2007年09月25日

香港旅行の話(6)

 5日目、帰国の日です。バスがホテルに迎えに来るのが早朝 5:30 ということで、早起きしました。バスは、いくつかのホテルをまわって日本人をピックアップしていきました。空港に着くまでにはほぼ全員が居眠りをしていたようです。
 空港に着いて、手荷物を預けてから、空港内のレストランで朝ご飯です。店頭にサンプルが並び、そこに料理名が漢字と英語で書いてありましたが、いずれも覚えられません。そこで、漢字を紙に書き写して、それをボーイさんに見せて注文しました。おかゆとビーフンにしましたが、高くなく、しかもおいしく、大正解です。2種類を妻とそれぞれ分け合って食べました。
 レストランで、ふとオーツが気づくと、隣のテーブルでは、レモンティーを飲んでいる人がいましたが、グラスの中にはレモンが5切れくらい入っており、それをストロー(とスプーン?)を使ってぐちゃぐちゃにかき混ぜていました。これが香港流の飲み方なんですね。
 行きと同じく、帰りも香港ドラゴン航空の便でしたが、機内食は例によって主食がたくさん並ぶスタイルでした。
 メニューが配られたので、オーツが食べたものを再現しておきましょう。中華冷麺サラダ、ポークの蒸し煮のプラムソースご飯、パン、バター、ハーゲンダッツアイスクリーム、コーヒーです。飲み物は、ビールと白ワイン2杯でした。
 妻が食べたものは、ポークご飯でなく、「チキソツチュー トリコロールスパイラルパスタ」でした。「ちきそつちゅー」ですよ。チキンシチューだってことはすぐわかりますが、日本人も多く乗る航空会社にしては、いささか印刷がお粗末でした。
 自宅到着は夕方6時過ぎになり、香港との時差も1時間ありますが、日本への帰国だけで1日かかってしまう計算です。海外は、やはりちょっと遠いですね。
ラベル:香港 旅行
posted by オーツ at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック