2020年10月30日

オステリア カッパ@桜台北口でランチ

 オーツは妻と桜台北口にあるオステリア カッパでランチを食べました。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13090641/
 この店は桜台の駅の近くにあります。我が家からは自転車で行きました。店の前の道路はけっこうクルマの通りが多いのですが、そこに自転車を止めておいてもいいと言われました。
 オーツたちは 12:00 に店に入ったのですが、その時点で店は予約で満席になっており(そういう看板が店頭に置いてあり)、後から来た客(予約でない客)を断る事態になっていました。
 ランチメニューを見ると、パスタランチとAコース、Bコースの3種類がありました。Aコース+メインディッシュがBコースのようです。そこで、Bコースを2人前オーダーしました。Bコースというのは、前菜、パスタ、メインディッシュ、デザート、コーヒーというセットです。
 パスタは4種類から選べます。せっかくなので、2種類別々のものを選び、お互いに交換して食べることにしました。メインディッシュも、妻が魚料理、オーツが鴨肉の料理にして、お互い少し分け合って食べることにしました。
 店の主人が一人で全部をこなしているスタイルであり、提供まで時間がかかるといわれました。ランチで1時間半が目安ということです。まあ、そんなものだろうということで、普通通りにしてもらうことにしました。
 前菜は、サラダの他にさまざまな料理がワンプレートにのっていました。エビや玉子焼き、タコ、生ハム、小魚のマリネなど、けっこうバラエティに富んだものでした。
 パスタはスパゲッティとペンネを頼みました。秋鮭の入ったスパゲッティがおいしかったです。スパゲッティの色がやや緑がかっています。このスパゲッティ自体のおいしさがあるように思います。さらに、ソースが独特な味で、スパゲッティにからめて食べるとおいしいです。オーツはパンをちぎってソースを拭い取るようにして食べました。それに比べると、ペンネはイマイチだったように感じました。
 メインもおいしかったです。こちらもソースが独自のもので、とてもいい感じでした。肉も魚も十分おいしく食べられました。
 付け合わせの野菜としてアスパラガスとサツマイモが出てきましたが、サツマイモが絶品でした。どんなふうに加工してあるのでしょう。オーツはまったく見当も付きませんが、とにかくおいしければそれでいいといったところです。
 デザートも、よかったです。パンナコッタの甘さがいかにもデザートといった感じです。
 というわけで、コース料理を十分堪能しました。これで 3,200 円(二人で 6,400 円)というのは、妥当な金額でしょう。知り合いを誘って再訪してもいいかもしれません。一人で食べに来るのでは手持ち無沙汰になりそうですが、数人できて、おしゃべりをしながらの食事会であれば、ゆっくりできて、好都合です。
 お店を出るころには 13:35 になっていました。予告通りの1時間半の食事時間でした。

オステリア カッパイタリアン / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 04:19| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。