2020年07月06日

カフェ・ド・グランボワ@黒磯でランチ

 とある日曜日、オーツは妻と一緒に黒磯から那須方面に旅行に行きました。
 ランチを食べるために立ち寄ったのが、黒磯駅の近くにあるカフェ・ド・グランボワ(CAFE de Grand Bois)でした。
https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9002298/
https://www.nasu-tam.jp/nasukogen/cafe/grand-bois.html
https://nasushiobara-portal.jp/mp/lunch_nasushiobara/?sid=34332
 この店は古い銀行の建物をそのまま活かしています。壁に古い時計がかかっていましたが、12:07 を指して止まっていました。昼時を指しているので、勘違いしそうです。この時計、他の人の写真を見ると別の時刻を指していたりしますので、完全に止まっているのでなく、動くときもあるようです。であればいよいよ困った事態です。
 テーブルの近くのイスは一人掛けのソファになっていて、ゆったりできます。
 メニューを見ると、ランチメニューとして、オムライスとグランボワライスがありました。価格はいずれも 1,000 円で、ミニサラダとスープが付いたセットは 1,350 円です。妻がオムライスを選び、オーツがグランボワライスを選びました。いずれもセットにしました。
 まもなく、ミニサラダとスープが出てきました。

grandbois1.JPG

 ミニサラダは、あまりミニでもなく、1人分として十分な量がありました。スープもけっこう食べがいがありました。
 やがて、グランボワライスとオムライスが出てきました。

grandbois2.JPG

 グランボワライスというのは、メニューによれば「しそバターライスの上に、茄子とひき肉の和風あんかけをかけた30年間人気のオリジナルメニュー」ということで、この店でしか食べられないもののようです。
 しその香りがよくて、おいしいと思いました。
 ただし、見た目では量が少なく感じられました。実際食べてみるとそんなに少なくもないのですが、大きめの皿に盛り付けられていることもあって、そう感じられたのでしょう。
 妻のオムライスも一口もらって食べてみましたが、デミグラスソースがかかっていて、けっこうな味でした。ミニサラダ、スープが付いて 1,350 円というのはそんなものでしょう。
 オーツの普段の生活では、こういう価格のものは食べないことにしていますが、旅先ではこのくらいの価格を出しても、珍しいものであればそれはそれでいいので、十分その価値があると思います。
 二人とも満足して店を出ました。

カフェ・ド・グランボワカフェ / 黒磯駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 03:30| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。