2018年06月19日

ひまわり食堂@江古田北口で激辛カレーを食べる

 ひまわり食堂は、オーツが先日行ったばかりの店です。
2018.6.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/459963477.html
 そのとき、メニューにあった激辛のカレーがどんなものか、試してみようということで、先日食べに行きました。チキンカレーセット 680 円を注文しました。辛さは、甘口(Mild)、普通(Normal)、中辛(Little Hot)、辛口(Hot)、激辛(Very Hot)の5段階から選べます。お店の人に聞くと、「激辛」よりもさらに辛くできるという話です。しかし、まあ、最初に食べるのですから、「激辛」を試してみようと思いました。
 ドリンクはラッシーを選びました。この店のラッシーはけっこうどろりとしています。
 そして(ライスでなく)ナンを選びました。ナンはお代わりでき、そのときにライスにすることも可能だそうです。オーツの場合は、結局ナンを2枚食べることになりましたが。
 さて、カレーはどうだったか。まあおいしいと思いました。辛さはかなり十分で、これなら、超激辛にしなくてもいいようにも思います。辛さの中に旨さも感じられ、オーツの好みの味です。
 ただし、ナンの味がちょっと微妙かもしれません。まずいわけではないのですが、他の店のナンのほうが少しおいしいように感じます。ほんのわずかですが。
 ともあれ、オーツとしては、江古田のインドカレーのベストワンだと思います。江古田でインドカレーの店でどこか適当な店を探していたのですが、この店なら満足できそうです。
 次回は、激辛以上のカレーにチャレンジしてみたいと思いました。注文するときは、超激辛(Very Very Hot)でいいでしょうか。

ひまわり食堂アジア・エスニック(その他) / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:34| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

ひまわり食堂@江古田北口で燃えよドラゴンを食べる

 オーツは、最近、江古田北口にひまわり食堂というのができたことを知りました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13211318/
1年前にオープンしたようです。今、1周年記念セールをやっています。
 ネットで見かけた記事で「燃えよドラゴン」というのが辛いと知りました。
http://s-nerima.jp/wp/118691
こういう話を聞くと、これを食べてみたいと思いました。
 先日、ランチで行ってきました。
 オーツが11時過ぎにお店に入ると、もう先客がいました。メニューには「燃えよドラゴン」のところに(油そば)と書いてあります。これを注文すると、お店の人からご飯の量を聞かれました。「並」にしました。
 さて、注文品が出てくるまでちょっと時間がかかります。オーツは手持ちぶさたにしていました。何か読むものを持ってくればよかったと反省しました。
 「燃えよドラゴン」が出てきたときには、鉄鍋の中の赤い色をしたスープがグツグツ煮えたぎっていて、いかにも熱そうです。しかも辛そうです。汁が入っているので「油そば」というのとだいぶ違うように思います。
 そばの上にトンカツまでのっていて、かなりのボリュームがあります。別にご飯と生卵が付いてくるのですから、若い人向けのメニューなのでしょう、たぶん。
 お店の人が紙エプロンを出してくれました。汁がはねるのです。
 トレイの上にはスプーンとフォークものっていました。フォーク? どうやって使うのでしょうか。スパゲッティのように食べる人もいるのでしょうかね。
 さっそく食べてみると、意外なことに辛くありませんでした。激辛好きのオーツから見ると、これはピリ辛です。トンカツはいくつかに切れていました。これをおかずにご飯を食べましたが、やっぱり、油そばを食べた後で残った汁にご飯を入れて混ぜて食べるのがよさそうです。
 きれいに平らげました。
 さて、味のほうはどうだったか。まあ普通です。値段の 880 円というのは、そんなものだと思います。
 もっと辛いと「おいしい!」となるのですが、この点はちょっと残念です。では、次回もっと辛いの(後から来た客が注文していました)を頼むかと考えてみると、やっぱり止めておこうと思います。これが辛くなっても「旨み」が感じられるかというと、そうでもなさそうに思うからです。
 この店は「ひまわり食堂」と名乗っていますが、基本はインドカレーの店のようです。オリジナルなメニューがいろいろありますので、もの好きな人には受けるかもしれません。メニューによれば、カレーの辛さが調節できるということなので、次回は激辛のカレーを試してみたいと思います。

ひまわり食堂アジア・エスニック(その他) / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

サパナ@江古田北口でランチにベジタブルカレーを食べる

 江古田の北口にサパナというインド・ネパールレストランができました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13210242/
https://twitter.com/oishi_nepal
http://s-nerima.jp/wp/108863
 2017年6月にオープンしたようです。
 ある日のランチに、この店に行ってカレーを食べることにしました。
 オーツが行くと、まずはお冷やと紙のおしぼりが出てきました。このお冷や、氷入りですが、ぬるいのです。グラスに氷を入れて、常温の水を注いだようです。まもなく氷が全部溶けてしまいました。まあそれくらいになるとちょうどいい冷たさになったのですが、もう少し氷を多めにするなり、冷やした水を入れるなりしないと、客へのサービスとして問題のように思います。
 オーツはメニューを見てベジタブルカレーを食べることにしました。この店は辛さが5段階から選べます。オーツはこの店で一番辛い「5 激辛」にしました。最初の来店ですので、それよりも辛いものをいきなり注文するのもどうかと思ったわけです。
 ドリンクは(他のインドカレーの店でも同じですが)ラッシーにしました。
 さて、少し待っていると、サラダとラッシーが出てきました。ラッシーもあまり冷たくなかったのですが、こちらは大きめのグラスに氷がたっぷり入っており、ラッシーがどろどろの濃いものだったので、まもなく氷が溶けて、温度も濃さもちょうどよくなりました。
 さらに待つことしばし。カレーとナンとライスが出てきました。
 ライスは黄色いサフランライスで、小さなカップに入って出てきました。ライスとしては大した量がないと思いましたが、いざ食べてみると、けっこうな量がありました。カップにぎっしり入っているようでした。
 ナンは熱くておいしいと思います。
 さて、肝心のカレーはどうでしょうか。若干辛さに欠けると思いました。もっと辛いものがオーツの好みです。お店の人が辛さはどうかと聞いてきたので、オーツが「思ったほど辛くない」と答えると、お店の人は、テーブルの上のチリーペッパーの小瓶を指さして、これをかけると辛くなると教えてくれました。ばさばさとかけると確かに辛さが増して、オーツの好みの辛さになりました。
 オーツが食べている途中で、お店の人が、ナンのおかわりはどうかと聞いてきたので、もう1枚もらうことにしました。
 このカレーの辛さは、オーツの好みに合いそうです。次回、もう少し辛いものを食べて確認したいと思いました。
 ところで、テーブルの上に置いてあったランチメニューですが、お店の名前が「SAPNA サプナ」と書いてありました。ドリンクメニューには「SAPANA サパナ」とありました。オーツがお店の人に尋ねると、「SAPANA サパナ」が正しいとのことでした。2箇所間違えるということは、単なるミスプリではなさそうです。
 こういう、お店の名前が違ったままのメニューを使い続けるものでしょうか。オーツはこんな点にも違和感を感じました。
 ナンを2枚食べたので、おなかいっぱいになりました。
 オーツは満足感を覚えながら会計を済ませました。850 円でした。オーツの感覚ではちょっと高めでしょうか。「学生セット」が500円ですが、これは学生でないと注文できないとのことです。500 円と 850 円の中間がない感じです。ドアのところに「日替わりセット」650 円というのが書いてありました。毎日カレーの種類が変わるようですが、これがいいかもしれません。

サパナインドカレー / 江古田駅小竹向原駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:15| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

目利きの銀次 江古田南口駅前店

 あるとき、息子2家族にオーツと妻が加わって、3家族合同の食事会を行いました。
 オーツとしては初めての「目利きの銀次 江古田南口駅前店」に行きました。
http://www.roza.monteroza.co.jp/monte_view/View_shop.php?SP_CD=855207
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13211886/
長男は、以前から何回か来ていたようです。
 今回は、子供が7歳、5歳、4歳、それに乳児もいましたので、大騒ぎになることが予想されました。そこで、予約時に店に相談すると、キッズスペースがある部屋を割り当ててくれることになりました。
 当日は、18:00 集合ということで、店に行ってみると、掘りごたつ式の大きなテーブルがあり、座布団が6枚置いてありました。その奥には、キッズスペースがあり、柔らかいマットが敷き詰められていました。おもちゃがいろいろ置いてありました。絵本もかなり置いてありました。カラオケセットもありました。防音のほうもかなり安心できます。
 例によって、もらったレシートを見ながら、当日飲み食いしたものを書いておきましょう。レシートは簡略表記だったので、ネットでメニュー
http://www.monteroza.co.jp/campaign/search/gin/pdf/855_grand.pdf
を確認して、正しい表記に直しておきます。
 飲んだものは、オーツがキリン一番搾り〈生〉(中ジョッキ)538 円、日本酒(上善如水)グラス 679 円、日本酒(八海山)グラス 646 円、日本酒(山田錦)グラス 538 円でした。全部おいしくいただきました。他のメンバーが飲んだものは、角ハイボール 430 円×8、マンゴースカッシュ(ノンアルカクテル)430 円、キウイスカッシュ(ノンアルカクテル)430 円、ジンジャーエール 322 円×2、キリン 零ICHI(ノンアルコールビール味飲料)430 円×2でした。
 食べたものは、お通し(煮物)398 円×4(二人が後から参加したため4人分でした)、おこさまセット(おもちゃ・ソフトドリンク付)538 円×3、松前仕立ての漬物 322 円、刺身豪快男盛り 1,707 円、昔ながらのポテトフライ 430 円、厚揚げ牛肉豆腐 538 円、特製もつ煮込み 538 円、北海道産焼きじゃがの濃厚塩辛バター 538 円、目利きの漁師屋サラダ 538 円、特大!北海縞ほっけ炙り焼 935 円、漁師のまぜそば 646 円、手作り具沢山玉子焼 538 円、サーモンハラスとカマの炙り焼 538 円、めちゃ旨パリパリ塩キャベツ 387 円、お魚ステーキ〜わさびバター仕立て〜 646 円、つぶ貝の刺身 646 円、焦がし醤油のえんがわ刺し 646 円、日替わり本日の味噌汁 303 円でした。
 食べたものも全部おいしかったと思います。
 子供たちにはおこさまセットを注文しましたが、カップに入ったソフトドリンク、小さなおにぎり2個、ポテトフライ、海老フライ、鶏の唐揚げがセットになっていました。おもちゃはかごでたくさん届き、その中から各自1個ずつ取る形でした。3人いると競争状態になり、選ぶのが大変でしたが、床にかごの中身をぶちまけ、3人が一つずつ選び、最後に散らばったおもちゃをかごに戻しました。
 それに加えてポテトフライを注文しましたが、子供たちがこちらも競って食べていました。手を伸ばして大量につかみ、自分のおこさまセットの容器に乗せていました。けんかにならなければよいがと思いましたが、ポテトフライの量がたっぷりあったので、間に合いました。
 「北海道産焼きじゃがの濃厚塩辛バター」は、味が塩味と辛みがあるのかと思っていましたが、出てきたのを見たら、「イカの塩辛」があえてありました。
 まぜそばは、オーツたちが注文したものではなかったのですが、オーツたちの部屋に届いてしまい、相談した結果、みんなで食べようということになりました。食べてみたらおいしかったのでよかったのですが、この店は注文違いがたまにあるようです。オーツたちの注文が通っておらず、20分近く待っていたりということもありました。店員さんは忙しそうで、あちこちの部屋に注文品を届けていました。けっこうな数の部屋がありましたから、正確に注文品を届けることもむずかしいのでしょう。
 とはいえ、最後に明細付きのレシートをくれますから、明朗会計で、問題はないと思います。
 カラオケセットがあり、誰が歌うのかと思っていたところ、なんと、子供たちの合唱がありました。モニター画面に出てくる文字を、その早さで読み取っているのかどうか、わかりませんが、覚えている歌詞を口にしていたのかもしれません。小さな子供が、マイクを持ってエコーを効かせて身振り手振りを付けながら歌う姿は、いかにも現代っ子だなあと思いました。
 そんなこんなで 20:37 までお店にいました。子供たちがおもちゃと絵本とカラオケで楽しめたということで、キッズスペース付きのこの部屋がベストです。子供はけっこう大声で自己主張するものですが、仮にそうなっても、(カラオケ付きの部屋ですから)他の部屋のお客さんに迷惑をかけることがほとんどありません。オーツは、また来てもいいと思いました。
 会計時には、ホットペッパーポイント利用で -2,500 となり、さらにクーポン
https://www.hotpepper.jp/strJ001178728/map/
https://r.gnavi.co.jp/pmxzw1k60000/coupon/
を使ったので、10% 引きで -1,880 となり、合計 16,927 円となりました。
 仮にこれらの割引がなかったとしても、21,307 円となり、大人6人+子供3人とすると、かなり安い方になるでしょう。女性3人がアルコールを飲まないということで安上がりになったものと思われます。

目利きの銀次 江古田南口駅前店居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:33| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

江古田周辺のランチの店 2018

 オーツが江古田周辺でランチを食べる際、どんな店に行くかについては、前にも書いたことがありました。
2017.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/450048751.html
 1年ほど経ち、オーツのランチのパターンも変わってきたので、最近のパターンをまとめて書いておきましょう。

・中華料理
(1) 龍厨房2号店(無休、11:00-)日替わりランチ 580 円
(2) 福しん(不定休 11:00-) タンメン 490 円
(3) バーミヤン 練馬豊玉店(無休 10:00-)日替わりランチ 647 円
・日本料理
(1) どん亭(無休 11:00-)ランチ鍋メニュー 842 円
(2) しゃぶ葉 豊玉北店(無休 11:00-)平日ランチ限定三元豚定食 1,079 円
(3) 藍屋 落合南長崎店(無休 11:00-)
(4) 八戸丸(平日 11:30-)焼き魚定食 750 円、煮魚定食 750 円
・洋食/韓国料理
(1) 砂時計(水曜定休 11:30-)激辛キムチスープ雑炊 780 円
(2) キッチンABC(水曜定休 11:00-)ジャンカラ 780 円
(3) ステーキガスト 落合南長崎店(無休 11:00-)日替わりランチ 718 円

 以上の10箇所です。
 今、定期的に行くインドカレーの店がない(以前はあった)のですが、勤務先の近くでインドカレーの店が2軒あるので、自宅の近くでは無理に行くことはないように感じています。
 さらに、これらに加えて、江古田から遠く、クルマで行く回転寿司が2店あります。
(1) 銚子丸 豊玉南店(無休、11:00-)
(2) かっぱ寿司 練馬貫井店(無休、10:00-)
 今は、こんな店を順次回ってランチを食べています。
ラベル:ランチ 江古田
posted by オーツ at 04:27| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

藍屋 落合南長崎店でランチ(2回目)

 藍屋 落合南長崎店は、以前子供連れで行ったことがありました。
2018.4.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/458721329.html
 今回は、1人で平日に行きました。
 11:10 くらいに入りました。11:00 開店なので、ガラガラかと思っていましたが、そうでもなくて、もう先客がいましたし、オーツが食べ終わるまでにはあちこちの席が埋まっている状態でしたから、かなりの人気店であることがわかります。
 今回は、若鶏の甘酢あん定食にしました。
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_detail.html?mid=201_191
実は、この定食が(定食類としては)918 円で一番安いのです。
 「◇選べる御飯」ということで、好きな御飯が大盛り・おかわり自由となっています。オーツは「たけのこ御飯」の大盛りにしました。他のご飯(ちりめん山椒御飯、十四穀米御飯、白米(コシヒカリ100%))でもよかったのですが、一番おいしそうだったので、これにしました。
 待つことしばし。
 出てきました。
 熱い味噌汁がおいしいです。たけのこご飯がおいしいです。ご飯と味噌汁がおいしいと、何だかお得な感じがします。
 若鶏の甘酢あんもよかったです。最初はやけどしそうなくらいに熱かったのですが、そのうち冷めて、食べやすくなりました。
 たけのこご飯はあっという間に平らげてしまい、おかわりすることにしました。ウェイトレスがテーブルにやってきて、「大盛りもできますが」というので、オーツは誘惑に負けて大盛りにしてしまいました。大盛りとはいえ、実際は、そんなに多い感じではなく、オーツの感覚では大きめのご飯茶碗にいっぱいという感じです。しかし、2膳も食べると、しっかりおなかにたまりました。
 サラダも新鮮でおいしかったし、煮物もおいしかったです。煮物にはたけのこが入っていたので、ご飯とちょっと重なってしまいましたが。
 ともかく、1食としては十分満足しました。
 5%引きのクーポン
https://www.hotpepper.jp/strJ001040325/map/
を持参しましたので、873 円になりました。それに対して、Tポイントが付くし、SUICA で支払うとオートチャージで間接的にポイントが付くしということで、実質はもう少し安くなっています。金額的には千円以内で収まり、けっこうでした。また食べてもいいと思います。
 うどんのほうでも千円以下でランチが食べられるようなので、こちらも次回試してみたいと思いました。

藍屋 落合南長崎店ファミレス / 落合南長崎駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:53| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

茶屋 卯三郎@那須でランチ

 那須でランチを食べるために立ち寄ったのが「茶屋 卯三郎」でした。
http://www.usaburou.com/
https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9001082/
 古い民家を改装して食事処にしています。もともとは「茶屋」ということで、休憩所だったのでしょうが、軽食などを出すようになり、今はランチも提供されるようになっています。
 オーツは、ぽこぺん膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg1.jpg
を食べることにしました。
 これは、けんちんうどんハーフ・おこわ・あんころもち・煮物・小鉢・漬物・デザートがセットになっており、「おこわ、うどん、もち、卯三郎の美味しいものを集めた、いいとこどりの膳です。」という触れ込みでした。1,300 円でこの店の特徴が一通り味わえるというわけです。
 妻はおなご膳
http://www.usaburou.com/image/menu_top_bg2.jpg
にしました。こちらは、季節のおこわ・五目おこわ・けんちん汁・煮物・小鉢・漬物のセットで、「「少しずつ色々食べたい!」女性の声から誕生しました!」ということだそうです。こちらは 1,000 円で少し安めです。
 待つことしばし。ぽこぺん膳が出てきました。

usaburou.JPG

 なるほど、いろいろのっています。
 オーツが食べた感触では、けんちんうどんがおいしかったですね。おこわもおいしかったと思います。餅米がいい具合に調理されていました。
 あんころもちとデザートは、妻と半分ずつにして食べました。
 けっこうでした。満足です。また食べたいという気分になりました。
 オーツが会計を済ませて、外に出て、クルマに乗るときに気がつきました。この店のクーポン
http://www.usaburou.com/coupon.html
を印刷して持参していたのに、会計前に出すのを忘れました。
 残念!
 こうなると、リベンジしたくなるものです。

茶屋 卯三郎和食(その他) / 那須町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(9回目)

 わさびは、以前から何回も行っている江古田南口の居酒屋です。前回行ったときの記事はブログに書きました。
2017.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/455597692.html
 今回は、オーツと妻と長男夫妻と孫3人で行きました。
 わさびにはクーポンがあります。
http://www.hotpepper.jp/strJ000245778/map/?vos=nhppalsa000013
これで芋焼酎4杯をサービスしてもらい、オーツと長男で2杯ずつ飲みました。
 これ以外の飲み物をレシートを見ながら書いておきましょう。ハイボール 430 円、生中(スーパードライ)580 円、山ぶどうジュース 300 円、ジンジャエール 300 円、日本酒(獺祭)1,000 円でした。
 食べたものは、お通し(きんぴらゴボウ)300 円×4、上寿司 1,500 円、マルゲリータピザ 950 円、金目カブト煮 900 円、ホッケ焼 480 円、天然白身魚盛合せ 1,380 円、パリパリサラダ 680 円、いくら握り(2貫)400 円、海老握り(6貫)960 円、あじ握り(4貫)480 円、自家製ざる豆腐 580 円、まぐろ山かけ 700 円でした。
 お通しのきんぴらゴボウは、大人分として4個出てきました。ちょっと唐辛子が入っていましたが、小さな子供には、この程度でも食べるのは無理なようで、3人とも「辛い」といって、食べませんでした。
 上寿司は、ワサビ抜きにしてもらいました。いろいろなネタが並んでいて好都合だと思ったのですが、子供たちが今や寿司が大好物になったようで、いくらと海老が競争になりました。それぞれ一つずつしかなかったので、誰が食べるかでもめたわけです。そこで、追加していくらと海老を注文しました。上記では海老握りを6貫と表記していますが、この店では2個を1皿にのせて「1貫」と呼んでいるようです。3貫注文したら、6個が出てきて、驚きました。まあ、子供たちが寿司が好きなので、余ることはありませんでしたが。
 金目鯛のカブト煮は、煮汁がしみこんでいて、とてもいい味に仕上がっていました。
 天然白身魚盛合せは、刺身の盛り合わせが出てくると思っていましたが、実際は薄い切り身で、ふぐのてっさみたいに1皿に並べられて提供されました。
 こんなことで、会計すると、小計 14,020 円、外税 1,120 円で合計 15,140 円となりました。ずいぶん安上がりな食事会になりました。
 後から考えてみると、女性が二人いて二人ともアルコールを飲まなかったこと、長男が飲む方も食べる方もあまり多くなかったことが影響していると思います。次男が加わると、飲む方も食べる方もぐっと多くなるのですが、……。
 とにかく、3人の孫が仲良く遊んでいたのが印象的でした。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

西湖春@新宿南口でランチ

 オーツと妻と孫3人でプーク人形劇場で人形劇を楽しんだ後、
2018.5.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/459262169.html
ランチを食べることにしたのが西湖春というお店でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13047879/
 大人2人と子供3人で何を食べるか、迷いましたが、定食3人前と餃子という選択にしました。
 それぞれをシェアして食べれば、まあなんとかなるだろうと思いました。
 注文したのは、回鍋肉定食、五目焼きそば、チャーハン、餃子5個でした。もう1人前定食を頼んでもよかったのですが、まあこんなもので十分でしょう。
 餃子以外は「定食」ということで、スープと杏仁豆腐が付いてきます。杏仁豆腐は3人の子供が一つずつ食べました。スープはオーツが2人分、妻が1人分食べました。中華スープですが、ちょっと辛みがきいていたので、子供には合わないと思いました。
 店の人には、取り皿やらスプーンやらを持ってきてもらいました。水が5個出てきましたが、全部大人用の大きなコップに入っており、子供が抱えて飲むには重すぎるようでした。オーツは、水をこぼすのではないかと心配しました。最終的には、少しこぼした程度で済みました。
 回鍋肉は、オーツはおいしいと思いましたが、子供たちは「辛い」といって、あまり食べませんでした。
 五目焼きそばは、注文品が届いてから気がつきましたが、あんかけの形式でした。ちょっと熱かったですが、時間が経ってくると冷めてきて、一応子供たちも食べられました。
 チャーハンは、子供たちに大人気でした。
 餃子はみんなが1個ずつ食べるようにしました。
 ふと気がつくと、この店に食べに来ている人たちは、中年男性が大半を占めていました。作業服のままランチを食べている人が多く、この近くで建設工事か道路工事か何かをやっているようでした。オーツたちだけが子連れで、しかも子供がうるさく騒ぐわけで、店の中で浮いてしまいました。
 こうして、にぎやかなランチが終わりました。会計すると、全部で 2,960 円ということで、とても安上がりでした。オーツとしては、満足しました。
 ちょっと店の人に迷惑をかけてしまったかもしれません。

西湖春上海料理 / 南新宿駅新宿駅代々木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ラベル:西湖春 定食
posted by オーツ at 03:52| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

お志ど里@江古田南口が閉店

 衝撃的なニュースが入ってきました。
 江古田の南口にある名店(いろいろな人に支持されてきた店という意味です)お志ど里が閉店するという話です。
http://s-nerima.jp/wp/416
 先日、この前を通りかかったときに、照明がついていなかったので、不審に思ったのですが、まさか閉店とは思いませんでした。
 オーツは、江古田に引っ越してきてから、ずっとお志ど里の刺身定食ばかりを食べていました。その後、刺身定食から離れ、あちこち食べ歩きをするようになりましたが、その原点は「お志ど里」にありました。
 お志ど里は伝統的なお店です。江古田を知る人間からすると、こういう店がなくなったら、江古田らしさが失われてしまうくらいの衝撃でした。
 しかも、4月末までの営業ということで、本当に急な話でした。

 オーツのブログで書いたお志ど里の記事を一覧しておきます。
2017.5.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/450292430.html
2017.3.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/448285142.html
2016.3.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/435111004.html
2016.3.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/434800612.html
2016.2.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/434111629.html
2012.10.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/296558172.html
2010.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/144862044.html
2008.4.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/93074326.html
続きを読む
ラベル:江古田 お志ど里
posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ギャラクカフェで子ども連れランチ

 オーツたちは、3人の孫を連れてギャラクシティに行きました。
2018.4.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/459054229.html
 そのとき、11:00 にちょっと早めのランチにしました。ギャラクシティにはギャラクカフェというセルフサービスの店がありますので、ここで食べることにしました。
http://www.galaxcity.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=15
https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13168764/
 メニューは以下にあります。
http://www.galaxcity.jp/uploads/fckeditor/uid000001_20170515160802ff40f86f.png
 ネットにこういうのが掲載されていると、事前にある程度見当が付けられるので便利です。
 お店に入ってテーブルに着いたら、早速3人が遊び始め、注文が決まりません。同年齢の子供たちが集まると、じつに騒がしいものです。しかし、こういう場所ですから、すこしくらい大きな声を出しても、許容されるように思います。
 オーツはロコモコプレート 920 円にしました。
 妻は、揚げナスの和風おろしハンバーグプレート 890 円にしました。
 孫3人は、うさぎさんカレー 650 円にしました。いろいろメニューを眺めた上での決定事項でした。たまたま3人が一致したともいえますが、一人が「うさぎさんカレー」と言ったので、あとの2人が追随したのかもしれません。そして、3人で分けるように妻が「こぼれフライドポテト」 580 円も注文しました。カップから皿の上にこぼれている形ですが、あまり見た目もよくないので、全部カップの中に入れる形でもいいのではないでしょうか。
 さて、オーツが食べたロコモコプレートのハンバーグですが、これがけっこうおいしかったです。食べ始める前にちょっと切って孫のカレーの皿に入れてあげましたが、(妻も同様にしました)孫たちはパクリと食べていましたので、おいしいのだろうと思います。
 3人の孫は、それぞれうさぎさんカレーを全部平らげました。分量はちょうどよかったと思います。むしろちょっと多めだったかもしれません。食べ終わったら「ガチャガチャ」を1回やらせてあげると言ったので、無理にでも口の中に押し込んだようでした。
 ギャラクカフェは、まさに子供向けのカフェでした。子供用の施設にこういうのが付属していると、大変ありがたいものです。こういうところは、早い時間に行くのが正解というものでしょう。

ギャラクカフェbySKIP KIDS 西新井店カフェ / 西新井駅大師前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:47| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

一番どり@パレスサイドビル

 オーツが妻と一緒に夕方入ったのがパレスサイドビルの地下1階にある「串焼処 一番どり」でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13052421/
 例によって、レシートを見ながら、飲み食いしたものをメモしておきましょう。(明細付きのレシートを出すということは明朗会計ということでもあります。)
 お通し(サーモンの刺身)350 円×2、串盛12本セット 1,990 円、白海老唐揚げ 590 円、一番サラダ 500 円、ホタルイカ沖漬け 460 円、生ビール(中)570 円、梅酒サワー 460 円、日本酒(一番どり地酒)560 円、日本酒(一ノ蔵)630 円、以上合計 6,460 円を10%引きして 5,814 円でした。
 横山大観展を見た後の半券で10%引きになるというサービスがありました。ありがたい話です。
 お通しでサーモンの刺身が出てきたことには驚きました。3切れくらい入っていました。オニオンスライスが添えられていました。ワサビもたっぷりでした。
 串盛は、6本セットにするか12本セットにするか、迷いました。2人だから、まあこれくらい食べられるだろうということで12本にしましたが、結果的にたっぷり食べられました。タレ6本と塩6本という形で、2皿で出てきました。オーツはタレのほうが好みなので、全部タレの方がよかったです。
 白海老唐揚げは温かくておいしかったです。レモンが付いてきたので、それを絞ってかけると、適度な塩加減とマッチしてビールのつまみにぴったりでした。
 一番サラダは、店の名前を付けた野菜サラダですが、しらすがかかっていて、これがいい味を出していました。
 日本酒にも、この店の名前が付いたものが置いてありました。純米酒だそうですが、これがおいしかったです。店員さんが、ますの中にコップを入れて、コップからあふれさせ、ますの縁ギリギリまで注いでくれました。いいサービスです。満足しました。
 お店には、1時間ちょっといた形になりました。このくらいで十分満足しました。
 また来てもいいと思いますが、オーツが夕方このあたりで用事があることは滅多にないので、再度訪問することはなさそうに思います。

一番どり 竹橋パレスサイドビル店居酒屋 / 竹橋駅神保町駅九段下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ラベル:一番どり 串焼き
posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

北海道料理 ユック 竹橋店に行ったときに

 オーツは、このブログで飲食店情報を書くとき、たいていは安くておいしい店を取り上げるようにしていますが、たまにはそうでない例についても書くことにします。
 これは、当該店舗を非難するために書くわけではありません。単にオーツが経験したことを(記録として)書くだけです。
 誰も真実だと証明することはできませんが、オーツが見聞した事実ですので、以下、ブログ記事として書きます。食べログにはこんなこと書けません。書いてもボツになります。

 とある土曜日、オーツは、妻と一緒に東京・竹橋の近代美術館に横山大観展を見に行きました。その後、食事をするために、事前にネットで近所を探して、毎日新聞社の入っているパレスサイドビルの地下1階にあるユックという店に行こうと思いました。
http://www.yukku.net/shoplist/
https://r.gnavi.co.jp/g133210/
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13035550/
 食べログからクーポンもプリントして持参しました。5%引きということでした。
 オーツたちはお店の前に 16:50 に着きました。17:00 開店ということで、店先には「準備中」という看板が掛けられ、中に入れませんでした。しかたがないので、あたりをブラブラしたりしていました。
 17:00 に再度お店に行ったのですが、まだ「準備中」の札がかかったままでした。中をのぞいてみると、お店の人(もしかして店主)がシートに座り、たばこを吸っていました。その人に聞いてみました。「まだやっていないのでしょうか?」 返事は「まだです」ということでした。
 オーツたちは、17:10 まで店の外で待ってみましたが、店の人が外に出てくることはなく、「準備中」の看板がそのままだったので、結局、別の店に行くことにしました。
 オーツたち二人がこの店に入るために外で待っていることは店の人もわかっていた(見えていた)と思います。しかし、それを無視して、17:00 すぎまでたばこを吹かしている姿にオーツはがっかりしました。
 17:00 開店と謳っている(ネットでもそう書いているし、店先のポスターにもそう明記されている)わけですから、それより前に客が店に入れなくてもしかたがないでしょう。しかし、その時刻を過ぎたら客を店の中に案内してほしいと思います。たとえ料理の準備が間に合わなくても、なんとしても 17:00 には店をオープンさせるべきです。客を店の外に立たせておくことはないと考えます。
 仮に何も準備ができておらず、客を待たせることになったとしても、まずは客を店の中に入れてしまうのが普通でしょう。客をテーブルに着かせ、水か何かを出しておくくらいのことはやってもいいように思います。メニューを見せて、何を注文するかを考えてもらえば、数分くらいは経ってしまうでしょう。食べ物が何も間に合わないとしても、時間稼ぎはできます。お通しと飲み物を出してしまえば、それから準備をしてもいいくらいです。
 こういう状況のとき、オーツの常識では、17:00 より少し前の時間でも客を店に招き入れるべきだと思います。何も出さなくとも、椅子に座ってもらう程度のことでいいのです。客側としては、立っているよりは楽です。しかし、この店はそうではありませんでした。オーツの常識とは違っていました。
 店が準備で忙しい(てんやわんやしている)のなら、まだわかりますが、店員(もしかして店主)がシートでたばこを吸っているのです。客を外の通路で立たせて待たせながらですよ。
 オーツの感覚では、客に対するサービスというものを勘違いしているとしか思えませんでした。

 18:40 ころ、オーツたちが食事を終えて、帰りがけにこの店の前を通りがかったので、ちょっと店の中をのぞいたところ、がらんとした雰囲気の中で、一人の客が何かを食べていました。たった一人で、他に客はいませんでした。(このことに関する感想は書かないでおきましょう。事実の提示でやめておきます。)
posted by オーツ at 04:10| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

キッチンABC@江古田南口でインディアンライスを食べる

 オーツは以前、江古田南口のキッチンABCでオリエンタルライスを食べました。
2017.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/455198816.html
 この店には、オリエンタルライスと並んで、もう一つの名物料理があります。それがインディアンライス(洋風卵とじ)です。「名物料理」とは、店側がそのように主張しているということです。
 今回は、これを食べることにしました。食べた感じを一言でいえば、親子丼みたいなものです。使ってあるのは、鶏肉ではなくて豚肉です。だから親子丼ではありません。しかも、丼ではなくてお皿で提供されます。だから「洋風」なのでしょう。玉ネギや豚肉が卵でとじてあるので、食感としては親子丼に近いものになります。
 食べた結果でいえば、おいしいと思います。しかし、親子丼は今までにも何回も食べて、いわば食べ飽きた気がします。わざわざこの店に来てこれを食べるというほどにこだわる必要はなさそうに思います。
 というわけで、オーツがこのメニューを再度注文することはないと思います。
 オーツの場合、結局、この店ではジャンカラ
2017.4.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/449166007.html
が一番おいしいということになります。次回からはもっぱらジャンカラにすることにしましょう。
 インディアンライスには(これに限らず全部の定食で同様ですが)豚汁が付いてきます。これが熱くてなかなかおいしいです。こういう豚汁を食べると、幸せな気分になります。

キッチンABC 江古田店定食・食堂 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

ステーキガスト 落合南長崎店で日替わりランチ

 あるとき、オーツはステーキガストに行ってみようと思い立ちました。自宅からは、アイテラスの中にある落合南長崎店が一番近いということになります。
https://store-info.skylark.co.jp/steak-gusto/spot/detail?code=018166
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13137795/
ここは駐車場完備なのがありがたいです。
 初めてのステーキガストの利用だったので、その旨を店員に伝えると、ランチの仕組み・注文方法などをいろいろ教えてくれました。
 オーツは、一番スタンダードな(?)日替わりランチを注文しました。699 円という価格も安いものです。
 日替わりランチは6種類ほどのセットメニューですが、その中から毎日一つが指定される形でした。今回は、ミニハンバーグ、白身魚フライ、ソーセージということでした。それに加えて、ライス、パン、カレー、スープの食べ放題が付きます。
 店員に注文を伝えると、さっそくオーツは席を立って、セルフサービスのランチバーのところに行きました。パンは不要ですが、まずはお皿にライスを盛りつけ、カレーをかけて、辛味調味料を振りかけました。福神漬けも取りました。スプーンと一緒にこれを自分の席に運びました。
 次にスープです。ランチバーには、中華スープとコーンスープがありました。それぞれカップに入れて自席に運びました。中華スープは、溶き卵が入った形でとろみがありました。しかし、食べてみた限りでは、これはおいしくないと思います。味付けが薄いというより、味がほとんどしない感じです。一方、コーンスープは濃厚な味で、十分おいしかったと思います。結果的に、コーンスープをお代わりして2杯飲みました。
 さらに、カレーライスを食べてみると、意外なことに(といっては失礼ですが)おいしかったです。食べ放題の店のカレーなんて、全然期待しないものですが、この店のカレーは本格的でした。何だか、カレーライスだけでランチにしてしまってもいいくらいです。
 そのうち、日替わりランチの料理が運ばれてきました。あつあつの鉄板にのって、ジュージュー音を立てています。オーツはライスを再度取りに行きました。
 食べてみると、ハンバーグがおいしいです。メニューでは「ミニハンバーグ」となっていましたが、かなりのサイズがあります。ミニではありません。ハンバーグは、当然のことながら焼き立てで、これを口に入れると肉の香りが口の中に広がって、とてもいい感じです。699 円とは思えません。ソーセージもなかなかおいしいと思いました。それらに比べると、魚のフライは至って普通でした。(まずいわけではありません。)
 ライスもたっぷり食べ、満腹になりました。けっこうなランチでした。
 オーツはクーポンを持参しました。
https://www.hotpepper.jp/strJ001045010/map/
これで食事代が5%引きになります。
 レジで会計すると、日替わりランチ 699 円が消費税込みで 755 円になり、5% 引きで 718 円 となりました。これは安いと思います。再度ランチを食べに来ようと思いました。

ステーキガスト 落合南長崎店ファミレス / 落合南長崎駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 03:41| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

伊豆太郎 伊東マリンタウン店でランチ

 とある日曜日、オーツは妻と伊東市方面に1泊2日の旅行に行きました。
 ランチを食べたのは、伊東市にある伊豆太郎 伊東マリンタウン店でした。
http://ito-marinetown.co.jp/restaurant/izutarou
http://e-sites.jp/web/izutaro_pc/menu.php?obj=14&now=49
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000250/
 11:00 開店ですが、オーツたちは 10:45 くらいに着き、店の入口の前に置いてある予約表に名前を書きました。3組目でした。
 伊豆マリンタウンは道の駅で、いろいろな土産物屋が並んでいます。試食品もたくさんあります。あちこち見て回っているうちに 10:55 になったので、店の前に行ってみました。すると、けっこうな混雑ぶりです。予約表をよく見ると、1組目が10人でした。それでこんなにたくさんの人が待っているのです。
 11:00 になると、10人の(団体?)客が案内され、次に2組目の3人が案内され、オーツたち2人が窓側の海の見えるテーブルに案内されました。その後も続々と客が案内されていきます。けっこうな人気店のようです。
 オーツは、刺身盛り合わせ定食 1,980 円を注文しました。伊東市といえば伊豆半島、伊豆半島といえば魚でしょう。オーツは魚は刺身で食べるのが一番うまいと思っています。というわけで、こういう定食がオーツの好みです。
 妻は、刺身よりも煮魚が食べたいようでした。金目鯛煮付け定食などというのもありましたが、ちょっと値段が高めで(いくらだったか忘れましたが、2,680 円だったか 2,980 円だったか……)もったいない気分になったようです。地魚の干物定食 1,480 円にしようかとも思いましたが、そのうち、メニューの一品料理のところに「あら煮」があることを発見しました。780 円です。それに定食セット(ご飯、味噌汁、漬け物、小鉢)480 円をつけると、各種の定食と同じような感じになります。1,260 円で煮魚が食べられるということで、これでいこうということになりました。
 さて、刺身盛り合わせ定食ですが、大いにけっこうでした。

izutarou1.JPG

この写真を見ると、ご飯が大盛りになっていますが、これは、妻のご飯の一部をオーツがもらったためです。
 刺身盛り合わせ定食の価格 1,980 円はそんなものだと思います。観光地価格のそれではありません。妥当な値付けです。刺身は6点盛りでしたが、それぞれおいしかったです。わさびがたっぷりついてきたのもオーツとしてはうれしいことです。
 妻が注文したあら煮は、それ以上に絶品でした。

izutarou2.JPG

たくさんのあら煮が大きめの皿に山盛りになって出てきました。上の写真で、皿のサイズをご飯や味噌汁の容器と比べれば、本当の意味での「大皿」であることがわかります。この量はすばらしい。オーツは妻からあら煮を少し分けてもらって食べましたが、味がしみていて、とてもおいしかったです。あら煮ですから骨も入っていましたが、それでもたっぷりの魚肉が楽しめました。魚の種類は6種類くらいありましたかね。それぞれの味が楽しめて、大いにけっこうでした。
 なお、写真では空の皿も見えますが、これは骨入れです。実際は、オーツがあら煮を分けてもらって食べるときに利用しました。その後では骨入れとしても使いました。

 伊東にきたら、この店に寄るといいと思います。おすすめの店です。人気店である理由がわかるような気がしました。
 オーツは、5%引きのクーポン
https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22000250/dtlmap/
を印刷して持参しましたので、会計時にはその分割引してもらえて、ありがたいと思いました。(1,980+780+480)×0.95=3,078 円の支払いとなりました。
 機会があったらぜひ再訪したいものだと思います。

伊豆太郎 伊東マリンタウン店寿司 / 伊東駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 04:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

藍屋 落合南長崎店でランチ

 オーツは、とある土曜日、孫2人を連れて落合南長崎にある和食レストラン「藍屋」にランチに行きました。
https://store-info.skylark.co.jp/aiya/spot/detail?code=130479
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13138138/
お店に着いた時刻は、あまりきちんと記録したわけでもありませんが、12:30 くらいだったと思います。
 入口付近に10人くらいの客が待っている状態でした。レジの前に予約表があったので、そこに大人1人、子供2人と書きました。予約表を見ると、オーツの上には2組の名前が書いてあり、それぞれ5人、4人と書いてありました。ハハーン、この人たちがここで待っているのだなとわかりました。けっこう店から出てくる人もいるので、3番目ならば、大して待つこともないだろうと思いました。
 ところが、しばらく待っても、オーツたちが呼ばれません。だんだん入口付近で待っている客の数が増え、混雑してきました。20分ほどして、やっと1組目の名前が呼ばれ、さらに5分ほどで2組目が呼ばれるという感じで、オーツたちは30分ほどで呼ばれました。かなり待たされた感じになりました。店員に確認すると、予約の人がいて、先に案内しているという話でした。なるほど、ここは予約してから来るべきところだったのですね。予約していても、席が空くまで入口付近で待たなければなりませんが、それでも店先でウェイティングリストに記入して待つよりは優先してくれます。
 オーツたちがレジ前で待っている間に、メニューが渡され、食べるものを決めていたので、テーブルに座ってからすぐの注文となりました。
 孫たちは、お子様メニューの中から「お子様うどん」
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_detail.html?mid=113_125
550 円を選びました。一人が温かいうどん、一人が冷たいうどんにしました。飲み物は二人ともオレンジジュースにしました。
 オーツは刺身天ぷら定食
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_detail.html?mid=201_231
1,350 円にしました。ご飯が4種類の中から選べます。オーツは竹の子ご飯にしました。
 席で待っていると、最初にお手ふき(湿った紙ナプキン)とお茶(大人用)・水(子供用)が来ました。
 ところが、それからさらに時間がかかりました。店内を見ていると、次々と客が入れ替わり立ち替わりで入ってきて、店員たちも大忙しです。これは時間がかかりそうだということで、通りかかった店員に「おもちゃを先にお願いします」と声をかけました。そうです。「お子様うどん」にはおもちゃが付いているのです。しかし、こちらもなかなか持ってきてもらえず、2人目の店員に催促してやっとおもちゃが入ったかごが来ました。かごの数が少なくて、なかなか順番が回ってこなかったようです。孫たちはかごの中のおもちゃを選び始めました。一人が紙の飛行機を、一人がアクセサリーを選びました。紙の飛行機は、くり抜いて組み立てると飛ばせるようになっていました。もっとも店内で飛ばすわけにも行かないので、テーブルの上では組み立てるところまでです。
 そんなことをしていたら、やっと料理が来ました。お子様うどん二つはよかったのですが、オーツが注文したものが間違って届き、急いで作り直してもらいました。
 そんなわけで、ランチを食べ始めたのは 13:00 を回っていました。混雑していると何かと大変です。
 刺身天ぷら定食は、まあおいしかったと思います。天ぷらはかりっとしていましたし、刺身は3種類の盛合せで、メバチ、マグロ、タイでしたが、それぞれおいしく食べました。オーツとしてはわさびがもう少し多めだとありがたい感じです。竹の子ご飯もこの季節ならではのもので、オーツは今シーズン初めて食べました。
 というわけで、食事自体には特に不満がないのですが、1,458 円という価格が若干高めでしょう。これが 1,200 円くらいであれば、お得感があるのですが……。メニューには 1,350 円(税抜)とあるので、会計時のレシートに 1,458 円と書いてあると、特に高く感じるのでしょう。
 お子様うどん 550 円も、594 円になりました。
 実は JAF PLUS の4月号に、2,500 円(税込)以上の食事で 500 円割引というクーポンが付いていたので、今回これを利用しました。ですから、会計時には、594 円×2+1,458 円=2,646 円が 2,146 円になったのでした。かなりの割引感です。
 この店に来るときは、混雑時を避ける必要があります。次回行くならば、もう少し時間をずらすようにしたいと思いました。

藍屋 落合南長崎店ファミレス / 落合南長崎駅東長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

バーミヤン 練馬豊玉店で日替わりランチを食べる

 オーツは、前の勤務先にいたころ、しばしばバーミヤンでランチを食べていました。その後、勤務先を変わって、バーミヤンから足が遠ざかりました。
 先日、ふとしたことでバーミヤンの練馬豊玉店に行ってみました。
https://store-info.skylark.co.jp/yutaiken/spot/detail?code=170759
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13047897/
 ここは1階が駐車場なので、どこかにクルマで出かけた後に入るにはとても便利です。
 メニューを見ながら、結局日替わりランチにしました。
https://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/index.html#menu_book_30
メニューは何種類かありますが、日ごとに決まった一品が「日替わりランチ」に指定されるようです。この日は「チキンのチリソース&焼売」でした。税抜で 599 円、税込で 647 円とかなり安いです。
 スープバーといって、スープが飲み放題です。オーツは食事が出てくる前に、1杯飲みました。さらに、食事中にお代わりをもらいに行きました。とはいえ、このスープはあまりおいしくなく、オーツはがんばって2杯飲みましたが、まあこれが限界でしょう。スープがきちんと温められていた点は評価できます。沸騰しておらずに、しかもかなり熱くなっていました。
 さて、チキンのチリソースと焼売はどうだったでしょうか。あまりおいしいとも思いませんが、食べたくないほどでもなく、こちらも、可もなく不可もなしといったところでしょう。よそで食べる中華ではチリソースがもう少しおいしいように感じます。
 ご飯は普通盛りにしましたが、若干少な目だったように思うので、次回からは大盛りにしようと思います。大盛りは無料です。
 この価格で日替わりランチを出していることは、相当がんばっている方ではないでしょうか。他の日替わりランチメニューも食べてみたいと思いました。
 また、ランチ時には、中華一品ランチ
https://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/menu_category.html?cid=202
というのもあります。こちらも(写真を見る限り)おいしそうです。何回か、試してみてもいいと思います。

バーミヤン 練馬豊玉店ファミレス / 桜台駅練馬駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(8回目)

 江古田南口の龍厨房は、オーツがよく行く店です。
 前回行ったときの記録は、ブログに書きました。
2018.1.26 http://o-tsu.seesaa.net/article/456454652.html
 オーツは息子家族の2家族とまたまた龍厨房に行くことになりました。大人5人、子供3人です。ただし、子供1人は座布団の上でずっと寝ていましたので、人数には含めないほうがいいでしょう。
 この店には、お疲れ様セットというのがあり、おトクです。飲み物1種類+前菜1種類+料理1種類で税込み 842 円です。ただし、一人1回しか注文できません。妻や嫁は飲まないので、その分の生ビールをオーツや息子が飲みました。妻や嫁は、孫と一緒にお冷やをもらって飲んでいました。
 例によって、レシートを見ながら、飲み食いしたものを書いておきましょう。
 お疲れ様セットB 842 円×5(生ビール×4、ジンジャエール、ポテトフライ×2、揚げ春巻2本×2、マーボー豆腐、エビマヨ、ニラと玉子炒め、回鍋肉、メンマ冷製、油淋鶏)、席料(お通し)324 円×5、五目チャーハン 324 円×2、焼き餃子 324 円×2、ライス 216 円、紹興酒5年ものグラス 324 円×5、マーボー茄子 324 円、ネギマ串 324 円、カシューナッツ海老 324 円、合計 9,934 円でした。けっこうおなかいっぱいになったし、飲む方も十分でしたが、この人数で1万円もいかないというのは驚異的な安さです。まあ飲む人間がオーツと息子ということで男性2人だけでしたから、安上がりになった面もあるでしょう。
 孫たちは、五目チャーハンと焼き餃子が大好物でした。寝ている子のために、五目チャーハンの1人前を携帯用パックに入れてもらって、自宅で食べるようにしました。
 オーツたちは、18:30 に入店し、20:30 に店を出ました。2時間の和やかな会食になりました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 03:14| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

サフロン@江古田南口で野菜カレーを食べる

 3月18日、江古田駅南口から千川通りを東に行ったところにサフロンという新しいインド・レストランができました。
http://s-nerima.jp/wp/117506
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13219643/
 元々ディパックがあったところです。その後江古田カレーハウスになり、さらに変わってサフロンという店になりました。
 さっそく、ランチに行ってみました。
 メニューは、他人の撮ったものですが、以下のようになっています。
https://www.flickr.com/photos/s-nerima/40856537882/in/dateposted-public/
https://www.flickr.com/photos/s-nerima/26026146077/in/dateposted-public/
 オーツは、野菜カレーのAセットを注文しました。ドリンクはラッシで、ライスでなくナンを付けてもらいました。カレーの辛さは、甘口(mild)・普通(normal)・中辛(medium)・辛口(hot) の4種類でしたが、せっかく選べるので、お店の人に激辛(very hot) ができるかとたずねると、できるという返事だったので、それにしました。
 ややあって、サラダとラッシが出てきました。おいしいサラダでした。ラッシは普通です。
 店内を見渡すと、以前のディパックや江古田カレーハウス時代とはかなり内装が変わっており、アイシュワリヤー・ラーイのポスターもなくなっており、風景中心のいろいろな写真が並んでいました。
 カレーとナンは出てくるまでにちょっと時間がかかったように思います。まあ気になるほどのことではありませんが。
 ナンは、焼き立てで、手で触るとやけどしそうなくらいに熱かったです。不満・苦情を言っているのではなく、ほめています。冷まそうと思えば、ちょっとの時間放っておくだけでいいのですから。
 野菜カレーは、ルーがスープ状のものでした。粘度がないということです。オーツがいろいろなインドカレーの店に行った経験では、たいていどろりとしたルーが出てきますが、この店はさらりとしたルーです。その中に野菜がプカプカと浮かんでいます。大きなセロリが目立ちます。ニンジン、サヤインゲンなどが入っています。食べてみると、辛さは十分でした。(オーツ的にはもう少し辛くてもいいと思いますが。)しかし、旨さという観点からはイマイチのように感じました。辛さの中に旨さが感じられるようでないとカレーとしては物足りなくなってしまいます。ただし、スープ状のものが出てきたので、味が他の店と違って感じられた可能性があります。
 メニューには、ナンとライスはお替わり自由と書いてありました。オーツはナンをお替わりして、2枚も食べてしまいました。ナンを頼んだ後でライスをお替わりすることもできるようです。
 食事が終わったころ、温かいチャイを出してくれました。メニューには書いてありませんが、お店のサービスでしょう。何のお茶か、わかりませんが、(お店の人が説明してくれたのですが、オーツはうまく聞き取れませんでした)あまりおいしい感じはしませんでした。インド式の味なのでしょうね、たぶん。
 再度食べに行くかというと、微妙です。食べに行ってもいいけれど、それならスワディスト
2016.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/437818674.html
のほうがオーツの好みに合います。

サフロンインド料理 / 江古田駅新江古田駅東長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする