2007年08月08日

回転寿司・もりいち

 オーツが食べた回転寿司です。神保町にあります。全皿 135 円の店です。オーツは6枚食べて 810 円払いました。
 夜の7時半すぎに入りましたが、ほぼ満席状態でした。商売繁盛でいいことですね。
 で、回転レーンを見てみると、お皿には品目を書いた立て札が乗っている例が多く、ネタがあまり流れていません。これじゃ「回転寿司」とはいいにくいと思います。ふと気が付くと、みんな勝手に注文しています。まあ、それもいいでしょう。オーツもさっそくいろいろ注文して食べました。
 しかし、注文してから出てくるまでかなり時間がかかります。板さんが4人ほどいるのですが、客の数が多く、しかも、それぞれの客が適当に注文するわけですから、応じるほうが大変なのはわかります。しかし、待たされる客としては不満が残ります。
 しかも、中には、後から注文したものを先に握ったりする例もあり、注文が忘れられているのではないかと思えました。オーツの注文でも、2,3回そういうのがありました。
 後からオーツの隣に見知らぬ女性が入ってきて、同様に注文していましたが、声が小さく、注文が届かないようでした。かわいそうに。
 この店では「ロコ貝」という表示がありました。「あわび」と表示する回転寿司が普通ですが、ロコ貝はロコ貝であってあわびではありませんから、この表示は良心的です。しかし、いざ「ロコ貝」を注文したら、板さんが握ってから「あわびのお客様あ」と叫んでいるではありませんか。オーツが応えて受け取りましたが、せっかくの良心的表示なのに、やっぱり板に付いていないのですね。
 「会計お願いします」といってからでも、フロアー係が来るのが遅く、今ひとつです。
 この店は、単価が安く、味もそれなりにおいしいので、またいってもいいような店です。しかし、どうにもゴチャゴチャしている感があり、いちいち大声で注文しなければならないし、そういう声がたくさんの客から出るので、全般に店内が騒がしくなってしまいます。活気があって良いという見方もあるでしょうが、オーツとしては、落ち着いて食べていられない雰囲気です。オーツの好みですが、レーンにいろいろな種類の寿司が流れていて、いちいち注文しなくてもその中から適当に選んで食べられるほうが気が楽です。やっぱり見て選べるっていいですよね。
 というわけで、良いような良くないような店だと思いました。
 WWW を検索すると、評判記が見つかります。
http://www.maracas.net/kaiten/genre/moriichi.html
 激安・均一価格系ではトップに位置づける人もいます。
http://www.maracas.net/kaiten/genre/cheap.html
posted by オーツ at 04:30 | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック