2020年05月08日

居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口で刺身5点盛定食を食べる

 東長崎南口にある居酒屋 秀ちゃんでは、以前、塩サバ焼定食 600 円を食べたことがあります。
2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
 そのとき、メニューを見て、刺身5点盛定食 1,000 円があることを知りました。
 というわけで、先日再度訪問し、これを食べてみたのでした。
 合わせて、とろろ 100 円を注文し、ご飯を大盛りにしてもらいました。(大盛りは無料です。)
 待つことしばし。刺身5点盛定食が出てきました。

syuutyan2.JPG

 ご飯はさすがに大盛りだけあってたっぷりです。それに味噌汁が出てきました。おや、メニューには漬物も付くと書いてありますが、出てきませんでした。オーツは食べている途中で気がつきましたが、そんなことをお店の人にわざわざいうのも気が引けたので、特にいいませんでした。
 さて、刺身です。2切れずつがサーモンとハマチ、あと何でしたかね。甘海老とタコが1切れずつでした。1切れはやや厚めで、食べ応えがありましたが、ちょっと分量的に少ないような気がしました。あくまで気分の問題です。
 ご飯を大盛りにしたのに、漬物がなくて、ややご飯が持て余し気味になってしまいました。
 あと、オーツはサーモンの刺身があまり好きではないので、この点もイマイチの気がしました。この店の刺身のネタは適宜変わっていくとは思いますが。
 というわけで、1,000 円という価格を考慮すると、もう一度食べる気はあまりしません。前回の塩サバ焼定食のほうが自分に合っていると思いました。
 オーツがお店に入るとき、入口のところにサンマ開きがあるという紙が貼ってありました。メニューにはないのですが、こういう臨時の食材が提供されることもあるわけです。
 この店の魚の定食は、種類が少ないですが、この店ではいつも塩サバ焼定食を食べることにしても、順次いろいろな店を回るようにすれば、全体として飽きることはないので、これでいいのではないでしょうか。

居酒屋 秀ちゃん居酒屋 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井@桜台の利き蕎麦食べ比べ

 桜台に、蕎麦屋「石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井」があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13026652/
 食べログでは 3.67 と高評価です。クチコミも80件以上ついていて、なかなかの人気店のようです。
 どんな蕎麦が食べられるのかと思って、あるときランチでうかがいました。
 交差点の角にある蕎麦屋で、オーツはこの近くまで自転車で何回も来たことがありました。しかし、ここに蕎麦屋があるとは知りませんでした。食べログで見て初めて知ったしだいです。
 入口の近くにある2人掛けのテーブルに座って、メニューを見て(実は食べログのメニューを先に見て知っていたのですが)利き蕎麦食べ比べ 1,300 円を注文しました。これは3種類の蕎麦が食べ比べられるというセットです。
 お茶を飲みながら少し待っていると、最初に粗挽き蕎麦が出てきました。せいろにのっています。薬味として刻みネギとワサビがついてきました。それが食べ終わるころには、十割蕎麦が出てきました。さらに、それが食べ終わるころに二八蕎麦が出てきました。3種類が同時に出てこないと「食べ比べ」はできないようにも思いますが、まあ、これはこれでもいいでしょう。
 3枚目が食べ終わることには「そば湯です」といって、そば湯も出てきました。
 さて、肝心の蕎麦の味はどうだったでしょうか。オーツの個人的感想では、全体にイマイチだったように思います。粗挽き蕎麦が1番おいしいというか、蕎麦らしい味と香りがしたように思います。あとの2枚は、どうでしょうかね。それぞれコシが感じられ、丁寧に仕事をされているように思うのですが、オーツが求めている蕎麦とは若干違う感じでした。
 食べログの評価はオーツの好みとずいぶん違うということがよくわかりました。
 残念ながら、再訪はないと思います。

石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井そば(蕎麦) / 桜台駅練馬駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

テイクアウトのランチは高い

 オーツは、とあるサイト(練馬・桜台情報局)の記述を見て、江古田近辺の飲食店がテイクアウトを始めたことを知りました。
https://s-nerima.jp/wp/143834
この記事では、オーツが行ったことのある店が写真付きで紹介されており、興味深くながめていました。こういう綿密な情報提供は大変ありがたい話です。
 ついでにいえば、このサイトでは、江古田近辺だけでなく、桜台近辺のテイクアウト情報も掲載してあります。管理人さん(桜台在住だそうです)がとてもまめな人であることがうかがえます。
 ここでは、このようなテイクアウト情報を見てのオーツの感想を書いておきたいと思います。それは、それぞれの店のテイクアウトの価格設定が高いように感じるということです。
 店内で食べる(つまり外食する)ということは、料理それ自体だけに対して対価を払っているわけではなく、その他にいくつかのメリットがあり、それらを総合して、対価として支払ってよいと考えているのだと思います。たとえば、オーツ自身のことを考えると、以下のようなことです。(テイクアウトと比較しつつ述べてみましょう。)

(1)準備も後片付けもない
 自宅の場合、食事の前にさまざまな準備が必要です。テーブルの上のものを片づけたり、食器を用意したり、冷蔵庫から調味料を取り出したりします。
 食べ終わったあとも、後片付けとして、テーブルを拭いたり、食べこぼしをきれいにしたり、食べ残し(骨や殻を含む)を処分したり、食器を洗ったり、乾かしたり、食器棚に入れたりしなければなりません。実はけっこう手間がかかります。
 一方、飲食店ではこれらが一切ありません。すべてお店に代行してもらうことができます。これが1番大きなメリットかもしれません。客としてはその分の人件費を含めて食事代を払っているわけです。

(2)できたてが食べられる
 料理は、できたてが1番おいしいものであって、時間が経つにつれて、味は落ちるものと思います。飲食店で食べるというのは、まさにできたてであって、料理から食事までの時間が最も短くて済みます。
 温かい料理、冷たい料理とも、時間が経てば常温になるわけですから、それだけを考えてもおいしくなくなると思います。
 調理から時間が経っておいしくなるものはないと思います。発酵食品などは時間が経つとおいしくなったりしますが、それは調理に時間をかけていることと同じであり、ここで述べていることは、調理が終わって食べる準備をしてから時間が経った場合です。

(3)普段と違う雰囲気が楽しめる
 食器(カトラリー)、テーブルやイスの内装、室内の雰囲気、BGM、窓から見える外の景色まで、普段の自宅の食事と違いますので、新鮮な気分になれます。雰囲気を味わうとでもいうのでしょうか。

(4)(複数人で行く場合)会食ができる
 普段一緒に食事をすることがない場合でも、飲食店で集合して会食ということが可能です。話も弾みますし、親交が温められます。オーツの場合、息子や嫁や孫との会食が該当します。
 自宅でも会食自体は可能ですが、どうしても料理担当者が(少しだけ)会話の進行に加わりにくい感覚があります。

 自分で作れないものが食べられる、自分が作るのと味が違っていておいしいというあたりはテイクアウトとも共通するので、メリットとは考えないことにします。
 外食するときには、これらのことまで考慮して、その金額を出す気になるものです。テイクアウトは、これらのメリットがありません。(3)は、公園で食べたりすると少し違ってきますが、それだって自宅から弁当を持参すれば同じことです。
 つまり、テイクアウトは外食に比べて各種サービスがないわけです。ですから、テイクアウト専門の店では、売られているものが(料理そのものを飲食店と比べれば)安くなっています。
 外食では、客がしかるべきスペースを一定時間占有するわけですから、店の家賃(のうちの飲食スペース分)を分担する必要があります。場合によっては(自分で使わなくとも)駐車場代まで負担しています。テイクアウトの店ではそれらが全部カットされますから、その分、外食よりも販売価格が安くなって当然です。
 さて、ここで問題は、飲食店の営業自粛(営業時間の短縮を含む)のために、もともとの外食の店がテイクアウトを始めた場合です。店としては、維持費(家賃)のことまで考慮して、そういう価格を付けたいものでしょうし、店が普段提供している価格よりも安い価格をテイクアウトに付けると、テイクアウトを止めて通常営業に戻った場合に、客が元の価格を払ってくれるか心配になることでしょう。だからそれなりの価格を付けたいという気持ちも理解できます。
 しかし、客としては、それでは高いと感じてしまうのです。
 こういう飲食店のテイクアウトは、スーパーやコンビニの中食市場とガチで衝突するわけで、それを押しのけて「勝つ」(しっかり売れる)というのはむずかしいのではないかと感じます。
 飲食店としても、普段通りの営業ができずに困っているのでしょう。一般の生活者としても、普通にお店で飲食するほうが(テイクアウトを利用したり外食を自粛するよりも)好ましいのではないかと考えています。
 まあ、新型コロナウイルスの影響ですから、誰が悪いというわけでもないのですが、あえていえば、ウイルスの脅威を過剰にとらえてしまった政治家の判断が1番問題のように思います。
 オーツは、早い段階での緊急事態宣言の解除を希望します。今の時点で解除してもいいのではないでしょうか。
 オーツは、緊急事態宣言の中でも、ランチは外食で済ませることが多く、普段通りの生活をしています。自宅の周りでは、閉店している店も多いのですが、営業中の店もそれなりにあります。
posted by オーツ at 03:33| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口で塩サバ焼定食を食べる

 東長崎南口にできた「居酒屋 秀ちゃん」は、新しい店です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13245557/
 居酒屋でもありながら、11:30-14:30 にランチもやっているということで、路上に看板が出ていました。

syuutyan1.JPG

 マクドナルドの2階に店がありますので、店に入るときは階段を登っていくことになります。
 オーツは、カウンターに座って、塩サバ焼定食 600 円を注文しました。
 少し待っていると、お盆にのって定食が出てきました。サバ、ご飯、味噌汁、キュウリの漬物、それにとろろが出てきました。
 サバはおいしくてかなりの量があります。皿には大根おろしとレモンがついています。けっこうでした。
 そして、オーツが何より気に入ったのはとろろでした。店員に聞くと、塩サバ焼定食にはいつもとろろがついているのだそうです。オーツは久しぶりにとろろを食べましたが、実は昔からとろろが大好きなのでした。ちょっと醤油をかけてかき混ぜて、ご飯茶碗に移してご飯と混ぜながら食べました。これはいけます。
 この店のランチでは、ご飯も味噌汁もお替わりできます。これだったらご飯をお替わりしてもよかったですね。
 600 円という価格にも満足しました。これで 600 円なら何回でも通いたいところです。
 他の定食にはとろろが付かない場合も多いようですが、その場合、プラス100円でとろろを付けることができるとのことです。いい話を聞きました。100 円は安いです。これでとろろが食べられるなら、大いにけっこうです。
 先日、大羊飯店の焼魚定食(サバ)がおいしいという記事を書きましたが、
2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
居酒屋 秀ちゃんの塩サバ焼定食の方がさらにいいと思います。

 次回は、この店で刺身5点盛定食を食べてみたいと思いました。

居酒屋 秀ちゃん居酒屋 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 04:00| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

信濃路@江古田北口でサンマ塩焼き定食を食べる

 江古田北口にある信濃路は、居酒屋といった感じの店です。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13055213/
 オーツは、実は6年ほど前にこの店に一度行ったことがあります。ブログ記事にはしなかったのですが、パソコン内には記録が残っています。
 最近、東長崎方面で刺身や焼き魚の定食を食べ歩いていて、ふとこの店のことを思い出しました。
 あるとき、出向いてみました。
 こちらの店は 11:00 開店です。オーツは 11:05 に着きました。もちろん一番乗りでした。店先にあるメニューを見て「サンマ塩焼き定食」750 円を注文しました。
 4人掛けのテーブル三つだけの狭い店内ですが、一人しか客がいない状態だったので、広々と使わせてもらいました。
 最初にお茶とおしぼりが出てきました。テレビがかかっていたので、それを見ながら待っていました。15分くらいしてから定食が出てきました。オーツの感覚ではちょっと時間がかかりすぎのように思います。
 サンマの皿には大根おろしがのっていました。ご飯と味噌汁と漬物と冷や奴が付いていました。
 味噌汁を最初に食べたのですが、おや、これがおいしい。赤出汁で、具材はワカメと刻みネギでしたかね。他にも何か入っていたように思いましたが、ダシが効いていて、一口飲んだときにふわーっとした香りが広がり、意外な(といっては失礼ですが)おいしさでした。
 サンマがまたおいしかったです。アツアツで、適当にしょっぱくて、箸で取り分けて食べるとなんともいえません。
 冷や奴は、刻みネギとおろし生姜とかつお節がのっていましたが、これもおいしく食べられました。漬物(大根)もよかったです。
 最後の方で、再度味噌汁を飲みましたが、このときは最初に感じたおいしさを感じませんでした。なぜこんなに違った印象を持つのでしょうかね。
 オーツが食べている途中で、他のお客さんが1人入ってきました。常連さんのようでした。
 総じて、この定食は期待以上のおいしさでした。
 では、オーツの場合に再度の訪問があるかというと、それはむずかしいかもしれません。東長崎にはもっと安くてもっとおいしい店がいろいろあるからです。しかし、江古田で焼き魚を食べるなら、信濃路は有力候補になると思います。
 オーツは、次回、和風定食(刺身付き)800 円を食べてみようと思います。店先のメニューや壁に貼ってあるメニューには記載がないのですが、テーブルの上に置いてあったケース入りのメニューに書いてありました。どんなものが出てくるのでしょうか。

信濃路居酒屋 / 江古田駅新桜台駅小竹向原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:00| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

大野屋@東長崎南口で刺身盛合せ定食を食べる

 東長崎南口を出てすぐのところにある大野屋は、居酒屋ですが、ランチの営業もしています。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13021600/
 どんなものが出てくるのか、期待してお店に行ってみました。11:00 の開店時刻に店に入りました。テレビがかかっており、そこに 11:02 という時報が表示されていました。あちこちのテーブルに食器が片づけられずに残っており、これってもしかして昨晩のものだろうかなどと考えてしまいました。テーブルやイスの上にプラスチック製の箱が置いてあったり、何か(食材?)が入ったレジ袋が置いてあったりして、ちょっと雑然とした雰囲気でした。店のおじさん(おじいさんというべきかもしれません)曰く、「倉庫みたいなところで食べてもらってすみませんね」。確かにその通りです。
 オーツは、壁に貼ってあるメニュー

oonoya1.JPG

を見て、刺身盛合せ定食を注文しました。刺身の種類は「まぐろ、あじ、かつお」と書いてあり、そばに「奴、サラダ」と書いてありました。
 テレビを見たりして、ちょっと待っていると、おじさんがいろいろ運んでくれました。先にご飯と刺身と煮物が出てきました。少ししてから味噌汁と冷や奴・玉子焼きが出てきました。

oonoya2.JPG

 まず、定食としてこんなにたくさん出てくるとは思いませんでした。メニューには「サラダ」と書いてありましたが、サラダはありませんでした。しかし、煮物がすごいと思いました。ジャガイモと鶏の手羽先が煮込んであり、カニカマが二つ入っていました。他にもさつま揚げか何かがあったように思いますが、忘れました。煮汁が具材によく染みこんで、しかも温かくて、大変おいしかったです。
 冷や奴の小皿に玉子焼き2切れがのっている点もいいことです。
 刺身は、メニューと違っていて、カツオ2切れ、マグロ3切れ、タコ2切れ、そしてホタルイカ4つが盛り合わせてありました。けっこうな量があります。ワサビとショウガが添えてありました。
 850 円でこれだけのものが食べられれば十分満足です。
 ただし、オーツの感覚として、ちょっと不満に思った点がいくつかありました。
 第1に、ご飯がおいしくないことです。ちょっとべちゃべちゃ系のご飯でした。量も少な目でしたが、これはお替わりして食べられるので問題にはなりません。オーツも1回お替わりしました。
 第2に、味噌汁がおいしくないことです。ダシが効いていません。十分に熱い味噌汁でしたが、これではちょっと何回も食べようとは思えません。また、味噌汁の具が豆腐だけです。豆腐は冷や奴として別途出ているわけですから、それとは別の具にしてほしいと思いました。
 第3に、冷や奴ですが、何かトッピングというか薬味がほしいように思いました。刻みネギくらいで十分です。現状は何もナシです。
 オーツは一見の客としてお店に入ったわけですが、おじさんが何かといろいろ話しかけてくれて、人柄の良さが伝わってきました。でも、恐縮ですが、ここで食べるならば、他の店に行くほうがいいかなと思います。

大野屋そば(蕎麦) / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 03:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

もり太@落合南長崎で刺身盛り合せ定食を食べる

 オーツが先日行った「居酒屋 てつ」
2020.4.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/474718683.html
の隣りに「もり太」があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13104262/
ここも居酒屋ですが、ランチをやっています。
 とある日、オーツが行ってみると、お店の外の立て看板にランチタイム(11:30-13:30)の定食として以下の五つが書かれていました。

・自家製メンチかつとかつをユッケ風定食
・牛皿ねぎポン酢と黒鯛刺身定食
・鶏唐揚げと黒むつ刺身定食
・鰆味噌焼きと海老豚肉巻き定食
・刺身盛り合せ定食

 いずれも 800 円です。
 この店のランチの定食は日替わりです。しかし、五つのうちの三つに「刺身」があることはうれしいことです。主菜の一品が刺身というのはオーツの好みにピッタリです。しかし、刺身盛り合せ定食があるなら、これがオーツにとってベストチョイスだと思いました。
 店の中に入ると、2人掛けの小さなテーブルに案内され、ほうじ茶とおしぼりが出されました。
 オーツが注文してからほんの2、3分くらいで、お盆にのって定食が提供されました。

morita.JPG

提供までは圧倒的な早さです。まあ刺身ですから手間がかからないとは思いますが。
 この日の刺身は、カンパチ、ヒラメ、石鯛でした。それぞれ2〜3切れしかないので、量的に若干不満ですが、800 円と安いわけですから、しかたがありません。
 ご飯と味噌汁と漬物に加えて、小鉢が2種類(おひたしとエノキタケの煮物)、それにグレープフルーツが付いていました。何か豪華な感じです。こういう定食はオーツの好みです。
 味噌汁の具はわかめともやしと、あと何かでした(忘れました)が、熱くておいしくいただきました。
 オーツの次に入ってきた客が「牛皿ねぎポン酢と黒鯛刺身定食」を注文して食べていましたが、こちらもおいしそうでした。
 この店はオーツのお気に入りになりそうです。定食類はすべて日替わりとのことなので、行くたびに「刺身盛り合せ」があるとは限りませんが、主菜の1品として刺身が選べるはず(5種類のうちの3種類)なので、特に問題にはなりません。何回か通ってみることにしようと思います。
 江古田ではランチに刺身定食が食べられる店がないとブログ記事に書いたことがあります。
2018.12.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/463128961.html
 もり太は江古田からちょっと離れますが、ランチに刺身定食が食べられる店と考えてもいいでしょう。
 いい店に巡り会いました。

もり太和食(その他) / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


続きを読む
posted by オーツ at 03:36| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

居酒屋 てつ@落合南長崎でランチ

 落合南長崎の駅からほど近いところに「居酒屋 てつ」があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13189401/
https://shinjuku-loupe.info/p/member/1406
 夕方だけの営業かと思っていたら、「新宿ルーペ」の記事によれば、ランチもやっているとのことです。オーツは、店に電話で確認した上で、食べログの記載を修正しておきました。
 さて、この店ではどんなランチが食べられるでしょうか。実際行ってみました。
 開店時刻の 11:30 にお店に入ってみると、先客が3人いました。先客は常連さんのようで、マスターと世間話をしていました。この店は、11:30 よりももう少し早く開くようです。
 オーツはカウンターに座りました。カウンターの他に4人掛けのテーブルが三つあります。一人客は当然カウンターに座ります。
 オーツは、黒板に書いてあるこの日のランチメニュー5種類の中からサバ西京焼と鶏から揚げ定食 700 円を選んで注文しました。定食は5種類とも 700 円とのことです。
 テレビのニュースを見ながら少し待っていると、その間にも客が次々と入ってきます。けっこう人気店のようです。
 ほどなく、お新香と小鉢がカウンター越しにオーツの前に置かれました。先にこれを食べ始めてもいいけれど、オーツはこういうのを最後に食べるのが普通なので、そのままにしておきました。
 それから少しして、主菜が2枚の皿に分かれて出てきました。ご飯と味噌汁も付いています。
 味噌汁は、具材として白菜と油揚が入っていました。他にも入っていたかもしれませんが、忘れました。味噌汁は熱くておいしいです。このくらい熱いのがオーツの好みです。量もたっぷりありました。
 サバ西京焼と鶏から揚げは、どちらも温かくて、おいしくいただきました。サバ西京焼は半身分ですが、それなりの大きさのサバで、オーツは満足しました。鶏から揚げは2個でしたが、こちらも揚げたてで熱くておいしくていうことなしです。千切り野菜とレモンの薄切りが付いています。
 主菜が2種類というのはありがたいです。普通の店だと、サバの西京焼きだけで、小鉢付きの定食となって 800 円くらいする場合が多いと思いますが、この店は違います。
 小鉢は、キュウリと鶏ささみの和え物でした。漬物はカブでした。それぞれおいしくいただきました。
 オーツは、全体として満足しました。700 円という価格も嬉しいものです。こんな掘り出し物みたいな店がここにあったとは知りませんでした。オーツとしては定期的に通う店に加えたいと思いました。「居酒屋のランチはおいしい」の実例が一つ増えました。
 先日、大羊飯店の焼魚定食(サバ)がおいしいという記事を書きましたが、
2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
居酒屋 てつの定食の方がさらにいいと思います。
 今までは、焼き魚定食を食べるために、新江古田の七五三を定期的に行く店と考えてきましたが、それは止めて、居酒屋 てつに鞍替えしようと思います。それくらい気に入りました。
 ただし、ランチメニューは日替わりで、次々変わっていきますので、行った日にサバがあるとは限らないということになります。もしかすると、行く前にお店に電話して、今日のメニューを聞くといいかもしれません。オーツが食べている途中でも、店にそんな電話がかかってきていました。

居酒屋てつ居酒屋 / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

さがら@東長崎南口でマグロぶつ切り定食を食べる

 東長崎南口に「さがら」という定食屋があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13024072/
 食べログにはメニューもあって、どんなものが食べられるか、だいたいわかります。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r74938105043855
 そこにマグロぶつ切り定食 850 円と書いてあったので、食べに行く気になりました。江古田では昼に刺身定食が食べられる店がほとんどないのです。
2018.12.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/463128961.html
マグロぶつ切りは刺身ではないけれど、まあ似たようなものです。
 開店時刻の 11:30 に実際にお店に行くと、店頭のケースの中に「肉じゃがとマグロ刺身定食 850 円」というサンプル品が飾ってあり、これでもいいかなと思いました。
 オーツが入店し、カウンターに座り、肉じゃがとマグロ刺身定食を注文したところ、厨房のおじさんが今日は肉じゃががないというのです。店頭にサンプルがあり、いくつか並んでいる定食の一つとしてこの店の代表選手のような存在であるにもかかわらず、それがないというわけで、ちょっと詐欺みたいな感じを持ちました。
 カウンターの上の壁の部分には、この日のランチとして「鶏の唐揚げと麻婆豆腐」700 円が書いてありました。日替わりのようです。これでもいいかなと思ったのですが、せっかく刺身の類を食べようと思ったので、気を取り直して、マグロぶつ切り定食を注文しました。
 待つことしばし。
 あとから次々と客が入ってきます。大半の人が注文するのが「ランチ」です。オーツよりも後から来た人の場合でも「ランチ」を注文した人の方が先に提供がありました。どうもこの店は「ランチ」を注文するのが当たり前の雰囲気です。
 しばらく待っていると、オーツの料理が出てきました。マグロのぶつ切りなのですから、それこそさっと出せそうなものですがねえ。
 それはともかく、ぶつ切りはたっぷりあって、けっこうでした。食べてみても、普通においしく食べられます。850 円でこれが食べられれば満足です。もう少しワサビが多めだとオーツの好みに合うのですが、ま、このあたりはやむを得ないところでしょうか。
 ご飯と味噌汁、それに漬物としてタクアン2切れがお盆にのっていました。味噌汁の具は豆腐とネギでしたがこれもおいしくいただきました。小鉢が一品付いていると最高なのですが、この値段ではしかたがないでしょうか。
 周りの客の大部分が鶏の唐揚げと麻婆豆腐を食べていましたが、こちらも量がたっぷりあっておいしそうでした。
 12:00 くらいには店を出ました。
 この店は「ランチ」を注文するのが正解です。次回はそうしましょう。また、ハマチ刺身定食 900 円というのも試してみたいと思いました。

さがら定食・食堂 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


続きを読む
posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

大羊飯店@東長崎南口で焼魚定食を食べる

 東長崎南口にある大羊飯店はたまにオーツがランチを食べに行く店です。この店に焼魚定食があると知ったので、食べに行ってみようと思いました。
 江古田近辺では、焼魚(あるいは煮魚)の定食が食べられる店が少ないように思います。
 オーツは、以前からお志ど里のあら煮定食やさば味噌定食などをよく食べていました。しかし、お志ど里は閉店してしまいました。
2018.5.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/459108069.html
その後、居酒屋 八戸丸にもランチを食べに行きました。刺身定食や煮魚定食などで魚が食べられました。
2018.3.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/457704897.html
2017.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/455000036.html
しかし、ここも閉店してしまいました。
 漁師のあぶり家の金目鯛の煮付けはいいと思います。
2018.9.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/461421906.html
しかし、値段がちょっと高めです。
 新江古田の七五三で焼き魚定食が 800 円で食べられます。
2019.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/470964850.html
ここでもいいかもしれません。
 森の定食屋でも焼き魚定食が食べられますが、イマイチの感じがします。
2020.2.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/473416478.html
 というわけで、煮魚や焼き魚の定食を食べるときに、どこもイマイチのような感じになっていたのでした。
 そこで、江古田からちょっと足を伸ばして、東長崎や落合南長崎方面の店を開拓しようと考えたのでした。これから順次回ってみようと考えています。
 さて、前置きが長くなりましたが、そんなわけで大羊飯店の焼魚定食はどんなものなのか、試しに行ってみたしだいです。
 壁に貼ってあるメニュー
https://tabelog.com/imgview/original?id=r68048123694309
には、焼魚定食 700 円のところに「サバ」と書いてあります。2箇所ほど白い紙で隠されたところがあります。ちょっと前のメニュー
https://tabelog.com/imgview/original?id=r10780106128799
を見ると、2箇所には「サンマ」と「シャケ」と書いてありました。今は1種類しかなくなってしまったようです。オーツが店のおばさんに聞いてみると、サンマやシャケはあまり売れ行きがよくないのでメニューから外したとのことでした。ちょっと残念です。オーツはサンマもシャケも焼くとおいしいと思うのですが、今の若い人などはそんなに魚を食べず、どちらかといえば肉を食べることが好きなのでしょう。
 この定食には玉子焼きか納豆が付くということなので、玉子焼きを頼みました。
 テレビを見ながら待つことしばし。
 焼魚定食が出てきました。サバは単独でお皿にのっています。それとは別の小鉢に大根おろしが入って出てきました。玉子焼きの他に、漬物2種類、冷や奴、ご飯と味噌汁が付きます。
 焼き魚(サバ)はおいしいです。けっこうな量があります。
 玉子焼きはイマイチでした。キャベツの千切りがついてきましたが、これがあまり新鮮でない感じがしました。
 味噌汁は熱くてけっこうでした。具はワカメと豆腐です。具材が冷や奴と重なっているのは今までの経験でわかっていましたが、この店はこういう方針のようです。
 何はともあれ、おいしい焼き魚が安く食べられるというだけで、オーツは嬉しくなりました。大羊飯店は、いくつかの料理を食べましたが、焼魚定食 700 円は食べる価値があると思います。玉子焼きが改善されると鬼に金棒なのですが、……。

大羊飯店中華料理 / 東長崎駅新江古田駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 03:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

中華料理タカノ@東長崎南口でタンメンを食べる

 前回、オーツがタカノに行ったとき、肉野菜炒め定食を食べました。
2020.3.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/473962888.html
そのとき、タンメン 500 円がメニューに書いてあり、食べてみようと思いました。
 先日、開店時刻の 11:00 を目指して、再度タカノに行きました。
 オーツが 11:00 に入店したときには、すでに先客が一人いて、おじさんが焼肉定食を作っていました。
 オーツはカウンターの横(おじさんを横から見る位置)に座り、タンメンを注文し、おじさんの動きを見ていました。相変わらず見事なさばきっぷりでした。タマネギを刻んでいくときなどは、包丁でトントンと切っていくわけですが、その早いこと、早いこと。あっという間にタマネギ半分を刻み、それをすくって中華鍋に放り込みました。鮮やかです。そんなふうに焼肉定食を作りながら、一方ではタンメンを作っていきます。小鍋に豚肉と野菜を入れ、ひしゃくでスープを入れるとガスコンロの上に置き、いろいろな調味料を加えていきます。ちょっと手を止めて、中華鍋から炒めた豚肉とタマネギを皿に盛り付けて、ご飯と味噌汁を用意し、焼肉定食をセットして先客に出しました。それから大きな鍋に中華麺を放り込みます。
 こうして、タンメンが数分程度で提供されました。
 スープを飲んでみると、熱くておいしいです。具材もたっぷりで、いかにもタンメンらしく感じました。これでたった 500 円です。すばらしい話です。
 では、オーツがこの店でタンメンを食べるために通い続けるかと考えてみると、それはないかもしれないと思いました。オーツは江古田の福しんのタンメンが好きで、もう何十回も食べています。それとどうしても比べてしまいます。一般的には、タカノのタンメンはおいしくて安くておすすめなのですが、福しんのタンメンはさらにおいしいように思います。いや、そんなに違いはないかもしれません。それぞれ独自の味であって、それぞれおいしいともいえます。とすると、わざわざ自宅から遠いタカノまで出かける理由がありません。近い福しんで十分ということになります。
 というわけで、オーツがこの店に再度行くことはなさそうに思いました。しかし、この値段と量から考えて、近所の若い男性たちにはうってつけの店であり、しばらく繁盛していくのではないかと思います。
 オーツはタンメンを食べながら、後から来た客が注文した広東麺と肉エッグ定食をおじさんが作っていくのを見ていました。こちらも手際の良さに感心しました。おじさんはたちまちのうちに作り上げていきます。それぞれおいしそうに見えました。

中華料理タカノ中華料理 / 椎名町駅東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



posted by オーツ at 03:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

藍屋 落合南長崎店でランチ(7回目)

 藍屋 落合南長崎店はオーツがたまにランチを食べに行く店です。
 前回行ったときの記事は、以下の通りです。
2019.12.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/472888633.html
 前回と今回、実はオーツの誕生日プレゼントということで、天ぷら5種盛りが無料になったのでした。
 メニューには天ぷら5種盛りの価格が書かれていないので、いくらに相当するのか、わかりません。
 ウェイトレスに若鶏の甘酢あん定食 935 円(5%引きで 889 円)を頼むときに、プレゼントの紙を渡して、天ぷらを持ってきてもらうことにしました。
 ほどなく、天ぷら5種+天つゆ+塩小皿が小さいお盆にのって出てきました。この天ぷらがおいしかったです。エビ、キス、ナス、カボチャ、イカの5種でしたが、天つゆの他に塩も付いていて、食べる人の好みでどちらでも選べるようにしてくれています。これは立派なサービスです。アツアツの揚げたての天ぷらで、オーツは全部を堪能しました(ちょっと大げさな言い方ですが)。
 若鶏の甘酢あん定食については、以前から食べていますが、いつもおいしいと思っています。
2018.5.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/459442182.html
この記事を読み返すと、今は(消費税の値上げがあって)価格がちょっと高くなっていることだけがこの記事と違っています。
 店内は落ち着いた雰囲気で、ソファに座って食べる形になりますので、とても気分がいい店です。

藍屋 落合南長崎店ファミレス / 落合南長崎駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

興福順 安中店で酢豚ランチを食べる

 オーツが群馬県安中市に行ったときに、ランチを食べるために立ち寄ったのが興福順 安中店でした。
https://tabelog.com/gunma/A1005/A100503/10012493/
 オーツが店に着いたときは、10:36 でした。開店時刻は 11:00 ということなので、お店の前で開店準備をしている中国人の女性店員に早めに店に入ってもいいか、尋ねたところ、OKという返事でした。そこで、オーツは店に入り、一つのテーブルに案内されました。店内の照明が点きました。
 女性店員は注文を 11:00 から受け付けると言っていましたが、実際には 10:45 に受け付けてくれました。オーツは、写真付きのメニュー

kouhukuzyun1.JPG

を見て、酢豚ランチ 660 円を注文しました。しかし、調理は 11:00 からスタートのようで、提供は 11:05 ころになりました。まあ、これはしかたがありません。
 遠くの厨房では、中国人のコックさんが大きな声で中国語を話しているのが聞こえてきました。この店は中国系の中華料理(台湾料理)の店です。オーツはこういう店の味が自分の好みに合うように感じています。
 出てきたものは、酢豚、ごはん、玉子スープ、コロッケ1個、柴漬け2切れ、果物のシロップ漬けでした。

kouhukuzyun2.JPG

 メインの酢豚の中に、豚肉の唐揚げは何個入っていたでしょうか。8個くらいだったですかね。十分な量でした。味もよくて満足しました。
 メニューの写真では、揚げ物の皿にはサラダとしてキャベツか何かが敷かれていますが、実際はそれがなく、小皿にコロッケがコロンとのって出てきました。
 玉子スープは塩味の中華風でした。とろみが付いており、こういうスープがオーツは好きです。
 定食全体として、普通の量があって、満足しました。660 円というのは安いと思います。以前は消費税込みで 600 円だったようですが、現在は税別価格ということになっています。
 安中市は観光地でもあるわけですが、あまり観光地らしくない食堂でランチを食べたことになります。しかし、おいしく食べられれば、それで十分ではないでしょうか。観光地のランチではなく、日常生活のランチという感じです。
 オーツは満足して 11:23 に店を出ました。
 あとでネットで調べてみると、興福順というのは関東地方に何店舗かあるチェーン店なのですね。知りませんでした。

興福順 安中店台湾料理 / 磯部駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:46| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

旭館@磯部温泉@安中市の食事

 昨日のブログ記事の続きです。
2020.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/474498551.html
 オーツは旭館で「こんな時なので全ての共有スペース貸切できるプランつくりました〜大浴場・露天風呂・個室食事処〜」というプランで泊まりました。
 プラン名には「個室食事処」とありましたが、実際は部屋食ということで、自室で食べられるようになっていました。旅館の人が客室まで食事を全部運んで来てくれるのです。
 夕食は、18:00- ということで、普通においしくいただきました。一泊2食付きで 9,850 円ですからねえ。そんなにぜいたくは期待できません。普通に食べられれば、それで十分といったところでしょう。

asahikan1.JPG

 鍋料理は、もやし、エノキタケ、それに豚肉で野菜を包んだものが入っていて、固形燃料で温めます。他の料理を食べてから、最後の方に火をつけるようにしました。すぐ温まります。
 その右にあるのが下仁田特産の刺身コンニャクです。酢味噌をつけて食べます。魚の刺身の方がオーツの好みですが、この料金では、そこまでは期待できないでしょう。
 ニジマスの塩焼きが意外においしかったです。骨や頭まで食べてしまい、シッポだけが残りました。
 写真の左下に見えるのは「ちまき」です。これだけでおにぎり1個分くらいの量があるわけですが、それとは別におひつでごはんが出てきました。とても食べきれませんでしたが、1膳だけいただくことにしました。
 オーツの場合、夕食時にはアルコールが必須です。写真の右の方にメニューが写っています。その中から、瓶ビール 750 円、生酒 180ml 650 円を注文しました。
 翌朝、チェックアウト時に酒代と入湯税を請求され、1,921 円を払いました。ちょっと高い感じがしたので、計算してみると、入湯税が 150 円、それと酒代にサービス料 15% が乗り、消費税 10% が乗っていました。
 150+1400*1.15*1.1=1921 という計算になります。

 朝食は、7:00- にしてもらいました。この時刻が1番早い時間帯とのことです。

asahikan2.JPG

 写真の左側に湯豆腐が見えます。この汁は、実は温泉の源泉だそうです。豆腐を食べた後に飲むことを勧められました。そのためにレンゲが付いています。実際飲んでみると、ちょっとしょっぱい感じがしました。塩分があるためか、煮汁が煮立ってくると泡の出方が普通の湯豆腐と違うように感じました。こういう湯豆腐は珍しいと思いました。
 朝食もおひつに一杯のごはんが出てきました。オーツは何回かお替わりしつつ食べましたが、とても全部は食べきれませんでした。
 朝夕2回の食事は、特に凝ったものではありませんが、税込・サービス料込で 9,850 円というのは安いと思います。

旭館旅館 / 磯部駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:40| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

松月@東長崎南口でタンメンを食べる

 東長崎南口にある松月には、過去2回行ったことがあります。
2020.3.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/474204174.html
2020.3.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473930530.html
この店では、タンメンが 450 円で食べられます。オーツは普段江古田南口にある福しんでタンメン 500 円を食べています。それより安い価格です。どういうものが出てくるのか、興味があったので、あるとき食べに行ってみました。
 開店時刻の 11:30 ちょうどに店に行きました。もう店の前には数人の男性が入店を待っていました。
 オーツがタンメンを注文すると、数人の客からの注文が重なる形になりましたが、10分ほどでタンメンが出てきました。おじさんの作り方が手早で、とても効率がいいようです。
 レンゲで塩味のスープをすくって飲んでみると、おいしいです。具材は野菜たっぷりで、肉もけっこう入っていて、これはオーツの好みにピッタリです。ちょっと野菜が煮込まれすぎていたかもしれませんが、合格点だと思います。
 オーツは、スープまで含めて、全部食べて満足しました。これで 450 円というのはおトクな価格です。
 では、今後、これを継続的に食べることにするか。う〜ん、微妙です。
 福しん(江古田店)のタンメンは、過去数十回も食べていて、オーツの中ではタンメンの標準になっています。
2016.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/435765457.html
2015.3.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/415407461.html
しかも、隔月に行く形にすると大盛り無料です。オーツの自宅からも近いです。オーツは福しんのタンメンが好きです。となると、福しんのタンメンの方に慣れ親しんでいる分、それをあえて変更してまで松月のタンメンに乗り換えることはないように思います。
 それにしても、これを 450 円で提供するとは、すばらしい店だと思います。この店は、行くたびに客で混雑していますが、それは当然でしょう。

松月中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅椎名町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:56| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

イル・トンシオーネ@桜台南口でディナー

 桜台の南口にあるイル・トンシオーネは、以前、ランチを食べに行ったことがあります。
2019.5.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/465962884.html
再度、食べに行きたいと思い、とある晩に妻と二人で行くことにしました。
 19:00 の予約の電話を入れ、その後にたまたま facebook を見たら、以下のようなメッセージが掲載されていました。
https://www.facebook.com/tonsione/
【一部の営業自粛のお知らせ】
今般のコロナウィルス感染拡大を受け、皆様と従業員の安全を十分考慮した結果、以下の通り、一部の営業を自粛とさせて頂く運びとなりました。

1、ランチタイム:テイクアウトのみ
2、ディナータイム:ご予約のお客様のみ
※前日までのご予約に限ります

世の中が暗い雰囲気になるのを、ここ桜台だけはと思い、今日まで通常営業をして参りましたが、練馬区内でも感染が多数確認されていることを踏まえ、これ以上の集団感染等を防ぐことを第一に考え、以上の決断に至りました。
また皆さまの元気なお顔を見れる日まで、共に自粛を促し、感染拡大防止に努めて参ります。
しばらくのご不便をお許し下さい。

イル・トンシオーネ
店主

 いやはや、なかなか大変です。店側と客側の双方が集団感染防止に協力しないと達成できない事態です。
 オーツは、ある程度の感染はしかたがないものと思いますが、客側だけがそう考えていても、店側が閉店の措置を取れば、客としては結局食べられないことになるわけです。
 実際、19:00 に店に行ってみると、オーツと妻の他にはカウンターで食べているもうひと組がいるだけで、ちょっとさみしいものでした。まあ外出を控えている人が多いということなんでしょう、たぶん。
 予約するとき、クラシックコース×2を頼んでおきました。飲み物は、生ビールとカラフェに入った白ワインを注文しました。カラフェというのはデカンタのようなものです。ボトル半分くらいの量がアイスペールに入った形で提供されました。
 最初にアミューズのような形で、エスプレッソが入るような小さなカップに入った焼き菓子が出てきました。スプーンですくって食べる形になります。冷たく冷えており、チーズケーキのような味わいでした。
 次が前菜2種で、シメサバを中心にしたものと、鴨肉と椎茸を中心にしたものでした。シメサバはセロリをつぶしたソースの上に乗っていました。
 さらに魚料理が出てきました。サワラでしたかね。せっかく説明してもらえたのに、忘れました。
 次がパスタで、イカスミを練り込んだ黒いパスタでした。練り込んであるので、口の中が黒くなるわけではありません。
 それからメインの肉料理で鴨のローストでしたかね。
 さらにデザートとコーヒーが出てきました。コーヒーは取っ手がひねってある不思議な形をしていました。それが波打った形の受け皿に乗って提供されました。
 食べた料理は全部おいしくて、それに加えて、マスターがテーブルのところまで来て材料や調理法などを説明してくれます。その説明が見事で、録音しておきたかったくらいです。そのお話を聞くと、食材にもその扱い方にも細心の注意を払っていることがわかります。この店は、単なる「イタリアン」ではなく、いわば創作料理といえばいいように思います。
 このレベルのおいしいレストランは、この近辺で珍しいように思います。江古田のラ・リオンなき後は、イル・トンシオーネが(オーツの自宅の周りでは)1番のおすすめかもしれません。まあそう断言できるほどに食べ歩いているわけではありませんが。

 レシートによれば、食事代の計算は以下の通りでした。コペルト 500 円×2、クラシックコース 5,000 円×2、生ビール(モルツ)850 円、白ワインカラフェ 2,580 円、合計 14,430 円
 レシートには、会計時刻が 20:31 と書いてありましたが、それは違うと思います。21:00 を回っていました。ゆっくりおいしい食事を楽しむことができました。

イル・トンシオーネイタリアン / 桜台駅新桜台駅江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

POMODORO@江古田南口で息子家族と食事会

 江古田南口に新しくイタリアンレストランができました。名前は POMODORO(ポモドーロ)といいます。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13246006/
 4月1日にプレオープンとのことで、オーツは息子家族とともに初日に行ってみました。大人4人と子供2人(6歳と2歳)です。
 18:00 に予約を入れておきました。現在はランチの営業はないようです。
 メニューを見ると「2名様よりセットメニューになります  お1人様¥2,300です」と書いてありました。ちょっと意味がわかりにくいですが、1名で来店した場合はセットメニューが注文できず、2人以上の場合に注文できるということのようです。この文面では「2人以上で来店したら、セットメニューを食べることに決まっている」かのように読めてしまいます。もっとも、プレオープンのときなので、メニューのバラエティがあまりなく、事実上二つの意味は同じもののようでもあります。
 セットメニューというのは、(この日は)以下のようなものでした。

・前菜盛り合わせ
・エスカルゴのにんにくバター(バケット添え)
・プロシュートのサラダ
・カプレーゼ
・フォカッチャと海老クリーム
・パスタ1種類
・牛ヒレ肉のマルサラソース

 いろいろ出てくるようで、これで 2,300 円ならば安いと思い、大人4人はこれにすることにしました。
 パスタ1種類というのは「フレッシュトマトとモッツァレラチーズのトマトソースパスタ」か「にんにくと牛赤ワイン煮、フレッシュトマト、バジルのパスタ」が選択できるという話だったので、ではそれぞれを2人前ずつということにしました。4人で適当に分け合って食べればいいだろうと思いました。
 子供用の食事をどうしようかと思いましたが、お店の人が子供用にいかがですかということでメモを渡してくれたのが(細かいことは忘れましたが)ソーセージの入ったパスタ 1,100 円でした。これを一つ注文しました。
 あとは、飲み物ということで、オーツと息子が生ビール 550 円×2、嫁がジンジャーエール 350 円、妻は「水」といいました。のちに、2,800 円の白ワインのボトル(銘柄は忘れました)を頼み、オーツと息子で飲みましたが、妻もこれをちょっと(グラス半杯分)飲みました。
 出てきたものはそれぞれおいしかったと思います。ただし、量が少な目だったようです。2人前が1皿に盛り付けられ、これが(4人分なので)2皿出てくる形でしたが、前菜などは、これで1人前かと思ってしまうくらいの量でした。
 フォカッチャと海老クリームは、2枚の丸いパンの間に海老クリームが挟まった形(ちょうどサンドイッチのような形)で出てきました。これで2人前ということなので、ナイフで1/4ずつに切って、みんなで分け合って食べました。おいしかったのはいいのですが、やはり量が不足気味でした。3人で来店してコースを3人前を注文すると、どんな形で出てくるのだろうと疑問に思いました。
 パスタは3種類がでてきたことになりますが、それぞれおいしかったと思います。ちょっと柔らかめで、小さな子供でも普通に食べられました。
 2人の孫は、バゲットやフォカッチャなどのパン類を食べていました。2歳の孫は前菜で出てきたタコにもチャレンジしていましたが、5分くらいクチャクチャかんだあと結局飲み込めずに口から出してしまいました。
 牛ヒレ肉のマルサラソースの写真を以下に示します。

pomodoro.JPG

 味はよかったのですが、いかんせん量が少な目です。2人分でこれですし、オーツたちは子供が2人いたので、実質的にこれを3人で食べる形になったのでした。
 セットメニューは4人分でなく、5人分にするとよかったように思います。2歳の孫はまだあまり食べられませんが、6歳の孫は料理によってはけっこう大人並みに食べることもあるのです。量だけを考えるならば、6人分でもよかったかもしれません。次回来店時には今回の経験を踏まえて注文しようと思います。
 19:40 に会計すると、ここまでの合計額 14,550 円に消費税10%が付加されて、16,005 円となりました。
 6人での飲食とすると、安いものでしょう。子供2人で1人分と考えると、5人分と考えられ、一人あたり3千円ちょっとということになります。
 オーツは30年以上前にニューヨークのとあるイタリアンレストランに行ったときのことを思い出しました。3人で夕食を食べたのですが、パスタを食べるころにはおなかいっぱいになり、最後にメインとしてチキンが出てきたときには、1人分がチキン2羽分あり、3人で「食べきれない!」となったのでした。このことで「イタリアン」ではけっこうな量が出てくるものだという印象が強く残りました。アメリカ流ではこのくらい食べるということなのでしょうが。

POMODOROイタリアン / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:21| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

休暇村・奥武蔵@飯能市の夕食

 オーツは妻と飯能市にある休暇村・奥武蔵に泊まりました。
https://www.qkamura.or.jp/musashi/
https://tabelog.com/saitama/A1106/A110603/11037850/
 夕食は会席料理「武蔵」を予約しておきました。
 なお、休暇村・奥武蔵の夕食は、バイキング式のものと会席料理とが選べます。オーツも妻も年なので、バイキングにしてもあまりたくさん食べられないので、ちょっと値段が高くても料理のレベルが高い会席料理のほうが好みです。孫と一緒に泊まる場合のように、小さな子供がいるときにはバイキングの方が子供の好みに合わせられるので喜ばれると思います。
 「武蔵」という会席料理の名前は、前回ここに泊まったとき
2019.12.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/472850698.html
の夕食と同じ名前ですが、時期が異なるので、内容も異なりました。
 今回は、鍋料理が付かず、代わりにロブスターと黒鮑を使った料理が出てきました。以下のところに写真があります。
https://www.qkamura.or.jp/cms/cash/690_20191221132107.jpg

musashi.JPG

この写真はそのうち消されると思いますが、しかたがありません。
 お品書きには以下のように書いてありました。
 先付/あおさと蛤の茶碗蒸し
 前菜/春の奥武蔵前菜花盛り(黒鮑柔か煮 空豆と湯葉白和え 帆立配柱のカルパッチョ 蓬豆腐桜あん 筍と海老のふき味噌和え)
 造り/春宵のお造り盛り合わせ(桜鯛 鮪 カンパチ 甘海老 春カツオ)
 椀物/桜鯛導明寺蒸しの椀物 鯛のスープ
 皿物/ロブスター 狭山茶仕込み塩麹焼き
 揚物/大トロ、地産アスパラ野菜、秩父椎茸の串揚げ 地野菜ソース
 食事/黒鮑と雲丹イクラの釜炊きご飯 鰹出汁吸地
    秩父赤出汁 秩父香物
 水物/秩父苺の大福 ベリーケーキ 狭山抹茶アイス

 食事会場に入ると、先付けと前菜がテーブルの上にセットされていました。

okumusashi6.JPG

 この写真は前菜ですが、2人前がテーブルの中央に置いてありましたが、まるでお花が飾ってあるかのような雰囲気でした。目でも楽しむ料理といえます。
 ちなみに、先付けの茶碗蒸しが絶品でした。

okumusashi7.JPG

 この写真はお造りです。こちらも氷が敷き詰められたガラスの大皿の上に2人分がのっており、見応えがあります。

okumusashi8.JPG

 食事として出てきた黒鮑と雲丹イクラの釜炊きご飯もおいしかったですねえ。小さな釜で2人分が炊かれていました。これを茶碗にとって、急須状の容器から出し汁をかけて食べます。ちょうど松茸の土瓶蒸しみたいな要領です。これが抜群にいけました。オーツは釜焚きご飯をおかわりして全体の3/4を食べました。妻は1/4だけでした。
 夕食時にオーツが飲んだものは、生ビール(中)720 円と日本酒・天覧山(純米吟醸)300ml 1,120 円でした。
 今回も、とても満足できる夕食でした。

休暇村 奥武蔵その他 / 西吾野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 03:49| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

そば処 せいたろう@飯能市でランチ

 3月のとある日曜日、オーツは妻と飯能市に出かけました。ランチを食べるために入った店が「そば処 せいたろう」でした。
https://tabelog.com/saitama/A1106/A110603/11009586/
 飯能市あたりをクルマで走っていると、道路際にせいたろうの看板が出ています。こういう看板が出せるくらいには儲かっており、客がそれなりに入る店なのでしょう。
 店の横には数台分の駐車場が付いています。ただし、細い道路に接しているので、ちょっとクルマが入れにくい感じでした。
 開店時刻の 11:30 に店に入ったら、入口のところに消毒薬があり、手にシュッと吹きかけて消毒しなければなりません。まあ、新型コロナウイルスを恐れる人はそうするのが当然なのでしょう。オーツは一般にそんなことをしないのですが……。
 メニューを見て、オーツが注文したのはすいーとんセット(韃靼せいろそば 普通盛り)1,220 円でした。妻は天付き食べ比べ 普通盛り 1,880 円を注文しました。
 先にすいーとんセットが出てきました。

seitarou1.JPG

 すいーとんというのは、飯能市独特のB級グルメで、すいとん(水団)をアレンジし直したものです。
 オーツは、他の店でもすいーとんを食べようとして、食べられなかった経験がありました。
2019.12.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/472844911.html
 今回は別の店に入りましたが、すいーとんが食べられました。
 すいとんというのは、小麦粉を練って団子状にして出し汁に入れて食べるものですが、この店のすいーとんは、団子状の大きなすいとんの中にいろいろな具材が詰め込まれていました。箸で小さく切りながら食べると、具材とそとのすいとんが餡掛けの出し汁と適当に絡んでなかなかいけます。上の写真では左の奥の丼に入っているものがそれです。
 そばは「だったんそば」にしました。これは、普通そばかうどんにすることもできます。「だったんそば」とは珍しいと思い、それにしました。普通のそばと色合いが違います。「苦蕎麦」とも言われるそうなので、どんな味かと興味がありましたが、まあ、そんな苦いこともなく、普通に食べられました。ちょっと拍子抜けしました。これだったら「普通そば」でよかったかもしれません。だったんそばは、オーツの好みのそばと若干違います。
 妻の天付き食べ比べは、3種類の麺類が並んで食べ比べできるというものです。

seitarou2.JPG

 写真は食べかけのものですので、ちょっと乱れています。
 左から順に、うどん、だったんそば、普通そばです。それぞれ1人前ということではなくて、1/3ずつの量で提供されますので、食べ過ぎにはなりません。
 天ぷらは、エビが太くて大きくて立派でした。オーツは妻からエビの半分くらいを分けてもらったのですが、食べがいがありました。ナスの天ぷらもおいしかったです。おや、オーツがけっこういろいろもらって食べてしまったですね。
 それぞれのセットには、きなこをまぶした四角い餅まで付いていました。
 12:12 に 3,100 円を払って店を出ました。金額的にはこんなものだろうと思います。

せいたろうそば(蕎麦) / 東飯能駅飯能駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:48| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

ガスト 中野江古田店で孫たちとディナー

 とある休日、妻と嫁が3人の孫を連れて新宿に遊びに行きました。
 オーツはクルマで送迎を担当しました。新宿中央公園で拾って孫たちを自宅に送る途中で、ガスト 中野江古田店に立ち寄って、夕食を食べました。
https://store-info.skylark.co.jp/skylark/map/011385
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13041932/
 ここは半地下式の駐車場があって便利です。
 17:30 に予約しておいたのですが、新宿でのピックアップ時にトラブルがあり、道路も若干混んでいたので、実際に店に着いたのは 17:50 くらいになってしまいました。
 写真付きの大きなメニューを見ながら、みんなで食べるものを検討しました。
 小学3年生と1年生の二人の孫は、ラッキーチーズINハンバーグセット(ライス付き)879 円×2を選びました。
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=108_D5243
 6歳の孫は、ラッキーマヨコーンピザセット 769 円、それにチーズ増量 110 円を付けました。
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=108_690
 いずれも「おもちゃ(ガチャコイン)/お子さまドリンクバー付き」ということですが、そんなことは孫たちがすでに知っていることで、タブレットでオーツが「お子さまドリンクバー」を別途注文しようとすると、孫に止められました。「老いては子(孫?)に従う」でしょうか。
 オーツと嫁は、特製 旨辛牛肉チゲ(半玉うどん入り)879 円×2にしました。
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=105_651
 妻は、大葉おろしの和風ハンバーグ 659 円とAセット(ライス・日替わりスープ)307 円にしました。
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=102_E4768
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=113_D5375
 注文して、少し待っていると、店員が最初にガチャコイン6個(3人分)を持ってきました。孫たちはそれでおもちゃと交換し、注文品が出てくるまでおもちゃで遊んでいました。
 それからやや待って注文品が出てきました。
 ラッキーチーズINハンバーグセットとラッキーマヨコーンピザセットは、小学生までが注文できる子供用メニューというわけですが、それぞれに大きなものが出てきました。見た感じでは大人用と変わりません。オーツはキッズメニューという小さな子供用の料理を予想していたので、驚きました。ラッキーチーズINハンバーグセットにはライスが付きますが、それもけっこうな量があって、大人並みです。ラッキーセットというのは、小学生までの子供用ということになっていますが、もしかして大人用と同じものを提供しつつ、ガチャコインとドリンクバーを付けた(そして価格設定を下げた)だけなのかもしれないと思いました。
 3人の孫は、それぞれの料理をほぼ食べ尽くしました。いやはや、よく食べるものです。
 ピザだけは1切れを大人が手伝いました。
 3人の孫は、食事を終えてからお子さまドリンクバーに行って、自分たちで好きな飲み物を持ってきました。変な色つきの飲み物を持ってきましたが、このあたりも自分で飲み物の提供をする機械に書かれたメニューを自分で読んで判断できるようです。まあ、いろいろ試してみてもいいでしょう。だんだん自分の好みの味がわかってくるものです。
 6歳の孫がドリンクバーに行ったときは、オーツがついていきました。手出しは一切しないという約束でした。子どもは何でも自分でやりたがるのです。しかし、見ていると、グラスに飲み物を入れ、それからトングで氷をつかんでグラスに入れました。ところが、どういうわけか、トングの先を飲み物の中に入れてしまい、トングに飲み物のベタッとした部分が付いてしまいました。孫はトングをそのままトング置きに返して自席に行ってしまいました。オーツは店の人に申し出て、トングを交換してもらいました。こんなことがあるから、まだ大人の補助が必要なようです。
 オーツが食べた旨辛牛肉チゲですが、もう少し辛いものを期待していたのですが、全然辛くなくて、ピリ辛ともいえず、オーツとしては残念でした。辛くないだけで否定的な評価をするわけではないのですが、チゲ類は、まず辛さが必要で、その先に旨さというか特色のある味がついてくるものだと思います。
 小学生の孫2人は、先に料理を全部食べたので、デザートとしてキッズソフト(チョコ)219 円×2を追加注文しました。
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_detail.html?mid=107_D5225
 6歳の孫も、キッズソフトを食べたいと言っていましたが、その前に、年上の2人を見習ってドリンクバーから飲み物を2回持ってきて飲みました。そうしたら、もうおなかいっぱいになり、デザートが入る余地はなくなったようで、キッズソフトは頼まないことになりました。オーツは若干ホッとしました。ここで3人目の孫がキッズソフトを食べることにすると、さらに時間がかかることは明らかです。他の5人が食べ終わっているので、できたらそろそろ帰りたいと考えていました。(孫にはそういうことまで考えることはできないと思いますが。)
 こんなことで、会計すると 5,799 円になりました。6人でこの金額ですから安いと思います。レシートには 18:58 と書いてありました。実際には 19:05 くらいに店を出ました。アルコールなしだったので、1時間ちょっとの手早の食事会となりました。
 オーツは、孫たちをそれぞれの自宅に送り届け、我が家に戻ってから日本酒を飲みました。飲酒は毎日の日課になっているので、飲まないとなんとなく不足感があるのです。

ガスト 中野江古田店ファミレス / 沼袋駅新江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:21| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする