2020年02月14日

かっぱ寿司 練馬貫井店に再度孫3人を連れていって

 オーツは以前にもかっぱ寿司 練馬貫井店に孫3人を連れていったことがありました。
2019.12.6 http://o-tsu.seesaa.net/article/472034307.html
このとき、3人とも本当にたくさん食べたので、今回も、覚悟して行ってみました。妻も同行しました。
 6歳から9歳の子供が3人もいると、けっこうふざけて騒いでうるさくします。ボックス席で、隣との仕切りがありますから、まあ、他の客にあまり迷惑にはならないと思いますが、それにしてもすごいと思います。3人とも靴を脱いでロングシートに座りました。そのうち、靴がないというケースが出たり、一人が「いくら」を床に落としてしまい、いくらの一部が靴の中に入るということもありました。
 3人がそれぞれにタッチパネルでの注文をしたいと言い出し、結局、自分が食べるものを自分で注文するという方式にしました。まあ、大きな混乱もなく食事を終えることができました。しかし、「玉子」が届いたときには、タッチパネルにはしっかりと注文の履歴が残っているのに、5人の誰も注文していないということになりました。結局、子供のひとりが食べることになりましたが。
 途中で、水がほしい、(枝豆を3人で分けるための)取り皿がほしい、(カレーを食べるための)スプーンがほしい、フォークがほしいなど、飛び飛びに「注文」が入り、オーツがそれらが置いてあるコーナーに取りに行きました。妻との間でも、お茶をもらったりワサビを取ってあげたりと、なかなか忙しい食事になりました。
 レシートに基づいて、食べたものを書き出しておきましょう。いずれも税込み価格です。価格が明示されていないのは、110 円です。

おこさまカレーセット 462 円、おこさまドリンクバー×2、一貫サーモン 55 円、一貫えび天にぎり(マヨ)55 円×2、チーズソースしゃりドッグ×3、おこさまにぎりセット 462 円×2、サーモン×3、いくら×4、赤貝、ほっき貝、つぶ貝、寿司屋のたたき、一貫甘海老 55 円、えび天にぎり(マヨ)×2、一貫テリヤキマヨハンバーグ 55 円、一貫ツナサラダ軍艦 55 円、まぐろ、ほたて 198 円、熟成カレイネギ生姜、一貫いくら 55 円、鉄火巻×2、ほたてランプフィッシュキャビア 198 円、大とろ 198 円、赤えび、枝豆、チーズフライドポテト 220 円、フライドポテト 220 円、玉子、貝の味噌汁 198 円、テリヤキマヨハンバーグ、ふんわりチョコレートケーキ 220 円、タピオカ(台湾ミルクティー)330 円、黒蜜きなこわらび餅。

 この中で、オーツが食べたものは、赤貝、ほっき貝、つぶ貝、寿司屋のたたき、まぐろ、鉄火巻、ほたてランプフィッシュキャビア、大とろ、赤えびでした。ただし、つぶ貝とまぐろは妻と1貫ずつ食べたものです。全部おいしく食べられました。
 合計金額は 6,523 円となりました。5人で食べたので、一人あたりは 1,300 円ほどになります。3人の孫はおなかいっぱいになったようです。オーツが見ていても、ちょっと信じられないくらいに食べていました。
 こんなに食べるようだと、立ちの寿司屋にはちょっと恐くて連れて行けない気がします。いくらかかるのか、心配になります。回転寿司ならば、どんなに食べてもたかが知れていますから、安心して満腹になってもらえます。ありがたい話です。
 オーツたちは、17:00 くらいに店に入り、18:23 に出ましたから、滞在時間は約1時間半ということになります。
 後日、9歳の孫の感想を嫁が知らせてくれました。「美味しかった〜お腹が苦しくて歩けないくらい食べた!」だそうです。それはそうでしょう。3人とも実によく食べました。

かっぱ寿司 練馬貫井店回転寿司 / 中村橋駅富士見台駅豊島園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


posted by オーツ at 05:20| Comment(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。