2020年09月23日

ガレージ ゼロニーロク@下高井戸南口でランチ

 新型コロナの影響で、オーツは下高井戸あたりでランチを食べる機会が少なくなりました。
 今年になってからできた「ガレージ ゼロニーロク」はランチのときカレー屋さんになると聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13248077/
 先日、行ってみました。
 その日のメニューから、オーツは「ジンジャーキーマスパイスカレー」を注文しました。この店は日替わりで2種類くらいのカレーを提供するようです。
 辛さが調節できるというので、辛さ増し(大増し)にしました。いわゆる「大辛」ということです。オーツは辛いのが好きなのです。
 あまり待つことなく、カレーが出てきました。ゆで卵がカウンターの上に置いてあり、自由にとって食べることができます。店員さんがすすめてくれました。
 カレーを見たときに、ちょっと驚きました。一つは量が少なかったからです。ライスもルーもそう感じました。丸い小山になった雑穀米の上にカレールーがのっていましたが、いかにも量が少なそうです。もう一つの驚きは、カレールーがお皿にのっているのでなく、粘度が高い一種の固まりのようになってライスの上にのっていたことです。オーツは、どろっとしたタイプのカレールーが好きです。
 食べてみると、このカレールーがとても独創的な味を出していました。スパイスが独自のものなのでしょう、たぶん。ただし、おいしいかと言われると「それは個人の好みでしょ」ということになります。オーツは CoCo 壱番屋のカレーをカレーの標準のように考えていますが、それとはだいぶ味の傾向が違います。
 さらに、辛さはどうかというと、大辛のはずですが、オーツはさほど辛いとも思えませんでした。オーツは激辛カレーが好みです。激辛でありながら、その中に具材の旨味が隠れているようなものが最高です。しかし、この店のカレーは辛さが足りません。この店の主張で、激辛にしてしまってはスパイスや他の食材の味を殺してしまうという考えからこうしているのでしょう。
 オーツは、珍しいものを食べたという気分になりましたが、再度食べるかと考えると、いやそれはないかなという感じです。これなら CoCo 壱番屋のカレーのほうがオーツの好みに合いますし、ステーキ番長の番長カレーのほうがさらにオーツにピッタリです。
 ということで、880 円という価格は割高のように感じられました。

ガレージ ゼロニーロクカレーライス / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

魚功@江古田南口で飲む(2回目)

 江古田南口にある魚功は、オーツの好みのタイプの居酒屋です。
 前回、行ったときの話をブログに書いたのは4年近くも前のことでした。
2016.12.11 http://o-tsu.seesaa.net/article/444784082.html
 先日、ふと思い立って息子と飲みに行きました。小さな子供がいると、こういう大人向けの店には入りにくいものです。
 飲んだものは、オーツが生ビール(中)560 円、真澄 純米吟醸 辛口生一本(300ml) 1,490 円、あさ開 純米大辛口水神(300ml) 890 円でした。日本酒は息子も飲みましたが。
 息子は、それに加えて、生ビール(小)460 円、ハイボール(ブラックニッカ)450 円、麦焼酎 一番札(グラス)450 円を飲みました。
 二人で食べたものは、お通し(白身魚のあんかけ煮物)300 円×2、刺し盛り2人前 2,200 円、ミニエビフライ 580 円、するめいか串屋台焼(2本付き)580 円、キャベツ水菜かにサラダ 980 円でした。
 お通しからおいしくて、期待が高まります。
 刺し盛りを2人前注文しましたが、10点盛りで出てきました。見栄えがします。カメラを持参しなかったことが悔やまれます。大きめの皿に、それぞれの魚介類が全部2切れずつのっていました。切り身が大きく、食べ応えがあります。
 ミニエビフライは、メニューに「6個から7個付き」と書いてありましたが、実際は6個出てきました。揚げたてで、アツアツで、これが抜群においしかったと思います。ソースもフライに合っているような気がしました。
 するめいか串屋台焼は、スルメイカいっぱい分をそのまま焼いたもので、串に刺さっていました。2本出てきましたから、二人で1本ずつ食べました。しかし、これを噛み切るのが大変でした。
 キャベツ水菜かにサラダは量が多かったと思います。カニもたっぷり入っていました。二人で食べても多すぎかもしれません。食べ終わるまで時間がかかりました。
 他にも、いろいろな魚を焼いたり煮たりして提供してくれますので、おなかに余裕があれば、それも試してみたいと思っていましたが、そこまで行きませんでした。
 もうこれでおなかいっぱいということです。
 2時間ほどの滞在で、会計すると、合計 9,240 円に消費税10%が加算されて 10,164 円、端数カットで 10,160 円になりました。
 いい店です。ぜひまた来たい店です。
 ついでながら、魚功の「功」は、店主の名前であることがわかりました。

魚功居酒屋 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


ラベル:魚功 江古田
posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

八重垣@桜台北口で朝ご飯を食べる

 オーツは、先日のブログ記事で不思議な営業時間の店があると書きました。
2020.9.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/477094920.html
その店とは、桜台北口にある「八重垣」でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13155236/
なぜこういう営業時間なのか、直接お店の人に聞いてみたいと思い、日曜日の朝 9:10 ころにお店に行きました。おじさんが階段を下りてきて、お店を始めるところでした。
 オーツは、「朝ご飯、食べられますか」と聞くと、「うちは居酒屋だから、……」と言いつつも、ご飯と味噌汁と、焼き魚くらいなら何とかなるという話でした。そこで、おまかせの朝ご飯をお願いしました。
 テレビを見ながら待つことしばし。
 赤魚の粕漬け(を焼いたもの)とハムエッグ、そして納豆を出してくれました。キムチも付いていました。
 赤魚はちょっと塩辛かったでしょうか。しかし、一通りおいしく食べられました。味噌汁を盛り付けてから魚が焼けるのを待っていたので、味噌汁がちょっとぬるめになってしまった点が残念でした(せっかく1人前だけ沸騰させて作ってくれたのに)。

 おじさんに、営業時間の不思議を聞いてみました。すると、おじさんがいうことには、表示が間違っており、正しくは、
  平日 14:00〜22:00
  日曜 9:00〜22:00
なのだそうです。オーツはこれで納得しました。
 ただし、居酒屋が日曜朝 9:00 にオープンするとして、果たして利用者がいるのか、不思議に思いましたが、おじさん曰く、タクシーの運転手とか、築地・豊洲の市場の関係者とかが近くに住んでいて、仕事の終わりに一杯飲んでから(日中に)寝るようなことがあるとのことです。だからそれなりに需要があるということでした。
 オーツは、ちゃんとした朝食を食べ、元気が出ました。会計すると 600 円とのことで、リーズナブルです。
 まあ、この店は朝ご飯を食べるところではないので、こういう利用は邪道です。夕方、酒を飲みに行くのが一番ふさわしいのでしょう。ただし、オーツの自宅から桜台まで飲みに行くのはちと遠いような気がします。
 ともあれ、営業時間の謎は簡単に解明されました。この表示は早めに直しておく方がいいと思います。おじさんもわかっているようですが、……。
 東京都の飲食店は午後10時までという規制が取れれば、店の営業時間も変更になり、この表示も書き直されることでしょう。

八重垣居酒屋 / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

ドライブインかなや@長万部町でかにめしを食べる

 オーツは長万部町でランチを食べようと思いました。
 クルマで走りながら、どこで食べようかと思いました。町には食事ができるところがありますが、町と町の間は何もない道路がずっと続くのです。そこで、長万部町に着いたときに、町の中心部を迂回する国道のバイパスを使わずに、あえて旧道の街中の道(道道)を選んで走ってみました。中心部は見事なシャッター商店街でした。食べるところは見つかりません。
 で、またバイパスと合流して、少し走ったら、「ドライブインかなや」という看板を見つけました。そうだ。こういうところでランチを食べればいいのだと思いました。
http://www.e-kanaya.com/
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010503/1005978/
 ドライブインですから、大きな駐車場がついています。そこに大型バスも止まっています。
 オーツは店に入って、食券売り場の列に並びました。おじさんが手作業で食券を販売していました。テーブルが空くとそれに対応した数だけ食券を売るという方式です。待ち行列はかなり長くなっていました。しかし、テイクアウトの客もいるので、思ったよりは早くオーツの順番が来ました。ぶら下がっていた短冊を見ると、ここは「かにめし」が名物のようです。そこで、これを注文することにしました。
 指定されたテーブルにつくと、ウエイトレスがやってきて、紙コップに入った冷たい水と、ポットに入った氷入りの水を持ってきました。テーブルで食べるような食堂で、紙コップを使うというのは珍しいと思います。普通はガラスのコップを使うものでしょう。
 少し待っているとかにめしが運ばれてきました。

kanaya.JPG

 これはおいしいです。カニがたっぷりです。確かに名物料理といっていいと思います。
 下に敷いてあるご飯との相性がよく、箸が進みます。
 意外なことに(といっては失礼ですが)味噌汁もおいしく、オーツとしては大いに満足しました。
 これで 1,200 円というのは妥当な値付けだと思います。
 オーツの場合、予備知識も何もなく、単にふらりと立ち寄っただけですが、偶然いいお店に出会いました。

かなやかに / 中ノ沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:38| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

日本橋@苫小牧市で日替わりランチを食べる

 とある土曜日、オーツは苫小牧市でランチを食べることになりました。行ってみたのが「日本橋」という名前の和食の店でした。
http://www.yamabe.info/
https://tabelog.com/hokkaido/A0108/A010802/1006964/
店内が満席だったので、オーツはいけすのそばのイスでちょっと待たされることになりました。
 この店は、寿司屋というべきでしょうか、割烹でしょうか、あるいは居酒屋というべきでしょうか。ランチの時間帯にも営業しています。テレビがかかっている大衆的な雰囲気の店で、あちこちにビールなどを飲んでおしゃべりをしているグループがいました。
 この店のメニューには日替わりランチがあり、平日が 1,200 円、土曜日はちょっと高くて 1,400 円(税別)です。オーツはこれを注文しました。ちなみに、日曜日はすし重ということで 1,700 円になります。

nihonbasi.JPG

 土曜の日替わりランチは、寿司と蕎麦と茶碗蒸しのセットでした。
 オーツが食べたところでは、普通においしく食べられましたが、特色がないと思いました。蕎麦も平凡だし、寿司も平凡だと思います。わざわざこれを食べに来る「魅力」はないと思います。
 日替わりランチでは店の特色が出ないのかもしれませんが、オーツにとっては食事処との出会いは「一期一会」だと思います。
 オーツは 1,540 円を払って店を出ました。

日本橋割烹・小料理 / 糸井駅青葉駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

玉川庵@釧路市でかきそばを食べる

 釧路市でランチの時間になりました。
 オーツは玉川庵という蕎麦屋に入りました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1004957/
注文したのが「かきそば」です。牡蠣の入った蕎麦だから「かきそば」というわけで、安易な命名です。釧路あたりの名物料理のようです。
 注文して待つこと少し。かきそばが出てきました。

tamagawaan.JPG

 牡蠣がゴロゴロ入っています。食べながら数えてみると、7個でした。この牡蠣がおいしいと思いました。それに加えて、蕎麦がおいしいと思いました。オーツは普段温かいつゆに入った蕎麦はあまり食べません。しかし、この店の温かいつゆはおいしいと思います。
 蕎麦を食べているといかにも蕎麦らしい香りがします。なかなか本格的です。こういう蕎麦なら、ざるそばなどでもおいしく食べられるでしょう。
 こうしてたっぷりの牡蠣と蕎麦を楽しんで、1,500 円というのは妥当な金額のように思います。

玉川庵そば(蕎麦) / 新富士駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:26| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

監獄食堂@網走市で監獄食Aを食べる

 オーツは網走市にある博物館 網走監獄に行きました。
https://www.kangoku.jp/
 一通り見て回ったあと、お昼時になったので、ランチを食べようと思いました。
 博物館を出たところに「監獄食堂」という食堂があります。
https://tabelog.com/hokkaido/A0110/A011001/1028871/
せっかくなので、ここで食べようと思いました。
 店に入って、監獄食A(さんま)800 円の食券を券売機で買いました。席でちょっと待っていると、オーツの番号が呼ばれました。セルフサービスでお盆を運び、テーブルで食べることになります。

kangoku.JPG

 食器はすべてプラスチックでした。オーツは学校給食を思い出しました。
 しかし、ある意味では普通の定食でした。さんまがやや小ぶりというか細身でした。切り干し大根の煮物がたくさんあっておいしかったと思います。ご飯は麦飯です。春雨サラダは普通です。味噌汁(ワカメとネギ入り)が温かくて普通においしいので、いいと思います。今の刑務所では実際にこんな食事が出るのでしょうか。これなら受刑者としても特に不満はないように思います。
 一般の人にとっても、そのまま普通の定食として見ていいと思います。違いは、やっぱりプラスチックの食器ですね。

