2020年07月14日

ぎょうざの満州 東長崎南口店でエビチャーハンと餃子を食べる

 東長崎南口にある「ぎょうざの満州」は、オーツがかなり気に入っている店で、今まで何回かランチを食べに行ったことがあります。
2020.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/474031106.html
2020.2.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/473787558.html
 ブログに書いたのは過去2回ですが、ブログに書かずに食べていることもありますので、行った回数は2回より多くなっています。
 オーツが何回食べてもいいと思っているのは「焼餃子とライス」451 円です。安くておいしくてけっこうです。
 先日、この店に行って、餃子を食べようと思ったのですが、「焼餃子とライス」では、ちょっと物足りないと思ったので、「エビチャーハンと餃子」781 円にしてみました。
http://www.mansyu.co.jp/kisetsu_menu_02/kisetsu_menu_gyoza_mansyu.html
普通のチャーハンでもよかったのですが、ちょっと奮発して(といっても 55 円だけですが)エビチャーハンにしたのでした。エビチャーハンは7月限定のフェアメニューということです。
 タッチパネルで注文してから少し待っていると、エビチャーハンが出てきました。
 食べてみると、おいしくてけっこうでした。エビは、何匹か入っていましたが、小さいもので、あまりエビらしい感じがしませんでした。これだったら、普通のチャーハンの方がいいと思います。
 エビチャーハンと餃子の他に、スープと漬物が付いていました。
 これで 781 円というのは、妥当な価格ですが、最近、安い中華定食を食べることが増えてきたので、そういうのと比べると、ちょっと高い気がしました。
 では、焼餃子とライスにするかというと、今回注文したエビチャーハンがライスに置き換わるわけで、それでは物足りない感じがするのです。いや、体重を増やさないためには、それくらいで十分なのでしょうが、もう少し食べたい気がします。
 というわけで、どうもこの店ではメニューの選択に困るように思いました。
 他にオーツが定期的に通っている中華の店がありますが、それらに比べると「ぎょうざの満州」は少しだけ高いように感じます。そんなことを考えて、行く頻度を少なくすることにします。

ぎょうざの満洲 東長崎南口店餃子 / 東長崎駅落合南長崎駅椎名町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

桜台の餃子家@桜台北口で餃子定食を食べる

 桜台の北口からちょっと離れたところですが、「桜台の餃子家」という何ともシンプルな名前の店があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13151987/
 オーツはここで餃子定食を食べることにしました。店はおばさん一人で切り盛りしていました。カウンターだけの狭い店で、ストゥール型のイスが5脚並んでいました。
 オーツがカウンターに座って「餃子定食」と注文すると、「6個、9個、12個とありますが」と言われました。6個の普通の(一番安い)ものにしました。
 自分で冷水機からお茶を取り(色が付いていたけれど、何の味かわかりませんでした)、少し待っていると、小さなお盆にのった餃子定食が出てきました。餃子6個の他に、御飯とスープ、キムチ、そしてゴボウとニンジンのサラダ(というよりは和え物ですかね)が出てきました。
 餃子はなかなか本格的な味がしました。「餃子専門店」というのぼりを立てているだけのことはあります。
 スープには、具としてワカメと刻みネギが入っていました。たっぷりありました。味もよく、かなりのお得感があります。
 オーツはさっさと食べ終わって 470 円を払って店を出ました。
 こういう店が自宅のそばにあったら、ファンになってしまいそうです。昭和の香りがする伝統的スタイルの店でした。ビールでも飲みながら餃子を食べたら幸せいっぱいでしょうねえ。

 さて、餃子定食というと、オーツは東長崎の「ぎょうざの満州」で食べました。
2020.3.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/474031106.html
こちらは 451 円で、「桜台の餃子家」よりも少しだけ安いですが、まあ似たような価格でしょう。どちらがいいか。オーツは「ぎょうざの満州」のほうが好みです。

桜台の餃子家餃子 / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:06| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

カフェ・ド・グランボワ@黒磯でランチ

 とある日曜日、オーツは妻と一緒に黒磯から那須方面に旅行に行きました。
 ランチを食べるために立ち寄ったのが、黒磯駅の近くにあるカフェ・ド・グランボワ(CAFE de Grand Bois)でした。
https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9002298/
https://www.nasu-tam.jp/nasukogen/cafe/grand-bois.html
https://nasushiobara-portal.jp/mp/lunch_nasushiobara/?sid=34332
 この店は古い銀行の建物をそのまま活かしています。壁に古い時計がかかっていましたが、12:07 を指して止まっていました。昼時を指しているので、勘違いしそうです。この時計、他の人の写真を見ると別の時刻を指していたりしますので、完全に止まっているのでなく、動くときもあるようです。であればいよいよ困った事態です。
 テーブルの近くのイスは一人掛けのソファになっていて、ゆったりできます。
 メニューを見ると、ランチメニューとして、オムライスとグランボワライスがありました。価格はいずれも 1,000 円で、ミニサラダとスープが付いたセットは 1,350 円です。妻がオムライスを選び、オーツがグランボワライスを選びました。いずれもセットにしました。
 まもなく、ミニサラダとスープが出てきました。

grandbois1.JPG

 ミニサラダは、あまりミニでもなく、1人分として十分な量がありました。スープもけっこう食べがいがありました。
 やがて、グランボワライスとオムライスが出てきました。

grandbois2.JPG

 グランボワライスというのは、メニューによれば「しそバターライスの上に、茄子とひき肉の和風あんかけをかけた30年間人気のオリジナルメニュー」ということで、この店でしか食べられないもののようです。
 しその香りがよくて、おいしいと思いました。
 ただし、見た目では量が少なく感じられました。実際食べてみるとそんなに少なくもないのですが、大きめの皿に盛り付けられていることもあって、そう感じられたのでしょう。
 妻のオムライスも一口もらって食べてみましたが、デミグラスソースがかかっていて、けっこうな味でした。ミニサラダ、スープが付いて 1,350 円というのはそんなものでしょう。
 オーツの普段の生活では、こういう価格のものは食べないことにしていますが、旅先ではこのくらいの価格を出しても、珍しいものであればそれはそれでいいので、十分その価値があると思います。
 二人とも満足して店を出ました。

カフェ・ド・グランボワカフェ / 黒磯駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

上海謝謝 桜台店で日替わりランチを食べる

 先日行った桜台北口の登龍門の近くに上海謝謝という店があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13127688/
 オーツが店の前を通りかかると、店頭に日替わりランチの写真が出ていました。「豚肉と野菜炒め」と「麻婆豆腐」です。驚いたことに、それぞれ 550 円と書いてありました。ずいぶんと安いです。いったいどんなものが出てくるのでしょうか。
 オーツは、さっそく店に入りました。店員さんが一つのテーブルをすすめてくれました。ソファに座ると、氷入りのお冷やとおしぼりを持ってきてくれました。オーツは「豚肉と野菜炒め」を注文しました。
 テーブルのところにあった店のメニューを見たり、テレビを見たりして待っていると、まもなく、お盆にのって日替わりランチが出てきました。主菜の他に、御飯とスープ、それに和え物でした。
 スープはレンゲ付きです。具としてワカメと玉子が入っていて、ちょっと味噌汁っぽく見えましたが、味は違います。ちょっと変わった味ですが、いけます。
 主菜にはスプーンが添えられていました。野菜炒めですから、スプーンがなくても箸で問題なく食べられます。食べてみると、これがおいしい。いかにも中国人料理人による野菜炒めです。基本は塩味ですが、何の調味料でしょうか、独特の香りがして、これまたいけます。豚肉は、ホルモン(別名モツ、つまり小腸)のようでしたが、たっぷり入っていました。そして、これもまたおいしく食べられます。最後の方になると、皿から野菜や肉の小さな切れっ端を箸で拾い上げるのが大変になるので、スプーンを使ってそこに集めて一気に口に入れるようにすると楽です。
 御飯は普通です。しかし、こういう普通がいいのです。
 そんなわけで、550 円でこれが食べられると、オーツとしては満点です。
 と、思いながら食べていると、食べ終わるころ、アイスコーヒーが出てきました。コップにたっぷり入っています。何と、食後にアイスコーヒーが追加されるのですか。これはお得感いっぱいです。
 安くておいしい定食というのは、何にもまさるものだと思います。先日の登龍門の 600 円の定食もよかったですが、こちらの 550 円はそれ以上のものでした。オーツは初めての訪問でこの店のファンになりました。東長崎の味源亭と普天河と合わせて、おいしくて安い中華の店が3店もあることがわかりました。(それに比べると江古田は……。)これからは順次この3店あたりを回って食べることにしましょう。
 オーツにとって、上海謝謝は桜台に親近感を抱かせる店になりました。

上海謝謝 桜台店中華料理 / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

登龍門@桜台北口で日替わりランチを食べる

 オーツは、江古田近辺の外食も一通り回った気がしたので、ちょっと足を伸ばして桜台まで行ってみました。桜台の北口を出たところに登龍門という中華の店があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13116414/
 店頭で弁当なども売っていましたが、店内で普通にランチが食べられるという話です。店頭には看板が出ていて、この日の日替わりランチが「あげなすと豚肉の醤油炒め」と書いてありました。600 円です。これを食べることにしました。
 11:40 ころにお店に入ると、中国人の女性店員が冷たいお茶を持ってきました。(この女性、人当たりがよく、気軽に話ができる人です。)オーツがメニューを一通り確認すると、日替わりランチが 600 円で、他は 650 円とか 700 円とかになります。その結果、やっぱり日替わりランチを注文することにしました。
 ちょっと待っていると、先にサラダがポンと出てきました。千切りキャベツが中心で、マヨネーズがかかっています。それを食べながらさらに待っていると、サラダが食べ終わるころにお盆にのった定食が出てきました。主菜の他に、御飯、味噌汁、杏仁豆腐、それと小皿にのった和え物でした。
 特筆するべきは主菜です。ナスを一口頬張ると、これが実にうまいのです。調味料は何を使っているのでしょうか。普通の炒め物とは味が違います。ナスがたくさん皿にのっていて、次々と食べましたが、みんなおいしく(当たり前ですね)、これはすばらしいと思います。中国人の料理人が作ると、しばしばこういう味付けになります。ナスはアツアツで、口の中がやけどしそうでした。(けなしているのではなく、ほめています。)食べ終わるまで、熱いナスが楽しめました。もちろん、玉ねぎやピーマンなども入っています。豚肉は、薄いものが少しだけで、イマイチでしたが、ナスが十分それを補っていると思います。これで 600 円とはすばらしい。うれしい出会いでした。
 味噌汁は、オーツの好みと違う(オーツとしては中華スープを味わいたい)のですが、しかし、おいしい味噌汁でした。
 残念なのは御飯でした。ちょっとべちゃべちゃ系です。これがほっくり炊けていたらいうことなしなんですが、……。
 この価格と質・量を考えると、相当にコストパフォーマンスに優れた定食が食べられそうです。
 隣のテーブルの人が食べていた豚肉とピーマンの炒め物もおいしそうでした。

 オーツは再訪しませんが、このくらいの店が江古田にもほしいものです。東長崎にも桜台にもおいしくて安い中華の店があるのに、その中間の江古田はイマイチだと思います。

登龍門中華料理 / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ラベル:登龍門 桜台
posted by オーツ at 04:35| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(12回目)

 江古田南口にある龍厨房は、安くておいしいので、子供連れの食事会のときは重宝します。
 このブログでは前回行ったときに記事を書いたが1年前になります。
2019.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/465665222.html
 最近、長男家族との食事会を行いました。大人は2組の夫婦で4人、それに子供が小学生の二人でした。
 最後にもらったレシートに沿って、飲み食いしたものをまとめて書いておきましょう。
 席料は 300 円×4でした。お通しとして中華風サラダが出されました。
 お疲れ様セットB 850 円×4、これに含まれているのは、ポテトフライ×2、揚げ春巻×2、もやしと豚肉炒め、マーボー豆腐、エビマヨ、ニラレバー炒めでした。また、飲み物として生ビール×2、紹興酒、ハイボールが含まれていました。
 追加して注文したのは、えびせんべい 300 円×2、焼き餃子 300 円、五目チャーハン 300 円、その他料理 200 円でした。レシートには「その他料理 200 円」と書いてありましたが、何のことか、オーツは思い出せませんでした。あとで妻に聞いてわかりました。マーボー豆腐と一緒に頼んだライスのことでした。
 追加した飲み物は、ハイボール 300 円と紹興酒5年グラス 300 円でした。
 6人でこれらを食べて、満腹でした。食べたもの、飲んだものともに全部おいしかったと思います。
 えびせんべいとポテトフライは二人の子供が一皿ずつ食べました。一皿を注文して、二人で分けて食べても十分だと思えますが、そうすると平等に分けられず、けんかになるようです。そうならないためには、はじめから2人前を注文すればいいわけです。ただし、一人はえびせんべいを食べ残し、最後にお店の人からポリ袋をもらって、それに詰めて持ち帰りました。
 オーツは昼にも別の食事会があって、若干飲んで帰ってきたので、夕方はあまり飲む気になれなかったし、長男も夕食後に孫の勉強を見る用事があって、ゆっくり飲むわけには行かず、あまり酒類の消費量が多くなりませんでした。
 ということで、今回は手早に飲み食いして、早めに切り上げることになりました。
 ここまでの合計が 6,600 円、それに消費税を加えて 7,260 円となりました。子供二人で大人1人分と考えれば、全部で5人です。7,260 円を5で割れば一人 1,450 円という計算になります。実に安上がりな食事会となりました。
 オーツたちは、18:00 に入って、19:17 には店を出ました。1時間半もかからない食事会となりました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

吉野家 環状7号線豊玉南店でアジフライ定食を食べる

 最近、吉野家は黒い看板の新店舗を展開しています。環状7号線豊玉南店は、その一つです。
https://stores.yoshinoya.com/ysn_041491
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13086201/
 黒い看板の吉野家は、従来の牛丼中心の店舗と違うコンセプトの店だという話です。
 この店には、アジフライ定食 602 円などの揚げ物メニューがあると聞き、さっそく食べに行くことにしました。
 環状7号線豊玉南店は、環七通りから入る駐車場があります。クルマで立ち寄りやすいところです。
 お店に入ると、先にレジで会計を済ませます。ドレッシングが胡麻か和風かと聞かれました。オーツは胡麻を選びました。
 呼出装置(リモコン)を手渡され、テーブルで待っていると、まもなく呼出装置がブルブル鳴りました。配膳口まで行くとアジフライ定食ができあがっていました。お盆にのっています。
 お盆ごとテーブルに運ぶと、おや、箸がついていません。見渡すと、店内の一角にドリンクコーナーがあったので、箸はそこにあるだろうと思い、行ってみると、やっぱりそこに置いてありました。ついでに氷入りのお冷やもセルフサービスで持ってきました。そこに、刻んだ紅生姜も置いてあったので、こちらもアジフライの皿にのせてもらってきました。
 さて、アジフライです。胡麻ドレッシングが小さなパックに入っていましたが、中濃ソースも小袋に入った形で提供されました。ソースをアジフライにかけて食べてみると、これがけっこうおいしかったです。意外な(失礼!)感じがしました。短時間で提供された割には、本格的な仕上がりです。しかもアジフライが2匹分あり、量的にも十分でした。アジフライを食べてから、胡麻ドレッシングを千切りキャベツにかけて食べました。ソースとドレッシングが混じって、やや強い味になりましたが、まあ食べられるのでいいでしょう。
 味噌汁は、いつもの吉野家のもので、イマイチの感じですが、普通に飲めます。
 何はともあれ、これを 602 円で提供できるというのはすごい話です。相当努力しないとこの価格では出せないでしょう。
 セルフサービスを大幅に取り入れるようにして、人手をかけないように工夫していることが見て取れました。今後はこういう形態が増えていくのでしょうかね。しかし、オーツは店員に運んでもらう方がいいように思います。(好みは人さまざまですが。)
 店を出たあとで、再度ここに来るだろうかと考えました。オーツは基本的に揚げ物は食べない主義です。それに反して今回はアジフライを食べてしまったわけですが、今後のことを考えると、やっぱり揚げ物は止めておこうと思いました。オーツは、以前と比べて、胃腸の消化力が落ちており、昼に揚げ物を食べると、夕方まで消化しきれないような気がします。若いころはこういうフライなどが大好物だったのですが、歳を重ねたら、さほどでもなくなりました。食べなくても全然困りません。
 というわけで、今回は黒い吉野家を経験しに行ったような形になりました。

吉野家 環状7号線豊玉南店牛丼 / 練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

アリーシャズキッチン@江古田北口でランチ(2回目)

 江古田北口にあるアリーシャズキッチンは、以前にも行ったことがあります。
2020.3.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/474272830.html
 カレーが辛くておいしかったので、また行く気になりました。
 Bセットのネパールカレーが 650 円と手頃でいいと思います。
 前回は、「very very hot」にしましたが、ちょっと辛すぎたので、今回は「very hot」にしました。
 それにナンとマンゴーラッシーを注文しました。
 マンゴーラッシーはすぐに出てきました。濃度があって、おいしいです。
 やがて、カレーとナンと野菜サラダが銀のお盆にのって出てきました。さて、カレーはどうだったでしょうか。大正解でした。オーツには、very hot でちょうどいいと感じました。辛くておいしいです。辛さの中に野菜の味がそれぞれきちんと感じられ、とてもいい感じです。オーツにはぴったりです。
 ただし、ナンは、先日食べたインド料理店「ナン」の方がおいしいと感じました。
2020.6.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/475669029.html
 いや、インド料理店「ナン」のナンが特別おいしいのであって、アリーシャズキッチンのナンは、他の店と同レベルの普通のナンだというだけの話です。
 これで、江古田のインド式のカレーの店が決まりました。オーツは、この店が続く限り、Bセット(very hot)を食べ続けようと思います。辛くておいしくて安くて、いうことなしです。
 食べ終わって、会計しました。また50円引きのチラシをくれました。つまり、実質 600 円でカレーが食べられるということです。これは特に安いと感じます。
 オーツが店にいたのは 11:00-11:40 くらいだったですかね。でも、他の客はゼロでした。ちょっと心配です。この店の位置は日芸(日本大学芸術学部)のすぐそばですが、新型コロナウイルスの影響で、大学が休講なのでしょう。普通なら学生たちで満席になるところだろうに、……と思いました。

アリーシャズキッチンインド料理 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

オーベルジュ ド プリマヴェーラ@軽井沢でランチ

 オーツは妻と軽井沢に行きました。ランチを食べたのが「オーベルジュ ド プリマヴェーラ」というフレンチの店でした。
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000157/
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/
 店員さんが何人かいましたが、物腰がすごく丁寧な感じでした。
 最初にドリンクメニューを持ってきました。何も飲まなくても(水だけで)十分とも思いましたが、レストランはこういうところで客単価を上げるものです。客としては協力してあげるのが自然でしょう。オーツはノンアルコール白ワイン 700 円を注文し、妻はリンゴジュース 600 円を注文しました。
 クルマを運転するためにノンアルコールにしたのですが、結果的にはあまりおいしくありませんでした。見た目は白ワインに似ていますが、味は(アルコールがないこともあり)相当に違う感じがします。
 ランチは2種類がプリフィックスとしてありました。オーツたちはAのコース 3,900 円を選びました。前菜、魚料理又は肉料理、デザート・コーヒーのセットです。オーツが肉(ソーセージ)、妻が魚を選びました。
 前菜はサラダだそうですが、+300 円で「高原野菜とオマール海老のテリーヌ」
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/img/top/slide2/2-1.jpg
に変更可能ということで、変更することにしました。
 最初に、アミューズブーシュが出てきました。トマトとアスパラガスの味がします。
 次にテリーヌです。縦横に編まれたマットのようなものに乗っていると思いましたが、何とこれがソースで、食べられるのでした。意外な感じで、おもしろかったです。
 次に温かいパンが三つ出てきました。(皿の上でなく)テーブルクロスの上に直接置かれました。
 やがて、炭入りのコンロがテーブルサイドにセットされ、店員さんがそこに網をのせて、その上でソーセージを焼きはじめました。

primavera1.JPG

これがお皿に盛り付けられて、提供されました。

primavera2.JPG

これが(松の実などが入った)ソーセージであり、この日の主菜なのですが、けっこう大きめで食べがいがありました。
 妻は魚のリゾットを食べていました。
 デザートもおいしく食べました。

primavera3.JPG

 この店で提供されるものは全般においしいと思います。軽井沢駅に比較的近いところにこういうフレンチレストランがあるとは知りませんでした。
 会計すると、消費税10%とサービス料10%が加算されて、2人で 11,737 円となりました。
 滞在時間は1時間ちょっとでした。
 オーツはまた来てもいいなと思いました。

オーベルジュ ド プリマヴェーラフレンチ / 軽井沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

しゃぶ葉 豊玉北店で3家族食事会(3回目)

 しゃぶ葉は、定期的に3家族食事会で訪問する店になりました。
 前回は、半年以上前に行きました。
2019.10.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/470919617.html
 その後、3月に予定したのですが、新型コロナウイルスの影響で、6月に延期したのでした。
 5月初め、1ヶ月前の時点で電話して日曜日の 18:00- の予約をしました。しかし、お店の人からは、6月になるのでは、そのころの店の営業時間などがわからないから、仮予約とし、6月になってから再度電話してほしいと言われました。
 で、オーツが6月はじめに電話すると、「日曜日の予約は受け付けていない」というのです。仮予約も入っていないという話でした。
 だいぶ心外に思いました。みんなの日程を合わせるのがむずかしいために、1ヶ月前に予約しているのです。日が近づいてきてから予約できないとは何事かと思いました。その旨を電話口で言ったら、特例として日曜日の予約を受け付けてくれました。
 オーツたちは、大人6人(3組の夫婦)、小学生の子供3人、2歳児一人という10人組でした。
 当日、レシートに基づいて飲み食いしたものをメモしておきましょう。
 基本的に、全員が「<寿司付き>牛2種&三元豚食べ放題コース」
https://www.skylark.co.jp/syabuyo/menu/menu_detail.html?mid=3_76
を食べることにしました。日曜日なので、大人は6人が 2,419 円×6、小学生3人が 1,209 円×3、幼児(3歳以下)無料ということになりました。
 しゃぶしゃぶの鍋は二つで、一つは白だしと柚子塩だしにしました。もう一つは白だしと赤チゲ味噌だし(大辛)にしました。
 飲み物は、男性3人が飲み放題で 1,650 円×3、女性がドリンクバー 274 円×2、小学生がラッキードリンクバー 274 円×3を注文しました。ラッキードリンクバーというのはおもちゃ用のガチャコインが付いているものです。
 食べたものは、しゃぶしゃぶの肉が、牛肉×34、牛カルビ×8、豚バラ肉×9、鶏肉×1、つくね×1です。それから、寿司がつぶ貝×3、まぐろ×3、イカ×2、エビ×2、サーモン×6、しめさば×2でした。これらは全部食べ放題に含まれており、無料でした。こうやってみると、改めて、いろいろ食べたものだと思いました。
 次男の肉の食べ方は豪快でした。肉の皿1皿分を箸で一気にすくい取り、そのまま鍋にドボンと入れました。オーツが空いた皿を片づけると、次の皿をまた箸で一気にすくい取り、鍋に移していきます。こんな調子ですから、かなりたくさん食べることができました。
 オーツが驚いたのが、小学生の子供たちのソフトクリームでした。野菜をのせて運ぶ大きめの皿を利用して、ソフトクリームをたっぷりのせ、甘いトッピングなどもたっぷりまぶして自席に運んできました。一人がやると後の二人も同調します。3人ともソフトクリームをたっぷり食べました。
 オーツも、小さめなカップ1杯だけソフトクリームを食べました。
 こうして、小計 24,461 円で、これに対して、15%引きのクーポン持参で -3,001 円となり、総計 21,460 円となりました。クーポンは6人まで15%引きというもので、前回の経験でどうせ10人でも全部15%引きにしてもらえると思ったら、そうではなく、厳密に6人分だけの割引となったのでした。こんなことなら、自宅に置いてきたもう1枚のクーポンを持ってくるべきだったと思いましたが、後の祭りでした。オーツの失敗でした。
 レシートにはきちんと明細が書かれ、明朗会計でした。
 こんなことで 20:00 には会計を済ませ、店を出ました。オーツたちの滞在時間はぴったり2時間でした。
 2時間でも十分飲めました。冷蔵庫から自分で日本酒を取りだして飲むスタイルはとてもいいものです。お店の人が運ぶ形式だと、忘れられて時間がかかったりしますが、自分で次ぐやり方はそういうロスがありません。オーツは生ビールのジョッキ1杯と日本酒グラス3杯を飲み、いい気分でした。
 翌朝、体重を量ってみると、普段よりも 1kg ほど増えていました。
 食べ放題はどうしても食べ過ぎになると思います。定食があれば、それでもいいのでしょうかね。いや、どうせ若い人と一緒に食べるならば、食べ放題の方が結局安上がりになるように思います。

しゃぶ葉 豊玉北店しゃぶしゃぶ / 新江古田駅江古田駅桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:47| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

江古田〜東長崎〜落合南長崎の魚のランチの個人的ランキング

 オーツは、お昼に江古田近辺で魚(焼魚、煮魚、刺身)の定食が食べたいと考え、ちょっと東長崎〜落合南長崎まで足を伸ばして、いろいろな店に行ってみました。今回は、それぞれの店の定食の個人的ランキングを示そうと思います。あくまでオーツの個人的感想・印象に過ぎません。
 2018.1.1 以降で、オーツがブログに書いた記事を取り上げ、閉店した店を除外し、分類・整理します。
 定食を複数回食べた場合、それぞれで評価が異なる場合もあるので、食事の内容ごとに○△×を付けることにしました。お店のランキングというよりは、定食のランキングです。
 意味は、以下の通りです。
○=ぜひまた行きたい、何回でも食べたい
△=また行くほどのことはない
×=今後は絶対行かない

・もり太@落合南長崎
○厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食
  2020.5.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/475368240.html
○刺身盛り合せ定食
  2020.4.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/474753317.html
・居酒屋 てつ@落合南長崎
○焼ジャケとエビフライ定食
  2020.5.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/475079063.html
○サバ西京焼と鶏から揚げ定食
  2020.4.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/474718683.html
・さがら@東長崎南口
○メンチかつ カンパチ刺身定食
  2020.5.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/475182706.html
○マグロぶつ切り定食
  2020.4.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474681590.html
・銀座@新江古田
○シャケカマ定食
  2020.6.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/475438959.html
△生本マグロトロブツ定食
  2020.6.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/475606686.html
・居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口
○塩サバ焼定食
  2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
△刺身5点盛定食
  2020.5.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/474975484.html
・信濃路@江古田北口
△和風定食
  2020.5.12 http://o-tsu.seesaa.net/article/475045189.html
△サンマ塩焼き定食
  2020.4.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/474841367.html
・漁師のあぶり家@江古田南口
△刺身大漁盛り定食
  2018.12.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/463159072.html
△金目鯛の煮付け定食
  2018.9.1 http://o-tsu.seesaa.net/article/461421906.html
・大羊飯店@東長崎南口
△焼魚定食(さば)
  2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
・レストラン香港@落合南長崎
△洋風さしみ弁当
  2020.2.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/473444563.html
・七五三@新江古田
△焼き魚定食(サバ味噌)
  2019.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/470964850.html
・吉野家 江古田南口店
△鯖みそ定食
  2020.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/475268996.html
×塩鯖納豆定食
  2020.5.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/475268996.html
×焼魚牛小鉢定食(シャケ)
  2020.5.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/475011918.html
・大野屋@東長崎南口
×刺身盛合せ定食
  2020.4.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/474790868.html
・森の定食屋@江古田南口
×焼魚定食(うるめ丸干し)
  2020.2.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/473416478.html
・らんたん@江古田北口
×魚定食(サバ味噌)
  2018.12.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/463405124.html

 というわけで、今後ぜひまた行きたい、何回でも食べたいと思える店は東長崎〜落合南長崎〜新江古田の5店になると思います。いずれも居酒屋です。居酒屋のランチはおいしいということがわかります。
 そういえば、江古田でお昼に魚の定食を食べておいしいと思った店も居酒屋でした。お志ど里と八戸丸です。両者とも閉店してしまいました。それに匹敵する店は江古田にはなさそうです。ないからこそ、オーツはちょっと足を伸ばして江古田周辺の店をあちこち食べ歩いてきたわけです。

 このブログを読んでいる人で、江古田近辺に住んでいる人がいたら、それぞれの店に行って食べてみてください。オーツとは違った印象を持つでしょう。それが当然です。自分の好みは自分にしかわかりません。自分自身で食べてみることが大事であり、他人の意見よりも自分の舌に頼りましょう。
 自作ランキングを作ることは趣味と実益を兼ね備えています。いろいろな店に行くこと自体が楽しいし、再度行くべき店が決まったら、その後は(他の店には目もくれず)もっぱらその店に行けばいいということになります。
posted by オーツ at 05:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

ナン@千川でAランチセットを食べる

 オーツが自宅からの散歩で千川駅の近くまで歩いていったときのことです。「ナン」という名前のインド料理店がありました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13059843/
所在地を地名で言うと、板橋区向原ということになります。
 店頭に立てて置いてあった看板に「ランチセット 690 円より」と書いてあったので、まあまあ安い店かなと思いました。オーツとしては、それよりも「激辛」のカレーがあるという記載の方が気になりました。
 どんなカレーが食べられるのでしょうか。
 数日後に実際訪問して食べてみることにしました。
 11:10 くらいに店に入りました。お店では3人の男性(おそらくインドの方でしょう)が働いていました。
 オーツは一人だったので、カウンターに座ろうとすると、店の人がテーブルをすすめてくれました。お言葉に甘えて4人掛けのテーブルを使わせてもらうことになりました。
 で、テーブルの上にあったメニューをながめてみると、一番安いのがAランチセットで、カレー1種類、ナン(またはライス)、ドリンク、サラダのセットです。Bはカレー2種類、Cはカレー3種類ということだったので、野菜カレーを食べることにして、Aセットで行こうと決めました。しかし、メニューではAランチセットが 720 円となっていました。おや、690 円と店頭に書いてありましたが、……最近値上げがあったのでしょうか。
 オーツはメニューを丁寧に見ていましたが、注文が決まってからも、お店の人が水を持ってくるでもなく、別のことをしていました。ちょっと注文を取りにくるのが遅いでしょう。
 ややあって、お冷やと紙のおしぼりを持ってきたので、注文しました。ドリンクはマンゴーラッシーにしました。この店はカレーの辛さが選べます。甘口−普通−辛口−激辛の4段階です。オーツは当然激辛を選びました。
 テーブルの上には、ラミネート加工された飲み物などの別のメニューが置いてありました。それらを順次ながめたりしていました。しかし、それらのメニュー、どうもベトベトする感じです。気のせいか、テーブルの表面もべたついている感じでした。
 氷が入っていたコップの水ですが、氷を入れて、そこにぬるい水を注いだもののようで、あっという間に氷が溶けてしまいました。
 まずサラダが出てきました。インド料理店でよく見かけるオレンジ色のドレッシングがたっぷりかかっていました。それを食べて待っていると、金属製のお盆にのった野菜カレーとナンが出てきました。「ドリンクは何でしたか」と聞かれてしまいました。マンゴーラッシーと伝えました。
 野菜カレーはおいしく食べられました。しかし、「激辛」のはずですが、そこまで辛くありません。まあ、この店の「激辛」はこういうものなのでしょう。あとで店の人が辛さは十分かと聞いてきたので、オーツがそんなでもないと答えると、テーブルの上にあった辛み調味料の小瓶をオーツの野菜カレーに振りかけながら、これでOKというしぐさをしました。オーツはさらに振りかけました。これで辛さ的にはちょうどいい感じになりました。
 ナンは、けっこう熱くて、手でちぎると手がやけどしそうなくらいでした。周辺部がちょっと厚みがあります。このナンを食べてみると、他のインドカレーの店よりも甘くておいしいように感じます。カリカリではなく(カリカリした部分がなく)、その反対でモチモチくらいの感じでしょうか。
 オーツはナンをお替わりして2枚食べました。この店はナンもライスもお替わり自由なのです。
 それなりにおいしく食べて、30分ほどで店を出ることにしました。オーツがレジで千円札を出すと、「280 円のおつりです」といいながらお店の人がコインを手渡してくれました。手のひらで受け取り、そのまま出口のドアのところで数えてみると、実は 180 円しかないことに気がつきました。レジのところに戻ってコインを見せて苦情を言うと、100 円玉を手渡してくれました。こんな間違いをするものでしょうか。「280 円」といいながら 180 円しかないなんて、めったに経験しないことです。うっかりそのまま小銭入れの中に入れてしまったら、もうお釣りの金額の確認しようがなくなってしまうところです。
 レジではポイントカードをくれました。12回食べるとAセットが無料になるというものです。1回分のハンコを押してくれました。
 しかし、オーツはこの店に行かないと思います。江古田にはもっと辛くておいしい店があるからです。遠いこの店までわざわざ行く理由がありません。この店は10年以上営業しているようですが、この付近にはあまり食堂・レストランの類がないので、やっていけるのではないかと想像します。
 今回、オーツが気付いたのは、ほんのちょっとしたマイナス点なのですが、そういうのがいくつか重なると、それなりに気になってきます。

インディアンダイニング&バー ナンインド料理 / 千川駅小竹向原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

木曽路 環七小竹町店で鰻ひつまぶしを食べる

 あるとき、妻がウナギを食べたいと言い出しました。
 最近、妻の勤務先では出社禁止が続き、在宅勤務をせざるを得ません。オーツも同様です。たまには二人でランチを食べるのもいいことだと思いました。
 しかし、江古田近辺でランチにウナギが食べられるところというと(普段オーツがウナギを食べないこともあって)店が思い当たりません。
 検索してみると、以下の3軒が見つかりました。

・鳥忠
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13034791/
・鰻 なかや
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13086004/
・木曽路 環七小竹町店
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13028514/

 ちなみに、東長崎にも1軒ありますが、遠そうです。
・鰻家
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13012445/

 鳥忠は、ランチ営業をやっていないので選択肢から外れます。
 そういえば、吉野家でも鰻重があることに気付きましたが、夫婦で吉野家に行って鰻重を食べるのもムードがないように感じます。妻を大事にしていないかのようです。
 結局、木曽路 環七小竹町店に行くことにしました。
 ここは、以前にも行ったことがあります。
2018.10.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/462324381.html
 メニューに「鰻ひつまぶし」があるのです。
https://www.kisoji.co.jp/kisoji/event/203.html
https://www.kisoji.co.jp/kisoji/navi/shop_menu.asp?ShopNo=256&GenreCode1=02
によれば、【国産】鰻ひつまぶしは、4/1〜8/31 の提供だそうです。

 お店による鰻ひつまぶしの写真も以下に貼り付けておきましょう。
出典=https://www.kisoji.co.jp/kisoji/photo_event/m203_2.jpg

kisozi2.jpg

 デザートは、何種類かから選べますが、ピーチのシャーベットを二つ頼むことにしました。
 国産鰻ひつまぶしが 2,300 円(税込み 2,530 円)とデザート 200 円(税込み 220 円)ということになります。
 オーツたちは、和服を着た女性店員に案内されて、一つのテーブルに座りました。
 ほうじ茶が出され、注文後少し経って鰻ひつまぶしが運ばれてきました。
 鰻ひつまぶしの他に、小鉢、汁椀、薬味、急須に入った出汁、それに香の物がセットになっていました。
 お盆の上に小さな紙が乗っていて、それにひつまぶしの食べ方が書かれていました。以下の通りです。
 国産鰻ひつまぶし 三通りのおいしいお召し上がり方
 一杯目、まずはそのまま。
 御飯をざっくり混ぜて、まずはそのまま味わってください。
 二杯目、薬味を添えて。
 お好みの薬味を添えてお召し上がりください。一杯目とは違った味わいになります。
 三杯目、お茶漬けにして。
 薬味と出汁をかけ、お茶漬けにしてお楽しみください。

 せっかくなので、この食べ方で3種類を味わうことにしました。
 一杯目、まずはおひつに入ったひつまぶしを1/3ほど御飯茶碗に入れ、そのまま食べてみました。なかなかおいしいです。
 二杯目は、薬味を添えて食べてみました。薬味は、わさび、刻み海苔、ワケギの小口切りの3種が添えられていました。それぞれ半分くらい入れました。驚いたのは刻み海苔の細さです。幅は 0.2mm くらいでしょうか。本当に細くて、よくこんな細さに切れるなあと感心しました。自宅では、どんなにがんばっても 1mm くらいまでしか細くできませんが、そんなのよりさらに細くて、まるで糸か髪の毛みたいに見えました。
 三杯目は、お茶漬けにしました。ひつまぶしを全部、薬味を全部茶碗に入れて、急須から出汁をかけて食べました。オーツは妻からわさびをもらって追加したので、ちょっとわさびが効きすぎました。あやうくむせるところでした。
 そんなわけで3種類の食べ方をしましたが、オーツの主観的なおいしさでいうと、一杯目と三杯目がいいと思います。二杯目は中途半端な感じがします。
 食べ終わった後に気がつきました。山椒の入った小さな竹筒が(二人で1個ですが)出されていたのでした。小さな失敗でした。
 全部食べ終わったら、お盆が下げられ、デザートが出てきました。煎茶も出されました。
 いろいろ話をしながらゆっくり食べました。
 けっこう満足しました。
 会計して、あとでレシートを見たら、デザートの分が1人分しか請求されていませんでした。お店がサービスしてくれたのでしょうか。

木曽路 環七小竹町店しゃぶしゃぶ / 新桜台駅小竹向原駅江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

銀座@新江古田で生本マグロトロブツ定食を食べる

 新江古田〜沼袋にある居酒屋「銀座」は先日行ったばかりです。
2020.6.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/475438959.html
しかし、前回行ったときにおすすめメニュー「生本マグロトロブツ定食」があると聞いたので、これを食べてみようと思いました。
 お店に入るとお冷やを出してくれました。今回も氷なしでしたが、前回と違って冷たくてけっこうでした。
 注文してまもなく、生本マグロトロブツが出てきました。一口食べてみると、これがなかなか「ウマ〜イ」ものでした。ぶつ切りはお皿にけっこうな量がのっていました。最初見たときはさほど多くないと思いましたが、食べていくうちに、それなりの量があることがわかってきました。
 わさびの量はやや少な目でしたかね。しかし、普通に食べられました。
 たっぷり入った味噌汁がおいしいし、ぬか漬け(ダイコン、ナス、ニンジン)もおいしいし、いうことなしです。小鉢もおいしくいただきました。
 ということで、この 1,000 円は、十分その価値があると思います。
 と書きながら、東長崎にある「さがら」のことを思い出しました。ここでもマグロぶつ切り定食を食べたのでした。
2020.4.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/474681590.html
 どちらもおいしいと思います。しかし、さがらのほうは 850 円で食べられます。となると、その差 150 円を上回るおいしさの差なりメリットなりがあるかという問題になります。微妙ですが、オーツはさがらのほうがいいような気がします。
 もう一つ、お店の位置がオーツの自宅から遠いということも影響しそうです。さがらの方がぐっと近くにあります。
 オーツは「銀座」まで自転車で行きましたが、自転車をたくさんこいで、おなかをすかせるつもりでお店に行くのがよさそうです。
 自転車で行くことを考えると、オーツが夜行くことはなさそうですが、こういう店なら夜は夜でおいしいのでしょうねえ、たぶん。

喫茶 銀座喫茶店 / 沼袋駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

中国料理 鳴春@東長崎北口でニラ入り玉子炒めを食べる

 東長崎北口にある「中国料理 鳴春」には、前にもランチを食べに行きました。
2020.3.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474116273.html
 久しぶりに2回目のランチ訪問となりました。
 この店は、11:30 開店のはずですが、オーツが店に入った 11:40 の時点で店内の照明が消されていました。オーツが「開いていますよね?」といいながら薄暗い店内に入ると、お店の人が照明をつけ、「どうぞ、どうぞ」と言いました。
 今回は、650 円の定食として「ニラ入り玉子炒め」があり、あと2品は 750 円でした。この 100 円差は大きいと思います。そこで、ニラ入り玉子炒めを注文することにしました。
 少し待っていると、定食が運ばれてきました。
 ワカメ入りの中華スープが熱くておいしいです。漬物もいい感じです。主菜はちょっと単調な感じがしましたが、たっぷりしていました。杏仁豆腐も量が多めでいいと思います。
 650 円でこれが食べられれば、オーツとしては満足です。
 とはいえ、ここは東長崎の北口です。すぐそばに 560 円の定食を出す「普天河」
2020.6.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/475505206.html
がありますし、550 円の定食を出す「味源亭」
2020.5.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/475148251.html
も近いところにあります。それらと比べると、鳴春は約 100 円高いことになります。100 円相当の差があるかと考えてみると、そこまでの差はないように思われます。
 ということで、オーツとしては、普天河か味源亭に通うことにして、鳴春には行かないことにしましょう。決して悪い店ではないのですが。
 今回、オーツがお店に滞在していた時間は30分ほどでしたが、その時間内に他の客が誰も来ませんでした。新型コロナの影響で外出自粛があり、客足が落ちているならばいいのですが、そうでないとすれば、これは変です。オーツがお店にいた 11:40-12:10 といえば、ランチのピーク時間でしょう。その時間にこういうことでは、お店としても厳しいのではないでしょうか。

中国料理 鳴春上海料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

吉野家 江古田南口店でカルビスパイシーカレーを食べる

 吉野家は牛丼の店ですが、最近、牛丼以外のメニューを増やしているようなので、ちょっと試してみたいと思いました。そこで、カルビスパイシーカレーを食べてみました。
 カレーといえば、日本では国民食で、いつでもどこでも食べられて、それなりにおいしいものです。
 オーツは、CoCo壱番屋のカレーが好きで、このブログでも何回か記事にしました。他に、ステーキガストやしゃぶ葉といったすかいらーく系列のレストランでも(副食として補助的に)カレーを食べたことがあります。それなりにおいしくて満足しました。
 吉野家のカレーはどんな味か、興味がありました。飛びきりおいしいなんてことはないとしても、そこそこ普通に食べられるものか、どんなでしょうか。特に、名前に「スパイシー」がついていて、ちょっと辛そうなことも期待を高めました。
 食べた結果は、……やや残念でした。
 まず、全然辛い感じがしません。オーツは辛いものが好きですから、カレーといえば、まず何より辛くなくてはいけません。「スパイシー」とうたう以上は、それなりの辛さを期待しますが、食べた限りでは、これは辛さとほど遠いものです。やはり、辛口と甘口とがあるような店の辛口でないと、十分な辛さにはならないということがわかります。1種類の提供ということになると、誰でも食べられるように、そんなに辛くはできないものなのでしょう。だったら「スパイシー」などと名乗らなければいいのにと思います。
 次に、カレーのルーがかなりサラサラした感じになっており、スープカレーとまではいかないけれど、どろっとした感じではありません。この食感がオーツはあまり好きではありません。
 一緒に乗ってきたトッピング「カルビ」はおいしかったと思います。やはり吉野家は「牛肉」が得意なのでしょうかね。しかし、これも、十分に切れていないところがあり、金属製でない赤いスプーンでは切ることもできず、ちょっと食べにくいところがありました。
 オーツは、10分ほどで食べ終わり、616 円を払って店を出ました。レシートを見ると、スパイシーカレー・並 328 円、TP(たぶんトッピングのことでしょう)カルビ 232 円と分けて書いてありました。メニューでは、カルビスパイシーカレー 560 円となっていたのですが。
 総じてイマイチでしょうか。オーツは今後吉野家でカレー類を食べる意欲はなくなりました。この金額に見合う価値はないと思います。吉野家では、カレー以外のメニューを試してみることにしましょう。

 ここまで書いてきて気になったのですが、オーツが「スパイシー」の意味をとり違えている可能性もあります。
https://macaro-ni.jp/36547
スパイシーとは「辛い」というのとちょっと違うようです。

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

普天河@東長崎北口で鶏肉のピーリ辛炒め定食を食べる

 東長崎北口にある普天河は、オーツの場合、1回行っただけでファンになりました。
2020.2.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/473595928.html
 だいぶ間隔があいたので、久しぶりに普天河に行ってみました。お昼時でした。
 日替わりランチが3種類ありましたが、今回は、その中からB「鶏肉のピーリ辛炒め定食」560 円を注文しました。お店の外の黒板にも、お店の中の(テーブルの上の)メニューにも「ピリ辛」でなくて「ピーリ辛」という書き方がされていましたので、これが正しい言い方だと思われているようです。
 注文してまもなく、お盆にのった定食が出てきました。主菜とご飯の他に、味噌汁と漬物が出てきました。
 味噌汁! そうなのです。オーツの好みは中華スープなのですが、今回は味噌汁でした。白いお椀に入っており、レンゲが付いていました。味噌汁をレンゲで食べるのはどうも違和感があります。
 漬物は赤いダイコンで、酢漬けでしょうか。あまり中華料理らしくないと感じました。
 主菜はけっこうでした。炒めた赤唐辛子が何本か入っており、これが「ピーリ辛」の正体です。玉ねぎやピーマン、ニンジンなど、いろいろな野菜が一緒に炒められており、こちらはおいしく食べられました。
 というわけで、560 円という価格はとてもリーズナブルなのですが、味的にはイマイチの感じ(漬物と味噌汁の場合)がしました。
 江古田〜東長崎あたりでは、この価格のランチはなかなか食べられませんから、普天河でもう2〜3回は食べてみようと思いますが、味噌汁や漬物が付いてくるようであれば、よく行く店のリストからはずそうと思います。
 さて、次回はどうなっているでしょうか。期待半分、不安半分です。

普天河中華料理 / 東長崎駅落合南長崎駅千川駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


ラベル:普天河 東長崎
posted by オーツ at 05:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(12回目)

 江古田南口にある「さかなのおいしい味せ わさび」は、オーツがしばしば行く店です。江古田近辺では割とお気に入りの店です。
 前回は、息子と二人で飲みに行きました。
2020.5.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/475303637.html
 今回は、2人の息子の家族を含めて、全部で10人による夕食会となりました。店の一番奥の小部屋に通されました。テーブルの中に囲炉裏が組み込んであり、天井から自在鉤がぶら下がっており、もしかするとここで鍋料理などができるのかもしれません。
 アルコールを飲んだのはオーツと長男で、次男も飲めるのですが、自宅でのオンライン飲み会の後で、すでに酔っ払っていましたから、お店では少し飲んだだけでした。
 大人は3組の夫婦6人でした。それに子供が4人いて、全部で10人でした。
 食べたものは、お通し(コンニャク玉の煮物)300 円×6、マルゲリータピザ 950 円×2、ブリカマ塩焼 800 円、パリパリサラダ 680 円、とりの唐揚 500 円×2、お刺身2名盛 1,980 円×2、自家製ざる豆腐 580 円×2、おにぎり(2個)550 円×4(鮭6個、すじこ、梅)、ホッケ焼 480 円、お新香盛り合せ 550 円、コロッケ 700 円×2でした。子供たちは、ピザ、とりの唐揚、おにぎり、コロッケあたりを中心に食べていました。それぞれ満足したようです。
 オーツが飲んだものは、生ビール・中・スーパードライ 580 円、日本酒・黒龍 640 円でした。
 長男が黒ホッピーセット 430 円、ホッピー中 250 円×2を飲みました。
 次男がハイボール 430 円を飲みました。
 あとは、子供と女性陣がグレープフルーツジュース 300 円×2、ウーロン茶 300 円×2、ジンジャエール 300 円を飲みました。
 食べたものでは、刺身がおいしかったですね。今回は下に敷く氷なしでお皿に盛り合わせてあったし、しかもわさびがたっぷり付いていて、オーツの好みに合いました。こういうのを食べながら日本酒を飲むと「幸せ」を感じます。
 何種類かの焼き魚もよかったと思います。
 お店には約2時間いました。4人の子供たちがにぎやかに飲んだり食べたりしていたことが印象に残りました。成長しています。女性陣3人もおしゃべりが弾んでいました。自粛がしばらく続いたので、そのうっぷんを晴らした面もあったのでしょうね。
 なお、この他にクーポン持参で、大人用の焼酎を5杯、子供用のアイスクリームを4個もらいました。焼酎はオーツが3杯と長男が2杯飲みました。
 会計すると、小計 20,010 円に消費税が付いて 22,010 円になりました。子供2人で大人1人分と計算すると(次男は除外して)、7人分ということになりますから、一人3千円ちょっとということになります。安いものです。でも満足しました。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

銀座@新江古田でシャケカマ定食を食べる

 オーツが自宅の周りを散歩していたときのことです。このときはちょっと足を伸ばして、沼袋駅方向に歩いていきました。すると、道端に1軒の店を見つけました。「銀座」という名前です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13205765/
江古田あたりで「銀座」と名乗るのも珍しいと思います。しかし、お昼には定食類も食べられるということなので、数日後に訪問してみようと思いました。
 このあたりは住宅街で、お店がほとんどありません。駅としては沼袋と新江古田が同じくらいの距離です。いずれにしても徒歩で行くには不便です。
 オーツは、実際に行く前に、食べログで検索して、お店に電話して営業時間を確認してみました。食べログには営業時間・定休日が記入されていなかったためです。すると、営業時間は朝 7:00 からという話でした。こんなに朝早くから営業なんですね。定休日は決めておらず、不定休だという話でした。ほぼ無休ということでしょう。
 とある日、オーツが 11:00 ころにお店に着くと、すでに先客が2人ほどいました。店内は思いのほか広く、けっこうな数のテーブルなどがありました。店内に酒類の瓶が置いてあり、夜は飲み屋になるようです。
 オーツはカウンターに座りました。女性が紙のおしぼりとお冷やを持ってきてくれました。お冷やには氷が入っていませんでした。ちょっと残念です。それから、女性が消毒液を持ってきて、オーツの手に吹きかけました。まあ、今の時期、どこでも見られる光景です。
 オーツがランチを食べたい旨をいうと、ランチメニューを出してくれました。(お昼でも飲む人がいるので、メニューを分けているようです。)生本マグロトロブツ定食 1,000 円がおすすめということで、オーツも触手が伸びそうになりましたが、焼き魚定食 600 円というのもあるので、魚の種類を聞いてみました。シャケかサバだそうです。それに +100 円で、シャケカマもあるということでした。なんとなくシャケカマがよさそうな気がしたので、これを注文しました。
 テレビを見ながら待つことしばし。お盆にのってシャケカマ定食(お店の人がそう言っていました)が出てきました。
 シャケカマの他に、やや多めのご飯とこれまたたっぷりの味噌汁、そして、お新香と小鉢が二つです。
 シャケカマがおいしかったですねえ。温かくて、香りが引き立ちます。そして、味噌汁もおいしく思いました。具として豆腐、油揚、ワカメ、ネギが入っていました。味噌汁がおいしいと定食全体が好印象を与えます。
 一食分として満足しました。
 こうして食べ終わってから、お店の人に聞いてみました。「朝 7:00 からやっているというのは新型コロナの影響ですか、それとも普段からいつも 7:00 なのですか。」「普段から 7:00 開店です。新型コロナの影響で、現在は 5:00 からやっています。」ひえーっ。「5:00 にお客さんが来るのですか。」「はい、そういうお客さんもいらっしゃいます。」何ということでしょう。5:00 からやっている店というのは珍しいと思います。24時間営業の店でなければ、そんな時間に開いているとは思わないでしょう。
 オーツは 700 円を払ってお店を出ました。これで 700 円というのはおトクです。シャケもサバも食べてみたいと思いました。

喫茶 銀座喫茶店 / 沼袋駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


続きを読む
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

江古田近辺のファミリーレストラン

 江古田のファミリーレストランについて、3年前にブログ記事で書いたことがありました。
2017.6.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/450442827.html
この記事で示したように、オーツなりのファミリーレストランの定義として、キッズメニューがあることと、駐車場があってクルマで行けることの二つの条件を考えておきます。
 江古田近辺でそれに該当するものをリストアップすると、以下のようになると思います。3年前のブログ記事の改訂版です。
 それぞれの店のキッズメニューと、オーツのブログ記事を示しておきます。オーツのブログ記事が示されていない店は、オーツが(小さい子供、つまりオーツの孫と)その店に入ったことがないことを意味します。

・バーミヤン 練馬豊玉店
https://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/menu_category.html?cid=109
2020.2.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/473475716.html
・ステーキガスト 落合南長崎店
https://www.skylark.co.jp/steak_gusto/menu/menu_category.html?cid=120
2018.10.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/462117619.html
・ジョナサン 豊玉店
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_category.html?cid=115
2019.10.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/471032301.html
・ガスト 中野江古田店
https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/menu_category.html?cid=107
2020.3.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/474306759.html
・藍屋 落合南長崎店
https://www.skylark.co.jp/aiya/menu/menu_category.html?cid=113
2020.4.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/474586138.html
・デニーズ 小茂根店
https://www.dennys.jp/menu/kids/
・びっくりドンキー 板橋こもね店
https://www.bikkuri-donkey.com/menu/1049/children/
2017.5.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/450320700.html
・しゃぶしゃぶどん亭 江古田店
http://www.don-tei.jp/fmenu_list.html?fmenu_categ_id=6
2019.12.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/472187593.html
・サイゼリヤ 西落合店
http://www.saizeriya.co.jp/menu/kids.html
・ロイヤルホスト 江古田店
http://www.royalhost.jp/menu/kids/
2019.9.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/470121115.html
・木曽路 環七小竹町店
http://www.kisoji.co.jp/kisoji/navi/shop_menu.asp?ShopNo=256
2018.10.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/462324381.html
posted by オーツ at 04:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする