2020年03月13日

FAX が壊れた?

 あるとき、妻が「FAX が壊れているらしい。見てほしい」と言ってきました。機械類の故障に関して、女性は(妻一人を見てヒトの半数の女性一般に敷衍してはいけませんが)苦手なのだろうと思います。我が家の場合、妻は何かというとオーツに頼ってきます。
 我が家にはもともと FAX が2台あったのですが、1台が壊れてしまい、残った1台を夫婦で共同利用してきました。
2019.2.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/463972023.html
とはいえ、オーツが FAX を使うことはほとんどなく、この数年、まったく使っていません。時代物の FAX で、息子が大学生の頃に使っていたものですから、20年以上前の機種だろうと思います。
 さて、今回の FAX の故障はなかなか難題でした。
 「177」をダイヤルすると、天気予報が聞こえてきますので、発信機能は正常なようです。しかし、ダイヤルのボタンを押しても、1秒くらいしてからピッと音が聞こえるような感じですから、とても使い勝手が悪いのです。相手の FAX 番号を押しても、受信側が反応しません。ずいぶん深刻なエラーのようです。
 そこで、FAX のマニュアル(取扱説明書)を見てみることにしました。
https://support.necplatforms.co.jp/speax/manual/pdf/speax45ta.pdf
「困ったときは(Q&A)」を見ると、先頭に「待機中 ディスプレイに何も表示されない」→「電源プラグは電源コンセントに差し込んでありますか?」とあります。
 FAX を見ると、ディスプレイに乱れた文字が表示されています。電源プラグはコンセントに差し込んでありましたが、プラグを抜いて、少し経ってから再度プラグを差し込みました。これで FAX がリセットされたようで、日時を設定するようにというメッセージがディスプレイに表示されました。今日の日時を設定すると、FAX が機能し始めたようです。
 妻が送ろうとしていた通信文をセットして、ダイヤルボタンを押すと、ピッポッパという軽快な音がして、まもなく、受信側の FAX のビーという音が聞こえてきました。FAX のスタートボタンを押したら、正常に送信が始まりました。
 やれやれでした。
 なぜ、こんなことになったか、わかりません。FAX は、電源をつなぎっぱなしで使っていますので、普段から気にすることはないし、こちらから FAX を送ろうともしなかったので、問題が発生していることにも気がつかなかったのでしょう。
 ブログ記事に書いておくと、次回、似たような状態になったときに、今回のことが思い出せます。まさにブログは日記であることがわかります。
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。