2008年01月31日

シニア料金

 オーツは、気分だけは若いつもりでいましたが、そろそろ年を重ねるようになってきました。
 この間の年末にスキー場にいったのですが、そこのリフト券売り場で気が付きました。オーツはシニア料金だったのです。子供料金と同じです。そのスキー場では、55歳からシニアだったんですね。ちょっとネットで調べてみると、多くのスキー場でシニア料金は55歳以上になっているようです。自分がそんな年になったとは思ってもみませんでした。計算してみると、確かに55歳なんですが。オーツの父親は会社勤めをしていましたが、当時は55歳が定年でした。オーツもそんな年になったということです。
 スキー場によっては、シニア料金が50歳以上というところもあるし、60歳以上というところもあるようです。
 もしかすると、気をつけて周りを見てみれば、スキー場以外でも、シニア料金で利用できるものがもっとあるのかもしれません。自分で気にしなかっただけです。飲み屋にシニア料金があればいいのに……。
 う〜ん、シニアですかねえ。
 この調子で生活していると、還暦(60歳)なんてあっという間でしょうし、古希(70歳)もすぐそこのような気がしてきました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック