2021年02月25日

定期的に通う店と新しい店の開拓

 オーツのブログでは、いろいろな飲食店のことを書いたりしています。
 食べてみておいしいと思った店などは、また行きたいと思うので、メモ代わりにブログに書いたりするわけです。
 おいしくても、頻繁に通うほどのことはない店もあります。それは1回こっきりの店ということになりますが、これもブログに書きます。メモしておかないと、行ったことを忘れて、再度行ったりすることになるからです。
 おいしくなくて価格が高い店だったりすると、二度と行くことはないと思いますが、そういう店はブログに書くときもありますが、書かないでパソコン内のメモだけに留めることもあります。
 こんなことを続けてきたら、いつも同じお気に入りの店に通うことと、新しくできた(ことを知った)店に行くことと、どちらがオーツにとって幸せなことなのか、疑問に思いました。
 いつも同じ店に通っていると、もちろん毎日の生活として満足していますが、新規開店したすばらしい店を見逃してしまう可能性が出てきます。また、お気に入りの店が突然閉店ということになる場合もあります。閉店した途端に途方に暮れることになります。
 新しい店を次々に探していくとなると、毎日が刺激的でおもしろいと思いますが、新規開店はそんなに多くないので、ネタ切れになってしまい、結局はおいしいと思った店に行くことになります。
 そんなことを考えていると、これら二つの方針は矛盾するものではなく、両立するものであるように思えてきました。
 同じ地域に長く住んでいれば、どちらの方針をとるにせよ、結果的に似たようなことになってくるのではないでしょうか。オーツの今のやり方は、定期的に通う店をリストアップしておき、実際それらに順次通うとともに、新しく気がついた店にも入ってみて、安くておいしかったら定期的に通う店のリストに入れるというものですが、これは、多くの人が無意識に(明示的でなく)やっていることではないでしょうか。
 オーツは、パソコン内に明示的に記録することをずっと続けているというだけの話です。
 オーツは、江古田に引っ越してきてから22年になります。そのくらい住んでいると、周辺にもだいぶくわしくなります。
 その前には別の区のマンションに18年ほど住んでいましたが、そのころは、子供が小さかったこともあって、あまり飲食店に行かなかったように思います。だいたい自宅で自炊をしていました。
 オーツの勤務先は、何回か変わりました。クルマに乗るようになる前は、行く店がかなり固定的でしたが、クルマに乗るようになってからは、周辺の店にあちこち行くようになり、それぞれの勤務先の周辺の飲食店の記録などをつけるようになりました。パソコンの中にはいろいろ記録が残っています。今となっては昔話でしかありませんが。
posted by オーツ at 05:04| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。