2021年01月29日

山田明(2020.7.20)『スマホ料金はなぜ高いのか』(新潮新書)新潮社

 オーツが読んだ本です。
 著者は1974年に日本電信電話公社に入社し、40年近く情報通信関係で仕事をしてきた人です。この業界の裏の裏まで知っている人のようです。
 NTT の社長人事がどう行われているかまで書いていますから、内部事情にも詳しいことが推測されます。
 本書の中身は、NTT の仕組みやドコモがなぜ稼ぎ頭になっているかなど、マクロな目でデータを基に論じるようになっており、著者の視野の広さを感じます。
 では、この本で「スマホ料金はなぜ高いのか」がわかったかといえば、必ずしもそうはいえません。業界の(また NTT の)いろいろな事情が絡まって現状があるわけで、それをきれいに切り分けてみせることにはいたっていません。本書では、電波オークションが切り札だとしているようですが、それ(だけ)で本当にスマホ料金が低価格化するのか、オーツは疑問です。
 キャッチーなタイトルですが、編集者があとから付けたもののように感じました。
 目次を示しておきます。
第1章 日本の携帯料金はこれだけ高い
第2章 携帯料金を下げる二つの方法
第3章 ソフトバンクが打破した官製業界
第4章 組織理念なきNTT分割・再編成
第5章 経営分析から見えるNTTのドコモ依存
第6章 天下りとグループ第一主義
第7章 戦略不在で5G時代に乗り遅れ
第8章 旧態依然の電波行政
第9章 通信業界躍進へのラストチャンス

参考記事:http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/52047422.html


posted by オーツ at 04:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。