2008年05月21日

2人組の男、電線などを盗もうとして感電する

 オーツが見かけたニュースです。
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081210988891.html
 アメリカの話ですが、送電線や変圧器などを盗もうとしていた2人組の男が犯行中に感電して、あっけなく警察に逮捕されたとのことです。
 通電している電線を盗もうと考えること自体が間抜けな話です。世の中には変な人もいるものですが、まあ、変だからこそニュースになるといったところでしょうか。
 ところで、この記事には、「警察によると、この事件で約5時間に渡って停電が発生、被害総額は約1500ドルだという。」とあります。「停電の被害額」というのはどうやって計算するのでしょうか。冷凍庫が動作しなかったために食品が傷んだということなら、その食品分が被害ということになりますが、セットしておいたビデオ録画ができなかったなどという場合は、直接の被害はないにも等しいけれど、心理的な「被害」はかなり大きく、慰謝料を請求したいと感じる人がいることでしょう。電気が来ないために営業できなかったお店(ゲームセンターとか)はなかったのでしょうか。普通のスーパーでも、停電すればレジが動作しなくなり、手作業で計算したりお金のやりとりをしたりすれば、効率が落ち、相当に大きな被害になりそうです。
 被害額 1500 ドルとは、意外に小さい金額だと思いました。
ラベル:盗む 感電 停電 電線
posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック