2020年03月09日

新型コロナウイルスの影響

 オーツは、普段からインフルエンザについて特に注意を払っていません。だから、インフルエンザの予防注射をしたことがありません。マスクも何十年もの間したことがありません。
 オーツは、インフルエンザにかかったことがあります。
2014.12.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/411175063.html
インフルエンザの場合、他人に移す可能性があると言うことで、1週間ほどの出勤停止になり、勤務再開時には医者に書いてもらった治癒証明書を持参しないといけません。出勤再開になっても、結局たまった仕事は自分で片づけるしかないわけで、インフルエンザはいい迷惑です。
 今回の新型コロナウイルスの場合もインフルエンザと同様に考えています。オーツは、今回の新型コロナウイルスも特に避けようがないと思っています。マスクもしていません。ただし、先日、勤務中に面接の仕事があり、そのときは所属長からマスクをせよという業務命令がありました(マスクも手渡されました)ので、何十年ぶりかでマスクをしました。面接が終わったらすぐに外しましたけれど。
 肺炎の症状が出てしまったら、そのときはそのときだと思っています。オーツは高齢者ですから、致死率もそれなりに高くなるわけですが、防ぎようも直しようもないので、死んだら死んだでしかたがないと思っています。
 新型コロナウイルスのせいで、2月末くらいから3月にかけて、各種行事が次々とキャンセルになりました。不特定多数が集まるようなことは感染を広げる可能性があるということは理解できますので、キャンセルはしかたがないでしょう。3月はオーツの手帳の今後の予定欄がスカスカになりました。
 そこで、オーツの生活にも影響が及びました。外出の機会が大幅に減ったのです。オーツは毎日万歩計を付けていますが、歩数が全然伸びません。ほぼ自宅内にいる毎日ですから、それは当然です。
 出歩くことが少なくなると、夜、寝付きが悪くなります。オーツの場合、21時ころに寝て4時ころ起きるのが普通の睡眠パターンなのですが、日中の運動が少なく、夜眠くならないので、だんだん寝る時間が遅くなってきました。先日は2時まで起きているようなことがありました。無理にベッドに入って、毛布をかぶって目をつむっていても、全然眠くならないので、それだったら起き出してこんなブログ記事でも書こうということになります。
 こうして夜遅く寝るようになると、朝起きるのも遅くなってきます。2時に寝たときは7時近くまで寝ていました。昔はこんな睡眠パターンだったので、これでも悪くないのですが、朝寝坊すると、夜の寝付きがいよいよ悪くなります。目覚まし時計をセットして、無理矢理5時に起きるようにしてしまう方がいいのかもしれません。3時間くらい寝れば、何とか1日持ちそうです。朝型から夜型に生活のリズムがシフトすると、食事の時間帯などにも影響しそうです。いいことはあまりありません。いつもの生活が一番いいに決まっています。
 起きたまま2時を過ぎると、身体がリセットされるような感覚があります。普段4時ころに起きていても、日によっては早く目が覚めて2時ころ起き出すこともあるわけですが、そういうときは2時ころでも身体が朝だとみなすようです。
 徹夜は健康に悪いので、オーツはなるべくしないようにしていますが、何だか簡単に徹夜ができそうな気分になってきました。
 あ、今思いました。オーツは夕食時に毎晩酒を飲みますが、食事場所は和室で、テレビがあります。座る場所にはホットカーペットが敷かれています。食事後にごろりと横になって、そのままテレビを見たりしていると、うっかり居眠りをしてしまうことがあります。もしかして居眠りの時間が結構長いということがあるかもしれません。見ていた映画のストーリーがわからなくなったりするのはそのせいかもしれません。居眠りしているとすれば、夜の寝付きが悪くなるのも当然です。
 4月になれば新年度になり、生活時間(睡眠パターン)も元に戻ることになりそうです。それまでは多少睡眠時間がルーズになってもいいかもしれません。
2020.3.27 追記
 もう一つ影響があることを発見しました。それについてブログ記事を書きました。
http://o-tsu.seesaa.net/article/474256415.html
よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 04:17| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。