2007年07月26日

野菜は洗わないで使っても問題なし

 オーツ流手抜き料理です。
 野菜は、スーパーで買ってきたら洗わずに切って使います。
 オーツの家では、妻は野菜を水洗いしていますが、なぜ洗うのか、オーツには理由がわかりません。
 泥が付いているから? まあ、泥付き野菜は確かに洗う必要がありそうです。しかし、スーパーでは、そんなものは売っていません。ネギくらいでしょうか。ネギだって、皮をむけばそれで十分で、洗わなくていいのです。ジャガイモだって、どうせ皮をむくのですから、水で洗う必要はありません。
 農薬が付いているから? まあ、それはあるかもしれませんが、しかし、農薬が水洗い程度で落ちるとは思えません。水洗い程度で落ちるならば、畑にはえている時期に雨が降ったら、農薬の意味がなくなってしまうではありませんか。
 虫が付いているから? まあ、たまには虫もいますが、それは、その野菜が自然の中でできたことを証明しています。むしろ、無農薬野菜ということで、価値があるのではないでしょうか。
 O-157 などのばい菌が付いているから? 今の時代、そんなものを売っているスーパーなんてありません。
 野菜類は、スーパーで陳列する前に、出荷時点できれいに洗われているものがほとんどです。それをもう一度洗うなんて、めんどうなだけです。そのまま切って食べればいいのです。
 野菜を洗っているのは、精神的な満足感か単なる慣習によるものだと思います。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック