2020年06月10日

吉野家 江古田南口店でカルビスパイシーカレーを食べる

 吉野家は牛丼の店ですが、最近、牛丼以外のメニューを増やしているようなので、ちょっと試してみたいと思いました。そこで、カルビスパイシーカレーを食べてみました。
 カレーといえば、日本では国民食で、いつでもどこでも食べられて、それなりにおいしいものです。
 オーツは、CoCo壱番屋のカレーが好きで、このブログでも何回か記事にしました。他に、ステーキガストやしゃぶ葉といったすかいらーく系列のレストランでも(副食として補助的に)カレーを食べたことがあります。それなりにおいしくて満足しました。
 吉野家のカレーはどんな味か、興味がありました。飛びきりおいしいなんてことはないとしても、そこそこ普通に食べられるものか、どんなでしょうか。特に、名前に「スパイシー」がついていて、ちょっと辛そうなことも期待を高めました。
 食べた結果は、……やや残念でした。
 まず、全然辛い感じがしません。オーツは辛いものが好きですから、カレーといえば、まず何より辛くなくてはいけません。「スパイシー」とうたう以上は、それなりの辛さを期待しますが、食べた限りでは、これは辛さとほど遠いものです。やはり、辛口と甘口とがあるような店の辛口でないと、十分な辛さにはならないということがわかります。1種類の提供ということになると、誰でも食べられるように、そんなに辛くはできないものなのでしょう。だったら「スパイシー」などと名乗らなければいいのにと思います。
 次に、カレーのルーがかなりサラサラした感じになっており、スープカレーとまではいかないけれど、どろっとした感じではありません。この食感がオーツはあまり好きではありません。
 一緒に乗ってきたトッピング「カルビ」はおいしかったと思います。やはり吉野家は「牛肉」が得意なのでしょうかね。しかし、これも、十分に切れていないところがあり、金属製でない赤いスプーンでは切ることもできず、ちょっと食べにくいところがありました。
 オーツは、10分ほどで食べ終わり、616 円を払って店を出ました。レシートを見ると、スパイシーカレー・並 328 円、TP(たぶんトッピングのことでしょう)カルビ 232 円と分けて書いてありました。メニューでは、カルビスパイシーカレー 560 円となっていたのですが。
 総じてイマイチでしょうか。オーツは今後吉野家でカレー類を食べる意欲はなくなりました。この金額に見合う価値はないと思います。吉野家では、カレー以外のメニューを試してみることにしましょう。

 ここまで書いてきて気になったのですが、オーツが「スパイシー」の意味をとり違えている可能性もあります。
https://macaro-ni.jp/36547
スパイシーとは「辛い」というのとちょっと違うようです。

吉野家 江古田南口店牛丼 / 江古田駅新江古田駅新桜台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。