2020年09月19日

八重垣@桜台北口で朝ご飯を食べる

 オーツは、先日のブログ記事で不思議な営業時間の店があると書きました。
2020.9.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/477094920.html
その店とは、桜台北口にある「八重垣」でした。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13155236/
なぜこういう営業時間なのか、直接お店の人に聞いてみたいと思い、日曜日の朝 9:10 ころにお店に行きました。おじさんが階段を下りてきて、お店を始めるところでした。
 オーツは、「朝ご飯、食べられますか」と聞くと、「うちは居酒屋だから、……」と言いつつも、ご飯と味噌汁と、焼き魚くらいなら何とかなるという話でした。そこで、おまかせの朝ご飯をお願いしました。
 テレビを見ながら待つことしばし。
 赤魚の粕漬け(を焼いたもの)とハムエッグ、そして納豆を出してくれました。キムチも付いていました。
 赤魚はちょっと塩辛かったでしょうか。しかし、一通りおいしく食べられました。味噌汁を盛り付けてから魚が焼けるのを待っていたので、味噌汁がちょっとぬるめになってしまった点が残念でした(せっかく1人前だけ沸騰させて作ってくれたのに)。

 おじさんに、営業時間の不思議を聞いてみました。すると、おじさんがいうことには、表示が間違っており、正しくは、
  平日 14:00〜22:00
  日曜 9:00〜22:00
なのだそうです。オーツはこれで納得しました。
 ただし、居酒屋が日曜朝 9:00 にオープンするとして、果たして利用者がいるのか、不思議に思いましたが、おじさん曰く、タクシーの運転手とか、築地・豊洲の市場の関係者とかが近くに住んでいて、仕事の終わりに一杯飲んでから(日中に)寝るようなことがあるとのことです。だからそれなりに需要があるということでした。
 オーツは、ちゃんとした朝食を食べ、元気が出ました。会計すると 600 円とのことで、リーズナブルです。
 まあ、この店は朝ご飯を食べるところではないので、こういう利用は邪道です。夕方、酒を飲みに行くのが一番ふさわしいのでしょう。ただし、オーツの自宅から桜台まで飲みに行くのはちと遠いような気がします。
 ともあれ、営業時間の謎は簡単に解明されました。この表示は早めに直しておく方がいいと思います。おじさんもわかっているようですが、……。
 東京都の飲食店は午後10時までという規制が取れれば、店の営業時間も変更になり、この表示も書き直されることでしょう。

八重垣居酒屋 / 桜台駅新桜台駅練馬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 04:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。