2020年04月23日

居酒屋 てつ@落合南長崎でランチ

 落合南長崎の駅からほど近いところに「居酒屋 てつ」があります。
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13189401/
https://shinjuku-loupe.info/p/member/1406
 夕方だけの営業かと思っていたら、「新宿ルーペ」の記事によれば、ランチもやっているとのことです。オーツは、店に電話で確認した上で、食べログの記載を修正しておきました。
 さて、この店ではどんなランチが食べられるでしょうか。実際行ってみました。
 開店時刻の 11:30 にお店に入ってみると、先客が3人いました。先客は常連さんのようで、マスターと世間話をしていました。この店は、11:30 よりももう少し早く開くようです。
 オーツはカウンターに座りました。カウンターの他に4人掛けのテーブルが三つあります。一人客は当然カウンターに座ります。
 オーツは、黒板に書いてあるこの日のランチメニュー5種類の中からサバ西京焼と鶏から揚げ定食 700 円を選んで注文しました。定食は5種類とも 700 円とのことです。
 テレビのニュースを見ながら少し待っていると、その間にも客が次々と入ってきます。けっこう人気店のようです。
 ほどなく、お新香と小鉢がカウンター越しにオーツの前に置かれました。先にこれを食べ始めてもいいけれど、オーツはこういうのを最後に食べるのが普通なので、そのままにしておきました。
 それから少しして、主菜が2枚の皿に分かれて出てきました。ご飯と味噌汁も付いています。
 味噌汁は、具材として白菜と油揚が入っていました。他にも入っていたかもしれませんが、忘れました。味噌汁は熱くておいしいです。このくらい熱いのがオーツの好みです。量もたっぷりありました。
 サバ西京焼と鶏から揚げは、どちらも温かくて、おいしくいただきました。サバ西京焼は半身分ですが、それなりの大きさのサバで、オーツは満足しました。鶏から揚げは2個でしたが、こちらも揚げたてで熱くておいしくていうことなしです。千切り野菜とレモンの薄切りが付いています。
 主菜が2種類というのはありがたいです。普通の店だと、サバの西京焼きだけで、小鉢付きの定食となって 800 円くらいする場合が多いと思いますが、この店は違います。
 小鉢は、キュウリと鶏ささみの和え物でした。漬物はカブでした。それぞれおいしくいただきました。
 オーツは、全体として満足しました。700 円という価格も嬉しいものです。こんな掘り出し物みたいな店がここにあったとは知りませんでした。オーツとしては定期的に通う店に加えたいと思いました。「居酒屋のランチはおいしい」の実例が一つ増えました。
 先日、大羊飯店の焼魚定食(サバ)がおいしいという記事を書きましたが、
2020.4.19 http://o-tsu.seesaa.net/article/474648317.html
居酒屋 てつの定食の方がさらにいいと思います。
 今までは、焼き魚定食を食べるために、新江古田の七五三を定期的に行く店と考えてきましたが、それは止めて、居酒屋 てつに鞍替えしようと思います。それくらい気に入りました。
 ただし、ランチメニューは日替わりで、次々変わっていきますので、行った日にサバがあるとは限らないということになります。もしかすると、行く前にお店に電話して、今日のメニューを聞くといいかもしれません。オーツが食べている途中でも、店にそんな電話がかかってきていました。

居酒屋てつ居酒屋 / 落合南長崎駅新井薬師前駅中井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


2020.5.14 追記
 再度この店に行きました。その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/475079063.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 03:48| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。