2020年05月23日

道路にはみ出した植木

 オーツが自宅の周りを散歩していたときのことです。
 「勝手に木を切るな 野方警察署に話し済 持主」という掲示を見つけました。

ki1.JPG

このメッセージが板に書かれて、フェンスに縛り付けられていました。そばを見ると、自宅内の敷地に植えられた木の枝や葉が道路の方に伸びており、道路を歩く人にわずかにじゃまになっているようです。
 そんなこといえば、写真で見えるように交通標識の柱も歩行者にとってじゃまではありますが、まあこちらは正式に許可を取っているでしょうから、問題にはなりません。(鉄でできているから簡単には切れません。)
 おそらく、この道路にはみ出している植木を(通行にじゃまだからということで)切ってしまった人がいるのでしょう。持ち主はそれに対して怒っているものと思われます。

ki2.JPG

 ところが、周辺を見ると、実は(隣の敷地ですが)もっと大きな木があって、道路にもっとはみ出しているのですね。こちらは背が高い木ですが、道路側に2メートルくらい出っ張っています。背が高いからクルマの通行にもあまりじゃまになっていないように思いますが、台風のときなど、電線を傷つけるようなことがありそうです。
 他人が勝手に植木を切るのはまずいですが、こんなふうに伸ばし放題なのも気になります。

 しばらく前の話ですが、オーツの近所で、4メートル道路に向かって2メートルくらい枝を伸ばしていた植木(というか草でしょうか)がありました。雨で濡れると雨の重さで枝が下がってきます。道路を歩くのにもじゃまだし、クルマで通るたびに葉っぱがフロントガラスにぶつかり、気になっていました。まあ「枝」といってもそんなに固いものではなく、「草」レベルの長い茎が伸びているだけだったんですが、20本くらいあり、ゆらゆら動くので、ちょっと近寄りがたい感じでした。
 オーツは、写真を撮って、持ち主に苦情を言おうかと思っていたら、あるときその邪魔物がバッサリと切られていて、楽に通行できるようになってしまいました。
 近所迷惑にならないように、植木の持ち主は常に注意しておかなければならないものですね。
ラベル:植木 道路
posted by オーツ at 03:24| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。