2020年08月17日

大腸内視鏡検査と胃カメラ@練馬総合病院(3)

 2日目、オーツは朝 4:00 に目が覚めたので、本を持って談話コーナー(テーブルとイスが置いてある)に行き、そこで 6:00 まで読書にいそしみました。おかげで分厚い本も読み終わってしまいました。
 談話コーナーにある自販機は水とお湯が無料になっています。オーツは水を1杯飲みました。紙コップは捨てないでおいて、再利用しようと思いましたが、結局2杯目を飲むことはありませんでした。
 6:00 過ぎには検温があるので、ベッドに戻りました。その後は若干暇を持て余しました。そこで、ベッドの上で「リハビリ体操」をしました。その動作以外にも足をぐるぐる回したり、適当な運動をしました。屈伸運動などをしてみると、なまった身体に活が入ったような感じになりました。
 適当な裏紙を利用して、このブログ3回分に書いたことをボールペンで書き付けました。気がついたことなどを全部書き出してみました。これは大変いい経験で、時間を持て余すことはないし、あとからブログ記事にするのも楽でした。A3の紙1枚分を書きました。
 それでも暇を持て余します。他にすることもないので、ベッドで横になっていると、少し眠ったようです。

 9時過ぎに看護師さんがオーツを呼びに来て、内視鏡検査室に行きました。胃カメラの検査では、のどの麻酔をします。以前は、コップで麻酔薬を渡され、口に含む形で麻酔をかけましたが、今はノズルからシュッと吹きかけるようにやっておしまいです。簡単であり、楽にできます。細かいところで「進歩」しているのですね。
 胃カメラを飲み込むときはちょっと大変なのは変わりなかったです。ポロリと涙が出ました。

 結果として、大腸のポリープは、小さくなっていて、切除する必要はないと言われました。胃にもポリープは見つかりませんでした。両方とも何も切らずに済んで、よかったです。退院した日から普通の生活が送れます。アルコールを飲まない日が1週間も続くかと思うと、ちょっとうんざりしますが、そういうこともなく、日常生活が復活しました。
 この病院はスタッフがたくさんいて、皆さん親切で、おすすめできる病院だと思いました。何も不満がありませんでした。最後にアンケートを書くようにいわれたので、「満足」という趣旨で書いておきました。
posted by オーツ at 04:23| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。