2007年12月05日

浴室暖房機

 冬は、浴室が寒いと、風呂に入りたくなくなります。
 オーツは、自宅を新築するときに、浴室暖房機を入れました。風呂を沸かすときに「予備暖房」のボタンを押すと、天井から温風が出て、風呂が沸くころには浴室全体が暖かくなります。これは便利です。冬に風呂に入るために全裸になるということは、急に寒いところに行くことと同じく、血圧が上がります。そこで温かい湯船につかったりしたら、今度は一気に逆の傾向になるわけで、さらに体がおかしくなりそうです。
 浴室暖房機は、洗濯物を乾燥するときにも使えますが、実際は洗濯物の乾燥にはほとんど使いません。どうしても洗濯物が乾きにくいときは、乾燥機(正しくは洗濯機の乾燥機能)を使えば済んでしまいます。
 浴室暖房機は、浴室の換気にも使えますが、これもほとんど使いません。風呂場の窓を開けておけばそれで十分です。
 というわけで、浴室暖房機は、もっぱら暖房だけに使っています。
 浴室暖房機は、新築するときに付けるのは簡単ですが、後日の設置工事はちょっと大変でしょうね。浴室の種類によっては付けられないこともありそうです。新築時に付けておいて大正解でした。
2017.2.8 追記
 長年使ってきた浴室暖房機が壊れたので、交換しました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/446775756.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:浴室暖房機
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック