2008年02月27日

財布に普段入っている金額

 財布にはいくらくらい入っているものでしょうか。そんな調査がいくつかあります。
(1)
http://portal.nifty.com/special03/10/10/
 2万円から5万円くらいが多いという結果です。10代の若者は少な目ですが、20代以上はあまり年齢差がないとのことです。
(2)
http://www.c-mam.co.jp/profile/mobile/1-purse/vol1.html
こちらでは1万円から3万円となっています。
 回答の選択肢の幅を事前に決めておくので、こういう結果になるのでしょう。
(3)
http://www2.mdb-net.com/netsurvey/w_report/report40.html
ここでは5千円から1万円が最多です。金額の区切り方が細かいためでしょうね。
(4)
http://www.jmintelligence.co.jp/jp/j_jmi_news/j_2003_09_22.html
ここでは、平均値を求めていますが、19,300 円だそうです。
(5)
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/enq/050615/
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2005/050615/index.html
こちらでは、今入っている金額ではなく、いくらあると安心できるかと尋ねていますが、男性は2万円から3万円、女性は5千円から1万円が最多のようです。
(6)
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/dailyresearch/eid/547370/
ここでも、5千円から3万円が多いようです。

 オーツはどうしているか。
 財布の中身が1万円を下回ることはないように思います。自宅で財布を確認して、万札が1枚しかなければ、2〜3枚追加しておくでしょう。つまり、財布の中身は1万円〜4万円ということです。やっぱり生活感覚は「平均的」といったところでしょうか。
 ちなみに、自宅のタンス預金(そんなに大げさなものではなくて、単に ATM で現金を多めにおろして自宅のカバンに入れているだけですが)は30万円くらいです。何かのときに現金が必要な場合がありますから、それに備えているといったところでしょう。
 昔は、銀行の定期預金や郵便局の定額貯金の金利が高く、1年で7%くらいの利息が付きましたから、30万円を預けておけば利息が 21,000 円です。こうなると、タンス預金しているよりは金融機関に預けておくのが正解でしょうが、現在のように、利息が 0.3% とかになると、900 円にしかなりません。(さらに、ここから税金が引かれます。)預貯金にはすぐには使えない不便さがあるので、それを考えると、タンス預金の30万円を銀行などに預けておく理由がないように思います。

posted by オーツ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック