2019年12月11日

1日2食の生活パターン

 オーツは、1日3食の食事パターンから1日2食のパターンに切り替えました。
 このブログで確認してみると、1年半ほど前の記事でこのことを書いています。
2018.6.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/460033787.html
 それから今日まで約1年半1日2食の食事パターンを続けてきたわけですが、その結果、どうなったか。
 何も変わりませんでした。
 一番期待したのは体重の減少です。
2017.6.28 http://o-tsu.seesaa.net/article/451280062.html
1日2食ダイエットのことが念頭にありました。しかし、結論からいうと、体重にはまったく変化がありませんでした。毎朝、入浴後に体重を量っていますが、日々変動があるものの、大勢としてはまあ以前と同様といったところでしょう。
 1日2食にしても、空腹感が生じることもなく、ごく普通に生活できています。
 むしろ、1日3食にしたら、それは太ることになるのだろうなあと考えます。

 1日2食でやや問題があるかもと感じるのは薬の飲用です。
 オーツは、1日3回痛風の薬を飲んでいます。朝晩に狭心症の薬も飲んでいます。いずれも食後30分と時間指定がありますが、食事なしで薬を飲んでも何も変わったことがありません。一番問題になりそうなのは、出先で昼食を抜くときに薬を飲み忘れることです。昼食を食べるときは、食後に薬を飲むという習慣が確立していて、忘れないのですが、食事をせずに薬だけ飲むというのは忘れやすいのです。一方、朝の服用は、朝食を抜く場合でも、あまり忘れません。朝はほぼ自宅にいますが、台所に薬が置いてあるので、朝起きた段階で(風呂を沸かすスイッチを入れて)すぐ薬を飲んでしまうのが普通です。ホテルや旅館に泊まったときも、朝の薬はたいてい忘れないように思います。歯磨きやひげそりなどと同じく朝の習慣の一部になっているようなものです。
ラベル: 1日2食
posted by オーツ at 05:11| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。