2008年01月28日

掛け時計が壊れました

 オーツがしばらく使ってきた電池式の掛け時計が壊れました。
 表示する時刻がだんだん遅くなってきて、そのうち止まってしまったのです。
 今までは、乾電池を交換すると、また生き返って元気に働き出したのですが、今回は、電池の残量が十分ありました。
 ということで、壊れた掛け時計は捨てることにしました。
 時計の裏側の電池を入れるところには、紙が貼ってあり、電池の交換日を記入するようになっています。最初の設置日は、昭和53年4月8日でした。実は、この日はオーツ夫婦がまさに結婚式を挙げたその日なのです。この時計は30年の真珠婚式を待たずに、寿命を終えてしまったのでした。まあ、30年もがんばってくれたら、もういうことなしです。
 こういう時計に思い入れがあるか。オーツは妻にも聞いてみました。その結果、捨ててもいいということでした。
 オーツは、機械や道具は使えなくなったら廃棄してかまわない(ただし、修理代が新規購入費よりも安い場合はその限りでない)と考えています。だから、結婚式当日に設置したものでも、特に思い入れはありません。今や、掛け時計も 100 円ショップで売っている時代ですから、多額の修理代を出して直すのもばかばかしいように思います。
 掛け時計のあったところには、別の場所にあった掛け時計を持ってきて、使っています。オーツの家では時計が余っているということですね。
ラベル:掛け時計
posted by オーツ at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック