2008年04月10日

ネコの自動給餌器

 オーツの家で、ネコに留守番させて外出するときがあります。そんなとき、短期間なら、エサを多めにやっておく程度でいいのですが、1泊2日や2泊3日になると、その手が使えません。そこで、自動給餌器を買うことにしました。
 自動給餌器には二つのタイプがあるようです。
 一つは、ペットが食べただけエサが出てくるというもので、
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=P324422FS
こんなものです。価格は安いのですが、エサをたくさん置いておくのと変わりません。これではネコがエサを食べ過ぎて、太ってしまいます。
 もう一つのタイプは、タイマーが付いていて、時間になると1回分のエサが食べられるようになるというものです。
http://item.rakuten.co.jp/tambedy/6003102000026/
こんなものです。4310 円で買えます。「オートマチックペットフィーダー」というんですね。
 買ってみたら、意外と大きいので、ちょっと驚きました。これなら大型犬でも大丈夫そうです。1回分のところに 30g のエサではバランスが悪いのですが、まあ「大は小を兼ねる」ということでしょうね。給餌器自体はかなり重いので、ネコがひっくり返すこともなさそうです。
 パッケージは英語で書いてありましたが、中に日本語の取扱説明書が入っていました。アメリカ製なのかと思いましたが、パッケージには CHINA PATENT の番号が書いてあり、US などは申請中とのことですから、もしかしたら中国製かもしれません。
 取扱説明書は、安直な作りで、図がぼけていてよく見えません。しかし、まあ、現物と比べながら、何とか使えるようです。
 説明も不親切で、かなりわかりにくいものです。一番重要なことは、2回目以降の給餌時刻は、その直前の給餌時刻の次にその時刻になったときに動作することなのですが、このことが明記されていません。このようになっているので、4日間に同一時刻の給餌を設定することは可能なのですが、ある日の7時に給餌させ、翌日の8時に給餌させることはできないのです。この場合、25時間後に動作するのでなく、1時間後に動作してしまいます。ポイントは、次回の給餌時刻は、前回給餌時刻の24時間以内にセットするということです。
 さっそく4回の時刻をセットして試用してみました。エサを入れずに、時間が来たらどうなるかを試したわけです。なるほど、ちゃんとそのたびに 1/4 回転して、トレイが露出しました。4回ともOKでした。
 4回が露出したあと、セットした4種類の時刻はそのままになっています。つまり、次回使うときは、単にスタートボタンを押すだけでいいというわけです。このあたりも説明書には記載されていません。
 これで、外出時もあまりネコのことを気にしないで済みます。あとはトイレの問題ですが、まあ、それは何とかなるでしょう。
 ネットで調べると、タイマー付きのタイプの自動給餌器はいろいろあるようですが、数万円のものも多いようです。上記のものが一番安いので、これにしました。
 取扱説明書には、輸入元として 有限会社サカイトレーディング http://www.sa-net.co.jp と書いてありましたが、さて、どんな業者なのか、何ともわかりません。ちなみに、この業者から直接買うと
http://item.rakuten.co.jp/sakaitrd/pf-5/
5,980 円になります。
 オーツは、今まで2回ほどこの自動給餌器を使ってみましたが、帰宅後にエサの残量をチェックすると、それなりに減っているので、ネコがちゃんとここから食べているようすがわかります。


ラベル:ネコ 自動給餌器
posted by オーツ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック