2021年01月23日

鬼朝@新江古田でにぎりランチを食べる

 江古田付近にはあまり寿司屋がないように感じています。
 その中で、散歩の途中に見つけた寿司屋があります。新江古田駅から少し南に行ったところにある「鬼朝」です。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13019742/
 これで「きちょう」と読みます。
 11:30 の開店時刻から少し経ったころに店に入りました。8人分ほどのカウンターだけの狭い店内です。しかも、今はコロナの影響を考慮して間の1人分を使わないようにしていますので、4人しか入れません。しょうゆ用の小皿と箸が4人分置いてありました。
 きれいな店内です。店自体が新しいことに加えて、店主の配慮が行き届いているように思いました。
 オーツがカウンターに座ると、店主が熱いお茶を出してくれました。
 ランチメニューとしては、にぎり 850 円と、ちらし 950 円があります。オーツはにぎりランチを注文しました。
 壁には寿司のメニューが貼ってありました。1貫ずつの値段です。たぶん、夕方はこんなものをアテに酒を飲む人が多くなるのでしょうね。値段を見ると、トロ(天然)1,200 円、ウニ 1,000 円、ボタンエビ 800 円などとなっており、1貫がランチの1人前よりも高かったりするんだなあと感慨深く思いました。もちろん、もっと安いネタもありますが。この店は、昼と夕方で価格がまったく違ってくるようです。
 テレビ(NHK-BS1 のニュース)を見ながら待つことしばし。やがてにぎりランチが出てきました。かんぴょう巻き2個を含む10貫です。お吸物が付いていました。
 それぞれのネタが大きめ、シャリも大きめ(というか、多め)に感じました。シャリはしっかりにぎってあるようで、若干固く、見た目よりもおなかいっぱいになります。
 イカはネタがやや固めでしたが、味はよかったと思います。マグロやサヨリなども普通においしく食べられました。
 お吸物は、残念ながらオーツの好みと違っていました。淡泊な味です。
 これで 850 円ということでは、まあお得なほうかなと思います。ただし、江古田には魚がし鮨があります。オーツは、ここで 1.5 人前のランチ(880 円)を何回か食べたことがあります。
2020.5.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/475337658.html
2013.10.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/378823460.html
 価格が同じようなレベルだと、どうしても比べてしまいます。すると、オーツは魚がし鮨のほうに軍配が上がるように思いました。
 江古田駅のそばにある魚がし鮨と、新江古田駅の南側にある鬼朝では、かなり距離があり、競合しないという見方もできるでしょうが、オーツは両方とも普通にいける距離(相互間は徒歩15分くらい)であり、十分競合しているように思います。
 オーツは30分くらいで店を出ました。他の客は入ってきませんでした。
 店の位置は、バス通り(江古田通り)に面していますが、人通りが多いところではありません。それに加えてここのところのコロナ禍の影響があるので、お店を維持していくのも大変だろうと思います。こういうタイプの店は、おそらく常連さんたちに支えられているのでしょうけれど。

鬼朝寿司 / 新江古田駅江古田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:50| Comment(0) | 寿司屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。