監獄食堂定食・食堂 / 網走駅呼人駅桂台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

道の駅マリーンアイランド岡島でホタテカレーを食べる

 マリーンアイランド岡島という道の駅は、北海道枝幸町岡島にあります。
http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/768/
オホーツク海に面していて、建物全体が船の形をしています。
 オーツは、ランチの時間になったので、この道の駅の食堂で何か食べることにしました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0109/A010903/1008593/
 こういうところの食堂にはあまり期待はしませんが、こういう食堂で食べておかないと、食べる場所がなくなったりするのです。北海道は、町と町の間には飲食店などが何もなくて、道路がまっすぐに延々と続くだけということがあります。食べられるときには食べておくべきです。
 オーツはホタテカレー 1,000 円を食べることにしました。
 このあたりはホタテが名物です。だからホタテカレーなどというものがあるのでしょう。

okasima.JPG

 出てきたものはなかなか立派です。大きめのホタテのフライが三つライスの周りにおいてあり、他にホタテの身が直接2個入っていました。食べてみると、どちらもおいしかったです。カレーはピリ辛ですが、万人受けするためにはそんなに辛くはできないでしょうね。でもこのカレーがホタテと相性がよく、おいしく食べられました。
 ミニサラダ付きで 1,000 円というのは納得の価格です。
 ちょっとした名物料理を食べた気分になりました。別にホタテカレーを名物料理として売り出しているわけではありませんが。

道の駅 マリーンアイランド岡島その他 / 枝幸町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 03:57| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

味処 たけだ@小樽市で三色丼を食べる

 オーツは小樽市でランチを食べようと思いました。小樽の無料のガイドブックなどを見てみると、小樽駅のそばにある三角市場の中にある「味処 たけだ」の写真がおいしそうに思えました。そこで、この店に行ってみようと思いました。
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1006902/
 三角市場というのは、狭い通路の両側に鮮魚店がひしめくところです。観光客もたくさん来ます。武田鮮魚店の向かいに「味処 たけだ」という店がありました。
 オーツは、店の中に入って、テーブルに座り、メニューを見ました。いろいろな海鮮丼が並んでおり、目移りがします。店の人の案内では、メニューの価格よりも 300 円引きで提供するとのことです。
 好きな(食べたい)ネタを考え、あまり気が進まないネタを外して考えると、三色丼(ウニ、カニ、ホタテ)がいいと思いました。

takeda1.JPG

この海鮮丼が 300 円引きで 2,200 円です。
 オーツの普段のランチの金額は 1,000 円以下にしていますが、せっかく遠方の小樽まで来たのだし、旅行ということでちょっと気分も大きくなって、普段の2倍近くの価格のものでも、注文にためらいはありませんでした。
 待つことしばし。
 三色丼が出てきました。

takeda2.JPG

 一見してがっかりしました。小さい容器なのです。隣の味噌汁のお椀(これは普通のお椀です)と比べてみてください。丼というよりはご飯茶碗と呼ぶ方が適切ではないかと思いました。メニューの写真と比べて、決して嘘ではありません。しかしオーツはもう少し大きい丼を考えていました。
 味噌汁もおいしいし、海鮮丼のネタはそれぞれおいしかったし、サービスの小鉢(味付けイカ)もおいしくいただきました。その意味では問題ではないのですが、オーツの期待と違っていたということです。
 2,200 円という価格は観光地価格のように思いました。

市場食堂 味処たけだ 魚介・海鮮料理 / 小樽駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 05:25| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

レストランまこまないであんかけ焼そばを食べる

 オーツは北海道せたな町にある「温泉ホテルきたひやま」に行きました。
http://www.hotel-kitahiyama.com/
日帰り温泉に入ることが主目的でした。オーツがホテルに到着したとき、このホテルに入浴セットを持参して入っていく町民の姿を何人も見ていたので、普段から地域の人たちに親しまれている温泉ホテルであることがわかります。
http://www.hotel-kitahiyama.com/hotspring.php
大浴場は、大きくてゆったりした風呂で、ジェットバスなどもあり、満足しました。
 風呂からあがって出てきたときに、ふと考えました。そろそろランチタイムだけれど、こういう小さな町で食べるところを探すのも面倒です。だったら、ホテル内のレストランで食べるのがいいのではないか。入浴料も大したことないレベルですから、レストランと言ってもそんなに高い価格ではなかろうと思いました。
 足を運んだのが、ホテル内にあるレストラン「まこまない」でした。
https://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010503/1033106/
 メニューを見ると、想像通り、リーズナブルな価格でいろいろな料理が並んでいました。その中で、オーツは「あんかけ焼そば」930 円を注文しました。特に北海道らしくはないものですが、この日はこんなものを食べたいなと思ったのでした。
 まもなくウェイトレスが持ってきました。

makomanai.JPG

 あんかけ焼そばは、平べったい大きな皿にのって出てきました。写真の右の方に見えるのは、カラシ、紅ショウガ、それに酢です。オーツは焼きそばに酢をかけるのが好みでないので、カラシと紅ショウガだけを使いました。
 まずはこの量というか、皿の大きさに満足です。手前に置いてある箸のサイズと比べるとわかりますが、皿はとても大きいです。食べていくと、かなりの量があることが実感できました。ただし、皿が浅型の平べったい形なので、食べきれないほどではありません。
 焼きそばの上にのっている具もさまざまで、各種野菜の他にイカやエビなどがたっぷり提供されました。これがかなりおいしくて、「たくさん食べたなあ」という感覚になります。
 たっぷり味わえて、大いに満足しました。
 これで 930 円というのはけっこうな話です。この価格で十分な一食になりました。
 オーツが再度このレストランに行くことはないでしょうが、いろいろな人におすすめできる店だと思います。とはいえ、北海道の中のかなりへんぴな場所にありますから、わざわざ行くほどの店とまではいえないでしょう。
 他の客が食べているものや、ウェイトレスが運んでいるものを見ても、なかなかよさそうでした。オーツが行ったのは平日でしたが、昼からビールを飲んでいるグループもあったりして、いかにも「コミュニティの中心」的な雰囲気です。温泉とともに食事が楽しめるのはありがたいものです。
 後で見たら、ホームページ内にメニューが掲載されています。
http://www.hotel-kitahiyama.com/hall.php
気取らない店です。

レストラン まこまない定食・食堂 / せたな町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:50| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

魚っ喰いの田 新青森駅店でおまかせ海鮮丼(並)を食べる

 オーツは、青森でランチを食べることになりました。
 どこで何を食べるか、事前に十分検討しておかなかったので、適当に食べることにしました。
 新幹線の新青森駅であれば、乗降客も多いし、飲食店が(ひしめくほどでないとしても)何かはあるだろうと思いました。
 入った店が「魚っ喰いの田」という店でした。
https://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2006098/
読み方は「さかなっくいのでん」のようです。
 店頭にポスターが掲示してあり、この店はいろいろな海鮮系のネタをのせた丼物が主体のようです。オーツはカウンターに座り、「おまかせ海鮮丼(並)」を注文することにしました。

den.JPG

 さすがに海鮮丼ですからさっと出てきます。わさびがたっぷりと添えてあって、これはありがたいと思いました。いくつかのネタにわさびをつけて食べていくと、下の方にはガリ(生姜)が敷いてあって、最後にはガリ丼のような感じになってしまいました。結果的に、わさびはかなり残す形になりました。それくらいわさびがたっぷりあったということです。
 一緒に出てきた汁が具沢山でおいしかったです。大きな丼につみれや鶏肉が入っており、さらに大きなジャガイモがごろりと入っていました。食べがいがあって満足しました。
 これで 1,200 円ということですが、さて、この金額をどう評価するか。まあ妥当な金額だと思いますが、それは東京人的発想でしょう。地元の人は、もっと安くておいしいものを知っていると思います。こういうのを食べる人は青森まで(新幹線で)旅行に来た人くらいでしょうかね。

魚っ喰いの田 新青森駅店魚介・海鮮料理 / 新青森駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

ヴェンティクワットロ@桜台北口でランチ

 あるとき、オーツは妻と桜台の北口にあるヴェンティクワットロというイタリアンの店に行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13186817/
https://www.ventiquattro24.com/
 11:30 に予約しておきました。
 お店に入ると、冷たいおしぼりと氷がたっぷり入ったお冷やが出されました。
 テーブルの上にあったランチメニューには、3種類ほどが書かれており、全部ワンプレートランチになっています。その他にパスタランチがあり、この日は、しらすと水菜のパスタ、伏見甘長唐辛子のピリ辛パスタ、ナスとベーコンのトマトソースパスタの3種類がありました。いずれも 1,550 円です。こちらは黒板のメニューに書かれていました。
 オーツは、ビーフかいのみステーキプレート 2,000 円にし、妻はパスタランチ(伏見甘長唐辛子のピリ辛パスタ)にしました。
 まずはスープとフォカッチャが出てきました。温かいかぼちゃのスープが取っ手付きのカップに入っていました。飲んでみるとこれがかなりおいしいと思いました。それから妻のサラダ(東京農園サラダ)も出てきました。東京で採れた野菜を使っているとのことで、オーツも少し食べてみたら、いかにも新鮮さが感じられました。これはおいしいです。
 まもなく、ビーフかいのみステーキプレートが出てきました。

venti1.JPG

 「かいのみ」というのは牛肉の部位の名前です。ハラミみたいな味です。これが抜群においしいと思いました。オーツは箸で食べましたが、一切れ口に入れてかむと、口の中にじわーっと肉の旨味が広がります。塩胡椒などで味付けしてありますが、それがまたちょうどよく、これはいけます。量もかなりあって食べた実感があります。妻も一切れ食べて、おいしいと言っていました。
 酵素玄米(茶色のご飯)は変わった味でした。玄米に小豆と少量の塩を加えて炊いた玄米ご飯で、まあ赤飯みたいなものですが、オーツの好みとは若干違います。
 オーツのワンプレートにもサラダがのっており、妻に少し分けました。先ほど分けてもらった分のお返しです。
 それから妻のほうのパスタ(スパゲッティ)が出てきました。オーツはちょっと小皿に分けて入れてもらって食べてみました。

venti2.JPG

 この写真は一部取り分けたあとの写真です。だから量が少な目です。このパスタもおいしかったです。調味料というよりもパスタ自体がおいしいように感じました。伏見甘長唐辛子というのはカットされた緑色の唐辛子です。赤い唐辛子を細切りにした糸唐辛子も入っていましたが、これはあまり辛さには関係しないと思います。辛さはもっぱら伏見甘長唐辛子がになっているようです。細かく輪切りにされた赤い唐辛子も少し入っていましたが、オーツはそんなに辛さを感じませんでした。ただし、確かにパスタがピリ辛で、大人が食べるにはこれくらいがおいしいと思いますが、子供には向きません。
 最後に、飲み物を聞かれました。コーヒー(アイス・ホット)、ウーロン茶(アイス・ホット)、オレンジジュース、アップルジュース、グレープフルーツジュースから選べます。100 円追加でアイス紅茶も選べます。
 二人ともアイスコーヒーを選びました。
 また、デザートとしてジェラート 150 円を注文しました。

venti3.JPG

 ジェラートは小さめでしたが、最後にこういうデザートを食べると、満足感があります。
 オーツは、アイスコーヒーに入っていた氷を全部食べてしまいました。
 お店の人が示した「セットドリンクメニュー」には、こんな注意書きが書いてありました。
  ※お替わりコーヒー100円(税別)
  どのドリンクでも、お替わりとしてコーヒーを100円にて、お飲み頂けます。

 ということは、ランチタイムに女性同士で来て、午後おしゃべりに興じるようなケースがあるのでしょうね。それはそれでいいことです。
 オーツたちが店を出るときには、12:30 くらいになっていました。1時間の滞在時間ですが、ゆっくりできました。会計すると、10% の消費税が乗って、4,235 円になりました。
 この店は食材にも気を遣っており、肉もパスタもサラダもおいしいと思います。オーツはまた来たいと思いました。壁に書いてあるメニューでは、季節ごとの一品料理も何種類かあるようだし、獺祭や一ノ蔵といった日本酒もあるとのことです。夕方、ワインや日本酒とともにイタリア料理を食べるのも試してみたいものだと思いました。
 「ヴェンティクワットロ」はイタリア語で「24」という意味です。店の所在地が「桜台1-24」なので、オーツはおそらくそこからの命名だろうと思いましたが、お店の人に確認すると、大当たりでした。

ヴェンティクワットロイタリアン / 新桜台駅桜台駅江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:51| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

くじらカフェ@国立科学博物館@上野

 オーツは妻と二人の孫(小学校4年生と2年生)を連れて上野公園内にある国立科学博物館に行きました。
 ランチを食べるところは限られており、以前行ったことのあるレストラン・ムーセイオン
2019.8.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/468838360.html
は休みでした。他にはというと、日本館の地下1階のラウンジに隣接する「くじらカフェ」が唯一の選択肢になります。
https://www.kahaku.go.jp/userguide/access/restaurant/index.html
 国立科学博物館は、一度外に出ると再入場できないということになっていました。朝から午後まで館内にいることを考えると、ここでランチを食べるしかありません。
 オーツたちは、ランチの時間帯は混むだろうと予想して、早めの時間帯 11:00 に行きました。
 カフェ内のテーブルは満席になっていました。ラウンジ内を見渡すと、幸運にもテーブル一つ(イス4脚)が空いており、オーツたちはそこに陣取りました。
 くじらカフェの窓口で店員に聞くと、カレーライスは辛いという話で、4年生の孫は食べることをあきらめ、ハヤシライス 700 円にしました。2年生の孫は焼きそば 500 円を2人前食べると言い出しましたが、オーツは、さすがにそれは多いのではないかと説得して、1人前におさえ、その代わりおにぎり1個 200 円を注文しました。オーツはカレーライス 700 円を食べることにしました。妻もカレーライスにしました。
 ちょっと待っていると、番号が呼ばれました。窓口に料理がのっており、それをお盆にのせてセルフサービスで運びました。

kuzira1.JPG

 オーツが食べたカレーライスですが、そんなに辛くありませんでした。ピリ辛ほどもしないものです。味はまあまあでした。ライスが見た目以上にしっかりあって、けっこう満腹感がありました。
 4年生の孫に一口味見させてみると、辛くてちょっと食べるのはしんどいようでした。2年生の孫は、そんなに辛くないということで、普通に食べられそうだという話でした。
 こういう場所のこういう施設ですから、味がどうの、値段がどうのという話はするまでもないと思います。とにかく何かがおなかに収まれば、それで十分というべきでしょう。上野精養軒が料理の監修していますので、何を食べても、そんな変なものは出てこないものと思います。
 オーツたちも、普通にランチが食べられましたから、それでいいということになります。
 みんながそれぞれの分を完食しました。2年生の孫は、焼きそばに添付されていた紅ショウガを残しました。子供はこういうのが苦手なんですね。
 オーツたちがラウンジを出たのは 11:40 くらいでしたが、そのころは満席になっており、空席を待つ人がかなりいました。

 オーツたちは、国立科学博物館の中を見て回り、14:00 ころに休憩時間ということで、再度くじらカフェに行きました。オーツはソフトクリーム 390 円を食べました。

kuzira2.JPG

二人の孫はソフトクリームに加えてココアを飲みました。妻が買ったのでココアの価格は不明ですが、300 円か 350 円だったように思います。ココアはたくさんの氷が入ったコップで提供されました。ソフトクリームは、けっこう濃厚な味がして、おいしかったです。ココアは、オーツも孫からもらって一口飲んでみましたが、まあ子供向けの飲み物でしょう。
 ソフトクリームを食べた後、お冷やを飲みましたが、さっぱりして気分がよかったです。歩き回って疲れたときには、イスに座って冷たいものを飲むだけでも身体が休まります。

国立科学博物館内 カフェカフェ・喫茶(その他) / 上野駅鶯谷駅京成上野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 06:02| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

中華居酒屋 龍厨房@江古田南口で飲む(13回目)

 江古田南口にある龍厨房は、オーツがしばしば利用する定番の居酒屋です。
 前回いったときのことはブログ記事に書きました。
2020.6.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/475989801.html
 先日、また龍厨房で長男家族との食事会となりました。参加したのはオーツと妻と、長男夫婦と孫(小学生)2人です。
 飲み食いしたものをメモしておきましょう。レシートを見ながら書いています。
 お疲れ様セット(B) 850 円×4(モルツ生中、日本酒、ハイボール×2;ポテトフライ×2、胡瓜のピリ辛、揚げ春巻;エビマヨ、もやしと豚肉炒め、マーボー豆腐、ニラと玉子炒め)、席料(お通し)300 円×4、焼き餃子 300 円×2、桃まん 300 円、醤油ラーメン 300 円×2、シーザーサラダ 300 円、ナスの味噌炒め 300 円、杏仁豆腐 300 円、きな粉アイス 300 円、紹興酒5年ボトル 1,480 円、氷 152 円、その他料理(ライス)200 円、以上合計 9,132 円に 10% の消費税がのって、10,045 円となりました。子供二人で大人1人分と考えると、5人相当ということになりますから、一人あたり 2,000 円ちょっとということになります。安いものです。
 お通しは野菜などの煮物でしたが、けっこう立派なものが出てきました。食べたものは全部おいしかったと思います。
 龍厨房ではお疲れ様セットを頼むのが通例です。飲み物と前菜と主菜の組み合わせで、850 円とおトクです。アルコールを4人分注文し、それを男2人で飲む形にします。前菜の中ではポテトフライを二つ選び、二人の孫がそれぞれ1皿ずつ食べます。それ以外の料理はみんなで分けて食べることにします。
 二人の孫は、ポテトフライを1皿ずつ食べ、醤油ラーメンを1人前ずつ食べ、その他の料理にも適宜手を出していましたから、けっこう十分食べたのではないでしょうか。杏仁豆腐ときな粉アイスも孫がそれぞれ食べました。
 オーツは、生ビールと日本酒1合を飲み、さらに長男と紹興酒のボトルを半分ずつくらい飲みました。このくらいで十分飲んだ感じになります。
 妻と嫁が一番よく話していましたかね。女性同士は話が弾むものでしょう。孫はそれぞれマンガを持参してきて、はじめは大人の会話に加わらずにマンガを読んでいました。そのうち料理が届くようになるとマンガを止め、話をしながら食べることになりました。
 こうして、1時間半ほどのにぎやかな食事会となりました。
 オーツと長男はそれなりに飲めてよかったですし、女性陣2人は飲まなくても全然問題ないしということで、お互いけっこうでした。

龍厨房中華料理 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


ラベル:江古田 龍厨房
posted by オーツ at 03:18| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

La cantine du Nagasaki 5@東長崎北口でランチ

 La cantine du Nagasaki 5(ラ カンティーヌ デュ ナガサキ サンク)は、オーツが東長崎方面を散歩していて見つけたフレンチの店です。
https://nagasaki5.jp/
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13248175/
https://s-nerima.jp/wp/142714
 2020.3.7 オープンの新しい店です。我が家から比較的近いところにフレンチの店ができたということで、いつか食べに行こうと思っていました。
 先日、やっと食べに行くことができました。
 店の表に Menu du jour が出ていました。前菜と主菜がいろいろ選べるようです。
 12:05 ころに店に入ると、店内にはすでに4人連れの客がいました。メニューを見ながらいろいろ話し合っています。
 まずはギャルソンがお手拭きを持ってきました。続いて、Aperitif(食前酒)のリストを持ってきました。生ビールがグラスで 700 円、サッポロラガー赤星の中瓶が 750 円でした。このくらい飲んでもいいかなと思いながら、ちょっと高めのような気がして、やっぱりワインのほうがいいかなと考えて、リストを見たのですが、スパークリングワインはいろいろあるものの、普通のワインはボトルがメインで、グラスで飲めるものはないようでした。そんなことで、結局 Aperitif は飲まないことに決めました。
 店の前にあったメニューと同じものが小さな黒板に書いてありました。プリフィックスメニューということです。

nagasaki5-1.JPG

 オーツは、前菜の中から「豚肉の煮こごり風テリーヌ」を選び、主菜として「仏産仔鴨のロースト黒イチヂクのソース」を選びました。
 この店は、テーブルが6個ほどの比較的小さな店です。オーツが店に行ったとき、オーツを含めて2組しか客が入っていませんでしたが、まもなく2人連れがやってきて、店に入ろうとすると、ギャルソンが断っていました。シェフ1人では大人数に対応できないようです。もしかすると、新型コロナの影響で、ソーシャルディスタンスをとるのが店の方針なのかもしれません。
 店の一角ではテレビが壁にかかっていて、WOWOW で 2019 年の日本対南アフリカのラグビーの試合が見られました。一方、スピーカーからはフランス語が流れていました。テレビの画面は日本語版でした。副チャンネルか何かでフランス語版が流れているのかなと思いましたが、フランス語を聞いていても、ラグビーの話ではないようです。どうも、テレビとは全然違うフランス語のラジオか何かを BGM 代わりに流しているようでした。
 注文の料理が出てくるまで、しばらく待ちました。
 お冷やも出てこないので、手持ち無沙汰な感じがしました。12:30 くらいになって、パンが出てきました。
 さらに待っていると、前菜が出てきました。

nagasaki5-2.JPG

 皿が変わった形をしています。ソースが流れ出ないように、皿の中に盛り上がった部分があるのですが、それが皿を一周する形でなく、半円形なのです。こういう皿は、作るのに手間がかかりそうです。きっと高い皿なのでしょう。
 豚肉のテリーヌですが、肉がぎっしり入っている感じで、けっこう食べがいがありました。おいしいかと言われると、う〜ん、まあ普通の感じです。付け合わせのピクルスがかなり酸っぱい感じでした。
 前菜が終わって、皿が引き揚げられました。ナイフとフォークは、前菜と主菜で共通のようで、下げられませんでした。ナイフとフォークが台(ナイフレスト、ナイフ置き)の上にのせられている形式では、一般に交換しないものなのでしょうね。
https://happylifestyle.com/8705
 次がメインですが、水がないのも不便(前の料理の味が口の中に残る)なので、もらうことにしました。聞くと、お冷やは無料なのだそうです。だったら、はじめから出してくれてもよさそうなものだと思いました。
 それから少しして、主菜が出てきました。

nagasaki5-3.JPG

 仔鴨のローストですが、一見して量が多いように思いました。鴨肉は2切れなのですが、1切れが結構大きく、ナイフで細かく切って食べました。黒イチヂクのソースがおいしかったです。満腹になりました。食べていると若干飽きるくらいでした。
 ここで、食後のドリンクを聞かれました。オーツはアイスコーヒーを頼みました。
 デセールが先に出てきました。

nagasaki5-4.JPG

 茶色いのはチョコレートのケーキですが、これが甘くておいしいと思いました。こういうのを食べると、いかにもフレンス料理を食べたという気分になります。
 アイスコーヒーはブラックで飲みましたが、甘いデセールと相性がよいように思いました。
 こんなことで、ランチが終わりました。
 これで、3,000 円に消費税が加算されて 3,300 円ということです。
 価格的には特に不満はありません。フレンチのランチではこのくらいが当然のように思います。とはいえ、先日、エシャロットで 1,760 円のランチを食べたばかりです。
2020.8.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/476744203.html
 この店のランチは、エシャロットの2倍ほどの価格になりますが、その価値があるかということでは、そこまでの差はないように思いました。オーツは、総合的にエシャロットのほうに軍配をあげたいと思います。
 13:30 には店を出ました。ゆっくりしたランチになりました。

 この店の名前、長くてちょっと覚えるのが大変そうです。cantine というのは食堂という意味なので、短くいうときは「ナガサキサンク」でいいと思います。オーツが電話したときもそう名乗っていました。「長崎三区」と思えば、簡単に覚えられると思います。店は長崎5丁目にあるのですが。

ラ カンティーヌ デュ ナガサキサンクビストロ / 東長崎駅千川駅落合南長崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

居酒屋 秀ちゃん@東長崎南口でサンマ開き定食を食べる

 東長崎南口にある「居酒屋 秀ちゃん」は、ランチもやっていて、オーツは何回か食べに行ったことがあります。このブログでは、今まで2回ほど記事にしました。
2020.5.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/474975484.html
2020.5.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/474874866.html
 記事にしていない場合でも、この店に食べに行ったことがあります。オーツはいつも「塩サバ焼定食」600 円を食べていました。オーツが定期的に回っている店の一つということになります。
 さて、先日お店に行ったとき、店の入口に「サンマ開き定食 600 円」と貼り紙がありました。たまには違うものでも食べてみようかなということで、これを注文することにしました。
 カウンターに座って待つことしばし。
 焼いたサンマがお盆にのって出てきました。それにご飯と味噌汁と漬物がつくという標準的なものでした。
 サンマはおいしく食べられました。
 しかし、味噌汁がおいしくないと思います。今まではそんな不満を感じなかったのですが、今回は不満に思いました。出汁があまりきいていない感じです。具はタマネギだけが入っていましたが、具の量も少な目でした。せっかくお代わり無料であっても、お代わりを頼む気になりませんでした。
 ご飯も、ちょっとべちゃ系のご飯でイマイチでした。
 今までこんなことはなかったように思いますが、今回は残念でした。
 この店に特に大きな不満があるわけではありませんが、オーツが定期的に食べに行っている店を考えてみると、日本料理(居酒屋系)が5店もあります。
2020.7.23 http://o-tsu.seesaa.net/article/476463893.html
類似店が他に4店もあることになります。その中で比べると、一段階落ちるかなということで、定期的に食べたい店とまでは言えないような気がしてきました。(とろろが 100 円で食べられるというのはオーツが一番ありがたいところですが。)結局、オーツのよく行く店のリストからは外そうと思いました。たまに、思い立ったら食べに行こうと思います。オーツの中では「とろろが食べたくなったら行く店」という位置づけになりそうです。

居酒屋 秀ちゃん居酒屋 / 東長崎駅落合南長崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


posted by オーツ at 04:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

エシャロット@落合南長崎でランチ(2回目)

 落合南長崎にあるエシャロットは、先日行って、お気に入りの店になりました。
2020.7.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/476431873.html
 そこで再度行くことにしました。
 今回は、前菜として「ホタテ貝と赤ピーマンのテリーヌ」、メインは「若鶏モモ肉のコンフィ」、デザートとして「フロマージュブラン(クリームチーズのいちごソース)」を選びました。それに加えて、グラス1杯だけ白ワイン(ハウスワイン)560 円を注文しました。

echalote4.JPG

 前菜のテリーヌは、上にエビがのっていました。味よく手堅くまとめられている印象でした。

echalote5.JPG

 メインの鶏肉のコンフィは、おいしいのですが、骨があって少し食べにくく感じました。骨付き肉をナイフとフォークでスマートに食べるのはなかなか大変です。うっかり肉を飛ばしてしまうかもしれません。
 やや塩分が強いように思いました。このくらいでもいいと思いつつ、オーツの好みはもう少し薄味がいいという程度です。

echalote6.JPG

 デザートは、カップに入った形で提供されました。
 おいしく食べられました。

 この店のメニューは、毎日のように少しずつ書き換えられているようです。前回食べたものを注文しようと思っても、ない場合があります。まあ日替わりですから、当然といえば当然ですが。
 今回は、前回ほどの感激はありませんでした。(牛肉の赤ワイン煮込みが鉄壁だと思います。)しかし、1,760 円でこの内容が食べられれば、オーツとしては十分満足できます。
 ワイン1杯ではほろ酔いにもなりませんが、それでもワインがつくとちゃんと食事をしたような気分になります。午後に仕事がない場合でないと、なかなかこれができませんが。
 1時間半ほどの優雅なランチになりました。

エシャロットフレンチ / 落合南長崎駅東長崎駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:01| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

山東餃子本舗@江古田南口で4人の食事会

 江古田の南口にある山東餃子本舗は、以前から気になっていた店でした。
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13012450/
 この店は夕方から夜にかけて営業していて、ランチの営業がありません。オーツはランチを江古田周辺でいろいろ食べ歩いているのですが、夕食は、たいてい自宅で酒を飲んで終わりにしています。だから、この店にはなかなか立ち寄ることができませんでした。
 あるとき、二人の息子に声をかけ、妻も参加して、4人での食事会を企画しました。
 店の入口からはカウンターしか見えませんが、その奥に座敷席があり、テーブルが4卓ほどおいてあります。オーツたちはテーブルの一つに座りました。
 まず、飲んだものですが、生ビール(中)500 円×3、ジャスミン茶 200 円、ハイボール 400 円×5、陳年紹興酒(ボトル)2,100 円×2でした。氷は無料でした。
 食べたものは、以下の通りです。味付けサラダ 450 円、アスパラと海鮮炒め 850 円、餃子 350 円×4、水餃子 350 円×2、鶏のカシューナッツ炒め 850 円、豆もやし 300 円、辛子鶏丁(大辛)900 円、砂肝の冷菜 500 円、レタス炒飯 780 円。
 食べたものはみんなおいしかったと思います。
 今回食べたもので一番印象に残ったものは、辛子鶏丁(大辛)でした。

santou1.JPG

鶏肉を揚げたものを大量の唐辛子と一緒に炒めたものです。唐辛子は、もちろん辛いのですが、オーツは唐辛子も食べる主義です。真っ赤な唐辛子がピリッとした味がして、心地よいものです。まあ出てきた唐辛子を全部食べるわけではなく、少し食べる程度で止めていますが。
 で、唐辛子の他に、1.5cm くらいのサイズのもの(唐辛子のように細長くはなく、固まりみたいな形でした)が添えられていました。写真で見るとヘタがついていて植物の実であることがわかります。これも唐辛子かということで、食べてみたところ、ものすごく辛いものでした。食べているうちに舌が痛みを感じました。飲み込んでしまっても、まだ舌がぴりぴりしていて、水を口に含んでクチュクチュやって辛さを取りますが、水を飲み込むと、また舌がぴりぴりするのです。結局水をコップ1杯以上飲む羽目になりました。こんな辛いのを食べたのは、久しぶりです。これが花椒なのでしょうか。今まで粉末状にしたスパイスとして意識していましたが、そのままの実全体として使われたのは初めて食べたかもしれません。20年ほど前に中国で四川料理の辛いものを食べた記憶がありますが、そのとき食べたのがこれだったかもしれません。
 四川料理は辛いものだと思いますが、たいてい、そのまま食べても大丈夫だし、今までそうしてきました。しかし、今回は懲りました。これは食べるものではないと思います。香りや味を鶏肉に付けるもので、鶏肉を食べればいいということです。
 この店の餃子は羽根付きで、中にはニラがしっかり入っています。

santou2.JPG

写真では餃子が5個しか見えませんが、これが2列並んでいます。これが2人前です。
 2人前を2回注文しましたが、焼き立ては特においしく感じます。
 水餃子もけっこうでした。丼にゴロンという形で出てくるのはいかにも中国流だと思います。見栄えはあまりよくないのですが、おいしければそれでいいという感覚でしょうか。
 お店の名前に「餃子」を付けるだけのことはあります。
 結局、オーツたちは3時間ほどの滞在になりました。

 上記の明細に示したものの合計額 14,230 円に消費税が乗って、16,093 円となりました。オーツが 17,000 円を出すと、お店の人が 100 円玉はないかと聞いてきました。オーツがないと答えると、何と 1,000 円をバックしてきて、これで会計が済んでしまいました。端数切り捨てとは珍しいです。お店のサービス精神を感じました。

山東餃子本舗餃子 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:58| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

CoCo壱番屋 西武江古田駅南口店でやさいカレーの5辛を食べる

 オーツが CoCo壱番屋でカレーを食べるとき、たいてい下高井戸駅前店に行きます。勤務先から近いし、他に食べたいと思う店も多くないしで、あまり選択の幅がないことも関係していると思います。
 新型コロナの影響で、今年の2月くらいから勤務先も基本的に立ち入り禁止になり、仕事はテレワークでということで、自宅からネットでアクセスすることになりました。
 ということで、下高井戸〜桜上水あたりの飲食店には半年ほど行っていません。CoCo壱番屋にも、そんなわけで、行かなくなっていました。しばらく行かないでいると、辛いカレーを食べたくなるものです。オーツは、久しぶりに CoCo壱番屋に行ってみることにしました。
 自宅の近くということで、西武江古田駅南口店に行きました。
https://tenpo.ichibanya.co.jp/map/2033
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13085319/
 ココイチはどの店で食べても味と辛さが一定です。このこと自体、すごいことだと思います。
 オーツは、いつものように(といいながらこの店では初めてですが)やさいカレーの5辛と野菜サラダを食べました。1,044 円でした。内訳は、やさいカレー 745 円+5辛 110 円+野菜サラダ 189 円です。
 いつもの味のカレーをいつものようにおいしく食べました。
 食べながら感じたことですが、5辛が十分辛いのです。以前(2007 年ころ)は、毎週1回くらいのペースでCoCo壱番屋でカレーを食べていたのですが、最近は、ちょっと足が遠のき、新型コロナの影響もあってしばらく食べないままになっていたというわけです。カレーの辛さは、食べ続けていると感じにくくなるのかもしれません。あまり食べないでいると、舌が敏感になり、辛さを感じるのだろうと思います。今回、5辛で十分辛かったし、実際のところ辛すぎる感じがなきにしもあらずでした。身体が「CoCo壱番屋のカレーは久しぶりだよ」と教えてくれているようなものです。
 それにしても、カレーとサラダで 1,044 円になったのですね。感慨深いものです。2007 年ころは、同じものを食べて 880 円だったのに、2013 年には 930 円、そして(消費税の増税もありますが)今や千円オーバーになってしまいました。カレーも気軽な食べ物ではなくなっていくのかもしれません。野菜サラダを付けないで、千円以下に抑えるべきなのでしょうか。いや、ランチを千円以下で済ませようというオーツの方針が、そろそろ世間の相場に合わなくなってきているのかもしれません。

CoCo壱番屋 西武江古田駅南口店カレーライス / 江古田駅新桜台駅新江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:41| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

CAFE AFF@下高井戸でアイスコーヒーを飲む

 オーツは、2人と待ち合わせて、下高井戸でちょっと話がしたいと思いました。
 最初は「YOU・遊」(ユウユウ)にいくことにし、店の前で待ち合わせました。
 しかし、店に入ってみると、新型コロナ対策ということで、すべての席が仕切られ、向かい合わせに座ることができず、横並びしかできないということです。これでは話しづらいということで、他の店に行くことにしました。
 ちょっと歩いて、CAFE AFF という店に入ることにしました。
http://cafe-aff.com/
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13119008/
 だいたい、オーツは下高井戸で喫茶店に入ることはなく、過去15年通っていますが、たぶん一度も入ったことがないように思います。下高井戸は、ランチを食べる場所ではあっても、お茶を飲む場所ではないという感じがします。
 オーツの場合、そもそも下高井戸に限らず、喫茶店に入ること自体が珍しいように思います。年1回あるか否かでしょうか。ランチを食べるために入ることはあるかと思いますが、そうでなければ、まず入らないものです。
 お店には、テーブルに3人分のイスがあり、反対側にはソファがあり、5〜6人が座れるようになっていました。そこに3人が座りました。
 で、オーツはアイスコーヒーを注文しました。一番普通のものにしたつもりですが、この値段が 510 円でした。ずいぶん高いような気がしました。今や喫茶店での飲み物価格はこんなあたりになっているのですね。まるで浦島太郎状態でした。
 オーツが江古田周辺のランチで食べるのが、500 円のタンメンであったり、550 円の中華の定食(中にはアイスコーヒーが付いてくる場合も)であったりするわけですが、下高井戸では 510 円というのがアイスコーヒー1杯の値段というわけです。いや、驚きました。
 もちろん、江古田近辺と下高井戸という土地の違いも反映していると思われます。
 オーツの価格感覚が世の中とかなりズレているのだと思いました。
 オーツは、いよいよ下高井戸で喫茶店に行くことはないように思いました。

CAFE AFFカフェ / 下高井戸駅桜上水駅松原駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 10:16| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする