2007年06月20日

CoCo壱番屋のカレーの辛さ

 今日は、ちょっと下品な話です。
 オーツは、昨日のお昼には CoCo壱番屋にいって5辛のカレーを食べたのですが、昨夜遅く、トイレにいったところ、お尻でカレーの辛さを感じました。これがどんなものかは、言葉で説明するのがとても難しいのです。たとえていえば、辛口のカレーを食べたあと、唇にちょっと残ったカレーが唇にヒリヒリ感を与えることがありますが、それがお尻で起きます。これは、経験者でないとわからないと思います。
 実は、今までも、似たような経験はあったのです。それは激辛のカレーやラーメンなどを食べたあとです。涙なしには食べられないレベルの辛さのときです。だいたい翌日の朝にお尻で辛さを感じることになります。
 CoCo壱番屋の場合、8辛まで食べても、特にこの感触は味わえなかったのですが、昨日は5辛で感じることができました。いや、オーツは特に感じたいと希望するものではなく、感じなければ感じないほうがいいと思うのですが、……。
 ともあれ、この経験から、次のようにいうことができます:ココイチのカレー(5辛)は辛い。でも、だからうまい。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック