2020年07月20日

不審な電話

 あるとき、オーツの自宅の電話が鳴りました。
 オーツが出ると、「もしもし、オーツさんのご自宅でよろしかったでしょうか。」と言われました。オーツが「はい。」というと、「こちら、以前ご利用いただいた北海道の海産物市場(海産市場だったか、海鮮市場だったか)と申します。ただいま、キャンペーンをやっておりまして、以前ご利用いただいた方に……」と話が続きながら、ここで電話がプツッと切れてしまったのです。話の途中です。
 何かの事故で通話が切れることは、たまにあることですが、そういう場合、すぐに再度の電話がかかってくるものです。ところが、この電話、再度かかってくることはありませんでした。
 最近、この手の不審な電話が多くなっているように感じます。
 通信販売の電話は断ることが大半ですが、中には話が通じて、工事を行うことになった場合に、無断でキャンセルしてきて、その後なんにも連絡がないとかいうこともあり、どうも変です。いったい、誰がどんな理由でこんな電話をかけてくるのでしょうか。気味が悪いとしかいいようがありません。アポ電強盗(の準備)なのか、自宅不在を確認しているのか、何なのでしょう。
 今回の電話でいえば、「北海道の海産物市場」といわれても、オーツ自身がしばらく北海道に行ったこともないし、通信販売を利用したこともないし、不思議といえば不思議な話です。
 相手は、オーツの電話番号と名前を知っていたわけですから、(電話帳で調べただけかもしれませんが)それに加えて何かの情報を得ようとしたのでしょうか。
 ネットで検索すると、詐欺の電話の記事などがヒットします。
https://yami2ki.com/kaisanbutsusagi/
https://www.saihok.jp/c/info/news/news01
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1330083418
https://ameblo.jp/kajyukajyukajyu/entry-12544399098.html
 いやあ、こういう詐欺系の電話なら、かかってくる意味はわかります。しかし、オーツの経験では、途中で通話が切れてしまったんです。こういう経験は珍しいと思いました。
ラベル:北海道 詐欺 電話
posted by オーツ at 04:08| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。