2020年01月22日

妻が自宅の鍵をなくした?

 あるとき、妻が自宅の鍵をなくしたと大騒ぎがありました。
 オーツがクルマで外出したあと、しばらくして帰宅したときの話です。妻が玄関先にいて「自宅の鍵をなくしてしまったので、家に入れない」とのことでした。オーツが持っている鍵で自宅のドアを開け、妻を中に入れました。
 妻に言わせると、自宅に入れずに寒い中を1時間も待ったという話です。この日は特に寒い日だったので、ちょっと堪えたかもしれません。
 それから大慌てでの夕食の準備となりました。この日は息子家族がオーツの自宅に来て、みんなで食事会という予定だったのです。
 妻は、食事の準備をする一方で、地下鉄の駅に電話したり、忘れ物センターに問い合わせたりしていました。鍵には鎖が付いているとのことですが、なかなか特徴がないので、落とし物をしてしまうと、見つけるのは困難です。
 さて、そうやって、しばらく大騒ぎしたあとですが、妻が「鍵があった」とみんなに見せに来ました。自宅内のしかるべき場所に置いてあったのだそうです。
 ということは、今回、妻が自宅のドアの鍵をかけずに(鍵を持たずに)外出してしまったことが原因ということになります。妻は、普通、鍵をかけたあと、ドアを引っ張って、鍵がかかっていることを確認するようにしているのですが、今回に限ってその動作を忘れたのです。施錠の確認をすれば、鍵がかかっていないことに気がつき、その時点で自宅内の鍵を持参することを忘れたことがわかったはずです。
ラベル:
posted by オーツ at 04:35| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。