2021年02月25日

定期的に通う店と新しい店の開拓

 オーツのブログでは、いろいろな飲食店のことを書いたりしています。
 食べてみておいしいと思った店などは、また行きたいと思うので、メモ代わりにブログに書いたりするわけです。
 おいしくても、頻繁に通うほどのことはない店もあります。それは1回こっきりの店ということになりますが、これもブログに書きます。メモしておかないと、行ったことを忘れて、再度行ったりすることになるからです。
 おいしくなくて価格が高い店だったりすると、二度と行くことはないと思いますが、そういう店はブログに書くときもありますが、書かないでパソコン内のメモだけに留めることもあります。
 こんなことを続けてきたら、いつも同じお気に入りの店に通うことと、新しくできた(ことを知った)店に行くことと、どちらがオーツにとって幸せなことなのか、疑問に思いました。
 いつも同じ店に通っていると、もちろん毎日の生活として満足していますが、新規開店したすばらしい店を見逃してしまう可能性が出てきます。また、お気に入りの店が突然閉店ということになる場合もあります。閉店した途端に途方に暮れることになります。
 新しい店を次々に探していくとなると、毎日が刺激的でおもしろいと思いますが、新規開店はそんなに多くないので、ネタ切れになってしまい、結局はおいしいと思った店に行くことになります。
 そんなことを考えていると、これら二つの方針は矛盾するものではなく、両立するものであるように思えてきました。
 同じ地域に長く住んでいれば、どちらの方針をとるにせよ、結果的に似たようなことになってくるのではないでしょうか。オーツの今のやり方は、定期的に通う店をリストアップしておき、実際それらに順次通うとともに、新しく気がついた店にも入ってみて、安くておいしかったら定期的に通う店のリストに入れるというものですが、これは、多くの人が無意識に(明示的でなく)やっていることではないでしょうか。
 オーツは、パソコン内に明示的に記録することをずっと続けているというだけの話です。
 オーツは、江古田に引っ越してきてから22年になります。そのくらい住んでいると、周辺にもだいぶくわしくなります。
 その前には別の区のマンションに18年ほど住んでいましたが、そのころは、子供が小さかったこともあって、あまり飲食店に行かなかったように思います。だいたい自宅で自炊をしていました。
 オーツの勤務先は、何回か変わりました。クルマに乗るようになる前は、行く店がかなり固定的でしたが、クルマに乗るようになってからは、周辺の店にあちこち行くようになり、それぞれの勤務先の周辺の飲食店の記録などをつけるようになりました。パソコンの中にはいろいろ記録が残っています。今となっては昔話でしかありませんが。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

酒食処 和秋@千川で牛ハラミステーキ定食を食べる

 オーツは、千川駅の南口にある「酒食処 和秋」で、以前ローストビーフ丼を食べたことがあります。
2020.12.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/479033040.html
 ローストビーフがおいしかったので、他のランチメニューも試してみたいと思い、再度自転車で行ってみました。
 今回は、牛ハラミステーキ定食 980 円を食べることにしました。
 注文して待つことしばし。定食が出てきました。
 先にスープを飲みましたが、これは(以前と同様)おいしかったです。
 牛ハラミステーキもおいしかったと思います。肉の質がいいように思います。店主が小さなガラス瓶でガーリックソースを持ってきてくれました。かけてもかけなくてもいいですが、オーツはかけるほうがおいしいと思いました。牛ハラミ肉の下にはもやしが敷いてありましたが、これはイマイチでした。おいしくないわけではないのですが、付け合わせの野菜としては、もやしだけというよりも、それに加えてもう少し何か別の種類の野菜を添える方がいいのではないかと思います。
 全体として 980 円という価格は、料理の質と量から考えて、そんなものだろうと思います。人によっては、若干高めに感じる人がいるかもしれません。
 オーツが店にいる間、何人かの客が入ってきました。唐揚げ定食 680 円を注文する人が多かったように思います。唐揚げ定食の写真は食べログにあります。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r49229144903462
これを見ると、ちょっと食指が動かないように感じます。
 ランチメニューは6種類です。
https://tabelog.com/imgview/original?id=r49503144903619
しかし、オーツはパスタ類があまり好みではないし、ゴロ2(ゴロゴロと読むようです)ガリネギビーフ丼というのはガーリックとネギがのったローストビーフ丼だということですから、ローストビーフ丼の亜種といえると思います。となると、オーツが食べられる(好みの)メニューが少ない点が問題のように思いました。
 このお店は、男性の店主が一人で忙しそうにがんばっていました。現在は 11:00 からの営業ですが、コロナ禍が一段落したら、本来の 11:30 からの営業になるとのことです。
 オーツとしては、わざわざこんな遠くまで出かけるほどではないと思いました。

酒食処 和秋居酒屋 / 千川駅小竹向原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

らあめん花月嵐 新桜台店で嵐げんこつバリ辛らあめんを食べる

 先日のブログ記事で、江古田近辺の激辛ラーメンの記事を書きました
2021.2.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/480023463.html
そのとき、オーツは最近激辛ラーメンを食べていないことに思い当たりました。
 そこで、らあめん花月嵐 新桜台店まで行って、嵐げんこつバリ辛らあめんを食べることにしました。
http://kg2.jp/1263.html
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13055936/
 店に入ると、カウンターがクネクネと奥まで伸びていました。何人かの客がラーメンを食べていました。
 オーツは券売機で 840 円の食券を買って、スタッフに渡しました。
 嵐げんこつバリ辛らあめんは、醤油味、塩味、味噌味が可能とのことですが、今回は一番スタンダードらしい醤油味にしました。
 少し待つと嵐げんこつバリ辛らあめんが出てきました。
http://www.kagetsu.co.jp/menu/regular/genkotu_barikara.html
それを見たら、東長崎で食べたものを思い出しました。
2017.6.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/450632671.html
 当然、スープを含めて完食することは大前提ですが、オーツはこのラーメンを食べるときに、二つの目標を立てました。一つは涙を流さないこと、もう一つはむせないことです。しかし、結果的に二つの目標とも達成できませんでした。
 この辛さは本格的です。十分辛いと思います。しかし、うまいです。辛さの中に旨さがある、まさにオーツの好みの激辛ラーメンです。これは定期的に通ってもいいかと思いました。
 オーツは、久しぶりに激辛を食べた気がしました。クセになりそうな辛さです。こういうラーメンに出会えて幸せだと思いました。今後は、塩味・味噌味も食べてみようと思いました。
 ただし、翌朝、お尻で辛さを感じることはなかったので、そこまでの激辛ではないように思われます。
 福しんのニラそば(5辛)よりもこちらのほうが(味として)オーツの好みに合います。

らあめん花月嵐 新桜台店ラーメン / 新桜台駅江古田駅桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 06:17| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

紅矢@下高井戸南口で「ありがとうの日 ステーキ」を食べる

 下高井戸の南口にある紅矢はハンバーグとステーキの店です。オーツは、一時期、定期的に通おうと思ったこともありました。
2016.10.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/442617030.html
 しかし、最近はあまり食べに行っていません。なぜ定期的に通うことを止めたのか、そのときにメモしておけばよかったのですが、もう忘れました。
 このブログを検索してみると、今までに紅矢に関する記事を2回書いていますが、5年近くも前の話です。
2016.6.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/438988155.html
2016.4.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/437068407.html
 最近、オーツはとあるブログ記事で「ありがとうの日」のことを知りました。
https://shimotakablog.com/2021/01/everyday-thanks-day-beef-loin-steak-at-beniya-shimotakaido/
 毎月10日がありがとうの日ということになっているそうですが、今は、それを拡大して、毎日をありがとうの日にしているとのことです。これって、つまり、割引が毎日続いているということです。ネットで調べると、店のホームページ
http://www.beni-ya.info/
の 2021.1.4 のところに「ありがとうの日 毎日開催」のニュースが書いてあります。
 これは、つまり、ステーキ 180g (通常価格 920 円)を 750 円という大幅割引で販売していることになります。
 オーツは、さっそく食べに行ってみました。
 ウェイトレスによると、ライスは大盛りと並盛りが同価格とのことだったので、大盛りにしました。
 また、オニオンスープが付くというので、こちらももらうことにしました。
 食べた結果からいうと、ステーキはおいしかったです。付け合わせの野菜もたっぷりしており、これで 750 円とはおトクです。ライスもたっぷりしており(さすがに大盛りです)、オニオンスープも熱くてよかったです。味は普通です。
 この価格がいつまで続くのか、わかりませんが、コロナ禍を脱して平常に戻った際に毎月10日だけの開催にもどってしまうかもしれません。そのときはそのときで、毎月10日を目指してこの店に行くようにすればいいと思います。
 下高井戸のステーキでは、ステーキ番長の番長ステーキがおいしいと思いますが、150g で 980 円です。
2020.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/477962248.html
単純に比較すると、紅矢のほうが分量が多くて安いことは明らかです。どちらの方がおいしいかと言われれば、ステーキ番長のほうが少しだけおいしいように思います。しかし、その差はわずかです。二つの店の金額差ほどの違いはないように思います。

紅矢 下高井戸店ハンバーグ / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

江古田近辺の激辛ラーメン

 オーツは、先日、福しんのニラそば(5辛)を食べました。
2021.2.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/479944035.html
そのとき、オーツが激辛ラーメンをしばらく食べていないことに思い至りました。
 まあ、オーツの場合、特に激辛が好みだというわけではないのですが、たまには食べてもいいと思います。
 ラーメンではありませんが、江古田北口の砂時計の「激辛キムチスープ雑炊」がオーツの大好物でした。
2016.8.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/440654708.html
 しかし、砂時計が閉店してしまった現在では、江古田近辺の激辛といえば、カレーしか選択肢がありません。
 ちょっとオーツのブログを検索して、江古田近辺で激辛のラーメンを食べ(ようとし)た店を見てみましょう。

2017.6.26 らー麺 きん@東長崎で辛ら〜麺を食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/451205376.html
    →閉店
2017.6.19 ラーメン一番@小竹町で激辛味噌ラーメンを食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/450998499.html
    →18:30- しか営業していない。現在コロナ禍で休業中。
2017.6.7 らあめん花月嵐 東長崎店で嵐げんこつバリ辛らあめんを食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/450632671.html
    →閉店
2017.3.11 らーめん太陽@江古田南口で辛味噌タンメンを食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/447798269.html
    →あまり辛くない
2016.5.11 ラーメンかずや@江古田南口で鬼ラーメンを食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/437747223.html
    →閉店
2015.4.9 一心軒@江古田南口で激辛揚げネギらあめんを食べる
    http://o-tsu.seesaa.net/article/416999676.html
    →あまり辛くない

 というわけで、江古田近辺で激辛ラーメンを食べるのはむずかしそうです。
 「らあめん花月嵐」は、東長崎店が閉店しても、新桜台店がありますから、ここで食べればよさそうです。
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

どん亭 江古田店で豚キムチ定食を食べる

 新江古田駅の近くにあるどん亭 江古田店では、日替わりランチがあります。
 前回はここで「ミニ麻婆豆腐丼&そば」を食べました。
2021.1.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/479499905.html
 今回は、別のメニューを試してみようと思いました。豚キムチ定食です。
 テーブル席について、注文してまもなく豚キムチ定食が出てきました。さすがに日替わり定食は提供が早いと思います。
 ご飯と味噌汁は例によってお替わり自由です。漬物もついていました。
 皿には豚肉がけっこうたくさんのっていました。キムチ味もなかなかいいものです。とはいえ、オーツの好みの味とは少し違うようです。
 皿にはレタスとプチトマト2個ものっていました。レタスが新鮮でおいしかったです。
 全体として、普通に食べられますが、これをリピートする気にはなれません。5%引きのクーポンを持参したので、815 円になりましたが、この内容でこの金額を出すかというと、ちょっと厳しいでしょうか。
 オーツの感覚では、この店で食べるなら、いつもオーツが食べている鍋膳メニュー、それに前回食べた「ミニ麻婆豆腐丼&そば」のほうがいいと思います。これらは全部同じ金額です。
 それでも、他の店と比べて全般に価格が若干高めに思われるので、どん亭は定期的に行く店にはならないように思われます。何かのときにはたまに行く店といったところでしょうか。

どん亭 江古田店しゃぶしゃぶ / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

福しん@江古田南口のニラそば(5辛)

 先日、江古田南口にある福しんでニラそばを食べ、ぜひ激辛バージョンを食べようと思いました。
2021.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/479896036.html
 そこで、次回(といっても2日後ですが)ニラそばの5辛 730 円を食べに行きました。
 さて、「激辛」はどうだったか。
 これはおいしいと思います。
 激辛といっても、そこまで辛くはなく、むせることはありませんでしたし、翌朝、お尻で辛さを感じることもありませんでした。(いや、ほんの少し感じたかもしれません。)
 ニラそばの5辛は、元々の旨さに加えて辛さがありますので、オーツが好みにしている「辛さの中に旨さがある」ことを感じさせてくれます。これは、何回か食べてみる価値がありそうです。次回以降は、5辛からだんだん辛さを上げていってみようと思います。
 ただし、残念なのは、ニラそばが期間限定(冬季限定)で提供されることです。オーツは、辛いものであっても、通年で提供していいのではないかと思います。夏の暑いときに汗をふきふき辛いものを食べるのもまた良いものです。
 福しんでメニューにこれがあるときは、また食べてみようと思います。たぶん、来シーズンになりそうですが……。

福しん 江古田店ラーメン / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

まるてる食堂@江古田北口で刺身3種盛り定食を食べる

 2月5日に、江古田北口にまるてる食堂がオープンしました。
https://s-nerima.jp/wp/151806
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13255756/
 どんな店か、まずはランチに行ってみました。定食類がいくつかあります。それにアルコールメニューとおつまみメニューもあって、食堂兼居酒屋といったところでしょうか。厨房内では3人の男性が忙しく働いており、2人の女性が接客を担当していました。道行く人の呼び込みもやっていました。テイクアウトもやっており、なかなか忙しそうです。まあ、開店してすぐの時期なので、慣れていないというのもあるかもしれません。
 この店では魚の定食が食べられます。江古田では貴重な店だと思います。オーツはカウンターに座って刺身3種盛り定食 990 円を注文しました。
 ランチタイムでしたが、そんなに次々と客が入ってくるわけではありません。それに対して5人が対応するスタイルでしたが、それにしては、定食が出てくるまで時間がかかったように思います。このサイズの店を2〜3人でテキパキこなすケースも少なからずある中で、ちょっと人手をかけすぎのような気がします。それは結局メニューに並んでいる料理の価格アップという形で表されます。
 さて、刺身3種盛りというのは、マグロとアジとイワシでした。見た感じで刺身の量が多めでけっこうです。ワサビもたっぷりですし、それにおろしショウガもたっぷりとあって、なかなか良いサービスです。
 味噌汁の具は、見たところワカメだけのようでしたが、とろろ昆布か何かが入っているようで、箸にまとわりついてきました。これはおいしいです。いけます。
 一方、ご飯はダメでした。表面がやや乾いていて、盛り付けてから時間が経っているような感じでした。にもかかわらず、下の方はややべちゃべちゃタイプで、これはいかがなものでしょうか。オーツはご飯をお代わりしましたが、2回目は1回目よりもずっとよくなっていました。
 刺身は、マグロがおいしかったですねえ。アジとイワシは、切り身が小さく、ちょっと食べにくいように思いました。それにしても量はそれなりにあって、食べがいがありました。
 オーツが食べている途中で、イワシのストックがなくなってしまったようで、店内のホワイトボードの添え書きの「イワシ」が消され、「タイ」に書き換えられました。路上の看板のほうは、(オーツが店を出る時点までには)書き換えられていませんでした。
 刺身の皿には、ツマとして、シソの葉、ワカメ、刻みネギがのっていました。オーツはツマも全部食べてしまいましたが、これがオーツ流です。刺身と一緒にツマも食べることにしています。刺身の皿にはきゅうりの薄切りが2枚付いていました。これも「ツマ」というのでしょうか。ま、食べましたけれど。
 おしんこは、きゅうりのぬか漬けでしょうかね。3切れありました。
 こんなことでまあまあ満足のいく食事になりました。他に、700 円で銀ダラの西京焼定食などもあり、ちょっと期待できる店かなと思いました。
 会計してもらうと、1,089 円請求されました。あ、この店は外税方式だったんですね。メニューをよく見ると、小さい文字で「全て税抜き価格の表示です」と明記してあります。オーツが見落としたわけです。
 990 円ならばギリギリ 1,000 円以内に収まるかと思っていたところ、ちょっとそれをはみ出す支払額になってしまいました。ということは、700 円の定食も 770 円になるわけですね。
 さて、再訪はあるでしょうか。江古田では貴重な店だと思いますが、オーツが定期的に通っている店と比べると、ちょっと価格が高めのように思います。あと1〜2回くらいは行ってみますが、何回もリピートする店にはならないような気がします。

まるてる食堂定食・食堂 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

福しん@江古田南口のニラそば

 オーツは江古田南口にある福しんに定期的に通っています。いつもタンメンを食べています。
2016.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/435765457.html
 先日もタンメンを食べに行きました。そのとき、カウンターの上に「ニラそば」の宣伝が置いてありました。壁にも貼ってあります。同じものがネットにもあります。
http://fuku-sin.co.jp/news/20201104_nirasoba.jpg
 「旨辛」メニューだそうです。辛さも選べるということです。ただし「※5辛以上ご注文の方は、まず5辛からお召し上がりください。」という注意書きがあります。
 福しんのホームページを見てみました。
http://fuku-sin.co.jp/
 すると、2020/11/04 に「予告」が出ていました。
福しん冬フェアー(11/12(木)〜)
今年は毎年恒例の「ニラそば」と新しく「鶏きのこそば」が初登場!
ニラソバは辛さが選べます(1辛ごとに+20円)。ご注文の際に店員にお申し付けください。

 ニラそばは、毎年冬に登場するメニューのようです。11月中旬から2月ころまでの期間限定メニューといったところです。
 ネット内を検索すると、ニラそばは大評判です。
 以下、ブログなどのクチコミをピックアップしてみましょう。
https://www.favy.jp/topics/29253
https://ameblo.jp/cm28252191/entry-12637999127.html
https://www.toshimasanpo.tokyo/gourmet/1349/
http://blog.livedoor.jp/bros1980/archives/78557326.html
https://88.meshi.work/fukushin-nirasoba.html
https://yaromeshi.com/fukushinnirasoba/
https://blog.goo.ne.jp/nobanonch/e/ce34c07394cf109b49e7184dde08c12b
https://www.take--chan.tokyo/entry/fukushin-nirasoba
http://gnocchi.sapolog.com/e476981.html
https://rokuroku.hatenablog.com/entry/fukushin_nakamurabashi
https://cruisemans.com/b/climber_/10461
https://tablo.jp/culture/news002653.html
https://kiyotonr.blogspot.com/2016/02/blog-post_24.html
http://ramenclubken.jugem.jp/?eid=736
https://note.com/sun_show/n/nab0731200d98
http://maioka-fc.info/ra-men_blog/article/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%84%EF%BC%81%E3%80%80%E7%A6%8F%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%81%9D%E3%81%B0
http://ctkr.seesaa.net/article/474267275.html
https://twilog.org/fukushin_co/date-201123
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132105/13097964/dtlrvwlst/B113864215/
https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100000092973/
https://www.hotpepper.jp/strJ000687377/menureport/

 こんなにも人気があるなら、きっとおいしいに違いないということで、さっそく福しんに食べに行きました。
 最初に5辛を試す手もあるように思いましたが、まずは「普通」のニラそば 630 円を注文しました。5辛を食べてみるのは次回回しにしようということです。
 注文して少し待っていると、ニラそばが出てきました。丼の表面をニラが覆っているのはインパクトがあります。スープをレンゲですくって飲んでみると、なるほど、「旨辛」というのがわかります。ちょっとピリ辛ですが、あまり辛さを感じることもなく、味噌の味が中心になっています。
 あちこちのラーメン屋で「味噌ラーメン」を頼むと、こんな味のものが出てきそうです。そういうのを比べてみれば、このスープはおいしい方だろうと思います。
 福しんのニラそばの特徴は、大量のニラに加えて、白髪ネギ、刻みチャーシューが入っていることです。しかし、具材で特徴を出すというのもイマイチの感じがします。やはり、ラーメン類はスープが決め手でしょう。
 というわけで、オーツの好みとしては、普段から食べているタンメンに軍配が上がります。
 ただし、激辛麺も食べてみたいので、次回はぜひ5辛を食べてみましょう。(2月末に?)ニラそばがなくなる前に再度福しんに行くつもりです。

 ちなみに、ネットで検索していると、10辛まで食べている人がいることがわかりました。
https://twitter.com/nekosukinao/status/1330917630140575745
 10辛でも、食べ物なんですから、食べられないことはないと思います。
 ニラそばを食べているようすを撮影した動画もありました。
https://www.youtube.com/watch?v=z6Lr1RgXBWE
 福しんのニラそばにはファンがけっこう多いようですが、オーツはそこまでニラそばにこだわることはないように思います。

福しん 江古田店ラーメン / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

インド料理ミラン(MILAN)@下高井戸のカレーの味が変わった?

 オーツは下高井戸北口にあるインド料理の店ミランのカレーを定期的に食べてきました。2013.4 以降で52回食べています。それ以前にも何回か食べていますが、そのころは正確な記録がありません。
 オーツが最初にミランに行ったのは、2010.7.8 のことでした。このときは野菜カレー を 699 円で食べたという記録が残っています。
 このブログでもたびたびミランを取り上げてきました。前回の記事は以下の通りです。
2020.10.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/477820517.html
 最近、またミランでカレーを食べたのですが、以前と比べて味が変わったように思いました。オーツの個人的な感想・印象ですので、本当かどうか、わかりません。
 第1に、辛さが足りなくなりました。オーツはいつも6辛を注文しています。正式なメニューにないので、裏メニューというわけです。この辛さがとても心地よく、十分な辛さの中に旨さが感じられ、こういうのがオーツの好みでした。しかし、今回、今までと同じ6辛を頼んだのに、辛さ不足を感じました。
 第2に、具が違っていました。いつも野菜カレーを注文するので、同じ具が入ってきます。しかし、今回は、カリフラワーが入っておらず、代わりにニンジンが多めになっており、豆もかなり入っていました。
 第3に、カレーの色が違っていました。ずいぶんと黄色い感じがしました。今まではもう少し色が違っていたと思います。
 第4に、ナンがイマイチの感じがしました。オーツはミランでずっとサフランライスを食べてきたので、ナンにしたのは前回からですが、それにしても、ちょっと引っかかります。他の店で食べるナンのほうがおいしいと思います。
 というわけで、オーツの感覚としてはミランのカレーの味が変わったと感じました。料理人が変わったのか、材料や作り方(レシピ)が変わったのか、理由はわかりません。
 もう一つ、ウェイターも変わっていました。今回も外国人ですが、料理などをテーブルに持ってきたときに黙って置いていくのです。「お待たせしました」とか「○○です」とか、何かひとことほしいところです。
 というわけで、総合的に見て、ミランは定期的に通うほどのことはないと思います。桜上水に家帝というインドカレーの店があるので、オーツはもっぱらそちらでインドカレーを食べようと思います。
 ミランのカレーがおいしくないわけではありません。しかし、ほんの少しの違いがあるだけでも、1食を食べる店を選ぶときは1箇所しか選べないわけで、選択が偏ることがあると思います。
 せっかくミランでもらったポイントカード(ハンコを押すタイプのもの)もムダになってしまいますが、しかたがありません。
 ちなみに、オーツがミランの野菜カレーを食べた日とその価格を示しておきましょう。同じ価格の日が2回書いてありますが、その間はずっと同じ価格だったということを意味します。

 2010.7.8 699 円
 2013.2.13 699 円
 2014.4.10 720 円
 2019.11.5 720 円
 2020.10.6 780 円

MILAN 下高井戸店インド料理 / 下高井戸駅松原駅明大前駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 05:26| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

CoCo壱番屋のカレーは高くなった

 先日、オーツは下高井戸の南口にある CoCo壱番屋でやさいカレー5辛を食べました。855 円でした。
https://tenpo.ichibanya.co.jp/map/1177
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13078701/
 オーツは 2005 年以降、CoCo壱番屋のカレーを食べ続けてきました。しかし、以前はこんなに高くなかったように思いました。
 カレー自体はおいしいのですが、カレー1食で 855 円というのは、ちょっと高い印象があります。野菜サラダをつけると 1,000 円を越えてしまいます。
 最近、ココイチのカレーが高くなったような気がしたので、オーツの過去の食事記録を調べてみました。
 こういうのは同じメニューで比べなければなりません。そこで、やさいカレー(5辛以上)ライス 300g を食べたときの価格をまとめてみます。過去にオーツが最も多く食べたカレーです。以下は、オーツが下高井戸店で実際に支払った金額であり、消費税を含んでいます。

    やさいカレー 野菜サラダ
2005年  700 円     180 円
2007年  750 円     180 円
2013年  750 円     180 円
2014年  774 円     185 円
2018年  815 円     185 円
2019年  836 円     185 円
2020年  855 円     189 円
2021年  855 円     189 円

 2015-2017 年ころは、オーツがもっぱらライスを 200g で注文していたため、記録が抜け落ちていますが、こうしてみると、近年の価格の上昇は歴然としています。野菜サラダは消費税分だけの上昇であり、実質的に値上げしていません。それに比べると、やさいカレーは、2005 年の 700 円を基準にして、今や2割以上も価格が上昇しています。
 この期間には、国内の物価はあまりあがっておらず、むしろデフレが進行していた時期ですから、2割上昇というのはかなり大きな価格変動のように思われます。
 CoCo壱番屋は、日本で一番大きなカレーのチェーン店ですから、会社として営業戦略をよく考えて価格を決定しているものと思います。客の入りや原材料費・人件費などをにらんで決めたのでしょうから、会社としてはそれぞれの時期に妥当な金額と考えられたものなのでしょう。
 1回ごとの改定幅はわずかですし、この期間の消費税のアップもあり、値上げは気付かれにくいかもしれませんが、しだいに値上げがなされてきたわけです。
 今まで、オーツ自身もこういう価格の変動に無頓着だったのですが、今回昔の記録を引っ張り出してみたら、こんなにも値上げしてきたのだということがわかりました。
 個人として取れる対策は一つです。「高いと思ったら食べない」これだけです。今まで足繁く通ってきた(200 回くらい食べた)CoCo壱番屋ですが、今後は定期的に通う店から外します。年1〜2回くらい、目的の店が急に休みだったりした場合に、ココイチで食べる程度にしようかと思います。

 ちなみに、2004 年以前は、オーツは別の勤務先に勤めていましたが、そのときのココイチでのランチの記録は八王子松木店での2回だけです。

1997.10.15 ポークカレー 400、4辛 80、牛モツ 150、計 630 円
1995.10.17 ポークカレー 400、3辛 60、牛モツ 150、計 610 円

 やさいカレーではないし、辛さのレベルが違うので、直接の価格の比較はできません。
 これ以前は Coco壱番屋でカレーを食べたことがないと思います。

カレーハウスCoCo壱番屋 下高井戸駅前店カレーライス / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:10| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

デニーズ小茂根店で日替りランチを食べる

 オーツは、あるところからデニーズで使える500円のクーポンをもらったので、ちょっと食べに行こうという気になりました。
 デニーズでランチを食べるのは久しぶりです。20年くらい食べていないように思います。手元の記録では、2000.11.3 に食べたことがわかります。おそらくその後は食べていないだろうと思います。
 自宅に近いデニーズを確認して、ランチの提供時刻 11:00 に小茂根店に行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13214992/
https://shop.dennys.jp/map/21974
 ランチメニューを見たのですが、
https://www.dennys.jp/menu/
全般にけっこう高めの価格帯だと思いました。オーツが普段いろいろなお店で食べているものを考えると、なるべく千円以内に収めたいものですが、そんなのは、日替りランチ 630 円(税込み 693 円)くらいしかありません。
https://www.dennys.jp/menu/daily-lunch/
 いや、ランチメニューをよく見ると、988 円で食べられる和定食もあるのですが、内容を見ると、食べたい気持ちになりません。
 この日の日替りランチは、月曜日だったので、デミグラスハンバーグとアジフライということになります。これを注文することにしました。
 せっかく500円のクーポンがあるのだから、千円を超してもいいのではないかとも思ったのですが、これからデニーズでランチを食べることがあるかもしれないと思えば、ここでプチぜいたくをするよりも、千円以内で食べられるものにしておこうと思ったのです。今後来るか来ないかを占うランチという位置づけでした。
 注文して待つことしばし。
 日替りランチが出てきました。
 ライスはやや小さめの皿に盛られて出てきました。もう少しライスの量が多くてもいいような気がします。
 デミグラスハンバーグは温かくておいしく食べられました。
 アジフライも揚げたてでおいしかったですが、身がちょっと貧弱でしたかね。ソースの小瓶が出されたので、それをかけて食べました。
 あとはキャベツの千切りとポテトサラダです。キャベツは普通に新鮮でしたので、おいしく食べました。とはいえ、本当にキャベツだけでした。もう少し何か混ぜてサラダ風にしてもよかったのではないかと思います。
 これで 693 円というのはいい値段です。オーツの好みのランチとして、居酒屋のランチがあり、落合南長崎〜東長崎の数軒を回っています。700 円から 800 円くらいで、十分おいしいと思います。中華のランチでは 500 円台です。それらに比べると、デニーズのランチは明らかに高く感じます。料理自体に手がかかっていないし、味噌汁もスープも付かずに約 700 円ですからねえ。クーポンをもらったからここで食べましたが、全額自腹で支払うとなると、あまり積極的に通う気にはなりません。
 ファミリーレストランといえば、駐車場があることに加えて、キッズメニューがあることが条件です。デニーズのキッズメニューを見ると、
https://www.dennys.jp/menu/kids/
まあ普通のラインナップのように思いますが、こちらのほうも他のファミレスと比べると価格がやや高めでしょうか。
 オーツはすかいらーく系列のファミレスによく行きますが、そちらの方がおすすめのように思います。
 オーツの昔の記憶では、デニーズはそんなに高い店という感じではなかったのですが、最近は方針が変わってきたのでしょうか。
 ちょっと残念な気持ちで店を出ました。30分ほどの滞在でした。

デニーズ 小茂根店ファミレス / 小竹向原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

フジタカ食堂@下高井戸南口で焼魚定食を食べる

 下高井戸の南口にあるフジタカ食堂には以前暑気払いに行ったことがあります。
2017.7.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/452013744.html
 ここは食堂という名前の居酒屋です。
 最近、(コロナ禍の影響でしょうか)フジタカ食堂がランチを始めたという話を聞きました。
https://shimotakablog.com/2021/01/sashimi-rice-bowl-lunch-at-shimotakaido-fujitaka-shokudo/
 営業時間は 11:00-14:00 ということなので、11:30 ころに行ってみました。ちょうどそのとき、お店の人が入口にのれんを出そうとしているところでした。入口の脇の黒板には、確かに 11:00 オープンと書いてあるのに、ちょっと変です。
 さて、オーツはカウンターに座って、今日の焼魚は何かと尋ねました。すると、男性がサバのみりん干しかブリの照り焼きですとのこと。オーツは、ブリを注文することにしました。
 すぐにサラダが出てきました。量は大したことないので、すぐに食べ終わってしまいます。それからテレビを見ながら待つことしばし。けっこう長く待った気がします。11:45 くらいにはブリがでてきました。大きな切り身です。そばにあった大根おろしがけっこう粗挽きでした。それにご飯と熱い味噌汁、そしておばんざいということで小鉢が二つ付いてきました。下仁田ネギの煮物がおいしかったです。
 さて、ブリはけっこうな大きさで、お得感があります。箸で崩しながら食べてみると、味のほうもよくて、けっこうがっつり食べた気がします。
 味噌汁は、熱い点はいいのですが、具がワカメだけでちょっと物足りない気がしました。もう少し何か具が入っているほうがいいと思います。
 これで 880 円ということは、価格は適当でしょう。オーツとしては定期的に通う店にしてもいいと思います。
 下高井戸〜桜上水では、ランチの時間帯に魚(和食系統)が食べられる店があまりありません。魚魚魚がランチをやっていたころは、もっぱらそれを食べていましたが、魚魚魚はランチの営業を止めてしまいました。
2019.11.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/471403218.html
そんなわけで、今は、適当な店がありません。その中で、フジタカ食堂がランチを始めてくれたのはありがたい話です。
 オーツの次に入ってきた客には、ブリは提供されないようで、店の人はサバのみりん干しかホッケだと言っていました。さらにその次の客にはホッケでない別の魚を案内していました。まあ、ランチは残っている魚を提供するものなのでしょう。特に気になるものではありません。
 次は、えびまよ定食 880 円を食べてみたいように思いました。
 フジタカ食堂でランチがいつまで食べられるのか、わかりません。コロナ禍が過ぎ去れば、夕方だけの営業に戻ってしまうかもしれません。それまではランチに通いたいものです。

ふじたか食堂居酒屋 / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:29| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(14回目)

 江古田南口にある「わさび」は、オーツのお気に入りの店です。魚がおいしいので、ときどき家族での夕食会として楽しんでいます。
 前回、わさびに行ったときの話はブログ記事に書いたことがあります。
2020.11.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/478678994.html
 先日、また行くことになりました。妻の GoToイートのポイントがあるということで、それを使うことも考慮して、わさびに行くことにしたのです。
 息子家族と一緒に行きました。参加者は、オーツと妻と息子と小学校4年生と2年生の孫で、計5人です。
 お店は 17:30-20:00 という2時間半で予約しました。というか、それが一番遅い時間帯でした。実際は、店に電話を入れておいて、18:00 に行きました。奥にある個室を使うことになりました。
 オーツが飲んだものは、生ビール(中)スーパードライ 580 円、日本酒・梵(福井県加藤吉兵商店)(純米大吟醸 300ml)1,000 円、日本酒・田酒(純米吟醸1合)850 円でした。
 息子はハイボール(ブラックニッカ)430 円×2を飲みました。日本酒・梵も少し飲みました。
 日本酒「梵」は、青梅の小澤酒造のものかと勘違いしていましたが、出てきた小瓶を見て、勘違いに気がつきました。小澤酒造の方は「澤乃井・梵」という名前です。
 食べたものは、以下の通りです。お通し(イカの塩辛)300 円×3、あら煮 450 円、鯛のカマ焼き 700 円、お刺身3名様盛り 2,980 円、上寿司 1,500 円、サーモンにぎり 240 円、いくらにぎり 400 円、フルーツトマトサラダ 780 円、カリッとチーズフライ 520 円、ポテトフライ 480 円、焼き鳥・ネギ間(2本)400 円、メロンソーダフロート 400 円、コーラフロート 400 円
 寿司はすべてサビ抜きにしてもらい、別途ワサビをもらうことにしました。これで大人も子供も楽しめることになります。
 カリッとチーズフライ以下は二人の子供が食べたものです。
 食べたものの中では、オーツはあら煮がおいしいと思いました。骨がついていて、子供には不人気ですが、身に煮汁がしみこんでいて、こういうのがオーツの好みです。刺身は、大きなエビ(頭と尻尾付き)が3本付いていました。これが食べ応えがあっておいしかったですねえ。他の刺身も切り方がやや大きめに感じました。大人が3人なので、3名様盛りでちょうどよかったと思います。オーツはけっこう食べました。
 お通しの塩辛は、オーツが妻からもらって2人前食べました。最後にテーブルを立つとき、息子の分の塩辛1人前が残っていたので、不人気なようです。オーツとしてはけっこうおいしい塩辛だと思ったのですが。
 今回は、2人の子供があまり食べなかったように思います。これなら、マルゲリータピザとかを追加して頼んでもよかったかもしれません。
 さらに、クーポン持参で(実は息子がスマホ画面を見せたのですが)焼酎×3、アイスクリーム×2がサービスされました。焼酎はオーツが2杯、息子が1杯飲みました。2人の子供がアイスクリームを食べました。
 鯛のカマ焼きは、手書きのメニューで 800 円と書いてあったように思いますが、レシートには「OP一品 700 円」と書かれていました。
 ここまでの小計 13,440 円に消費税 1,340 円を加えて、合計 14,780 円となりました。子供2人で大人1人分とみなすと、4で割って一人あたり 3,695 円になります。妥当な金額だと思います。
 お店を出ると、20:00 になっていました。今回は、注文品が出てくるまでに少し時間がかかったように思います。緊急事態宣言下でお店を 20:00 までに切り上げるということで、客が一気に注文したために、提供が遅くなったのかもしれません。
 帰りがけに店内のテーブル席を見ると、満席ではなかったものの、けっこう混んでいました。商売繁盛でいいことです。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

和食 いのうえ@新江古田で金華サバ焼き定食を食べる

 新江古田駅から落合南長崎駅に向かう途中にある「和食 いのうえ」は基本的に居酒屋です。しかし、オーツは一人で飲みに行くことはあまり好きではなく(それだったら自宅で飲むほうが気楽で好きです)、ランチを食べに行った程度でした。
 このブログでは3本の記事を書いたことがあります。

2017.4.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/448879864.html
2017.3.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/448420816.html
2017.3.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/447667392.html

 その後、ランチの営業をしなくなり、夜だけの営業になったので、足が遠のいていました。
 最近、コロナ禍の影響でしょうか、毎週木曜、金曜、土曜だけですが、ランチを再開したようです。
 さっそく、食べに行ってみました。お店の前にもメニューが貼り出されていましたが、オーツはカウンターに座って、金華サバ焼き定食 900 円を注文しました。カウンターの隣にテレビが置いてあったので、それを見ながら待っていました。
 やがて、定食が出てきました。金華サバは大きめです。サバはサバですが、ブランド名が付いているだけあって、おいしいです。焼き方もほどよく、提供するまで時間がかかったのも納得です。少しずつ身をほぐしながら食べましたが、皮を残すかどうか、迷いました。しかし、身を全部食べると、皮が薄いのがわかったので、結局皮まで全部食べることにしました。皮までおいしいと思います。
 そして味噌汁がおいしかったこともすばらしいことです。十分に熱くて、具は豆腐、ワカメ、ネギでしたかね。ダシが効いていてけっこうでした。
 さらに小皿が付いてきましたが、その上には、きゅうりの漬物、玉子焼き、アサリの佃煮、サツマイモの煮物がのっていました。それぞれおいしくいただきました。
 おいしい定食を食べると、幸せな気分になります。
 これで 900 円というのはまあ納得できます。値段が高めでも、それなりの質と量ならば、それはそれでいいのではないかと思います。ただし、これがメニュー中の最安価格であり、他は 1,000 円から 1,200 円くらいの価格がついています。
 他店との比較をすると、やっぱり若干高めかなあとも感じます。オーツがランチ(定食)を食べる居酒屋では、もう少し安い価格で十分楽しめます。どうもそちらのほうに足が向く気がしています。

和食 いのうえ居酒屋 / 新江古田駅東長崎駅江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

唐苑@江古田南口で夕方飲む(5回目)

 江古田南口にある唐苑は、小籠包専門店と名乗っていますが、普通の中華料理店であり、さまざまなメニューがあります。オーツはたまに息子家族とここで夕食を食べます。
 前回、唐苑に行ったときの記事はブログに書きました。
2020.11.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/478347882.html
 それからあまり時間が経っていませんが、また行くことになりました。18:00 に予約しておきました。参加したのは、オーツと妻と息子夫婦と孫2人(小学4年生と2年生)の合計6人でした。
 オーツは生ビール 490 円と紹興酒(関帝5年もの)600cc 2,580 円を飲みました。
 息子は、ハイボール 490 円×2と紹興酒を飲みました。そして最後に焼酎(金黒)のお湯割り 490 円を飲みました。
 妻と嫁はジャスミン茶(ポット)550 円にしました。
 二人の孫はお冷やを飲みました。そして最後に(デザートと一緒に)コーラ 290 円とジンジャーエール 290 円を飲みました。
 食べたものは、以下の通りです。オリジナル黒酢酢豚 980 円、土鍋麻婆豆腐 690 円、焼き餃子 390円×5、ライス 200 円、蒸しパン 180 円×3、鶏肉とカシューナッツ炒め 750 円、エビマヨ 780 円、チャーシューレタスチャーハン 690 円、白玉だんご 190 円×2
 いつもながら全部おいしくいただきました。黒酢酢豚はこの店の名物料理で、ナイフで切ってみんなで分け合って食べても十分な量があります。しかし、二人の孫はまったく食べませんでした。こんなおいしいのに、食べないのはもったいないと思います。見た目がかなり黒いので、ちょっとグロテスクに見えるのでしょうか。食べてみればおいしいことがわかるのに、残念です。もう少し大人になるのを待ちましょう。
 焼き餃子は最初3人前を注文したのですが、子供たちが手を出して、あっという間に食べ尽くしてしまったので、少し時間をおいて2人前を追加注文したのでした。これまた食べ尽くされました。
 子供たちはチャーシューレタスチャーハンがお気に入りのようで、たくさん食べたように思いました。しかし、あとから考えてみると、1人前しか注文していないので、大した量は食べていなかったのかもしれません。
 他の料理もけっこうでした。
 以上、飲み食いしたものを合計すると、12,630 円です。消費税を含めて 1.1 倍すると、13,893 円です。
 実際の支払額は、15,279 円でした。1,386 円の差があります。税抜き価格で 1,260 円です。オーツの記録忘れでしょうね、たぶん。
 子供二人で大人1人分と考えると、5人で食べた計算になり、一人3千円ちょっとということになります。アルコールを飲んだのが2人だけということが影響しているでしょう。安くておいしくて満足できる店です。
 中華料理は数人で行って、料理を分け合って食べるのが好都合です。いろいろな料理が食べられてけっこうなことです。
 こんなことで、20:00 には店を出ました。ゆっくりできました。

唐苑 江古田店中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

どん亭 江古田店の日替わりランチ

 オーツは最近気がついたのですが、どん亭には平日に日替わりランチがあります。
https://www.don-tei.jp/campaign_fair_dailylunch.html
 今まで、ランチのときはだいたい鍋膳メニューを食べることが多く、夕方はしゃぶしゃぶが多かったのですが、それ以外のメニューもあるというわけです。
 この日は、ミニ麻婆豆腐丼&そば 780 円を食べてみることにしました。日替わりランチというのは、毎日1品が指定されて提供される形式です。他のメニューは選べません。
 「ミニ」が頭に付いているので、どの程度小さいのか、ウェイトレスに聞いてみると、普通に食べられるサイズだとのことです。ご飯大盛り無料という話なので、大盛りにしてもらいました。
 そばはうどんでもいいということですし、冷たいものと温かいものがあるということでしたが、オーツの好みで冷たいそばにしました。
 注文して、待つことわずか。お盆の上に二つがのって出てきました。
 ミニ麻婆豆腐丼は、けっこうな量がありました。さすがに「大盛り」というだけのことはあります。「ミニ」と矛盾する名前だと思います。
 そばはそばで、ちゃんとおいしくいただきました。わさびと刻みネギが付いていました。普通のそば屋と同レベルか、もしかしたら上のレベルなのではないかと思うくらいでした。オーツとしては満足しました。
 まるで2人分を食べたような気分でした。実際、それに近い量があったように感じます。0.7 人前のものを二つ食べて、合わせて 1.4 人前食べたというと実感に近いでしょうか。
 こういう日替わりランチならば、他のメニューも試してみたいものです。
 会計すると、オーツが 5% 引きのクーポンを持参したので、消費税込みで 815 円になりました。この金額以上の価値があると思います。

どん亭 江古田店しゃぶしゃぶ / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


続きを読む
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

ル・ヴァンキャトル@目白のランチ

 あるとき、オーツは目白駅東口にあるフレンチレストラン「ル・ヴァンキャトル」で妻とランチを食べることにしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13155343/
http://www.le-vinquatre.jp/
 この店のランチのコースは2種類しかありません。
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13155343/dtlmenu/lunch/
http://www.le-vinquatre.jp/menu.html
 4,000 円のコースは、スープ+前菜+魚+肉+デザート+コーヒーというセットです。これで十分だろうということで、こちらを2人分予約しておいて、行ってみました。
 ちょっと早めにお店に着いてしまったので、近くを散歩しておなかをすかせることにしました。20分程度ではあまり変わりませんが(笑)。
 11:30 にお店に入ると、2人掛けのテーブル四つにナイフとフォークがセットされており、今日は客が4組であることがわかります。
 まずは、ドリンクメニューが渡されました。オーツは、グラスの白ワイン 1,300 円を注文し、妻はピーチジュース 700 円を注文しました。ギャルソンが大きめのワイングラスにワインを注いでくれました。普通の量だと思いますが、ワイングラスが大きめだと、ワインの量が少な目に見えます。少し残念な気がします。
 料理は最初のポタージュからおいしいと思いました。スプーンはなく、取っ手付きのカップから直接飲む形ですが、しっかりした味が付いていました。これは期待できます。
 前菜は、量的には普通だと思います。

levinquatre1.JPG

 一番手前のイカの前菜(どう調理したか、ギャルソンが説明してくれたのですが、忘れてしまいました)がおいしかったように思います。
 魚料理は、大きな皿の中央のくぼみにちょこんとのった形で出てきました。小さな魚が揚げられて、泡立てられたクリームソースに包まれている感じです。

levinquatre2.JPG

 期待していたものより少量でした。
 肉料理は山形豚でした。

levinquatre3.JPG

肉がほろほろと崩れるようで、これが最もおいしかったです。オーツは妻から一切れもらいましたが、それもあってちょっと満腹感がありました。付け合わせの野菜がいろいろ種類があって、けっこうでした。
 デザートも、やや少な目だったですかね。コーヒーは普通です。
 それぞれの料理が提供されるまでに時間がかかるので、一通り食べ終わって店を出るころには 13:30 になっていました。
 支払いは、消費税 10% がかかり、合計 11,000 円となりました。15,000 円以下ではクレジットカードが使えないとのことで、現金での支払いとなりました。
 帰りがけにはシェフが店の外まで見送りに出てこられました。丁寧な態度が伝わりました。
 さて、では、再訪があるかですが、ちょっとどうでしょうか。ランチは十分おいしいので、4,000 円の価値はあると思います。しかし、やや量が少な目な感じがする点が気になります。おいしければそれでいいとも思うのですが、オーツとしては、もう少し多めが好みです。今回でいえば、魚料理とデザートです。
 あちこちにフレンチレストランがある中で、この店を特に選ぼうとするまでには至らないように思います。

ル・ヴァンキャトルフレンチ / 鬼子母神前駅雑司が谷駅(東京メトロ)学習院下駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 07:40| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

レストラン アルカディア@ホテルサンルート佐野@佐野市で夕食

 あるとき、妻とホテルサンルート佐野に宿泊することになりました。
 夕食をどこで食べるか、考えたのですが、周辺にあまり適当なところがなく、ホテルの1階にあるレストラン「アルカディア」で食べることにしました。
https://sunroute-sano.com/Restaurant_LoungeBAR.html
https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9008616/
 妻は海老天重 1,600 円を頼みました。

sano1.JPG

 オーツは妻から海老の天ぷらを1本もらって食べましたが、かかっているタレが甘すぎずしょっぱすぎずちょうどいい感じでした。
 オーツのほうは、いつもの夕食パターンで、アルコールを飲んで終わりです。鮪の山かけ 800 円とイカ下足揚げ 600 円、それに日本酒(冷酒純米吟醸・開華・1合)750 円を頼みました。
 宿泊者特典ということで、ビールといもフライ 455 円×2を頼みました。税込み500円という計算です。いもフライは二人で1皿ずつ食べました。1皿が2本で、1本の串にいもフライが2個刺さっていました。ビール2杯はオーツが飲みました。揚げたてのいもフライはビールによく合います。佐野のB級グルメです。ソースがかかっており、そのままパクリと食べられます。
 他の料理も食べたもの全部がおいしかったと思います。鮪の山かけも新鮮でいい味でした。イカ下足唐揚げは、かなり分量があり、二人で食べても十分な量でした。
 会計を済ませると、小計 4,660 円に消費税 466 円が付いて、合計 5,126 円を請求されました。安いものだと思います。オーツたちは、18:30 ころ入店し、レシートの記載によれば 19:34 に会計を済ませています。1時間ほどの食事時間となりました。
 というわけで、全般に満足度が高い食事でした。

アルカディア洋食 / 佐野駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

味源亭@東長崎北口でマーボー豆腐定食を食べる

 東長崎北口にある味源亭は、日替ランチが 550 円で食べられ、オーツとしては大いに満足している店です。
2020.5.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/475148251.html
この店には、日替ランチ3種類の他に、ランチの定食メニューがあり、680 円でいろいろなものが食べられます。ま、しかし、特に好き嫌いがあるのでなければ、日替ランチ 550 円がおすすめでしょう。
 しかし、ランチメニューを見ていると、その中にマーボー豆腐定食だけが 500 円と書いてあります。500 円ですよ。今時、この金額で食べられる定食というのはなかなかないと思います。
 どんなものか、食べに行ってみました。
 マーボー豆腐定食を頼んで、ものの数分もせずに注文品が出てきました。早いです。
 主菜の他に、ご飯、中華スープ、漬物(ザーサイ)、杏仁豆腐が付いています。特に中華スープがおいしくて、オーツの好みの味です。マーボー豆腐も普通に食べられました。特に問題点もなく、まああえて言えば少しひき肉が少な目かと思いますが、刻みネギがのっていて、味付けは他の店の麻婆豆腐とそんなに変わらないと思います。
 おまけに、コーヒー1杯がセルフサービスで無料になります。

 東長崎〜江古田〜桜台近辺の店で 500 円の定食が食べられる店があるでしょうか。
 オーツが経験した(食べた)ものを列挙すると、以下のようになります。

ぎょうざの満州 東長崎南口店で焼餃子とライス 451 円
2020.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/474031106.html
桜台の餃子家で餃子定食 470 円
 2020.7.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/476160145.html
松月でマーボ定食 500 円
2020.3.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473930530.html
大羊飯店で野菜炒め定食 500 円
2020.3.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/474064063.html

 これらと比べると、味源亭のマーボー豆腐定食は満足度が一番高いと思います。

味源亭中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする