2018年02月12日

なか卯 江古田店で和風牛丼を食べる

 オーツは、久しぶりに江古田南口にある「なか卯」に行きました。
http://maps.nakau.co.jp/p/zen009/dtl/ID0200132/
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13158906/
実は、JAF の会員宛てに送られてくる JAF PLUS 2・3月号で「小うどんはいから(1杯)無料券」が付いていたので、これを使ってみようと思って行ったのでした。
 和風牛丼(並)380 円にしました。
http://www.nakau.co.jp/jp/menu/detail/in/1
 けっこうな量がありました。牛丼だけでも十分なのに、うどんも付いてきたので、おなかいっぱいになりました。味のほうは、牛丼もうどんもかなりいい線行っていました。
 オーツとしては満足しました。
 注文品と一緒に、「唐あげ(2個)無料券」と「こだわり卵無料券」が付いてきました。なかなか太っ腹です。次回来店時から有効ということで、リピーターを増やしたいようです。いずれも2月28日までの有効期限があるというわけです。
 2枚がくっついた形になっていましたが、1回に1枚しか使えないようです。
 さて、2月中にもう1〜2回行くでしょうか。

なか卯 江古田店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 05:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

サイゼリヤ 戸塚平戸店でランチ

 日曜日、オーツは、小学校1年生と4歳の孫を連れて、妻と一緒にサイゼリヤ 戸塚平戸店でランチを食べました。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140305/14039101/
 駐車場はかなり空いていました。お店に入ったのは、11:35 くらいでした。
 店内は、ちょっと混み合っていた感じでした。店員さんが少な目なのでしょうか、呼出ボタンを押してもなかなかオーツたちのテーブルのところまで来てくれませんでした。3回ほど押して、注文を伝えました。
 二人の孫は、キッズメニューを見て、キッズプレート 399 円×2を頼みました。さらに、おこさまポテト 108 円を一つ注文し、二人で半分ずつ食べることにしました。
 オーツは、小エビのサラダ 349 円、ミラノ風ドリア 299 円、コーンクリームスープ 149 円を注文し、妻は ほうれん草のグラタン 399 円にしました。
 注文品が出てくると、子供たちがいろいろ食べたいと言ったので、ミラノ風ドリアとほうれん草のグラタンを取り分け皿に入れてあげました。コーンクリームスープも小皿に分けました。
 何はともあれ、子供たちがおいしそうにたくさん食べてくれるとうれしいものです。
 とはいえ、少し足りない感じに思えたので、コーンクリームスープをもう一つ追加し、さらにセットプチフォッカ 79 円を注文しました。
 こんなものを食べていると、孫たちがジュースを飲みたいと言い出しました。キッズドリンクバー 110 円×2を注文し、二人とも、オレンジ味のものとぶどう味のものを飲みました。
 いろいろ食べましたが、子供がいると食べるのに時間がかかります。最終的に、店を出るときには、13:13 になっていました。レシートにそう書いてあります。100分のランチ時間というのはかなり長めです。
 しかし、食べたものはそれぞれにおいしかったし、何といっても子供たちが元気においしそうに食べられたことで、オーツとしては満足しました。
 会計すると、合計で 2,550 円でした。二人の子供で大人1人分と考えると、一人あたり 800 円ほどということになります。安いです。でも、十分満足できました。
 家族向け(子供連れ)には、サイゼリヤはかなり使い勝手がいいのではないでしょうか。

サイゼリヤ 戸塚平戸店ファミレス / 東戸塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

とろわる@江古田北口で息子と孫と会食(2回目)

 江古田北口にあるとろわるは、けっこうおいしい店だと思っています。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13196182/
 以前、行った話はこのブログで書いたことがあります。
2017.8.22 http://o-tsu.seesaa.net/article/452880220.html
 先日、4歳の孫が息子と2人の食事よりも、みんなで一緒に食事をしたいと言い出したそうです。どこがいいか尋ねると「飲み屋さんがいい」と言ったとのことで、とろわるに行くことにしました。4歳にして「飲み屋」を知っているとは、う〜ん。
 オーツは 18:30 に店に着きました。息子と孫は少し遅れてやってきました。
 オーツたちは、テーブルの上に置いてあった本日のメニューなどから適宜注文しました。最後に会計したとき、レシートをもらったのですが、手書きのメニューの分は「カスタム商品」としか記載がないので、オーツの記憶で以下に書きます。メモしながら注文したのではなかったので、品名、金額とも不正確です。
 食べたものは、刺身盛り合わせ(赤エビ、真鯛、イカ)780 円、カキ4個と大根3個のおでん 880 円、魚のハムかつ(4個)680 円、浅漬け鶏肉の唐揚げ(4個)580 円、じゃこのおにぎり 250 円、牛ヒレ肉の串焼き(2本)680 円、ピリ辛坦々パクチーもやし 380 円でした。
 飲んだものは、生ビール 480 円×2、日本酒(燗)580 円×2(銘柄は忘れました)、フグのひれ酒 630 円、焼酎(お湯割り)松露 芋 380 円、焼酎(お湯割り)朝日(黒糖)480 円でした。
 以上合計 7,840 円に消費税を加え、端数 7 円を引いて、8,460 円となりました。
 孫は、いろいろ食べていました。おでんはカキと大根という珍しい取り合わせでしたが、いずれもいけました。大根は味がきちんとしみていて、温かくて、この季節にはぴったりです。孫は、カキも大根も残さず食べていました。魚のハムかつは魚のすり身を使ったもので、孫の大好物となりました。鶏肉の唐揚げはいうまでもなく孫の大好物でした。じゃこのおにぎりは孫がもっぱら食べていましたが、おいしそうに食べていました。オーツも少し分けてもらって食べましたが、確かにおいしいと思います。牛ヒレ肉の串焼きは金属製の串に刺さった形で2本出てきましたが、息子とオーツで食べました。これまたけっこうでした。
 というわけで、とろわるの料理はみんなおいしいと思います。小さな子供でもおいしく食べられます。いい店です。
 フグのひれ酒は、確かに焼いたひれが入っていましたが、ひれが焼きすぎで、味はイマイチでした。それ以外の日本酒は熱燗でおいしくいただきました。オーツは生ビールの他に日本酒を3合ほど飲んだことになります。ちょっと適量を超えてしまいました。しかし、楽しくおいしく飲めてよかったと思いました。
 とろわるには1時間ほどの滞在でした。おなかが温まって、寒い日にはこんなのが心地よいものです。

とろわる居酒屋 / 江古田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 03:47| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

家帝 YETI@桜上水南口(9回目)

 家帝(YETI)は、オーツが桜上水で一番気に入っているインドカレーの店です。
 たびたび訪問しています。
 しかし、このブログではあまり記事を書いておらず、前回書いたのは、5年前です。
2013.5.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/362215793.html
 最近、気が付いたのですが、この店にはクーポンがあります。
https://www.hotpepper.jp/strJ000855397/map/
一人からでも利用でき、ランチが 5%OFF になります。こういうのは使わないと損をした気がします。
 さっそくクーポンを印刷して持参しました。
 いつものことながら、おいしいインドカレーを食べました。オーツはいつも野菜カレーの辛さD(ベリーベリーホット)を注文します。メニューにはCまでしかないのですが、裏メニューで作ってくれます。
 この辛さがたまりません。
 しかも、辛さの中にうまさがあるのです。オーツの好みの味です。
 ナンをおかわり(小さいナンを注文して)食べて、満腹になりました。お店の人がおかわりを勧めるタイミングも絶妙です。「サービス」を感じます。
 さて、会計するとき、レジで 768 円を請求されました。あとで小銭のおつりを確認すると、232 円が小銭入れに入っていましたから、この金額は確実です。
 オーツはこの金額を払って店を出てから、ちょっと計算が合わないような気がしました。
 電卓で確かめてみましょう。
 750 円 × 1.08=810 円がいつもオーツが払っている金額です。この5%引きですから、810 円×0.95=769.5 円になるはずです。768 円というのは1円安くなっています。まあ、オーツのほうがトクをしたのだし、ことを荒立てる必要はありませんが、この店はクーポンの扱いに慣れていないのかもしれません。めったにクーポンを使う客がいないのでしょうか。

家帝 桜上水店インドカレー / 桜上水駅上北沢駅下高井戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(7回目)

 江古田南口にある龍厨房は、オーツがよく行く中華居酒屋です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13144270/
 安くておいしいので、妻が行こうと言い出すことが多いのです。
 前回もブログに記事を書きました。
2017.10.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/454283458.html
 今回もまた3人の孫との会食を考え、日曜日に行くことになりました。
 実は、「わさび」
2017.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/455597692.html
を第1候補にしたのでした。ところが、おもちゃが置いてある和室を予約しようとしたところ、すでに先約があるという話でした。やむを得ず、龍厨房に変更となりました。
 最初は大人4人(息子夫婦とオーツ夫婦)、子供(孫)3人でスタートし、途中で大人2人+子供2人が抜け、大人1人が大幅に遅刻して加わった形になりました。
 例によって、レシートを見ながら飲み食いしたものを書き留めておきましょう。
 シーザーサラダ 324 円、胡瓜ピリ辛 324 円、枝豆 324 円、鶏肉唐揚げ 324 円、マーボー茄子 324 円、椎茸とチンゲン菜炒め 324 円、カニクリームコロッケ 324 円、ポテトフライ 324 円、席料(お通し)324 円×4、お疲れ様セットA(生ビール、冷やしトマト、ザーサイ) 734 円、お疲れ様セットB(ハイボール、小籠包、マーボー春雨)842 円、ネギマ串(焼き鳥)324 円、五目チャーハン 324 円、焼き餃子 324 円×2、ライス 216 円、紹興酒(15年ものボトル)2,268 円、生ビール324 円、茄子味噌炒め 324 円、あんかけ焼きそば 324 円、ハイボール 324 円。以上の合計で 10,540 円でした。
 最初に、子供向けのメニューを選び、子供たちに食べさせました。よく食べました。カニクリームコロッケは4個出てきましたが、4歳の孫が2個食べ、あとの2人が1個ずつとなりました。早い者順でしたが、不思議とけんかにはなりませんでした。
 小籠包は3個出てきましたので、3人の子供が1個ずつ食べました。おいしかったようです。
 ポテトフライなどは3人で競うようにして食べ、あっという間になくなってしまいました。一方、意外なことに鶏肉唐揚げ(5個)は、2人の子供が「辛い」といって食べませんでした。食べ残したものをオーツが食べてみましたが、たしかにちょっと胡椒が利いていましたが、まあそれほど辛いとも思えませんでした。もう一人の子供は、そのまま普通に食べていましたし。
 焼き餃子も、子供たちは手を出しませんでした。おいしいのに、不思議です。息子は酢とラー油をつけて餃子を食べていました。オーツもマネをしてみると、意外においしく食べられました。醤油なしでもいいと思いました。
 オーツはそれぞれの料理をおいしく食べました。おいしいのに、この価格というのは立派です。他の店なら1皿で500円〜700円くらいといわれてもおかしくないものです。300円居酒屋を名乗るだけのことはあります。
 オーツはまた来ようという気持ちになりながらお店を出ました。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4


posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

インド料理ミラン(MILAN)@下高井戸(14回目)

 下高井戸北口にあるミランはオーツが定期的に通っているインドカレーの店です。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13110690/
 このブログでは2年ほど前に記事を書いたきりですが、
2016.2.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/433992088.html
実際はその間にも何回か食べています。
 オーツの感覚では、ミランのカレーは下高井戸で一番おいしいと思います。辛さが1〜5段階で選べますが、オーツは裏メニューでいつも6辛を注文しています。この辛さがたまりません。そして辛さの中にうまみが感じられます。
 先日、この店に行ったとき、ホール担当の店員が以前と変わっていました。男性の新人です。顔つきと日本語の発音から外国人であることがわかります。ネパール人でしょうか。しかし、オーツは、この店員の対応が二つの点で問題のように思いました。
 まず、オーツがBセットということで、野菜カレー+ナン+ラッシーを注文しました。野菜サラダ付きで 720 円です。ちょっと待っていると、店員が野菜サラダとラッシーを持ってきて、オーツのテーブルに置きました。しかし、無言でした。普通は「お待たせしました」とか「サラダとラッシーです」とかいうものでしょう。
 オーツがラッシーを飲み、野菜サラダを食べながら待っていると、やがて、店員がカレーとナンを持ってきました。このときも無言でした。客の注文の確認の意味もあって、「野菜カレー6辛です」とか言うものでしょう。
 3回目は、伝票を持ってきたときです。オーツがカレーを食べているときでした。店員は、やはり無言で伝票を裏返しでテーブルに置きました。しかし、これは無言でもいいかもしれません。そっと(客に気づかれないように)置くということと、客がカレーを食べているところをじゃましたくないということがありそうに思います。
 この店員は、注文のやりとりなどを日本語でこなしていますから、それなりの日本語能力はあると思います。しかし、無言で料理をテーブルに置くやり方は、以前の中国やソ連などの共産圏で若干見られたものの、日本国内ではとても珍しいものです。サービス業としては問題ではないでしょうか。
 こういう言語行動面も含めて「日本語使用能力」と考えるべきなのかもしれません。
 これは店員の問題ではありません。そうさせている(あるいはそれでいいと思っている)店長の責任です。従業員教育ができていないというべきです。
 以前の店員は、普通に応対していました。数年前にはとても明るい男性がホールを担当していて、ミランに行くたびに気分が明るくなりました。
 さて、いつもの通り、オーツはカレーもナンもおいしくいただきました。ラッシーも野菜サラダも全部平らげ、水を飲みながら、そろそろ会計をしようと思いました。
 オーツがテーブルの上の伝票を裏返して価格を確認し、ポイントカードを財布から取り出し(毎回「ミラン」のハンコをもらいます)、小銭入れからコインを取り出して、100円玉の枚数を数えていました。すると、店員がテーブルの上の伝票とポイントカードを手にとって「ありがとうございます」と言ったのです。店員はレジを打ち始めました。ちょっとタイミングが早すぎます。まだ、客がお金を数えていて、客から「お勘定!」とか声をかけていない段階です。これから、(100円玉の枚数が足りない場合)小銭をしまって、お札を取り出すかもしれないではありませんか。
 こんなことがあっても、ミランのカレーはおいしいので、オーツは今後も通うつもりです。しかし、客の受け取り方としては、違和感を感じる人が多いのではないでしょうか。もしかすると、それがきっかけになって、ミランに入る客が減ってしまうかもしれません。その先は、売り上げが伸びず、最悪の事態としては閉店ということがあるかもしれません。
 いつも同じ時間帯にミランに行くオーツの観察では、この日、心なしか以前よりも客の入りが少ないように感じられました。
 マクドナルドではないけれど「スマイルは0円」ということで、店員が客ともう少しコミュニケーションを心がけるといいと思いました。カレーの味は十分満足レベルなので、あとは店員の応対が改善されればいうことなしの店になります。とはいえ、こういうことはなかなか店側に気づかれにくいので、改善はむずかしいでしょうねえ。

MILAN 下高井戸店インド料理 / 下高井戸駅松原駅明大前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:06| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

皇家小籠包@新江古田で麻婆茄子定食を食べる

 新江古田の駅からちょっと東に行ったところにある皇家小籠包
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13216975/
は1月4日に開店したばかりの店です。以前、ステーキのケネディがあったとところです。
 ネット内には、記事が少し出てきたところです。
http://s-nerima.jp/wp/114796
http://s-nerima.jp/wp/114790
 オーツは、この店の前を通りかかって、看板に定食もあると書いてあったので、食べてみることにしました。注文したのは、麻婆茄子定食でした。
 待つことしばし。
 出てきました。写真通りです。麻婆茄子の大皿、ご飯、中華スープ、杏仁豆腐、そして麻婆豆腐の小皿です。麻婆茄子は熱くておいしかったです。しかし、中華スープはややぬるい感じで、せっかくのおいしさも半減してしまいます。ご飯はちょっと固めでしたかね。杏仁豆腐は容器にたっぷり入っていて食べ応えがありました。麻婆豆腐は、小皿ということもあって冷めやすく、先に食べるくらいでちょうどよかったようです。
 というわけで、一般的な感想でいえば、十分合格点が付けられると思います。
 しかし、ここは江古田です。競合店がいろいろあります。皇家小籠包は目白通りに面しているので、競合店とはかなり距離があるのですが、それにしても、この金額と味と量を勘案すれば、江古田駅の近くにあるあの店、この店のほうがいいということになってしまいそうです。
 夕方にも使える一般メニューもちょっと見てみました。お店の名物である小籠包が1個200円で3個以上で注文する仕組みになっており、ちょっと金額が高めです。他の料理も全体的に高めの価格設定になっていました。夕方、気楽に飲むにはちょっと入りづらいかと思います。オーツだったら江古田駅の近くのあの店、この店のほうに足が向くように思います。
 今回食べた麻婆茄子定食は、通常 780 円ですが、開店記念特価で 680 円になっていました。100円引きというわけです。定食類はすべて100円引きでした。
 レジでは、とあるおじさんが少し文句を言っていましたが、それは店の前に「定食100円」と書いてあるから自分が注文したものも100円ではないかという趣旨でした。
 店の書き方も「引」の字がなかった点で、問題といえば問題なのですが、今時、いくら開店記念だからといって定食類が100円で食べられると考えるほうも少し変だと思います。

皇家小籠包飲茶・点心 / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 05:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

トスラブ館山ルアーナのランチ

 トスラブ館山ルアーナは ITS 健保組合が運営している保養施設です。
http://www.its-kenpo.or.jp/shisetsu/hoyou/chokuei/toslove_luana/index.html
 あるとき、ここでランチを食べました。事前に予約しないと食べられません。
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12038594/
 オーツは、煮魚御膳、妻は天婦羅御膳にしました。
 煮魚御膳は以下の通りでした。

tateyama4.JPG

 この日の煮魚は、金目鯛でした。煮汁に浸っていたのは、金目鯛の他に、ナス、カボチャ、サツマイモなどの野菜類でした。それに加えて、きんぴらゴボウ、味噌汁、ご飯、漬物、そして刺身3点盛り(ショッコ(カンパチの幼名)、マグロ、スズキ)でした。フルーツの盛り合わせもありました。天婦羅御膳は、煮魚の皿が天婦羅に変わったものです。
 全般においしくいただきました。金目鯛もおいしかったけれど、それ以上に野菜の煮物がいけました。刺身もわさびがたっぷりあってけっこうでした。オーツはわさびが多めのほうが好きなのです。
 ご飯はおかわりできます。ちょっと少なめだったので、おかわりしました。2杯食べると十分でした。
 漬物は量は少なめでしたが4種類も出てきました。味はけっこうでした。
 ただし、味噌汁の味はイマイチだったように思います。
 これで 1,080 円というのはお値打ち品です。ITS 健保組合の加入者(およびその同行者)でないと利用できませんが、可能な人は利用するといいでしょう。当初、オーツは館山近辺でお昼を食べようと思い、お店を調べたりしたのですが、それよりも、トスラブ館山ルアーナのレストランで食べる方が安くておいしくてベターだと思います。普通の感覚では 2,000 円くらいはしそうなランチでした。

 翌日のランチには、天婦羅そばを食べました。

tateyama5.JPG

冷たい蕎麦にたっぷりの刻みネギとワサビが付いて、千切りの海苔も付いていました。この蕎麦がおいしいのです。けっこう本格的な味がします。そこらへんの蕎麦屋の蕎麦よりもおいしいと思います。
 天婦羅は、いろいろなネタがありました。エビ、シイタケ、サツマイモ、イカ、ピーマン、あと何でしたかね。こちらもカリッと揚がっていておいしくいただきました。
 これで 750 円とは信じがたいです。少なくとも 1,500 円はするものでしょう。
 ここはお得なランチが食べられます。

 参考までに、昼のメニューを示しておきましょう。2018.1.1 現在です。

tateyama6.JPG

tateyama7.JPG

トスラブ館山ルアーナ旅館 / 館山市その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.7


posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

江古田カレーハウスが閉店

 江古田カレーハウスはオーツがお気に入りのインドカレーの店でした。
 ブログ記事としては1回しか書いていませんが、実は何回も食べに行きました。
2017.8.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/452429968.html
 先日来、行くたびに店が営業していないので、変だなあと思いましたが、今日、入口のガラス戸のところに「opening soon toriyasu」と書いてあってわかりました。この店は閉店したのでした。江古田駅から少し遠いので、この位置でインドカレーの店をやっていくのはなかなか大変なのでしょう。次は焼き鳥屋さんになるのかもしれません。
 ところで、江古田でインドカレーを食べる場合、どうしましょうか。
 近いところでは、スワディスト
2016.5.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/437818674.html
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13194416/
があります。オーツ好みの激辛にしてもらえます。行くならここでしょう。
 しかし、今の状況を考えると、勤務先の桜上水〜下高井戸で、激辛のインドカレーがおいしい店が二つあるので、江古田ではインドカレーを食べなくてもいいのかもしれません。オーツが退職して、桜上水〜下高井戸に行かなくなったら、江古田のインドカレーを食べ始めるというのでもいいように思います。
posted by オーツ at 03:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

居酒屋 未来@桜上水南口で飲む(2回目)

 オーツは、以前にも桜上水南口にある居酒屋 未来で飲んだことがありました。
2017.11.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/454865823.html
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13215176/
そのときは、若干飲み過ぎて、何を飲み食いしたか、あまり覚えておらず、レシートももらえなかったのでした。
 先日、再度この店に行こうという話になりましたので、手元の紙に注文した品をメモしながら飲み食いしました。最後に会計すると、今度はレシートをくれました。それを手元のメモとつきあわせると、(お通し以外は)完全に一致しました。というわけで、飲み食いしたものの完璧なリストを書くことができます。
 この店は外税方式なので、メニューに書いてあった金額とレシートに書いてあった金額を「→」でつないで示します。
 3人による飲み食いです。
 まず、飲んだものは、生ビール・スーパードライ(中)480 円→518 円、濃醇梅酒(ロック)380 円→410 円、濃醇梅酒(お湯割り)380 円×4→1,640 円、日本酒・八海山(本醸造)850 円→918 円、日本酒・大徳利(288ml) 550 円→594 円、日本酒・浦霞 650 円→702 円、それにコーラ 270 円→291 円でした。
 オーツが飲んだのは、いつものようにビールと日本酒でした。寒い時期なので、大徳利を注文するときには「熱燗で」といったのですが、あまり熱くなく、ぬる燗程度でした。
 食べたものは、お通し 324 円×3、グリーンサラダ 380 円→410 円、刺身盛り合わせ(3人前)1,590 円→1,716 円、ししゃも 380 円→410 円、にらチヂミ 500 円→540 円、牛タン塩焼 850 円→910 円、あさり酒蒸し 599 円→646 円、たこ唐揚げ 600 円→702 円、いももちチーズ揚げ 400 円→432 円、レバニラ炒め 650 円→702 円でした。
 お通しは、特に注文しなかったのですが、まあこういう店ではよくあることです。後から考えると、最初に出てきた枝豆がお通しだったことになります。
 食べたものは全般においしかったと思います。
 オーツが特に気に入ったのは、いももちチーズ揚げでした。丸いまんじゅうのような形をしていて、2個セットで出てきました。オーツが1個、連れが半分ずつ食べることにしました。オーツは「いももち」を初めて食べたと思います。ジャガイモをすりつぶしたものにチーズを加えて焼いてあるようです。味と香りが絶妙で、気に入りました。
 また、あさり酒蒸もおいしくいただきました。汁が特においしく、3人で取り皿に分け合って、チュルチュルすすりました。
 メニューには、主食の代わりになるものもいろいろあったのですが、結局、酒を飲みながらだったので、こんな料理で十分になってしまいました。
 行ったのが平日の夜だったので、満席になることもなく、ゆっくり飲み食いできました。オーツたちは6人掛けのテーブルを使いました。19:00 に店に入って、21:00 に出ました。
 会計すると、合計で 12,513 円となりました。3人でこの金額というのは、まあこんなものでしょう。
 会計時には、クレジットカードが使えませんでした。電話で予約したときに聞いた話ではOKのはずでしたが、実際は使えなかったのでした。オーツは、現金の手持ちが少なかったので、ちょっとあわてました。

 そういえば、日本酒の大徳利を注文したとき、出てきた徳利とおちょこに「庄や」の文字が書いてありました。この店の前身の店です。まったく新しい店になったのですが、以前の店の名前入りの食器を使っているということは、経営者が変わったわけではなく、名前を付け替え、メニューを一新したのかもしれません。

居酒屋 未来居酒屋 / 桜上水駅下高井戸駅上北沢駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

玄品ふぐ 練馬の関(5回目)

 昨年にも行ったのですが、
2016.12.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/444958563.html
寒い時期になるとフグの鍋(てっちり)が食べたくなります。
 先日も、オーツ夫婦と長男家族4人、次男家族2人の8人で鍋を囲みました。
 大人が5人、子供が3人(6歳、4歳、3歳)だったので、天楽コースを5人前頼みました。
 しかし、1年前とは違って、子供たちがフグを食べるようになっていました。唐揚げなどはけっこう好物のようで、かなり食べます。焼きふぐもそれなりに食べていました。
 そんなことを考えると、もしも次回そういう機会を設けるならば、子供の分も(2人で大人1人前とか)注文するほうがよさそうです。
 ちなみに、唐揚げを最初に持ってきてもらうようにしました。小さな子供たちでも食べられるように(おなかをすかせながら待つことがないように)しようというつもりでした。結果的に大正解だったことになります。
 デザートのアイスクリームは、8人分出してくれました。
 2時間ほどで雑炊まで食べ尽くし、ひれ酒の味と香りを楽しみ、いい気分で帰宅の途につきました。
 外税 2,798 円を含み、37,770 円でした。金額的にはそんなものでしょう。
 しかし、前回と違ったことがありました。オーツは酔っていて少し記憶があいまいですが、以前は、明細を書いたレシートをくれたように思いますが、今回は、支払総額を書いた領収書のみをくれました。その場で明細を確認したつもりですが、あとで財布の中に入っていた領収書を見たら、総額しか書いていなかったというわけです。後日、しらふの頭で確認しようにも、これでは確認できません。少しだけ不満に思ったことでした。

玄品ふぐ 練馬の関ふぐ / 練馬駅桜台駅豊島園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

さかなのおいしい味せ わさび@江古田南口(8回目)

 江古田南口にある「わさび」は、何回も行っている居酒屋です。前回の記録はブログ記事
2016.9.5 http://o-tsu.seesaa.net/article/441635940.html
に書きました。
 先日は、妻と息子と3歳の孫とオーツの4人で夜の時間帯に行きました。
 3歳の孫にどこに行くか、聞いたところ、「まんまるや」か「わさび」がいいというのです。何と、店の名前を覚えているのですね。あいにくその日は「まんまるや」の定休日だったので、「わさび」に行くことになりました。この店の一つの座敷には、子供用のおもちゃがたくさん入ったカゴがあるのです。孫はそれを覚えていたようです。
 さて、例によってレシートを見ながら、オーツたちが飲み食いしたものをメモしておきましょう。食べたものは、お通し(切り干し大根煮物)300 円×3、金目鯛煮付 780 円、ホッケ焼 480 円、自家製ざる豆腐 580 円、マルゲリータピザ 950 円、牛すじ煮込み 480 円、おすすめ寿司盛り 1,000 円、ツナサラダ 680 円、ネギ間(2本)400 円、鶏の唐揚げ 500 円、セロリお新香 480 円、五色納豆 780 円でした。これらを大人3人+幼児1人で食べたわけです。
 飲んだものは、生ビール中(スーパードライ)580 円×2、わさび麦焼酎 400 円、日本酒(田酒・純米吟醸) 850 円、日本酒(明鏡止水・純米吟醸)700 円、ハイボール 430 円でした。これらを大人2人で飲んだことになります。オーツとしてはおいしい日本酒がいろいろ取りそろえてあるのがいいと思います。
 今回、クーポン
https://www.hotpepper.jp/strJ000245778/map/?vos=nhppalsa000013
をプリントして持参したので、焼酎は無料のはずですが、有料になっていることに今気がつきました。実は、オーツと息子が頼んだので、2杯だったのですが、1杯が無料になっていて、もう1杯が有料という計算です。注文した時間がずれていたので、こうなってしまったのかもしれません。妻はアイスクリームを頼むはずでしたが、注文を忘れたようです。
 飲み食いしたものは全部おいしかったので、まあいいことにしましょう。
 孫は、金目鯛煮付、マルゲリータピザ、ホッケ焼、寿司(その中の玉子、イクラ、鉄火巻きなど)を食べていました。あまりたくさん食べなかったようですが、まあいいでしょう。十分食べたようです。
 五色納豆は、オーツは全然食べませんでしたが、納豆の上に、まぐろなどの海鮮ものが5種類のっていました。息子はそれらを全部グチャグチャにして掻き込んで食べていました。
 会計すると、消費税が乗り、合計 12,470 円になりました。一人 4,000 円ほどになった計算です。十分飲み、おいしく食べられたので、満足しました。

わさび居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ロイヤルホスト 江古田店で3歳の孫とランチ

 ロイヤルホスト 江古田店は、オーツの自宅から近いファミレスです。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13047430/
以前にも、ここで孫とランチを食べたことがありました。
2017.1.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/446077161.html
 先日は、その孫とは別の孫とランチを食べに入りました。今、3歳です。
 孫は、キッズメニューを見て、「おこさま オムライス&エビフライプレート」
https://www.royalhost.jp/menu/kids/post_210.html
がいいといいました。950 円です。もう自分で何でも選べるようです。
 オーツは、国産豚のロースかつ膳〜特製かつソース〜
https://www.royalhost.jp/menu/grand/pork/post_177.html
にしました。1,382 円です。
 注文してからランチが出てくるまでにおもちゃを一つもらい、孫はそれで遊んでいました。単なるおまけとはいえ、本格的なタンクローリーでした。チョロQのように、ゼンマイを動力にして走ります。プルバックして手を離すだけの簡単動作です。
 店員は、幼児用エプロンと、プラスチック製のフォーク・スプーン・ナイフ、それに小さい深皿を事前に持ってきました。それに加えて、「おこさま オムライス&エビフライプレート」にはスープ用のスプーンと、もう一つ小型のスプーン(ヨーグルト用でしょうか)が付いてきました。
 孫は、フライドポテトを全部食べました。エビフライはオーツがナイフとフォークで一口大に切ってあげると、2口くらい食べました。ヨーグルトもまあまあ食べました。オムライスは、オーツが玉子とチキンライスをスプーンに乗せてあげると何口か食べました。しかし、結局全部は食べきれませんでした。ポタージュとサラダは全然ダメでした。手を付けようとしなかったので、こういうのが苦手なようです。
 オーツのほうは、揚げたてのトンカツがおいしかったです。たっぷり付いてきたソースも味がよく、満足しました。味噌汁も漬物もけっこうでした。
 とはいえ、二人で 2,332 円かかってしまいました。
 ロイヤルホストは、全般にちょっと高くなったような気がします。以前は、もう少し安いキッズメニューがあったのですが、最近はそういうのがなくなっていました。950 円というと、大人並みです。まあ、それでもキッズメニューがあるだけマシという感じでしょうか。普通の食堂で大人並みのものを頼んでも、幼児では食べ残すだけですし、もったいない感じになります。
 大人が数人と子どもが一人いる場合には、全員の人数分の定食を頼んで、子どもの食べきれなかった分をみんなで分けて食べる手がありますが、大人一人+子ども一人のときは、この手が使いにくくなります。子どもの残した分を一人で食べると食べ過ぎで太るだけです。
 小さい子どもにどういうのを食べさせるか、なかなか悩ましいものです。

ロイヤルホスト 江古田店ファミレス / 新江古田駅江古田駅東長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

そば 法師人でほうしとせいろを食べる

 オーツの近所の蕎麦屋の中では、法師人(ほうしと)はけっこう有名店のようです。
 食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13017075/
の点数を見ると、3.73 を取っており、口コミも 112 件とかなり多めです。
 ただし、この店は月火水定休なので、なかなか行く機会がないのです。
 オーツの自宅からは自転車で十分行けるところですので、あるとき、自転車で行ってみました。住宅地のまっただ中にポツンと蕎麦屋がありました。道路に看板が出ていました。玄関の前は打ち水がしてありました。
 11:30 開店ですが、オーツが着いたのは 11:40 くらいだったでしょうか。お店の駐車場にはクルマが2台止まっていましたし、お店の中に入ると、予約席が二つあって、あと3卓は客が座っており、オーツは滑り込みセーフの形で最後の1卓に座りました。この時間でこの状態というのは尋常ではありません。かなりの人気店と見受けられます。
 さて、メニューを見て、冷たいそばの中から「せいろ」700 円か、「ほうしとせいろ」700 円にしようと思いました。お店の人に違いを聞くと、ほうしとせいろのほうが粗挽きだとのことです。たぶん香りがいいだろうと思い、そちらを注文しました。
 お茶を飲みながら待つことしばし。ほうしとせいろが出てきました。
 蕎麦つゆにわさびとネギが薬味として付いてきました。
 皿に盛られた蕎麦(せいろに盛られているわけではありません)はそれなりの量がありました。最初につゆにつけずに蕎麦を食べてみると、あまり蕎麦らしい味を感じませんでした。しかし、蕎麦つゆにつけてから食べると、蕎麦の味がします。かなりおいしい方の部類でしょう。歯ごたえというかコシもあって、けっこうです。
 最後にはそば湯も出てきたので、それも飲んで、満腹感がありました。
 オーツがポケットから薬を出したら「お水をお持ちしましょうか」と言ってくれるあたり、なかなか心地よい接客ぶりです。
 法師人の蕎麦は、とびきりおいしいわけではないけれど、このあたりの蕎麦屋の中ではおいしい方に入るのではないでしょうか。
 とはいえ、オーツはもっとおいしい蕎麦があると思っている方です。そういう意味では満足できませんでした。また、700 円という価格は、そんなもののようにも思いますが、このくらいの価格であれば、蕎麦以外でいろいろおいしいものが食べられるので、そのような比較でいうと、やや高いような気もします。蕎麦とはそういう価格なのでしょう。
 たぶん、オーツが再度訪問することはないと思いますが、この店の近所の方は一度経験してみてもいいのではないでしょうか。

そば 法師人そば(蕎麦) / 桜台駅新江古田駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:42| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

れんげ食堂 Toshu@桜上水北口で肉野菜炒め定食を食べる

 オーツは、前回も桜上水北口にある「れんげ食堂 Toshu」に行って、食べて失敗したと思ったのでした。
2017.11.10 http://o-tsu.seesaa.net/article/454778937.html
しかし、一度の食事で判断してはいけません。別のメニューで確かめるべきです。そんなことを考えて、先日、再度こちらの店に行きました。
 今回は、「肉野菜炒め定食」を食べてみました。肉野菜炒めの他に、醤油味の中華スープ、ライスと漬け物が付いています。
 中華スープはおいしかったと思います。前回来たときとスープの種類が違います。もしかして日替わりで作っているのでしょうか。あるいは、醤油ラーメンのスープを転用しているとか? いずれにせよ、おいしければいいです。
 肉野菜炒めは、量もあり、それなりにおいしくいただきました。しかし、一般的な味です。もう少し何か工夫があるといいように思いました。何回も食べていると飽きてしまうように思います。
 漬け物も一般的なタクアンでした。
 ギザギザの箸はやっぱり食べにくいように感じました。肉野菜炒めをはさんで持ち上げようとすると、けっこう落ちやすいように思います。これではギザギザの意味がありません。
 これで 650 円という値段です。この値段では他の店でも似たようなものが食べられます。
 微妙な感じですが、オーツとしては、もう少し値段が高くても、しっかりしたものを食べたいように思いました。定期的に通う店にはならないようです。

れんげ食堂 Toshu 桜上水店ラーメン / 桜上水駅下高井戸駅上北沢駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 05:07| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

COCO'S でビーフハンバーグ+和風セットを食べる

 オーツは、息子と孫とで東京ビッグサイトに行った帰りに、国際展示場の駅付近で夕食を済ませてから帰ることにしました。そこで立ち寄ったのが COCO'S 有明パーク店でした。
http://as.chizumaru.com/cocos/detailMap?account=cocos&accmd=0&c1=30&kkw001=%E6%9C%89%E6%98%8E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%93%E3%83%AB+&bid=ID0300537&pgret=2
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131306/13150895/
 ここで、オーツはビーフハンバーグ 690 円と和風セット 380 円を注文しました。消費税別ですので、実際は、1,155 円だったことになります。
 写真は、以下にあります。
https://tblg.k-img.com/resize/660x370c/restaurant/images/Rvw/39815/39815508.jpg?token=a0b8b14
 さて、ビーフハンバーグを食べた結果、意外と(といっては恐縮ですが)おいしかったのでした。
 COCO'S は、大きなファミレスですし、四角い形をしたハンバーグでしたから、いかにも「機械で作った」感が出ています。そんなことで、味には期待していなかったのですが、食べてみると、期待を裏切って味はしっかりしていました。肉のうまみが感じられます。というわけで「意外」に思ったのでした。
 ビーフハンバーグには、ペレットという円筒形の石が付いてきます。焼いた小石です。その上にハンバーグを小さく切ったものを乗せて焼きながら食べるのですが、あつあつが食べられて、満足感が得られます。ハンバーグを切り分けるのは、箸では思うようにできず、オーツはナイフとフォークで切り分けました。ご飯を食べるときは箸で食べましたから、3種類の食器を使い分ける感じになり、ちょっとだけ不便さを感じました。
 和風セットは、ご飯と味噌汁と漬け物と小鉢の煮物がついています。味噌汁は具沢山でよかったと思います。
 この値段でおいしいハンバーグが食べられて、オーツは満足しました。

ココス 有明パークビル店ファミレス / 有明駅国際展示場駅国際展示場正門駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

イーフィール カフェ@国際展示場駅前でピリ辛キムチチャーハンを食べる

 オーツは、息子と孫と一緒に、有明にある国際展示場(東京ビッグサイト)に行ってきました。国際展示場の駅に着くと、もう正午過ぎになっていました。
 道行く人の大部分が国際展示場に行くようで、会場に附設のレストランも大混雑が考えられました。行く道の途中にあるマクドナルドでもレジ前の大行列が見えました。
 そんなとき、息子が以前来たことがあるというわけで、比較的すいている店に案内してくれました。それが「イーフィール カフェ」という店でした。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/center/tokyo/floor/e_feel.html
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131306/13098832/
 国際展示場の駅前のパナソニックセンタービルの2階にあります。
 カフェなので、ランチメニューは、あまり種類があるわけではないのですが、息子がカレーを選択し、オーツはピリ辛キムチチャーハンにしました。いくらだったか、値段を忘れましたが、700 円くらいだったように思います。
 孫たちはお子さまランチを選び、4人で食事が始まりました。
 さて、ピリ辛キムチチャーハンですが、中辛の(少しからい)チャーハンの上にキムチがのっていました。温かいチャーハンと冷たいキムチの組み合わせですが、それはそれでおいしいと思いました。
 お昼の混雑時でもすいている店ということで、この店の存在を知っておくといいと思います。何にせよ、子供連れの場合、子供がおなかをすかせて騒ぎ出すことがあるので、席に着くまで静かに並んで待つ、さらには注文してから料理が出てくるまで待つということはとても難しいのです。
 普通に食べられて、さっさと食事を切り上げて、オーツたちは東京ビッグサイトに向かったのでした。

燃料電池カフェ E-FEELカフェ / 国際展示場駅有明駅国際展示場正門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

キッチンABC@江古田南口でオリエンタルライスを食べる

 オーツは、江古田南口にあるキッチンABCをかなり気に入っています。
 過去2回ほど行きました。
2017.6.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/450940458.html
2017.4.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/449166007.html
 そのたびに、この店の名物料理とうたっている「オリエンタルライス」(肉と野菜のにんにく風味)680 円を食べようと思っていました。
 先日、ついにこれを食べることになりました。カニクリームコロッケをつけるセットAにしても 120 円アップでしかないので、これを注文しました。
 「オリエンタルライス」の写真は、人様のものですが、以下にあります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13206486/dtlphotolst/1/smp2/
 さて、オリエンタルライスはおいしいか。肉はおいしいと思います。にんにくの味なのでしょうか、香ばしくて、ご飯とよく合います。しかし、野菜がイマイチでした。ニラが野菜のメインなのですが、ニラの炒め物とご飯の相性はあまりよくないと思います。生玉子の黄身が真ん中にのっていました。食べる途中でこれを崩すと、玉子付きと玉子なしの両方の味が味わえます。玉子付きのほうがまろやかな味になります。
 カニクリームコロッケは、非常に熱くて、オーツは少し放っておいてから食べたのですが、それでも口の中をやけどしました。まあ、それくらいの方がおいしいと思いますが、カニの味はあまりしませんでした。
 昼のピークの時間帯に入店したのですが、厨房の3人の調理担当者が連携して、手際よく作って盛りつけていくのが鮮やかでした。かなり込んでいてもあまり待たずに提供されるのはさすがです。
 キッチンABC は、メニューにいろいろおいしそうなものが並んでいるので、順次食べてみたいと思います。

キッチンABC 江古田店定食・食堂 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

スパイス コテージ@桜上水北口で野菜カレーを食べる

 桜上水北口にある「スパイス コテージ」は、SAKURA ASIAN DINING のあとに9月22日にオープンした店です。「インド ネパール アジア料理」をうたっています。
 SAKURA ASIAN DINING には2回ほどカレーを食べにいったことがありました。
2015.11.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/429947325.html
2015.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/422812256.html
その後、オーツは足が遠のきました。
 先日、オーツがこの近くのメインストリートを歩いていたときに、お店の人がメインストリートまで出てきて、宣伝をしていました。オーツがカレーの辛さの調整ができるか尋ねたところ、できるという答えだったので、行く気になりました。何といってもカレーは辛くないとカレーにならないですからね。
 その後、実際に行って食べてみました。
 メニューの中から野菜カレーセット 750 円を注文しました。カレーと「ナンかライス」(オーツはナンにしました)に加えて、ソフトドリンク(オーツはいつもラッシーに決めています)とサラダがつきます。
 注文すると、辛さのことが聞かれなかったので、「辛さは調整できないのですか」と聞くと、お店の人はテーブルの上にある辛味調味料を指さして、それを適宜混ぜて食べるようにという話でした。
 先にラッシーが出てきました。かなりどろっとしています。
 さらに待っていると、カレーとナンとサラダがのった金属製のお盆が出てきました。
 野菜カレーはルーよりもゴロゴロ入った野菜が目立つような感じでした。野菜たっぷりなのはうれしい話です。
 辛味調味料は付属の小さなスプーンで入れるようになっています。適宜カレーのルーの中に入れて、少し自分用のスプーンですくって食べてみると、あまり辛くありません。辛味調味料をスプーン3杯ほど入れて、カレーのルーと混ぜ合わせて食べました。まあ、辛いといえば辛いですが、さほどでもありません。
 小瓶の半分くらいオーツが1回で入れてしまったのですが、それでも、辛さという点ではイマイチのように感じました。
 というわけで、オーツの好みの味にはなりませんでした。オーツの場合、カレーを食べるならまず辛さが必要で、その中にうまさがあるような味が好きです。この店の味は、残念ながらオーツの好みとは違います。オーツは再訪しないでしょう。
 この店では、ナン・ライスが2回までおかわり無料ということだったので、オーツはナンを2枚食べました。満腹になりました。
 オーツがこの店に入ったのは 11:20 ころでした。会計を済ませて出たのは 11:55 でした。その間に、客は一人も来ませんでした。ということで、このままだと危ないのではないかと感じました。この店は、人通りの多い桜上水のメインストリートから横道に入ったところにあるので、かなり入りにくいですし、この場所のインドカレーの店は「出ては撤退」を繰り返しているのです。注意して見守っていきたいものです。

 それにしても、オープンから2ヶ月経っても食べログに登録されていないってことは、……。
posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

居酒屋 八戸丸@江古田南口でランチに煮魚定食を食べる

 江古田駅南口の近くにある居酒屋 八戸丸は、11月6日にできたばかりの居酒屋です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13215171/
http://s-nerima.jp/wp/113070
https://www.hotpepper.jp/strJ001184410/
https://ekodasanpo.com/teishoku/2407/
https://ekodasanpo.com/washoku/2442/
 魚がおいしいという話だったので、オーツは気になっていました。
 11月15日までランチが開店セールで100円引きだというので、行ってみました。ランチは、土日祝日はやっておらず、11:30 開店です。
 ランチメニュー
https://www.flickr.com/photos/s-nerima/37500744484/in/dateposted-public/
では、丼類が5種類、定食類が3種類ありますが、オーツは定食類が好きですので、刺身定食 800 円、焼き魚定食 750 円、煮魚定食 750 円のどれにしようかと悩みました。魚のおいしさが一番味わえると思うのは、刺身ですので、これにしようかと思ったのですが、店員さんが「今日の煮魚定食はブリ大根です」というので、心が動き、結局、煮魚定食にしました。焼き魚の説明もありましたが、内容を忘れました。
 注文して待つことしばし。煮魚定食が出てきました。大きめのお皿にのったブリ大根の他に、ご飯と味噌汁、漬物、サラダが付いていました。ご飯と味噌汁はお替わり自由だという話です。
 ブリ大根は、食べてみるととてもいい味でした。元々のブリがおいしいのに加えて、煮汁の味付けがちょうどぴったりで、大根に十分しみていて、行けると思いました。
 ご飯は少な目でしたが、お替わりして食べたので、満足しました。
 そういえば、ブリ大根もやや小ぶりでしたかね。まあ、高年齢の領域に入ったオーツとしてはちょうどいいくらいですが、若い学生さんなどはちょっと物足りないと感じるかもしれません。
 でも、この味と値段を考えたら、再訪ありです。
 江古田では、煮魚や焼き魚が食べられる店が少ないので、ちょうどぴったりの店です。ただし、近くに江古田の伝統の店「お志ど里」があります。お志ど里のランチでは、あら煮定食 790 円、さば味噌定食 790 円あたりがまさに八戸丸と競合します。さあ、どうなるでしょうか。
 オーツが行ったのは、平日の 11:45 くらいでしたが、一番乗りでした。650 円と書かれたレシートによると、12:13 に店を出ています。その間、客は誰もきませんでした。店員さん二人がちょっと手持ち無沙汰にしていました。こんなおいしい店なのに、いったいどうしたわけでしょう。江古田は若い人が多いから、魚中心メニューはあまり受け入れられないのでしょうか。
 オーツとしては、応援のエールを送りたい気分です。

八戸丸居酒屋 / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする