2020年09月02日

カメヤおろし本わさび

 オーツは、普段、スーパーでチューブ入りのわさびを買うとき、S&Bの「おろし生わさび」を買っています。
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%8D%E3%81%97%E7%94%9F-S-B-%E3%81%8A%E3%82%8D%E3%81%97%E7%94%9F%E3%82%8F%E3%81%95%E3%81%B3-43g%C3%9710%E5%80%8B/dp/B00930TZIG/ref=sr_1_7
近所のスーパーで 89 円で売っています。箱を見ると「品名」のところには「加工わさび」と書いてあります。おろし金ですりおろすわさびそのものではなく、チューブに入った形で売られているので、加工わさびというのでしょう。
 先日、スーパーに行ったら、「カメヤおろし本わさび」というのを売っていました。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A4-%E3%81%8A%E3%82%8D%E3%81%97%E6%9C%AC%E3%82%8F%E3%81%95%E3%81%B3-42%EF%BD%87-%EF%BC%94%E6%9C%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E4%BC%8A%E8%B1%86%E7%94%A3%E3%82%8F%E3%81%95%E3%81%B3-%E6%9C%AC%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%82%8F%E3%81%95%E3%81%B3-%E3%81%8A%E5%88%BA%E8%BA%AB%E3%81%AB/dp/B01MSIWIM5/ref=sr_1_1
こちらもチューブ入りで、「加工わさび」と書いてあり、199 円でした。オーツは2倍以上もの価格差があるなら、安いほうを買うのが当然と思うのですが、もしかして「カメヤおろし本わさび」のほうが高い(それでもしかるべく売れている)ならば、それはそれだけのおいしさがあるからではないかと思いました。
 両者の原材料名を見てみると、S&Bは「本わさび、西洋わさび、コーン油、砂糖、でん粉、食塩」(添加物省略)と書いてあります。カメヤは「本わさび(静岡県産)、食物せんい、でんぷん、食塩、食用植物油脂」(添加物省略)とあります。似た材料だともいえますが、微妙に違っているようにも見えます。カメヤのほうには「西洋わさび」と書かれていないということは、それを使っていない(つまり本わさびだけ)ということです。
 こういうものの違いを知るには実際食べてみるしか方法がありません。
 カメヤのものも買ってきて、刺身も買ってきて、両方のわさびをチューブから少しひねり出して、少しずつ刺身につけながら食べてみました。
 結果として、オーツには味の差がわかりませんでした。どちらもちゃんとわさびの味がすると思いますし、おいしいと思います。少なくとも差がわからないと思える以上、高いものを買う意味はありません。オーツは今まで通りS&Bのものを買うことにしようと思いました。
 あとから考えてみると、こういう調味料は、本当に味の差があるのかどうか、わかりにくいと思いました。食材ならば、かなり違いがあると思うし、調味料でごまかすことはむずかしい面があると思います。しかし、調味料は、それだけを食べることはあり得ず、何かと一緒に食べることになるので、純粋に評価することはもともと無理だと思います。いつも食べているような、ありふれた食材を買ってきて、それに調味料をつけてどちらがおいしいかを判断するしかないように思われます。今回の話で言えば、高級な刺身とお手頃な刺身とで、チューブ入りの刺身の差があるかもしれません。そういう場合、普段から食べているような刺身でテストするべきだろうと思います。


posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。