2021年02月04日

3歳の孫が「アンマンマン」と発音した

 オーツの孫の一人は3歳になったばかりです。いろいろな話ができるようになってきて、孫と話をしていても楽しいです。サ行音の発音はうまくできないので、「警察」とかは言えません。
 先日オーツが気がついたのですが、アンパンマンのことを「アンマンマン」と言っています。パ行音が言えずに、マ行音になっています。何と、パ行音とマ行音で習得のスピードに違いがあるようなのです。
 そんなことでは、「ママ」が言えても「パパ」が言えないのではないかと思いますが、さて、どうなのでしょう。
 孫が我が家で何時間か過ごすことがあったので、さっそく実験してみました。
 「ママっていえる?」と聞くと「ママ」と返してきます。
 「パパっていえる?」と聞くと「パパ」と返してきます。えーっ!
 「じゃ、アンパンマンっていえる?」と聞くと「アンパンマン」です。何ということでしょう。先日「アンマンマン」と発音していたのはどういうことなんでしょうか。ちゃんと「アンパンマン」と言えるのです。
 さらに「おとうさんは?」「オトータン」「おかあさんは?」「オカータン」と言いながら笑っています。自分でサ行音が言えないことをわかっているようです。
 [m] も [p] も「唇音」(しんおん、くちびるおん)であり、子供の習得が早いことが知られています。[s] は摩擦音で、これは発音がむずかしく、子供の習得も遅くなります。3歳でこれが言えなくても、特に気にすることではありません。
 「アンマンマン」の発音を聞いてオーツが喜んだのは、ぬか喜びだったわけです。
posted by オーツ at 03:52| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。