2020年12月03日

大阪王将 下高井戸店でホイコーロー定食を食べる

 下高井戸南口に最近できた「大阪王将」では中華の定食が食べられるという話です。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13251845/
https://shimotakablog.com/2020/10/osaka-ohsho-grand-opening/
 大阪王将といえば、オーツが市ヶ谷で食べたことがある店が同じ名前でした。
2020.10.13 http://o-tsu.seesaa.net/article/477889929.html
https://www.osaka-ohsho.com/store/detail.php?area=tokyo&id=ichigaya
https://www.osaka-ohsho.com/store/detail.php?area=tokyo&id=shimotakaido
 両者は系列店ということになるでしょうが、メニューは異なります。
 下高井戸店のメニューは以下のところにあります。
https://www.osaka-ohsho.com/store/upload/28XYGVN-menu2.pdf
 さて、そんなわけで、あるとき、オーツは大阪王将に行ってみました。一人で店に入り、カウンターに座りました。そして、メニューからホイコーロー定食 880 円を注文しました。
 ほどなく注文品が出てきました。メインの料理の他に、ライスと中華スープが付いていました。3品ですから、小さいお盆にのって出てきました。見た目で、ちょっと足りなそうな気がしました。
 ホイコーローは、見た目では少なく見えましたが、実際食べてみると、それなりに量があります。普通においしく食べられました。キャベツやニンジン、ピーマンなどの野菜もいい味でした。
 中華スープは、若干塩分が強すぎる感じで、オーツの口には合わないように思いました。
 この店に再訪があるか、オーツが通う店になるかということですが、オーツとしては否定的に考えます。
 第1に、880 円という価格が若干高いように思います。この店の向かい側には「家宴」があります。
2019.12.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/472402205.html
どうしてもそちらと比べてしまいますが、家宴のほうがぐっと安く、しかも杏仁豆腐や漬物までセットになっています。大阪王将の価格設定では戦えないように思います。
 第2に、この店の位置の問題があります。家宴の正面に位置するわけですが、近くには熱烈中華食堂 日高屋もあります。
2009.7.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/123662677.html
 下高井戸には他にもラーメン店がいろいろ揃っています。そういう中華の店が林立する位置に出店するわけですから、アピールする何かがほしいと思います。今のところ、そういうアピール点がないように感じます。黄色い外壁が目立つだけです。
 決して悪い店ではないのですが、いくつかの競合店があるときに、その中からこの店を選ぶ(ぜひ選びたいと思わせる)「何か」がほしいのです。店の特徴と考えればいいのでしょうか。そういう決定打がないと、足が向きにくいと感じます。似通った店がいくつかあると、ほんの少しの違いでその中の一つだけが選ばれやすくなるということです。
 そんなことを考えながら、オーツは30分ほどでランチを食べ終わって店を出ました。

大阪王将 下高井戸店中華料理 / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。