2020年10月20日

子供の成長は早い

 オーツは孫が4人いますが、最近、もう一人産まれて5人になりました。
 子供を見ていてつくづく思うのは、子供の成長は早いものだということです。新しいことを次々と受け入れていきます。しかし、これは年齢を基準に考えると当然のことです。
 3歳の子供が4歳までの1年間に経験することは、それまでの人生3年分を基準にすれば 1/3 (33%) ということで、新しいことがたくさんあります。しかし、20歳の大人は、次の1年間に経験できることは、それまでの人生の 1/20 (5%) でしかありません。70歳の高齢者では、1年間というのは 1/70 (1.4%) でしかありません。だから、子供は新鮮な経験を次々積み重ねていけるのに対して、年齢を重ねるとそういう感覚はなくなり、安定した生活、いつもの生活、変わり映えのしない生活になってくるものです。
 子供(若年層)は激動の時間を過ごし、大人(中年層)は成長の時間を過ごし、老人(高年層)は安定の時間を過ごすような気分です。
 小学校、中学校、高校、大学と入学・卒業を経験し、場合によっては引っ越しを経験し、若いうちは波瀾万丈の人生を送る感覚がありますが、就職して働くようになると、そこまでの「激動」はなく、毎日似たようなことの繰り返し的な感覚になります。仕事を辞めた後の経験はオーツにはないので、実感していませんが、おそらく「毎日が日曜日」的で、仕事をしているとき以上に変化のない生活になるように思います。

 子供は1年が長く感じられるのに対し、大人は1年が短く感じられる感覚があります。年齢とともにだんだん忙しくなってくる感覚です。これも各年代における人生経験の多少と関連しているように思います。
 これを痛感するのが年賀状です。1年に1回の年賀状の季節ですが、子供のころは1年が長く感じられ、久しぶりに年賀状を書く感覚だったのに対し、最近は、すぐに1年がめぐってくる感覚になり、この間年賀状を書いたばかりなのに、もう次の年賀状を書くということになります。
 このような生活感覚は、オーツが若いころはあまり感じなかったのですが、歳をとってくると感じるようになりました。歳を取ることで感覚的にわかってくることがあるものです。たぶん、多数の人が同様の経験をしていることでしょう。

 これに関連して、最近思うのは、親子の年齢差です。たとえば、30歳の時に子供が産まれるとします。すると、親子の年齢差は30歳ということになり、それはその後もずっと変わりません。しかし、生活実感としてはそうではありません。子供の成長が早いから、親に追いついてくる感じになります。
 これも、年齢を考慮すると当然のことのように思われます。
 新生児のときは、30歳の親が経験してきたこと(30年分の経験)は子供に比べて圧倒的に大きく、比べられないほどの差があります。3歳の幼児は、33歳の親に比べれば、1/10の経験をしていることになります。しかし、差が大きいです。10歳の子供は40歳の親の1/4の経験を積んでいます。まだかなりの差があるといってもいいかもしれません。20歳で成人するころには、50歳の親に対して4割ほどの経験を積んでおり、追いついてくる感じです。50歳ともなると、80歳の親の6割強の経験をしていることになり、あまり差がないとも言えます。
 これらは、新しい経験なり知識なりが同レベルのものであることを前提にしていますが、実際は、昔の知識が時代とともに役に立たなくなる例がたくさんあります。たとえば、オーツは小学生のころそろばん塾に通っており、全国レベルの競技会に出場したりしたのですが、そんな知識・経験は、今はまったく使うことがありません。電卓の方がはるかに便利だからです。紙のカードを使ってデータを整理する話とか、テープレコーダーで録音したテープを切り貼りして編集する技術、ガリ版の使い方なども、今や無縁になってしまいました。こういう陳腐化する知識のことを考慮すれば、上記のような経験の差は、もっと小さくなり、親と子供が同じレベルになります。さらには、子供の方が新しいものを取り入れるスピードが速いので、子供の知識の方が親を上回ることもあるといえます。コンピュータ時代、ネット時代ではますますそんなことになりそうです。
 そんなわけで、親子がいつも(30歳という)一定の差があるという感覚はないものです。さまざまな面で子供が親に追いついてきて、親が老人になるころには子供が親を追い越していくというのがむしろ普通のように感じられます。
ラベル:子供 成長 経験 年齢
posted by オーツ at 12:31| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。