2007年12月30日

メールで UTF-8 のコードを使うものが増えました。

 オーツはメールに関しては保守的で(いや、それ以外でも保守的ですが)いまだに Becky Ver.1 を使っています。
 最近、Windows Vista を使う人が出てきたからでしょうか、UTF-8 のコードでメールを送ってくる人が増えました。ところが、古いシステムではこれを読むのが大変なんですね。Becky Ver.1 では、文字化けが起きて、読めません。
 オーツがなぜ Becky Ver.1 を愛用しているかというと、実は、メールをエディタで読み書きするためです。
 というわけで、できたらこの環境(やり方)をあと30年くらい続けたいのですが、そこまで持つのかどうか、心配になってきました。
 UTF-8 のメールは、他のものを全部処理したあとに、これだけをメールボックスに残してエディタでアクセスすると普通に読めますし、それを他のファイルにコピペすると Shift-JIS になってしまうので、まあ、大きな問題ではないのですが、Shift-JIS で表せない文字が含まれているとよろしくないことになります。オーツの感触では、そこまで文字コードに敏感な人はあまりいなくて、たぶんメールソフトを初期設定のまま使っており、そのソフトの初期設定が UTF-8 になっているだけだろうと思います。
 今よりもさらに UTF-8 のメールが増えたら、どうしたものでしょう。今から悩む必要はないのかもしれませんが、……。
posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック