2019年12月14日

家宴 下高井戸店で日替定食を食べる

 11月30日、下高井戸南口の「康楽」の跡地に中華料理の店「家宴」がオープンしました。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13242411/
https://shimotakablog.com/2019/12/chinese-cuisine-kaen-grand-opening/
https://shimotakaido.tokyo/asian/kaen/
https://mrs.living.jp/tokyo/newopen/article/3695432
https://ameblo.jp/genba1215/entry-12551381357.html
https://twitter.com/toilet_mk2/status/1201044044240961536/
https://twitter.com/karisuma298/status/1202777511706255360
https://twitter.com/ShimotakaTofu/status/1201469645972070403
 どんな店かと思って、まずは食べに行ってみました。
 店頭にメニューが看板として出ていますが、店内に入ると、ホワイトボードに今日の日替定食などが書かれていました。この日は「豚肉ともやし玉子炒め」でしたが、780 円となっており、普通の定食よりも20円安くなっています。そこで、これを注文しました。
 ホールを担当している人は中国人でした。厨房の中からも中国語が聞こえてきます。料理人も中国人ということなのでしょう。
 テーブルで待つことしばし。
 お盆にのって日替定食が出てきました。メインの料理の他に、ご飯、スープ、杏仁豆腐、漬け物のセットです。スープが熱くておいしいです。
 メインの料理もおいしくて、しかも量がたっぷりしていて、食べた気がします。普通の炒め物ですが、こういうのがおいしく食べられるというのはありがたい話です。
 オーツはご飯の量が少な目に感じましたが、この店はライス大盛り無料とのことですので、何なら大盛りを頼めばいいでしょう。
 「康楽」の味はオーツの好みと違っていたので、あまり食べませんでしたが、「家宴」の味付けはオーツの好みにぴったりです。
 下高井戸の近隣の中華の店と比べても、ここはおすすめだと思います。皇庭餃子房の定食も中国人による本格中華ですが、それよりもぐっと安い価格で定食を提供してくれます。栄龍の定食もおいしくて安いですが、日本流にアレンジされた中華料理です。他に、このあたりの中華の店でこのレベル(味と価格)のランチを提供してくれる店はないように思います。
 オーツは定期的に通ってもいいように思いました。
 ただし、通りに面していて目立つ店なので、オーツの知り合いなどが店にいる可能性が高く、その場合、お互い、ちょっと気まずいように感じます。

家宴 下高井戸店中華料理 / 下高井戸駅松原駅桜上水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2


posted by オーツ at 05:37| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。