2020年08月26日

モン・メゾン

 オーツが朝の散歩をしているときのことです。
 アパートなどにはいろいろな言語の名前がついているもので、オーツとしては興味を持って見ています。
 ふと、新宿区西落合4-8-16 に「モン・メゾン」という名前の建物を発見しました。
https://www.homes.co.jp/archive/b-20460173/
https://www.mansion-note.com/mansion/1790708
 Google map からストリートビューで当該の建物を見ることができます。
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92161-0031+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA%E8%A5%BF%E8%90%BD%E5%90%88%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%96+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%82%BE%E3%83%B3/@35.7284297,139.6792592,3a,15y,169.32h,94.31t/data=!3m6!1e1!3m4!1spYEUkM-hBJ3VkY5PD3c05w!2e0!7i16384!8i8192!4m5!3m4!1s0x6018ed5991169f41:0xc8774f59b35c6122!8m2!3d35.7283334!4d139.6792333?hl=ja
 これで、はっきり名前が確認できます。
 これはフランス語だろうと思います。
 「モン」は「私の」という意味で、「メゾン」は「家」です。ただし、「maison」は女性名詞であり、「mon」は男性名詞に続く形なので、変です。「ma」が女性名詞につながる「私の」です。だから、「モン・ペール」(私の父親)とか「マ・メール」(私の母親)とかいうことになります。フランス語では発話者の性別ではなく、次に来る名詞の性別で使い分けます。というわけで、「モン・パリ」とはいいますが、「モン・メゾン」とはいわず、「マ・メゾン」といいます。
 日本ではフランス語の知識は一般的でないので、こういう間違いもよくあるようです。
 念のため、ネットで「モン・メゾン」を検索すると、そういう名前の建物が日本各地にぞろぞろ見つかります。
 ちなみに、検索結果を見ていくと、チョコレートにもそんな名前があると思われましたが、よく見ると「アソルティモン メゾン S1」
https://www.lamaisonduchocolat.co.jp/ja_jp/coffret-maison-milk-dark-chocolates-ganache-pralines-29-pcs
のような場合であり、これは「アソルティモン」Assortimon というフランス語ですので、当てはまりません。
 「"モン・メゾン" -アソルティモン」で検索して52件もあります。
 何かちょっと恥ずかしいような気がします。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。