2020年06月24日

オーベルジュ ド プリマヴェーラ@軽井沢でランチ

 オーツは妻と軽井沢に行きました。ランチを食べたのが「オーベルジュ ド プリマヴェーラ」というフレンチの店でした。
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20000157/
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/
 店員さんが何人かいましたが、物腰がすごく丁寧な感じでした。
 最初にドリンクメニューを持ってきました。何も飲まなくても(水だけで)十分とも思いましたが、レストランはこういうところで客単価を上げるものです。客としては協力してあげるのが自然でしょう。オーツはノンアルコール白ワイン 700 円を注文し、妻はリンゴジュース 600 円を注文しました。
 クルマを運転するためにノンアルコールにしたのですが、結果的にはあまりおいしくありませんでした。見た目は白ワインに似ていますが、味は(アルコールがないこともあり)相当に違う感じがします。
 ランチは2種類がプリフィックスとしてありました。オーツたちはAのコース 3,900 円を選びました。前菜、魚料理又は肉料理、デザート・コーヒーのセットです。オーツが肉(ソーセージ)、妻が魚を選びました。
 前菜はサラダだそうですが、+300 円で「高原野菜とオマール海老のテリーヌ」
https://www.karuizawa-primavera.jp/restaurant/img/top/slide2/2-1.jpg
に変更可能ということで、変更することにしました。
 最初に、アミューズブーシュが出てきました。トマトとアスパラガスの味がします。
 次にテリーヌです。縦横に編まれたマットのようなものに乗っていると思いましたが、何とこれがソースで、食べられるのでした。意外な感じで、おもしろかったです。
 次に温かいパンが三つ出てきました。(皿の上でなく)テーブルクロスの上に直接置かれました。
 やがて、炭入りのコンロがテーブルサイドにセットされ、店員さんがそこに網をのせて、その上でソーセージを焼きはじめました。

primavera1.JPG

これがお皿に盛り付けられて、提供されました。

primavera2.JPG

これが(松の実などが入った)ソーセージであり、この日の主菜なのですが、けっこう大きめで食べがいがありました。
 妻は魚のリゾットを食べていました。
 デザートもおいしく食べました。

primavera3.JPG

 この店で提供されるものは全般においしいと思います。軽井沢駅に比較的近いところにこういうフレンチレストランがあるとは知りませんでした。
 会計すると、消費税10%とサービス料10%が加算されて、2人で 11,737 円となりました。
 滞在時間は1時間ちょっとでした。
 オーツはまた来てもいいなと思いました。

オーベルジュ ド プリマヴェーラフレンチ / 軽井沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1


posted by オーツ at 04:31| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。