2007年10月21日

ホッチキスは長持ちします

 オーツが使っているさまざまな品物の中で、長持ちしている代表といえば、ホッチキスがあります。
 確か、購入したのはオーツが中学生のときですから、40年以上使っています。シンプルな仕組みで、針さえ交換すればいくらでも使えそうです。このまま(オーツが死ぬまで)使い続けることができます。
 しかし、最近、新型のホッチキスを使うようになって、旧型を使うのを止めようかと思うようになりました。
 今は、パチンと閉じたときに、針が盛り上がらないタイプのホッチキスがあるんですね。数十部をまとめて手に持ったりするとき、針の部分が盛り上がらないので、大変気持ちいいです。使う針は今までと同じです。数十年ぶりに技術革新がなされたというわけです。(もっとも、正確にいつから販売されているのか、オーツは知りませんが。)一方では、小さいホッチキスでも、数十年持つように基本機能がしっかり設計されていたともいえるわけで、これも驚きの技術です。
 他に、こんなに長く使っているものはありません。小学生のときに買ったそろばんが取ってあったりしますが、これは普段使っていませんから、該当しません。
 数十年使われ続けるというのは、とても大変なことだと思います。
ラベル:ホッチキス
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック