2020年12月06日

松島@宮城県

 松島は、オーツの場合、しばらくぶりです。このブログ記事の中を検索すると、30年ほど前に松島観光に立ち寄っていることがわかります。
2012.8.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/285019153.html
このときのことはまったく忘れていました。

 まずは、松島島巡り観光船に乗ることにしました。
http://www.matsushima.or.jp/
 ランチを食べた後に乗るということで、14:00- の便を事前予約しておいたのですが、結局早めに着いたので、12:30 の臨時便に乗ることにしました。毎正時の出航が基本ですが、日曜・祝日などは臨時便が出るようです。これで2倍の便数になります。それでも「予約」扱いとなり、一人 900 円で乗ることができました。
 50分の船旅です。桟橋に船が着いてから10分で下船・乗船することになります。
 島々の間を走りながら、周りの景色が楽しめます。スピーカから各種案内が流れます。「右手をご覧ください」などといってアナウンスがあるわけですが、どの島のことを言っているかは明らかでした。乗船券には地図が書かれていて走る航路が赤線で示されていますが、アナウンスと比べると、航路が少し変更になっているようでした。
 いろいろと変わった岩や島などが見られ、おもしろかったです。50分はあっという間です。
 船室内のかなり離れた場所に4人の家族連れがいたのですが、二人の子供がふざけ合ってキャッキャと声を出し、うるさいと思いました。二人の子供は、松島の景色などはどうでもよくて、二人で騒いでいること自体が楽しいようでした。二人の親がそばにいるにもかかわらず、騒いでいるのを止めようともしないことが気になりました。

 下船後は、瑞巌寺に行きました。
https://zuiganji.or.jp/
 拝観料金は、大人一人 700 円ですが、それを払うことで、青龍殿という宝物館の中も見られるし、本堂の中も一通りぐるりと見られるしで、高いとは思いません。立派な襖絵がたくさんあって、見応えがありました。
 境内の一角に鰻塚がありました。そのそばの紅葉がきれいだったので、写真を撮りました。

matusima1.JPG

 五大堂にも行きました。
https://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=141
 橋を渡って行きますが、透かし橋といって、わざとスキマを作ってあります。下が見えるのはちょっと緊張します。多くの人は建物には興味がないようで、海側の景色を写真に収めている人がたくさんいました。

 ちょっと離れた場所にある西行戻しの松公園にも行きました。
https://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=137
大きな駐車場があり、そこにクルマを止めましたが、奥の方に歩いて行くと、さらに奥に数台分の駐車場があることがわかりました。そちらの方が近くて便利です。結果論ですが。
 西行戻しの松のところは、ベンチが二つほどあるだけで、木々が茂っていて、展望もイマイチです。
 そばに白衣観音展望台があり、そちらに行くと松島の遠景が楽しめます。

matusima2.JPG
posted by オーツ at 04:18| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。