2020年05月31日

もり太@落合南長崎で厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食を食べる

 落合南長崎にある居酒屋「もり太」では、以前にも刺身盛り合せ定食を食べたことがあります。
2020.4.25 http://o-tsu.seesaa.net/article/474753317.html
 なかなかよかったので、また行ってみました。店の前には立て看板があって、5種類の定食がメニューとして横書きで書いてありました。そのうち3種類が(二つの主菜の一つとして)刺身が提供されていました。オーツは、その中から、厚切豚ロースの生姜焼きとぶり刺身定食 800 円を食べることにしました。
 店に入って、黒板の(縦書きの)メニューを見ると、一番右側にこれが書いてあるのですが、読み上げるのが(長くて)面倒なので、店の人には「一番右側」と言って注文しました。安易な注文法です。
 後から入ってきた人たちの注文を聞いていると、一品だけ簡略の料理名をいうスタイルが普通でした。この店はこういう注文のしかたになっているのでしょう。
 注文して待つことしばし。
 お盆にのって定食が出てきました。メインのお皿が2枚、それにご飯と味噌汁、漬物、青菜のおひたし、海苔の佃煮、メロン一切れです。800 円でこんなにいろいろ出てくるというのはうれしいものです。
 生姜焼きは確かに厚めの肉でした。2枚焼いてありましたが、けっこうな量がありました。しっかりした味付けでご飯が進みます。
 ぶりの刺身は5切れのっていました。大きめの切り身が3切れと小さいのが2切れでした。量的には十分です。普通、刺身というと全部の切り身のサイズをそろえることが多いと思いますが、なぜ2種類のサイズに切られているのか、不思議に思いました。また、オーツ的にはちょっとわさびが少な目に感じました。別途わさびをもらった方がいいかもしれません。
 味噌汁は熱くておいしかったです。具はワカメと豆腐でした。豆腐は小さなさいの目に切ってありましたが、出てきてすぐに食べたら、そんなに熱くないところがありました。お椀の中にワカメと豆腐を入れておき、あとから味噌汁をざあっと入れて客に出していることがわかります。具の量を客全員に公平に(同じくらいに)しようとすると、このやり方しかないのですが、それだと、食べ始めるときに少しだけ違和感がある場合があるのです。
 オーツの直後に入ってきた客が、すぐ右側のテーブルに座り、豚角煮とかつお刺身定食を注文して食べていました。こちらも見た目でおいしそうでした。
 この店のランチには満足できます。
 また来ようと思います。

もり太和食(その他) / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 03:55| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。