2007年07月27日

ロンドンのナイトクラブに5時間、支払いは2500万円

 オーツが驚いたニュースです。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-27046420070725?rpc=131
英国ロンドンのナイトクラブで先週末に5時間過ごした中東のビジネスマンの請求書が、21万ドル(約2520万円)余りにのぼったとのことです。
 高級酒などを飲んだにしても、一晩でこれだけ使うとなると大変だったことでしょう。
 しかし、記事をよく読むと、友人17人と連れだって入ったとのことですから、一人あたりにすれば、12,000 ドルであり、150万円といえば、あり得るかもしれません。(それでもオーツにはとうてい払えませんが。)
 ま、世の中にはいろいろなことがあるものだなあと思いました。
 この中東のビジネスマンも石油関係者なのでしょうかね。最近のガソリンの高騰は困ったことですが、そういうことで消費者から産油国に回ったお金がこんなことに使われているのでしょうか。
 1円でも安いガソリンスタンドを探して給油している庶民からすると別世界です。
 金が回ることで経済が発展するというのは事実ですが、こういうニュースに接すると、割り切れない気分になります。
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック