2020年01月04日

上越国際スキー場@越後湯沢

 オーツは、年末に長男家族と次男家族と一緒に(妻も同行して)上越国際スキー場で2日間スキーを楽しみました。
http://www.jkokusai.co.jp/ski
 当初、2泊3日のスキー旅行を考えていましたが、今年は雪が少なく、気をもみました。毎日、8:00 と 17:00 に積雪量やリフトの運行状況がネットに出るようになっていましたので、細かくチェックしていました。
https://www.jkokusai.co.jp/gelande/index.cgi
 越後湯沢の天気予報もチェックしていました。
 出発前日にスキー場に電話で確認すると、パノラマゾーンのゲレンデだけオープンしているということだったので、まあ滑れるようなら行こうということになりました。しかし、滑れる範囲が狭いので、ホテルを1泊2日に変更しました。雪不足のためなので、キャンセルした分のキャンセル料はかかりませんでした。
 パノラマゾーンというのは、長峰クワッドリフト 1,050m とパノラマクワッドリフト 1,045m を乗り継いで山の向こう側に位置します。移動に時間がかかります。帰りに、おしるこ茶屋(パノラマゾーンの休憩所)から時間を計測してみたら、ホテルに着くまで 45 分かかりました。遠いです!!
 これなら GALA 湯沢とかにクルマで移動してもよかったくらいだと思いました。クルマで40分ほどの道のりです。ホテルのリフト券付きの宿泊プランに申し込んだので、上越国際スキー場で滑りましたが、雪不足というのは残念でした。
 1日目はゲレンデのコンディションがまあまあよかったのですが、2日目になると、積雪がやや不足で、ところどころ土がむき出しになっていて、雪が土で汚れて茶色になっているところもありました。雪が降らないままで、少しは雪が解けることもあるでしょうし、スキーヤーたちが通過することで、雪が少しずつ削られていく面もあるでしょう。
 オーツがリフトに乗っているときに雨がぱらつくこともありました。ウェアや手袋、帽子が濡れてしまって不快です。
 けっこう長いコースが楽しめるので、スキーは十分楽しみました。しかし、午後になると、オーツは足が疲れてしまい、休まないとどうしようもない感じになりました。2日目には他のメンバーよりも先にあがる形になりました。帰り道、2時間20分ほどのクルマの運転があるので、その点からも早めの切り上げのほうがいいと判断しました。
 東京に戻ってからも、翌日に足の疲れを感じました。2日後には回復しましたが。
posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。