2008年02月01日

スピード(1994)

 オーツは、アクション映画が好きです。
 「スピード」は、中でも、始めから終わりまでアクションの連続で、はらはらどきどきで最後まで見ていられます。
 初めのエレベータからの脱出、走っているバスからの脱出、地下鉄での対決(と脱出?)と息つく暇さえありません。
 ストーリーは、かなりよく練られています。しかし、変なツッコミどころ満載です。
 エレベータへの爆弾の設置などは、犯人が(関係者でもないのに)よくあそこまで準備できたと思わせます。
 バスへの爆弾の設置も同じです。1台のバスにどうやってあんな大仕掛けができるのでしょうか。しかも一人でです。
 バスがスピードを上げて高速道路上の15メートルのギャップを飛び越えるシーンもナンセンスです。あり得ません。バスの速度がどうみても時速50マイルを下回っているシーンも多かったです。時速50マイル以下では爆弾が爆発するはずじゃなかったですか。
 ゴミ箱の下の地面に穴を空けておくなんて、他人に気づかれずに事前にできるはずがありません。
 地下鉄の大事故があったのに、中にいた2人が無事だなんて信じられません。
 とはいうものの、そういったツッコミは気にせずに楽しむべき娯楽映画です。
 爆破シーンはどれもすごい迫力です。バスの爆破、家の爆破、飛行機の爆破、すべてお見事です。
 主演のキアヌ・リーブスもサンドラ・ブロックもかっこよく描かれています。
ラベル:スピード
posted by オーツ at 05:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、はじめまして。
いつも拝読させて頂いております。

このブログを読みながら、
テレビを見ていたら偶然のことが起きました。
WOWOWで今日は無料放送の日だそうです。
で、番組表を見ていたら、
「スピード」が放映されるそうです。

このブログを見ていて、
なんとなく久しぶりに「スピード」を
見たいな〜と思っていたので、
思わぬタイミングの良さで、
思わず録画予約してしまいました。

そういえば、
最近の餃子の農薬事件で、
店頭から冷凍餃子が撤去されましたが、
実際のラーメン屋さんでは、
逆に餃子の売り上げが伸びているそうです。

これは、連日報道される美味しそうな
焼きたて餃子の映像が、
「餃子欲」を書き立てるからではないでしょうか。

映画も餃子のケースも、
人間の行動は、
「見たい時」「食べたい時」に
タイミングよく
それを満足してくれる対象があると、
割と簡単に飛びついてしまうっちゅーことですね。

映画の続編がロードショーされる時は、
地上はで前作が流れるのもそうですね。
きっと。僕らは割りと単純なんだなあ、
としみじみ思いました。

乱文長文失礼致しました。
Posted by ANUT at 2008年02月03日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック