2007年07月17日

中野区立図書館

 オーツは、たまに地元の公立図書館を利用しています。
 今は、インターネット時代ですから、
http://metro.tokyo.opac.jp/
で図書の所在情報がわかります。東京都内の全部の(利用できそうな)図書館を横断検索してくれるので、大変便利です。その結果、近いところでは、中野区立東中野図書館に当該の本があることがわかり、電車で出かけたついでに図書館によって本を借りてきました。
 で、本を返すときですが、東中野図書館まで行かなくていいんですね。中野区立図書館のどこに返してもいいのです。
 昨日、地元の図書館に持参したのですが、図書館が本に付けたバーコードを「ピッ」とやって返却手続きは終了です。
 あまりに簡単なので、オーツは拍子抜けしてしまいました。
 図書館まで出向いて図書カードをくっていたころと比べたら、何と便利な世の中になったんでしょう。
 昔は、それはそれは手間がかかっていたんですよ。いや、そういうことをいうのは、老人の繰り言に過ぎませんかね。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック