはあるでしょうか。
 サラダは、少し買いますが、自分で野菜を切ったりして用意する方が普通なので、買うことが今後増えるとも思いません。
 調理パンは、それこそ過去10年か20年くらい、買ったことがありません。そもそもパンを食べる習慣がありません。ホテルなどに泊まって朝食が洋式しかなければパンを食べるでしょうが、たいていはご飯もあります。フレンチレストランだとパンしか出てこないこともあり、そういう場合はパンを食べますが、そんなことでもなければ、自分からパンを食べることはまずないと思います。
 コーヒー飲料を買うということも、めったにないことです。多くの人がその手のものを買うことが不思議に思えます。
 果実ジュースは、飲まないこともないのです。ホテルのバイキング式の朝食などでは飲みます。でも、自分から買うことはまずないと思います。
 茶飲料も自分では買いません。まれに、年1回くらいは買うでしょうか。お昼の弁当と一緒に茶飲料が出されるときがあるので、飲む回数はもっと多いのですが、買うことはまずないと思います。
 というわけで、統計で出てくる買うことが増えた食品・飲料がオーツの生活実感とずいぶん違っていたので、驚いたのでした。
 オーツが日本人の高齢者の平均像からずれているのでしょうか。あるいは、統計表の読み方が違っていて、何か気がつかない偏りがあるのでしょうか。もしかして、オーツが65歳になった頃には、こんなものを食べたり飲んだりするようになって、消費支出が増えるのでしょうか。
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

炭水化物ぬきは危険

 炭水化物を一切取らないダイエットは危険だという記事がネットにありました。
http://getnews.jp/archives/517976
 ま、それはわかるのですが、炭水化物を少しだけ食べるというのはけっこうむずかしかったりします。
 オーツの場合、朝はあまり炭水化物を取りません。ごはんもパンも麺類も食べません。主食なしということです。餃子を3個くらい食べるときは、餃子の皮が炭水化物です。それと食後に食べるせんべいが炭水化物です。しかし、量はしれています。これは、もう何年も続けている習慣です。
 夕方は、ちょっとおかずを食べ酒を飲んで終わりです。これも何年も続けている習慣です。
 昼は、外食が多いのですが、この機会に普通の食事をしています。というわけで、炭水化物を取るのは昼食だけということになります。食べる量から言っても、昼食が一番多いようです。
 1日1食でも、炭水化物を取れば、十分でしょう。しかし、それでも太ってしまうので、最近は、昼食の炭水化物を少なくすることを心がけています。オーツはごはんとおかずと汁がセットになった定食類を食べることが多いのですが、ごはんが別容器で出てくるので、お店の人に言ってごはんの量を通常の半分程度にしてもらいます。それでも、夕方までお腹が空くことはないので、特にごはんが少なすぎるわけではなさそうです。
 この点からも、麺類は量を調節しにくい(1食分は1食分になってしまいやすい)ので、あまりいいことではありません。それと、チャーハン類(ピラフも含めて)も、ごはんの量だけ減らすというのはやりにくそうです。カレーライスや丼物は、ごはんを少なくすることができます。

参考記事:主食抜きは体によくない?
2009.3.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/115015590.html
posted by オーツ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

スーパーで刺身が半額

 オーツはよく近所のスーパーみらべるに行きます。
 先日、夜7時ころに行ったら、480円の刺身パックがありました。3点盛りです。それに「50円引き」のシールが貼ってあり、さらにその上から「半額」のシールが貼ってありました。何と、240円です。安い!
 これを1個買って帰り、これがこの日のメインになりました。
 刺身パックが240円。大変なディスカウントです。
 同じものを480円で買う人もいるのですからねえ。
 いや、オーツだって480円で買うのですよ、普段は。
 それだってちょっと安いと思うのですが……。
 そういう商品を240円で売るというのは、残り物が出るのを嫌っているのでしょうが、半額もありなんですかねえ。数時間前に定価で買っていった人とずいぶん違いますねえ。
 何時ころにいくらにするか、店側としてはいろいろ試行錯誤しながら売上高を最大にするように価格を設定していることでしょうね。
 市場ですから、いくらで売ってもいいし、客側としても、そういうのがあれば買うというだけで、何も不正はしていません。とはいうものの、先ほど定価で買っていった人のことを考えてしまいました。まあ、どういうふうにしたら最適なのか、オーツにはわかりませんが、……。
posted by オーツ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする