2007年11月10日

モバイルSuicaの不正利用

 オーツが読んだ記事です。
 モバイル Suica で不正利用があり、約1年間で 1000 万円の被害が出たそうです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/09/news033.html
新聞各紙も9日夕刊で報じたようです。
 記事を読む限りでは、JR東日本の不正利用を防止する仕組みが不十分なように思われます。
 クレジットカードは、番号などが盗まれると被害にあうことがあるわけですが、盗み見た情報を活用してモバイル Suica にチャージするという手口を考えた人はなかなかの人です。システムのすきまを突くというのも才能の一つです。そういう才能を他の分野に活かしてくれればいいのに、と思いました。
 それにしても、他人のクレジットカードの番号をセットして使っている人がいる場合、なぜもっと早く気が付かないのでしょうか。クレジットの利用明細が来る前に(数日中に)集中利用してしまうのでしょうか。それとも、本人の本当の使用記録と、他人による不正利用とを区別することがむずかしいからでしょうか。記事によれば、今回は前者のようです。
 しかし、オーツは、たまに Suica にチャージするような使い方をしていれば、長期間にわたって不正利用された本人でもそういうことが見抜けないということになりそうに思います。自分のチャージ記録など、覚えているはずがありません。オーツの場合も、1ヵ月に1回送られてくるクレジットの明細を見て、「ああこうだったんだ」と思うくらいです。Suica も PASMO も、残高が少なくなると、クレジットカードで 3000 円が自動チャージされる仕組みですから、チャージが気になりません。もしも、月数回の正規のチャージの中に第三者のチャージ不正利用数回が含まれていても、特に変には思わないでしょう。考えてみると、これも恐い話です。かなりの長期にわたって不正が続くことになります。
 現代は便利になった反面、こういうことに注意を払わなければならないという時代でもあるわけです。
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Itmedia の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: Itmediaに関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2007-11-10 05:36